恋愛や人間関係にお悩みの方へ、心が軽くなるメッセージ

広告

posted by fanblog

2019年11月20日

美しくつやのある肌になる方法を勝ち抜くヒント

紫外線対策をしすぎても、引きこもりにならないこと。

シリーズ・美しくつやのある肌になる方法

【アドバイスになれば幸いです。】日光 紫外線 引きについて

grabia_sugihara

紫外線は、美肌の大敵です。

紫外線は、皮膚組織を破壊し、新陳代謝のサイクルを狂わせます。

その結果、しみやそばかすの原因になるのは、疑いのない事実です。

だからとはいえ、日光を極端に避けたがる人がいます。

昼間は外出を避け、活動は夜ばかりの人です。

その結果、引きこもりになる人もいます。

昼間は寝て、夜になって活動するのは、ドラキュラと変わりありません。

直射日光にでも浴びれば、ドラキュラのごとく、大声で悲鳴を上げます。

それはやりすぎです。

たしかに日光には紫外線が含まれています。

しみやそばかすの原因を作るのは、日光ではなく、紫外線です。

日光が悪いのではありません。

日光に含まれている「紫外線」が悪いです。

紫外線は肌に悪い影響を及ぼしますが、日光を浴びない生活を続けていると、

今度は精神面でのバランスを崩してしまいます。

忘れないでいただきたいのは「日光は元気の源」ということです。

引きこもりがなぜ暗いのかというと、日光を浴びない生活をしているからです。

日光を浴びないため、元気がどんどんなくなり、活力が失われています。

日光は、人間の精神面に強く影響を及ぼしています。

人間が元気になるためには、日光は必要です。

単純に日光を浴びると、落ち込みから立ち直り、自然と元気が出ます。

夜、どんなに落ち込んでいても、朝に回復しているのは、明るい日光のおかげです。

明るい日差しが、あなたの暗い心を、ぱっと消し去っています。

光が、闇を消します。

光が当たれば、闇は一瞬にして消え去るのです。

まとめ

美しくつやのある肌になる方法
日光に当たらない生活はやめる


腎臓・肝臓・膀胱のデトックス
つづく


スポンサーリンク





視線が気になる口まわりのひげ・うぶ毛に【 dim.(ディミヌ)】


最先端の対策成分「ドルミン」×大豆由来エキス×天然精油の香り
女性らしさを育むスキンケアエッセンス
【dim.(ディミヌ)】

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9436789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。