広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年10月27日

職人のようなドクターが活躍する「三ノ輪歯科」

最近ではコンビニの件数よりも歯医者の数の方が多いそうです。

「え〜、まさか!」と思ったのですが、冷静に考えてみると確かにその通りでした。地下鉄三ノ輪駅から徒歩5分圏内にあるコンビニはサークルKサンクス2店ぐらいだと思うのですが、歯医者はパッと見渡しただけでも3件はあります。

ちなみに国際通り(三ノ輪〜千束ぐらいまで)を散歩中に歯医者とコンビニの数を意識して見てみたところ、セブンイレブン1件に対して5件ぐらい歯医者の看板を見かけることができました。

でもコンビニに行くのは好きですが、歯医者に行くのが好きと言う人は少ないでしょう。私もです。

しかし今では3〜4ヶ月に1回の頻度で歯医者に行くことにしています。そうすると、あんまり痛いことをされずにすぐ終わるので気が楽なんですよね…。

ちなみに通っている歯医者は1件ではなく、3件。もう一度言っておきますが歯医者に行くのは好きではないです。その時の気分や症状により行く医者を変えています。

せっかく台東区や三ノ輪について好き勝手書いているブログなので、ついでだから歯医者の口コミもしようと思いました。歯医者に行くの躊躇している人がいると思うので、私の歯医者口コミを見て勇気を出して治療に行っていただければ幸いです。

入り口にはシャレた看板がある


本日紹介するのは「三ノ輪歯科」。

地下鉄「三ノ輪」駅3番出口から出て信号を1つ渡るだけでたどり着ける好立地です。入り口へ近づくと目に入るのは、英語?か何語かで書かれた看板ですが何が書かれているのかは確認しておりません。

三ノ輪歯科外観

中に入ると広く、シンプルで高級感ある待合室(ソファー・本・テレビ有り)が広がっています。

こちらのお医者さん、特徴は土足のままでOKだということ。靴は脱がずそのまま入り、診察台に腰掛け治療します。靴の脱ぎ履き作業って意外と手間取るので結構ありがたいんですよね。

ちなみに診察室は個室になっています。診察台に座ると、大きなガラス張りの窓から目の前の昭和通りを行き交う車が見えます。日当たり良好。

全体的に新しくピカピカの内装、とても清潔感がありますよ。


ちょっとこわいけど、粋なドクター。腕前は…


先生は数人いらっしゃるようですが、基本は院長先生に診てもらっていました。

はっきり言うと、口調は江戸っ子的な勢いがあり結構こわいです。

でも、腕前は確かだと思います。

長年放置していた虫歯の治療ついでに親知らず一気抜きを行った私ですが、通院回数もそこまで多くなく(親知らずに関しては1回で終わった)、治療後に不具合も一切出ておりません。

こちらから何も言わなければ基本的に保険の利く治療方法を選んでくれていました。

この先生、患者さんからSOSがあれば深夜であろうと明け方であろうと病院をあけて治療をしてあげちゃう人です。そのため、私が朝一番に予約を取っていた時「実は徹夜明けなんだよ」と非常に眠そうでした。

看護師さんや歯科衛生士さんも、神経を研ぎ澄ませて先生からの指示を受けているため歯医者というよりも会社のような感じが漂っていますね。プロフェッショナルな方ばかりですよ。

少し前になりますが、私が珍しく早起きをして早朝散歩に繰り出した時、院長自らが病院の前のゴミを拾ったり掃除をしている姿を見かけました。もしかすると、深夜〜明け方の急患が居たのかもしれませんね。

でも「何か凄い先生だなぁ」と感動した記憶があります。

ちなみに三ノ輪歯科の診察時間は7時〜21時と働いている人にも通いやすい時間帯になっていますよ!

「歯医者、もう何年も行ってなくてこわい」
「気になる歯はあるけど行く時間が無い」

そんな方は迷わず三ノ輪へお越しください。
どこの歯医者へ行ってもこわいものはこわいので、人情味溢れるドクターのいる三ノ輪歯科がオススメ!




posted by まるこ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯医者

2015年10月20日

下町ならではのお稽古なら「江戸芸かっぽれ道場」!…かっぽれとは何ぞや。

秋晴れが気持ち良く、散歩する足一歩一歩に気合も入る今日この頃。
ご飯も美味しくモリモリ太ってゆく自分の姿がショーウィンドウに映るたび、何か身体を動かす習い事でも始めようかという気になりますね。

台東区には数々のスポーツジムだけでなく、以前このブログで取り上げたムエタイジムや合気道、空手、ダンススクール、水泳など様々なスポーツを習う場所が存在します。

どれを習おうかお菓子でも食べながら真剣に考えようとコンビニを目指していると、ふと見慣れぬ看板が目に入りました。

江戸芸かっぽれ道場

櫻川流…

江戸芸…

かっぽれ道場…

看板をしっかり読んでみますが、何をする道場なのかさっぱりわかりません。
でも何だか、私好みの下町のニオイがプンプン漂っています。

そこで私は足早にコンビニに寄ると、家に帰って調べてみることにしました。

とにかく「かっぽれ」の意味を調べる


自宅で「かっぽれ」を検索すると一番上にはウィキペディアが出てきます。

【かっぽれは俗謡、俗曲にあわせておどる滑稽な踊り。】
ウィキペディア→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%82%8C

俗謡って何?と思ってさらに調べると民謡や流行歌など通俗的な(一般大衆向けの)歌の総称と書いてありました。えらいザックリなんですね。

流行歌ってことは、現在ならきゃりーぱみゅぱみゅとかSEKAI NO OWARIとかでしょうか?

それに合わせた滑稽な踊りというと、なんでもアリに思えてきますね。意外と若者向けの習い事なのかもしれません。

かっぽれについて深掘り


かっぽれは漢字で表すと「活惚れ」。しかし語源は「岡惚れ」から来ているそうです。

岡惚れの意味を更に調べると、「岡」=「傍ら」となっており、【良く知らない相手なのに傍らから見ただけで惚れてしまう】【傍らから密かに慕う】という二通りの意味があるようです。何か一気に乙女チックな習い事に思えてきましたね。

しかしかっぽれの歴史を調べた私は、そんな上っ面の甘っちょろい物ではない事に気づかされました。

歴史は古く、江戸時代の大阪住吉が発祥の踊り。しかしそれが色々あって江戸で踊られるようになったとか。
どうもレコード創世記昭和初期辺りには一度廃れて消えかかっていたようですが、昭和中期に習い事として再びブームが巻き起こり今に至るそうです。

私が思い描いていたような、Mステで流れているような歌に合わせて適当に爆笑を取る踊りをするという物ではなく、キチンとした振り付けやちゃんとした歌が存在するんです。思った以上に本格的な習い事でした。

ちなみにかっぽれには色々な流派が存在し、三ノ輪にあった道場は櫻川流でしたが、その他梅后流や多賀家流、鈴乃家流などがあるようです。かなり壮大なスケールの踊りなのに、どうして私は今までかっぽれを知らなかったのでしょうか。

意外とかっぽれを嗜んでいる人は多い


江戸芸かっぽれの活躍をホームページで確認してみると、毎月何かしらのイベントに参加して演舞を披露している様子。しかもパレードのように数十人で列を成して踊ることもあるそうですね。

梅后流のホームページによると現在全国4000人の門弟がいるようなので、意外と嗜んでいる人が多いのではないかと思いました。

昭和中期にカルチャーセンターでの習い事として復活したかっぽれですが、この復活には習い事で自分磨きをしたい主婦層の厚い支持があったんだそうです。

現在の江戸芸かっぽれの動画や写真を確認していると、やはり多いのは中年〜年配の女性。(男性ももちろんかっぽれを習っています)これぐらいの年齢の女性は、今も昔も本当にバイタリティが凄いんだなぁと感じました。

かっぽれの衣装はカラフルな浴衣やステテコが基本形だそうです。浅草神社や靖国神社でよく演舞を披露しているようなので、意外と目にしたことがあるかもしれません。それがかっぽれだと気づかず見流していた可能性もあります。次回はかっぽれを意識しながらこう言った演舞を見学したいと思います。

こういう歴史深い文化的な習い事が出来るのも、台東区の魅力だなぁと改めて感じるきっかけになりました。ただ、巨漢の私がかっぽれをやると膝と足首を大いに痛めそうなので先にダイエットしようかと少し考えました。

少し変わった習い事で、新しい自分と出会いたい。そんな方は是非台東区へお越し下さい。

★梅后流江戸芸かっぽれ道場(本部)
台東区三ノ輪1-18-2
TEL03-3873-0945
週4日、午前と午後にお稽古をされているようです。
参加費2000円で飛び入り体験も出来るようなので興味のある方は積極的にTELしてみて下さいね!

江戸芸 かっぽれ(VHS)

価格:4,104円
(2015/10/20 20:48時点)
感想(0件)








2015年10月16日

広報たいとう10月5日号レビュー

やたらと寒い日が続いて身も心も凍えそうな今日この頃です。

そんな寒さを吹き飛ばすかのように、今回も我が家のポストに広報たいとうが投函されていました。
1面の色合いは秋らしく赤と茶のグラデーションをメインとした温かみあるデザインになっています。

今回のトップテーマは「防災」のための日頃の備えについてですね!

広報たいとう10月5日号

11月1日(日)の午前9時から、防災広場「初音の森」、谷中防災コミュニティセンター、谷中小学校の三箇所で防災訓練を行うそうです。

この訓練では、警察署や消防署・消防団、医師会などの機関が参加することになっていますので、かなり本格的なものとなることでしょう。

たかが訓練と侮ることなかれ、医療救護訓練から動物救護訓練、応急給食や物資の分配訓練まで突き詰めた訓練が予定されています。

体験しておくのと未体験のままでいるのとでは、いざという時に起こせるアクションに差が出ると思いますので、都合の付く方はどんどん参加してもらいたいですね!

さらに災害時のための備蓄品のチェック欄や、非常持ち出し袋の内容チェック欄が付いていました。
備蓄品って最初用意刷る時も大変なんですが、ちょいちょいチェックしておかないと賞味期限が切れてしまったり、埃をかぶってしまったりするんですよね。

これを機に、広報たいとうを見ながら備蓄品・非常用持ち出し袋をきっちり確認したいと思います。

また、台東区では防災用品のあっせんを行っているとのことで、家具転倒を防ぐツッパリ棒や消火器・防災頭巾などの防災用品があっせん価格で購入できるとの情報が載っていました。

あっせん価格は定価の2割引。普通に買うよりお得だと思いますので、まだ用意されていない方は是非広報たいとうか、台東区の災害対策課のサイトを見てみて下さいね。


注目は28年度園児募集のおしらせ


今年も園児募集のスペースが大きめに取られていますね。来春入園予定のお子さんをお持ちの方は、こちらのページをかなり確認されている事でしょう。

各私立幼稚園は願書の配布開始日が10月15日、受付開始は11月1日。
各区立幼稚園は募集案内の配布開始が10月30日、受付開始は11月12日・13日となっています。
特に人気のある「こども園」は受付期間がそれぞれの年齢や園によって違いますので確認をしっかり行った方が良さそうですね。

どれぐらい応募が殺到するかは、その年によって随分差があるようです。
私立の場合は願書配布時の行列の長さである程度予測がつくそうですが、区立の場合は応募を締め切った後に初めて何名の応募があったかがわかるそうなので該当されるお子さんをお持ちの方はドキドキですね。

でも11月半ばにはそのドキドキもある程度落ち着くと思いますので頑張って下さい!


その他気になる見出しは

やっぱりマイナンバー制度のコーナーは気になりました。
詐欺なども既に起こっているようなので、もう少し大きめに場所を取って説明があった方が良いような気もします。
テレビ等でも詳しく説明はしてくれていますが、用心しすぎるに越したことはありませんよね。
しかしいつになったらマイナンバー来るんでしょう、気になりますねぇ。

その他、10月22〜31日は駅前放置自転車クリーンキャンペーンが行われるようです。放置自転車が一斉に撤去されるようなので、駅前スッキリ!実は密かに楽しみにしています。これやると結構景色が変わるんですよね。

あと、さすがスポーツの秋ということでバレーボール体験教室やボクササイズ教室など様々な運動にかんするイベントのお知らせが載っていました。

今回のは〜い赤ちゃんのコーナーには6名の赤ちゃんが掲載されていました。
どの子もみんな元気そうです!

時間がなくなってきたので本日はここまで。



2015年10月12日

お客さん以外にもスマイルとサービスを忘れないパチンコ屋「三ノ輪UNO」

秋も深まり街中はめっきりハロウィンムードですね。

下町というと昭和な雰囲気のイメージがあるので、ハロウィンなどという西洋かぶれなイベントとは縁遠い感じもしますがそうでもありません。

基本下町はお祭り大好きな人々が多いので、楽しい出来事を楽しもうとする心意気は人一倍だと思います。

浅草でも「西浅草ハロウィン」「浅草リバーサイドハロウィン」と2地区が大きな計画をたて既に動き出している様子。夏に三社祭で見たあの熱気溢れる祭り魂が再び見られるのでしょうか、少しドキドキしますね。

ちなみに浅草ハロウィンはフェイスブックのページがあるようなので興味のある方は、その洗練されたマウス操作でぜひ「いいね!」をクリックして下さい。
★西浅草ハロウィンFB→https://facebook.com/nishiasah
★浅草リバーサイドハロウィンFB→https://facebook.com/asakusa.riverside.halloween

ちなみにハロウィンムードで盛り上がっているのはこういったイベント企画の類だけではありません。
台東区では、普通の駅前にあるような普通のパチンコ屋もすごく盛り上がっているんです。


駅前交差点のパチンコ屋前には巨大なかぼちゃが設置されている


東京メトロ日比谷線「三ノ輪」駅から地上に上がり改札をくぐると、視界に入ってくるのは大きな交差点。
マクドナルドにサークルKサンクス、そして大きなパチンコ屋の店舗が並ぶごく普通の景色です。

しかし10月に入ってすぐ辺りから、この大きなパチンコ屋の前には巨大なかぼちゃが設置され、常にAKB48の歌が流れ、ハロウィンの仮装をしたスタッフたちの姿が目撃されるようになりました。

三ノ輪UNOのハロウィンイベント

残念ながら真正面から写真を撮る勇気はありませんでした。

店先ではゴーストに扮したスタッフがにこやかに新台の紹介をしたり、道行く人々に挨拶をしたり、看板を振ってみたり、踊ったり、休憩したりと割とフリーダムな動きをしているようです。

10月初旬にはキレッキレのダンスを披露してくれていましたが、最近は疲れてしまったのが少し普通に揺れていることが多いです。

あのかぼちゃは本物なんでしょうか?
雨が降るたびに片付けられているようですが、重量はどれぐらいなのでしょうか。気になってしまいますね。

しかし彼らのお陰で、三ノ輪駅周辺も一気にハロウィンムードが溢れ、楽しい秋が到来したように思います。

各季節の行事も華麗にこなす「三ノ輪UNO」


私の知る限り「三ノ輪UNO」がイベントで地域を盛り上げるのはハロウィンだけではありません。

クリスマスには定番の「サンタクロースの格好をした自動で踊る人形」が設置され、正月にはその人形が上から獅子舞の衣装を被せられます。(冬の間中クネクネ踊っている印象があります)
夏には巨大な氷と金魚すくいに似せた小道具が置かれ、夏祭りのイメージを作りあげていましたね。

店の前にはスタッフが立たち、店の前を通る人々に声を掛けていることが多いです。

凄いのは、パチンコを打ちに来た客だけじゃなく単なる通りすがりや信号待ちをしている人に対しても「こんにちは!」とにこやかに挨拶をしてくれることです。

パチンコ屋というと今まではあまりガラが良くないイメージがありましたが「三ノ輪UNO」を知ってから私の中の認識は変わりました。間違いなく地域の活性化に一役買っていると言えるでしょう。

私はパチンコを打たない人間ですが、三ノ輪UNOにはちょっと入ってみたいなぁと思う事があります。
パチンコしない人が入っても迷惑なだけだと思いますので入りませんけどね。

皆さんも、ぜひパチンコが打ちたくなったらぜひ三ノ輪駅へお越し下さい!
三ノ輪UNOの公式ページ→http://www.p-world.co.jp/tokyo/2010uno.htm



ハロウィン・ナイト (初回限定盤 CD+DVD Type-A) [ AKB48 ]

価格:1,460円
(2015/10/12 14:43時点)
感想(7件)









posted by まるこ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園

2015年10月10日

カラフルな壁画で彩られた「JR常磐線第2三ノ輪ガード下」

月日の流れによって町並みは変わっていくものですが、私が台東区とその周辺を散歩するようになってから現在までの短い期間(5年程度)でも随分色々変わっています。

特に三ノ輪駅周辺のお店の入れ替わりは、もともとは何が建っていたんだっけ?と思い出すのも難しいぐらいですね。

都電「三ノ輪橋」駅の入り口にあるお店も私が知る限りでは、ラーメン屋→スイートポテト屋→餃子屋とすごいスピードで入れ替わっています。

その付近にある「佃煮屋」や「和菓子屋」は古くからあり老舗化しているようですね。これらの店舗についてもここで書いていきたいと希望を抱いていますが、今回書くのは店舗についてではありません。

そのすぐ傍にあるJRの高架下の写真を撮ってきました。
高架下の名は「JR常磐線第2三ノ輪ガード下」と言います。

見事な壁画が一面に描かれている


上野方面から都電「三ノ輪橋」駅を目指す時のルートになりやすいのが「JR常磐線第2三ノ輪ガード下」。
私が初めてここを通った時は薄暗く、少し陰気な雰囲気が漂っていたのを覚えています。たまにトラックにはねられたネズミの死骸が地面にへばりついていることもありました。

そんなJR常磐線第2三ノ輪ガード下も、今では随分様変わりしています。

三ノ輪の高架下の壁画3三ノ輪の高架下の壁画2



色鮮やかなこの壁画、いかがでしょうか。
壁画というとちょっと堅苦しい真面目な絵のイメージがありますが、こちらの壁画は思わず微笑んでしまうほど素朴な絵柄。内容は千住大橋や三ノ輪橋などと言ったこの付近の観光名所です。
都電やジョイフル三ノ輪商店街へ向かう時のワクワクした気持ちを、より一層高めてくれる壁画だと思います。

この壁画が描かれるまではできれば早足で通り過ぎたい場所でしたが、今では絵を楽しみながらのんびりと歩いています。


手掛けたのは東京藝術大学の卒業生グループ


この壁画の作者はあの東京藝大の卒業生。非営利目的で活動している「A+(アプリュス)」というグループだそうです。私のような素人目から見てもステキな絵なので、実力のある方々が手掛けたのだろうとは思っていましたが東京藝大卒業生だったとは納得ですね。

「アプリュス」ホームページはこちら→http://www.aplus-art.org/

もともとこちらのガード下は落書きやゴミの散乱などが酷い場所だったため、それに伴う治安の悪化を防ぐ目的で壁画が描かれたようです。壁画作成と同時にボランティア団体などによる一斉清掃も行われたんですねぇ、全然知りませんでした。

でも、ちゃんとその目的通り明るい雰囲気のガード下になったんじゃないでしょうか。素晴らしい活動でしたね!
このまま三ノ輪第3ガード下も明るい雰囲気にしてみてはいかがでしょうか?

不気味な高架下

こちらの第3ガード下、なんか幽霊出るって噂もありますしカラスが妙に多いんですよね。
通るとぽたぽた滴も垂れてきます。
手軽に肝試しを行いたい方は、ぜひ改善される前に三ノ輪へお越し下さい。
近くに美味しいお惣菜屋さんとおせんべい屋さんがありますよ!






ファン
検索
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
まるこさんの画像
まるこ
健康に気をつけている万年肥満児。 ダイエットしたいけどポテチとチョコが好き。
ブログ
プロフィール


◆お役立ちリンク◆

●台東区で知りたい事があれば間違いなくココが便利!
台東区ホームページ

●都内で粗大ゴミ回収の予約をするならネットが便利!
粗大ごみ受付センター

普段はあんまり見ないけどたまに見ると面白い!
東京都公式ホームページ


◆スポンサードリンク◆

●神戸発の東京駅No.1スイーツ!コロコロワッフルは食べだすと止まりません。また太っちゃうね!
ワッフルケーキの店エール・エル

●年に一度のおせち料理は高級志向で!店名がステキ★
東京正直屋
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。