恋愛や人間関係にお悩みの方へ、心が軽くなるメッセージ

広告

posted by fanblog

2019年11月12日

時をわすれるより美しく見せるメイクの上級テクニック

面長と丸顔で使い分ける、バランスのいいチークの入れ方。

シリーズ・より美しく見せるメイクの上級テクニック

【アドバイスになれば幸いです。】チーク だ円 円形について

2_0520_sns.jpg

チークを入れるとき、何か意識していることはありますか。

「え? 頬の辺りに、丸く入れるだけなんだけど」

なんとなく適当に、チークを円状に描いている女性も多いのではないでしょうか。

チークを入れる位置は、にっこり笑ったときに盛り上がった頬の部分です。

ここを起点に、チークを入れます。

ただ、円状に入れて終わりにしていませんか。

メイクの初心者ならそれでもいいですが、円はきれいに整いすぎて、やぼったい印象になります。

美しくチークを見せるために、もう少し意識したい入れ方があります。

チークを美しく見せるコツは「だ円形」で描くことです。

緩やかなだ円を描くことで、スタイリッシュな印象のメイクに仕上げることができます。

問題は、だ円の形です。

だ円の形とはいえ、いろいろありますね。

どういうだ円が適しているのかは、あなたの顔の形によります。

面長にふさわしいチークの入れ方

面長の人は、チークを横にぼかして入れましょう。



横長いだ円形を想像です。

すでにフェイスラインが縦に伸びている分、チークは横長いだ円形が適しています。

引き締まった面長の顔に、横長いだ円形のチークによって、フェイスラインのバランスが整うのです。

丸顔にふさわしいチークの入れ方

丸顔の人は、縦長いだ円形を想像して、入れましょう。

おっとりした丸顔には、縦長いだ円形のチークが適しています。

縦にチークを入れることで、丸いフェイスラインが縦に伸びた印象へと変わります。

きゅっと引き締まった顔に見えてくるのです。

まとめ

より美しく見せるメイクの上級テクニック
顔の形によって、チークのだ円形を工夫する。

つづく

スポンサーリンク






とにかく毛穴をキレイにしたい人へ(クレンジングバーム)
posted by 六実 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌ケア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9410349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。