恋愛や人間関係にお悩みの方へ、心が軽くなるメッセージ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年12月05日

私たちが選ぶスキンケアに必要な美容知識

シリーズ・メイク・スキンケアに必要な美容知識

クレンジングで心がけたい、美の3ステップ。

【アドバイスになれば幸いです。】クレンジング ゾーン 負担について


0c7b6e2d-2bc5-44eb-

目次

(ステップ1)Tゾーン
(ステップ2)Uゾーン
(ステップ3)目元と口元

クレンジングは、界面活性剤が使われているため、肌に負担がかかります。

単にメイクを落とせばいいと思うのは、よくありません。

クレンジングにおける心がけは「十二分なクレンジング」ではありません。


「必要最小限のクレンジング」です。


できるだけ負担が小さくなるようにして、肌への負担を小さくしましょう。

必要最小限のクレンジングで意識するのは、種類だけではありません。

クレンジングを進める順番も大切です。

クレンジング料を顔全体につけて、ごしごしするのでは、

顔が乾燥して痛める原因になります。

顔の適当な場所からつけ始めるのではなく、負担に強いところから始めましょう。

(ステップ1)
Tゾーン
 
クレンジングは、まずTゾーンから始めましょう。

鼻と額をつないだTゾーンは、皮脂の分泌量が多いところですから、最初にクレンジング料をつけて洗い始めます。

Tゾーンが終われば、次はUゾーンです。


(ステップ2)
Uゾーン
 

顎からフェイスラインにかけたUゾーンは、乾燥しやすく、負担に弱い部分です。

優しくなでるように、メイクを落としていきましょう。 

(ステップ3)
目元と口元
 

最後に、目元と口元です。

目元や唇の皮膚はとても薄くて負担に弱い部分ですから、クレンジングも最後にします。

場合によっては、目元や口元だけ、弱いタイプのクレンジング料に変えてもかまいません。

クレンジングの時間は、1分以内で済ませるようにしましょう。

メイクが落ちるまで洗うのではなく、必要最小限になるように心がけましょう。

必要最小限のクレンジングを心がけることで、肌に無駄な負担がかからないのです。

まとめ

スキンケアに必要な美容知識
クレンジングは「Tゾーン→Uゾーン→目元と口元」の順で進める。




つづく

スポンサーリンク





最近話題になっている女性の「オス化」。実は女性の96.4%が顔のうぶ毛・口周りのヒゲなどお悩みを抱えています。
ディミヌは、最先端の抑毛成分「ドルミン」×女性ホルモンのサポート成分でこれまでにない女性のうぶ毛・ヒゲ専用抑毛クリームです。


ディミヌがスゴイ理由(1):球根の発芽を”タイムコントロール”している休眠物質「IBR-ドルミン」配合
ディミヌは「細胞を休眠させることて?肌本来のパフォーマンスをあける」という斬新なアプローチて
世界原料展のコスメティックアワートの金賞を受賞した『トルミン(水仙の球根エキス)』を高配合。

ディミヌがスゴイ理由(2):女性にうれしい5つの大豆由来エキス配合
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることで植物エストロゲンなどとも呼ばれ、注目を浴びている成分です。

ディミヌがスゴイ理由(3):「プロテオグリカン」「セラミド」などの最先端の高保湿成分配合
「パイナップルエキス」「パパイン」「ビタミンC誘導体」「プロテオグリカン」「セラミド」など、
最先端の美容成分配合で、年齢によるシワやシェービングによる乾燥など、口元のスキンケアが同時に可能です。

ディミヌがスゴイ理由(4):天然精油の香りからも女性らしさにアプローチ!
肌からアプローチする美容成分たけでなく、ローズ、ゼラニウム、ラベンダーを
独自のバランスでブレンドした香りて脳からも女性ホルモンにアプローチ。


女性特有のゆらぎに働きかける、次世代うぶ毛エッセンス【 dim.(ディミヌ)】詳しくはコチラ
posted by 六実 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌ケア

スキンケアに必要な美容知識が決めて!

シリーズ・メイク・スキンケアに必要な美容知識


「焼けた肌は健康的」という思い込みから、改める。

【アドバイスになれば幸いです。】美容 化粧 知識について


10175_image_2x

「毎日のスキンケア」

こう聞いて、最初に浮かべるのは、やはり化粧品ですね。

化粧水、乳液、美容液などの美容アイテムです。

優れた美容アイテムを使って、

肌に水分と栄養を与えることで、より美しい肌に整います。

「もっともっと美しくなりたい」

それはすべての女性の願いです。

化粧品を身につける際、忘れがちなことがあります。

美容知識を身につけることです。

美容に関する知識がなければ、どのような成分が、何に効くのかがわかりません。

あなたの美容知識は、どのくらいですか。


たとえば、よく耳にする「コラーゲン」という言葉がありますね。

コラーゲンとは、肌のどの部分にあり、どういう効き目があるか、ご存知でしょうか。

「ヒアルロン酸配合」の化粧水と「セラミド配合」の化粧水なら、

どちらのほうが保湿に効果的でしょうか。

化粧品のパッケージで目にする「抗酸化作用」とは、どのような効果なのでしょうか。



こうした美容知識がなければ、化粧品を正しく選べません。

「なんとなく効果がありそう」という適当な感覚でいることが多いのではないでしょうか。

化粧品は、美容知識があってこそ、正しく使いこなせます。

美容では、座学も必要です。

身につけるのは、化粧品だけではありません。

まず身につけるべきは、化粧品より、美容知識です。

美容関連の本や雑誌を買って、美容知識を読んでみましょう。

化粧品売り場ではなく、本屋へ駆け込みます。

堅苦しいことと思いますが、豊かな美につなげる前提条件です。

美容成分の吸収だけでなく、美容知識も吸収です。

美容知識があるからこそ、化粧品も正しく使いこなせるのです。

まとめ

スキンケアに必要な美容知識
化粧品を身につける前に、美容知識を身につける。
角質ケアで保湿&透明感(クレンジングバーム)


つづく

スポンサーリンク




ハリウッド発のベースメイク専門ブランド「スターオブザカラー」。

世界中のメイクアップ・アーティストやモデルが愛用するブランドから、
肌で溶けて毛穴汚れまでスッキリ落とす
クレンジングバームのご紹介です。

【内容物】
★クレンジングバーム

【今ならさらにプレゼント】
★リキッドファンデーション&ハイライト

アイテムの使い方ブックも同梱しています。

【商品特徴】
・どんなメイクも、こすらずスッキリ落とす
・洗い上がりはもっちり潤いお肌に
・10の無添加。敏感肌、乾燥肌でも安心。
・W洗顔不要

※お一人様一点限りとなります。


角質ケアで保湿&透明感(クレンジングバーム)
posted by 六実 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌ケア

きっと大丈夫な透明感のある美白美人になる方法

美肌の3大要素は「スキンケア」「食事」「睡眠」。


シリーズ・メイク・透明感のある美白美人になる方法

「焼けた肌は健康的」という思い込みから、改める。

【アドバイスになれば幸いです。】美肌 スキン ケアについて


10171_image_2x

目次

(美肌の要素1)食事

(美肌の要素2)睡眠

(美肌の要素3)スキンケア

きれいな肌を作るといえば、スキンケアを浮かべる人が多いでしょう。

 

しかし、美肌のためには、スキンケアさえよければいいわけではありません。

スキンケアは、美肌に必要な要素の1つです。

美肌の3大要素があります。

「食事、睡眠、スキンケア」です。

どれが大切なのかというと、どれも大切です。

このうち、1つでも欠けていると、美しい肌を作ることができません。

どれか1つでも欠けていると、効果はありません。

1つずつ、その大切な意味や役割を見ていきましょう。

(美肌の要素1)
食事

(美肌の要素1)

材料が悪ければ、よいものを作ることができません。

肌の材料はタンパク質であり、タンパク質の材料は、日々の食事です。



良質なタンパク質を取ることで、良質の肌が出来上がります。

タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、栄養バランスの整った食事を心がけることで、

美しい肌が作られます。


 

(美肌の要素2)
睡眠

(美肌の要素2)


材料が悪ければ、よいものを作ることができません。

肌の材料はタンパク質であり、タンパク質の材料は、日々の食事です。



良質なタンパク質を取ることで、良質の肌が出来上がります。

タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、栄養バランスの整った食事を心がけることで、

美しい肌が作られます。

肌の新陳代謝は、実は夜中の睡眠中、最も活発になります。

特に、夜の10時から2時までの4時間は、美肌のゴールデンタイムです。

新陳代謝の活発になるこの時間帯に睡眠を取っておけば、質のよい肌が作られやすくなります。

 

(美肌の要素3)
スキンケア 

(美肌の要素3)


単に、水で汗を流すだけでは不十分です。

洗顔料を使って、余分な角質や皮脂を取り除き、毛穴の奥の汚れまで取ることが大切です。

洗顔料で余分な角質と角質を取り除くことで、

肌がきれいになるだけでなく、正常な新陳代謝のサイクルも整います。

その上で、化粧水と乳液で保湿をすると、潤いのある肌を保ちます。

また、日焼け止めなどで紫外線を防いで、しみやしわを予防します。

まとめ

透明感のある美白美人になる方法
「食事」「睡眠」「スキンケア」のバランスを、整える。

つづく

スポンサーリンク




ハリウッド発のベースメイク専門ブランド「スターオブザカラー」。

世界中のメイクアップ・アーティストやモデルが愛用するブランドから、
肌で溶けて毛穴汚れまでスッキリ落とす
クレンジングバームのご紹介です。

【内容物】
★クレンジングバーム

【今ならさらにプレゼント】
★リキッドファンデーション&ハイライト

アイテムの使い方ブックも同梱しています。

【商品特徴】
・どんなメイクも、こすらずスッキリ落とす
・洗い上がりはもっちり潤いお肌に
・10の無添加。敏感肌、乾燥肌でも安心。
・W洗顔不要

※お一人様一点限りとなります。


角質ケアで保湿&透明感(クレンジングバーム)詳しくはコチラ

posted by 六実 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌ケア

透明感のある美白美人になる方法が見逃せない

シリーズ・メイク・透明感のある美白美人になる方法


「焼けた肌は健康的」という思い込みから、改める。

【アドバイスになれば幸いです。】イメージ 紫外線 皮膚について


10422_image_2x


一昔前は「焼けた肌は健康的」というイメージがありました。

黒く焼けた肌は、丈夫で力強い様子がうかがえます。

日光を浴びると、骨を強くするビタミンDの生成にもつながるため、

積極的に浴びるべきだという風潮がありました。

1990年代、日本では「ガングロ」という現象が流行するほど、

積極的に日に焼けようとする時期もありました。

日に焼けるために、わざわざ海に行って焼いたり、

日焼けサロンで焼いたりしていたのです。

しかし、もう古いイメージです。

医学が進歩した結果、理想と現実は異なることがわかってきました。

しみやしわの原因のほとんどは、紫外線の影響によるものと判明しました。

長期間にわたって浴びすぎると、紫外線がDNAを傷つけ、

皮膚がんや白内障につながるデータも報告されています。

黒く焼けた肌は、見た目の力強い印象とは逆に、健康を害する行為だったのです。

健康になる思い込みがあって、わざわざ焼いているなら、今日からストップです。

健康につながると思ってやっていたことが、逆効果になっています。

知識は生活に生かしましょう。

今は「白い肌こそ健康」というイメージです。





以前は、色白の肌に対して弱々しいイメージがありましたが、今では美を象徴するイメージです。

白い肌には、透明感や、清潔感、若々しさがあります。

紫外線を避けることで、しみやしわを防げます。

皮膚がんや白内障の予防にもつながります。

それは紫外線を避けることで、実現できるのです。

イメージは、その人の行動に密かに影響するものです。

あなたの頭の中にある古いイメージや先入観を、科学的な真実に基づいて、

事実に合ったイメージに刷新することが大切です。

まとめ

透明感のある美白美人になる方法
日に焼けるのは不健康であると、認識す

つづく




ファン
検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。