恋愛や人間関係にお悩みの方へ、心が軽くなるメッセージ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年12月08日

オールシーズンスキンケアに必要な美容知識

シリーズ・メイク・スキンケアに必要な美容知識

乾燥対策とは、水分を与えることではない。

保湿成分を与えること。

【アドバイスになれば幸いです。】水分 成分 乾燥について


10422_image_2x

保湿について、よく誤解されていることがあります。

「保湿」と言えば、言葉のとおり、

水分を肌に与えるイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

もちろん乾燥した肌には、水分が必要です。

かさついた肌は、水分が足りない状態です。

このことから「保湿」とは「水分を与えること」と考えることが多いはずです。

この点に、少し誤解が含まれているのです。

たしかに水分を与えるのはいいのですが、水分だけではいけません。

もし、本当に水分だけを与えると、どうなるでしょうか。

しばらく経てば、蒸発してしまうのです。

蒸発の際、もともとある水分までも一緒に奪うため、

肌の乾燥が以前より悪化してしまいます。

保湿とは、単に水分を与えるだけではありません。

「保湿成分を与えること」です。

保湿成分は、水分をつかんで離しません。

水分の蒸発を防げます。

保湿成分がたくさんあるほど、潤いも保つことができるようになるのです。

乾燥した肌に本当に与えるべきは、水分ではなく、保湿成分です。

保湿成分とともに水分を与えるからこそ、肌は潤いを保ち、乾燥しなくなります。

これが、本当の意味での、保湿なのです。

では、肝心の保湿成分にはどんなものがあるのでしょうか。 

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」です。

保湿力は、コラーゲンよりヒアルロン酸のほうが強く、

ヒアルロン酸よりセラミドのほうが強くなります。

乾燥対策には、この3つの保湿成分の量を目安にして選びましょう。

乾燥した肌には、保湿成分を与えるのです。

スキンケアに必要な美容知識
乾燥対策は「水分の量」ではなく「保湿成分の量」に注目して、化粧品を選ぶ。

つづく

スポンサーリンク





ハリウッド発のベースメイク専門ブランド「スターオブザカラー」。

世界中のメイクアップ・アーティストやモデルが愛用するブランドから、

肌で溶けて毛穴汚れまでスッキリ落とす

クレンジングバームのご紹介です。

【内容物】

★クレンジングバーム

【今ならさらにプレゼント】

★リキッドファンデーション&ハイライト

アイテムの使い方ブックも同梱しています。

【商品特徴】

・どんなメイクも、こすらずスッキリ落とす

・洗い上がりはもっちり潤いお肌に

・10の無添加。敏感肌、乾燥肌でも安心。

・W洗顔不要

女優の肌をやさしく負担ゼロへ(クレンジングバーム)

posted by 六実 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌ケア

納得のスキンケアに必要な美容知識

シリーズ・メイク・スキンケアに必要な美容知識

いい香りがするアロマオイルは、化粧品に含ませてもいいのか。

【アドバイスになれば幸いです。】アロマオイル 化粧 香りについて


香り

いい香りがするアロマオイルは、化粧品に含ませてもいいのか。

アロマオイル 化粧 香り

アロマセラピーは、香りによって、優しく癒してくれる力があります。

自宅でアロマセラピーを楽しんでいる人も、多いのではないでしょうか。

「お気に入りの香りをもっと楽しみたい」と思うとき、名案を思いつきます。

化粧水に混ぜればいいのではないかと、ひらめくのです。

たとえば、アロマオイルを化粧水に混ぜれば、化粧品にお気に入りの香りを、

簡単に加えることができます。

化粧水や乳液などは顔につけるので、

アロマの香りを楽しみやすくなるのではないかと思います。

基本的に、アロマオイルは、肌に直接つけることができます。

しかし、つけることはできるものの、おすすめはしません。

アロマオイルが化粧品に混ざることで、化粧品の寿命を縮めたり、

備わっている機能が失われたりすることがあるからです。

特に「レモン」と「グレープフルーツ」のアロマオイルには、要注意です。

精油の中に含まれる「ベルガプテン」という成分には、

紫外線の感受性を高める作用があります。

レモンやグレープフルーツのアロマオイルを顔につけて日光に当たると、

肌のトラブルの原因になることがあります。

炎症を起こしたり、しみができやすくなったりです。

安全面や美容面を考慮して、原則としてアロマオイルは、

化粧水に入れるのは控えたほうが無難です。

アロマを楽しむときは、アロマポットなどを利用しましょう。

ただし、アロマセラピーの専門店では、アロマオイルを顔に使うこともあります。

専門的な資格を有した人の監督のもと、

リラックスや病気の治療などの目的で行う分には、問題ありません。

まとめ

スキンケアに必要な美容知識
原則として、アロマオイルを顔につけないようにする。

つづく

スポンサーリンク





メイクを落とすだけじゃない。肌色まで明るくする。

大人のためのクレンジングオイル誕生。

◆◇アテニア スキンクリア クレンズ オイル

◇◆ [URL] 内容量:175ml(たっぷり2ヶ月分) 価 格:1,836円(税込)≪送料無料≫

 *スクラッチキャンペーン実施中…その場で300円引きのチャンス!

●○大人のくすみ「肌スタイン」まで洗い流す

○● 大人特有の悩み「肌のくすみ」の原因の1つである「肌ステイン」に着目し、

メイクを落とすだけでなく、肌ステインを分解除去して肌色を明るくする 革新的なクレンジングオイルです。

●○4つの高級美容オイルで、冬季のようななめらか肌へ

○● 話題の高級美容オイルをおしみなく配合。 毎日のクレンジングのたびに触れるのが楽しみになるほど、

みずみずしさをたたえた滑らかな肌へ導きます。

1.日本初配合の原料「ロックローズオイル」の抗酸化力で、  肌ステインを浮かして除去

2.エイジングケアで注目を集めている「イモーテルオイル」で、  肌ステインの発生を防ぐ

3.「アルガンオイル」で、毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を除去

4.「バオバブオイル」で、水分をキープ。メイク落としで奪われがちな  うるおいを残す

メイクを落とすだけじゃない。肌色を明るくする。大人女性のためのクレンジング


ファン
検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。