恋愛や人間関係にお悩みの方へ、心が軽くなるメッセージ

広告

posted by fanblog

2019年12月10日

スキンケアに必要な美容知識がたまらない

シリーズ・メイク・スキンケアに必要な美容知識

肌質は、生活習慣によって、変えることができる。

【アドバイスになれば幸いです。】分泌 皮脂 脂性について


朝のメイク@

皮脂の分泌量は、簡単に変えられるものではありません。

皮脂の分泌量は、主にホルモンの影響を大きく受けます。

男性ホルモンや黄体ホルモンの量が多くなればなるほど、

皮脂の分泌量も増える特徴があります。

男性なら、生まれつき、男性ホルモンが多く分泌されます。

女性なら、生理前、黄体ホルモンが増えるものです。

遺伝や体質によるものです。

もともと体に備わっている特徴ですから、皮脂の分泌量は簡単には変えられないのです。

しかし、です。

若干ではありますが、肌質は、意図的に変えることができます。

まずおなじみの方法は、油を多く含んだ食事を控えることです。

油料理ばかり食べ続けていると、分泌される皮脂も多くなります。

油を控え、あっさりした食事を続けることで、

皮脂の分泌量の少ない肌質へと変えることができるのです。

 

さて、ここからがポイントです。

このほか、脂性肌を和らげる、一風変わった方法があります。

わざとたっぷりした保湿を心がけることです。

「皮脂の分泌量」と「保湿」は、深い関係があります。

もともと皮脂とは、乾燥を防ぐために分泌されるものです。

脂性肌の人が、洗顔の後何もつけないでいると、

肌は「乾燥するから、もっと皮脂の分泌量を増やさなければ」と悲鳴を上げます。

ホルモンバランスが変化して、皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

乾燥させると、皮脂の分泌量が余計に増え、脂性肌を悪化させるのです。

脂性肌の人はべたつきやすいため、化粧水や乳液を省く傾向がありますが、

実際は脂性肌を余計に悪化させている状態なのです。

この現象は、逆も言えます。

脂性肌という肌質を改善させたければ、たっぷりした保湿を心がけましょう。

いつも肌が潤っていると、肌は「いつも肌がみずみずしいな。

少しは皮脂の量を減らしても大丈夫だろう」と思います。

ホルモンバランスが変化して、皮脂の分泌量が減るのです。

保湿が大切であるというのは、皮脂の分泌量を正常に戻す意味もあります。

肌質は、生活習慣によって、変えることができるのです。

まとめ

スキンケアに必要な美容知識
脂性肌を緩和させたければ、たっぷりした保湿を心がける。

つづく

スポンサーリンク





かつてないほどの「確かなハリの実感」をご体験いただくために
アテニアは『時計美容』の考え方で24時間体制で美肌つくりをサポートできる
スキンケアライン『ドレスリフト』を作りました。

※時計美容とは※
24時間の中で刻々と変化する肌に合わせたケアのことを指します

朝と夜のお肌の状態は違う、だからアテニアのドレスリフトは朝と夜で
アイテムを使い分けします。

◆アテニアドレスリフトハリ肌化粧水セットプログラム◆
(1)お届け内容
・ドレスリフト ローション 75mL(1.5ヵ月分)
・ドレスリフト デイエマルジョン 15mL
・ナイトクリーム 8g


(2)価格
1,728円(税込/送料無料)

1本6役"ローションBB"【ドレスリフト ハリ肌化粧水セット】

posted by 六実 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌ケア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9484861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。