2021年04月12日

ハバナで交通事故 1人が死亡 数名が負傷 バス2台と乗用車2台が衝突

accidente-transito-la-habana-cuba.jpg
この事故はきょう月曜の朝に起きた

Cubadebate、2021年4月12日

ハバナのグアナバコア市にある、「アルベルト・クンツ」ビスケット工場と「ニィコ・ロペス」製油所付近できょう月曜日(4月12日)の朝、大規模な交通事故が発生した。

ネット上ではビア・ブランカで起きたこの事故の映像が共有され、事故の目撃者たちによると、1人が死亡し、数名が負傷したと推定されている。

これらの映像では、少なくともバス2台と乗用車2台が事故に関係したことを示している。乗用車2台は衝突後に炎上したため、消防と警察が事故現場に急行した。

ネットユーザーのオスカル・アルバレスはこの痛ましい事故の証人の一人であり、自身のフェイスブックに次のように書いた。「この事故の衝撃は、運転する際にはこれらの画像が示しているような事故を避けるために慎重になるに越したことはないことを証明している」。

本稿執筆時点まで、事故原因は調査中である。

accidente-transito-la-habana-cuba4.jpg
首都ハバナでの交通事故

accidente-transito-la-habana-cuba3.jpg
事故に関係した乗用車2台が炎上した

accidente-transito-la-habana-cuba2.jpg
首都ハバナでの交通事故

Reportan accidente masivo de tránsito en La Habana (+Video)
http://www.cubadebate.cu/noticias/2021/04/12/reportan-accidente-masivo-de-transito-en-la-habana-video/
posted by vivacuba at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | cuba

2021年04月11日

キューバ 4歳の女の子が死亡 新型コロナ感染 国内初の子どもの死者

lamenta-fallecimiento-nina.jpg
ミゲル・ディアスカネル大統領

Radio Habana Cuba、2021年4月11日、PL

キューバのミゲル・ディアスカネル大統領は昨日、悪化した腫瘍性疾患を持つ女の子が新型コロナウイルスに感染し死亡したことを悼み、親族に哀悼の意を表した。

大統領は自身のツイッターアカウントで、これまで子どもの死亡事例がなかったキューバ国内でのコロナ流行において、その歴史を分ける痛ましいニュースである、と述べた。

「この心の痛みは、今後も取り組みを続けることを求める。われわれの子どもたちはこれに値する」、と大統領はツイッターで強調した。

きょう日曜日(4月11日)の午前、公衆保健省国家疫学局のフランシスコ・ドゥラン局長は、腹部腫瘍のため首都ハバナのフアン・マヌエル・マルケス病院に入院していた4歳の女の子の死亡を発表した。

女の子には一連の症状と、触診可能な腫瘍群があった、と説明したドゥラン博士は、同病院の監視ガイドラインの一環として、女の子の入院中二度にわたって抗原検査を実施したが、新型コロナウイルス陰性の結果だった、と述べた。

4月6日に、同じくガイドラインに依拠して、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を実施したが、その結果を受け取る前に女の子は、心肺停止のため死亡した。検査結果は陽性だった。

2020年3月のパンデミック開始以降、キューバは459人の死者を記録しているが、今回は小児の初の死亡事例となる。19歳未満の感染者も増えているが、死者はこれまでいなかった。

Presidente de Cuba lamenta fallecimiento de niña con Covid-19
https://www.radiohc.cu/noticias/nacionales/253664-presidente-de-cuba-lamenta-fallecimiento-de-nina-con-covid-19
posted by vivacuba at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | cuba

2021年04月09日

ラムゼイ・クラーク元米司法長官死去 93歳 ロス・シンコ釈放に尽力したキューバの友人

Ramsey-Clark-Acto-por-los-Cinco-en-Holguín2.jpg
ラムゼイ・クラーク(左から2人目)、キューバ連帯勲章受章。ロス・シンコの母親たちがこの授与を促進した。

Cubadebate、2021年4月9日

1960年代に米国のリンドン・B・ジョンソン政権で司法長官を務めた弁護士のラムゼイ・クラークがきょう(4月9日)の午後、ニューヨークで死去した。クラークは、エリアン少年やシンコ・エロエスの帰国に向けた戦いに尽力した「キューバの友人」だった。

2012年にクラークは、ヘラルド・エルナンデス、アントニオ・ゲレーロ、ラモン・ラバニィーロ、フェルナンド・ゴンサーレス、レネー・ゴンサーレスに対して続けられた法手続きは、司法による犯罪であり、司法は公正な裁判を行う義務があった、と語った。

「もし私がいま検事総長で、ロス・シンコの手続きの間にこのキャンペーンを知っているなら、その告訴を取り下げなければならないだろう。司法長官が誰であってもそのようにすべきであろう」、とクラークはさらにその場で述べた。

キューバの真の友人であるクラークは、キューバ革命の歴史的指導者フィデル・カストロについて、あるときこう言った。「フィデルは、闘争のさなかにある資源のない国が、教育し、住居・医療・職など人間性が求めるあらゆるものを提供することができる、ということを証明してきた。世界の他の国々を見よ。われわれはこのキューバのモデルを必要としている」。

キューバ大統領、クラークの死を悼む

キューバのミゲル・ディアスカネル大統領はきょう土曜日(4月10日)、米国の元司法長官ラムゼイ・クラークの死を悼み、誠実で連帯的な人物だったと評した。

大統領は自身のツイッターアカウントで、この米国の法律家クラークは、きわめて重要な戦いにおいてキューバの側に立ち、自国が世界中で犯した大きな不正行為について批判した、と強調した。

「キューバは感謝の追悼をささげる」、と大統領はツイッターに投稿した。

ラムゼイ・クラークは昨日、ニューヨークで死去した。93歳だった。キューバとの関わりでは、エリアン・ゴンサーレス少年の帰国(1999年〜2000年)や、米国で収監された反テロリズムの5人の闘士の釈放(1998年〜2014年)に向けた活動への参加が際立った。

ヘラルド・エルナンデス、アントニオ・ゲレーロ、ラモン・ラバニィーロ、フェルナンド・ゴンサーレス、レネー・ゴンサーレスに対して続けられた法手続きに関して、クラークは2012年に、これは「司法による犯罪」であり、政府は「井戸に毒を盛って」いた、と述べた。

「もし私がいま検事総長で、ロス・シンコの手続きの間にこのプロパガンダのキャンペーンを知っているなら、その告訴を取り下げなければならないだろう。司法長官が誰であってもそのようにすべきであろう」、とクラークはさらに述べた。

2013年11月に、キューバ国家評議会は、クラークがキューバ革命をこれまで存在した最大の革命と評価し、キューバ国民とキューバ革命に感謝したことに対して、連帯勲章を授与した。

ramsey-clark.jpg
ラムゼイ・クラーク、米国の元司法長官

Ramsey-Clark-Acto-por-los-Cinco-en-Holguín.jpg
ラムゼイ・クラーク(左)、アントニオの母ミルタ・ロドリゲス(右)に挨拶

ramsey-clark-en-la-mesa-redonda.jpg
ラムゼイ・クラーク(右)、キューバのテレビ番組「メサ・レドンダ」でアルレエン・ロドリゲス(左)と共演

Ramsey-Clark-free-the-cuban5.jpg
ラムゼイ・クラーク(中央)


ラムゼイ・クラーク 20世紀最大の革命はキューバ革命である


「メサ・レドンダ」のラムゼイ・クラーク

Falleció Ramsey Clark, ex fiscal General de EEUU y amigo de Cuba
http://www.cubadebate.cu/noticias/2021/04/09/fallecio-ramsey-clark-ex-fiscal-general-de-eeuu-y-amigo-de-cuba/
posted by vivacuba at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | cuba

2021年04月08日

ホセ・アンヘル・ポルタル保健相 新型コロナ第三波の危険性を警告

jose-angel-portal.jpg
ホセ・アンヘル・ポルタル公衆保健相

Radio Habana Cuba、2021年4月8日、PL

キューバのホセ・アンヘル・ポルタル公衆保健相は、新型コロナウイルスのパンデミックの第三波は単なるリスク以上のものであり、キューバにとって大きな危険である、と警告を発した。

危険性の認識を失わないことが必要であり、キューバでの感染者数はすでに高い数字を示しているが、これを減らさなければならない、なぜならそうしなければ、そのような状況は医療システムを危うくする恐れがあり、新型コロナウイルスとの戦いで為した努力を台無しにするであろう、とポルタル大臣はきょう木曜日(4月8日)、ラジオ・テレビ番組メサ・レドンダで語った。

わが国の施設で新たな感染者を受け入れ続けるための病床や分子生物学研究所の研究室には余裕があり、医療施設は麻痺していない、と大臣は語った。

自己責任を見失ってはならず、ワクチン候補の臨床試験に参加したという事実でさえ、保健衛生措置やフィジカル・ディスタンスおよびマスク着用を放棄する理由にはならない、とポルタル大臣は強調した。

ペドロ・コウリー熱帯医学研究所のマリア・グアダルーペ・グスマン研究部長は、公衆保健の関心と懸念には変異株が存在する、と説明した。

キューバはゲノム構造の監視を続けているが、それはわが国にとって大きな関心ごとであるからで、国内では5種の変異と、より発生率の高い変異株D614Gが伝播している、と部長は語った。

キューバでは、もともと南アフリカと米国カリフォルニアで見つかった変異株が少しずつ増えており、英国起源の変異株が報告されたのはわずか3件である、と部長は説明した。

変異株D614Gは全国すべての県で確認されており、キューバで最も優勢な変異株であるが、南アフリカ起源の変異株が流行してきている、とグスマン部長は述べた。

変異株に対するワクチンの効果について、 バイオテクノロジー製薬産業企業グループ(ビオクーバファルマ)のエドゥアルド・マルティネス会長は、各国でこれまで使われているワクチンは結果を出している、と説明した。

キューバ製ワクチンは、国民の免疫を強化するために三回目の接種がおこなわれる予定である。

わが国のワクチンは高いレベルの免疫力があるが、有効性の研究を待たねばならず、ただし、われわれはわが国のワクチン候補各種に自信を持っている、とマルティネス会長は語った。


キューバTV メサ・レドンダ(2021年4月8日)

Alertan sobre peligro de situación epidemiológica compleja en Cuba
https://www.radiohc.cu/noticias/nacionales/253447-alertan-sobre-peligro-de-situacion-epidemiologica-compleja-en-cuba
posted by vivacuba at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | cuba

ブラジルはウイルスに汚染されたフクシマである ブラジル人専門家語る 1日の死者4195人を記録

brasil-covid19-bolsonaro.jpg
ジャイール・ボルソナーロ大統領、首都ブラジリア郊外にて

Radio Habana Cuba、2021年4月8日、ロイター

ブラジルでの新型コロナウイルスの死者の急激な増加は、1日平均の死者が3000人を大きく超えており、じきに米国での1月の最悪の記録を更新するであろう、と科学者たちは予測している。変異株による感染が病床を圧迫しているためである。

ブラジルでの新型コロナウイルスによる死者の合計数は33万6947人であり、米国での55万5千人を超える死者数に次ぐ世界で二番目の多さである、と保健省は述べている。

今週水曜日(4月7日)、ブラジルの国家保健協議会によると、ブラジルは1日の死者が最多の4195人を記録した。これまでの最多記録は3月31日の3869人だった。

現在ブラジルの医療システムは崩壊の淵にあり、いずれ米国の合計死者数を上回るだろう、人口は米国の三分の二であるが、と2人の専門家がロイターに話した。

「核分裂反応を引き起こしている原子炉のようなものであり、制御不能だ。ウイルスに汚染されたフクシマと言える」、とウイルスの伝播を追跡しているデューク大学教授でブラジル人医師のミゲル・ニコレリスは語った。

ジャイール・ボルソナーロ大統領は、専門家たちが公衆衛生上必要と考える隔離措置やマスク着用を拒否してきた。同国は、他の国がおこなっていたワクチン準備を急がなかった。これがブラジルのワクチン接種計画を遅らせた。

新型コロナウイルスの蔓延との戦いを為しえていない緩い対策によってブラジルは、これまでにない早さで感染者数と死者数を積み重ねている。一方、米国で広まったワクチンキャンペーンは、世界で最多の死者を出した感染状況に急速に歯止めをかけている。

ニコレリス教授も、同国の医療機関フィオクルースの研究者クリストバム・バルセジョスも、ブラジルが全死者数や1日の平均死者数で米国を上回りうることを示唆する、それぞれ別個の推定値を持っている。

ブラジルは来週、米国の7日間の平均死者数の記録を破る可能性がある、とワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は予想している。米国の1日の平均死者数は1月に最多の3285人に達した。


HISPAN TV(2021年4月7日)

Es un Fukushima biológico: dramática alerta de los expertos por las muertes en Brasil
https://www.radiohc.cu/noticias/salud/253315-es-un-fukushima-biologico-dramatica-alerta-de-los-expertos-por-las-muertes-en-brasil
posted by vivacuba at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Brasil

2021年04月06日

キューバ大統領 首都ハバナの隔離措置強化を発表

habana-capitolio.jpg

Cubadebate、2021年4月6日

キューバのミゲル・ディアスカネル・ベルムーデス大統領は、自身のツイッターアカウントで、ハバナでは近いうちに新型コロナウイルス感染の第二波のときと同じく、より徹底的な隔離措置がとられる、と発表した。

「今月に入って1日の平均感染者数は千人を超え、その大半がハバナという憂慮すべき状況である。リスクの認識が低いことが最大のリスクである」。

大統領はまた、「キューバが完全にワクチン接種を終えるには数か月かかる。協力するだけでは足りない。責任ある行動をとらねばならない。われわれの家族や祖国の幸福のために、ディスタンスと衛生とマスクを」、と投稿した。

昨日終了時点で、首都ハバナの各研究所では、感染者556人を確認した。そのうち国内での感染および接触者としての感染が549人、海外での感染が7人だった。

発表によると、109人はクラスター関連だった。

地域別の感染者数は、マリアナオ78人、サン・ミゲル・デル・パドロン71人、アローヨ・ナランホ52人、グアナバコア48人、ディエス・デ・オクトゥーブレ43人、ラ・リサ・イ・ボジェーロス42人、ハバナ・ビエハ40人、セントロ・ハバナ37人、セーロ25人、プラサ・デ・ラ・レボルシオン20人、ハバナ・デル・エステ19人、プラヤ15人、コトーロ6人、だった。

感染者合計556人のうち、243人が発症しており、313人が無症状だった。発症者のうち100人が国内での感染者の接触者だった。

感染率は直近15日間で343.8に増え(1162人増)、前日からは46人増だった。

Anuncia presidente cubano nuevas medidas restrictivas para la capital ante situación epidemiológica
http://www.cubadebate.cu/noticias/2021/04/06/anuncia-presidente-cubano-nuevas-medidas-restrictivas-para-la-capital-ante-situacion-epidemiologica/
posted by vivacuba at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | cuba

2021年04月05日

グランマの20歳ギジェルモ・ガルシア プレーオフMVPに選出 キューバ野球リーグ

guillermo-garcia.jpg
若きギジェルモ・ガルシア、第60期キューバ野球リーグMVP

Radio Habana Cuba、2021年4月5日、PL

グランマの才能ある野球選手ギジェルモ・ガルシアが、キューバ野球リーグ決勝第6戦で優勝を決め、キューバ野球プレーオフの最高殊勲選手(MVP)に選ばれた。

プレンサ・ラティーナとの独占会見で、弱冠20歳のガルシア選手は、チームの優勝と自身の受賞への喜びを語った。「これまでの人生でもっとも大きなことだ。本当に感動している」、とガルシアは話した。

まだ短いキャリアの一塁手ガルシアは、今回のプレーオフでは指名打者の役割ではあったが、11試合で39打数19安打(打率.487)、17打点、12得点、3二塁打、4本塁打を記録し、チームが優勝を決めた決勝戦第6戦では、4打数4安打の猛打で締めくくった。

決勝戦の舞台となったサンクティ・スピリトゥスのホセ・アントニオ・ウエルガ球場での9回無死満塁の場面でバッターボックスに向かう前の心境を問われたガルシアは、そのカギは集中力だった、と述べた。

いいスイングをして、ボールを強くミートし、飛距離を出した、と語ったこの若き選手は、米国政府が協定を破棄する前にキューバが大リーグに提出した有望選手リストに含まれていた。

ガルシアは、あのときマイアミ・マーリンズやクリーブランド・インディアンスなどのチームが自身の働きに関心を持っていたと語ったが、「現在はそのことについては考えておらず、理想は野球選手として日々改善していくことだ」、と強調した。

今後の目標についてガルシアは、まず第一に「キューバ代表チームの一員になること」であり、それは「皆が望むことであり、その夢が叶うように心の準備をしている」、と説明した。


キューバTV ギジェルモ・ガルシアMVP受賞インタビュー(2021年4月5日)

Talento de 20 años elegido MVP de final del béisbol en Cuba
https://www.radiohc.cu/noticias/deportes/252922-talento-de-20-anos-elegido-mvp-de-final-del-beisbol-en-cuba
posted by vivacuba at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | beisbol

2021年04月04日

グランマ 3度目の優勝 マタンサスに4勝2敗 第60期キューバ野球リーグ

granma-matanzas-final6.jpg

Radio Rebelde、2021年4月4日、Guillermo Rodríguez Hidalgo Gato記者

ホセ・A・ウエルガ球場でのキューバ野球リーグ決勝戦は、グランマチームがマタンサスチームに6対5でサヨナラ勝ちし、3回目の優勝を飾った。

20歳の若者ギジェルモ・ガルシアが、4打数4安打を放ち、そのうちの1本は9回裏にマタンサスをねじ伏せるサヨナラヒットとなる活躍を見せ、ふたたびヒーローとなった。
「この感動は言葉では表せない。私の短いキャリアのなかで非常に特別な瞬間だ。今回の勝利をわれわれのファン全員に、とりわけ私の恋人や家族、そして亡くなった母に捧げる。」

溌剌としたダイナミックなプレーを見せたロエル・サントスは、マタンサスの投手陣と守備陣を混乱させた。
「英雄的な試合だ。偉大なマタンサスチームを相手に1対5から逆転することはとても難しかった。若い選手たちが成長して王者の血統を守った。」

ライコ・サントスは、キューバ代表チーム選出に準備ができていることを示した。ライコにとって今回は2年連続の栄冠となる。というのも第59期ではマタンサスチームで王者になっているからである。
「大きな試合に勝利した。決して降参しなかった相手チームの選手たちを祝福する。彼らも偉大なチームであることを証明した。」

グランマチームの主将カルロス・ベニーテスにとって、今回の優勝はこれまでのどの優勝よりも味わい深いものとなった。というのは今回は補強無しの初めての優勝となったからだ。
「今回は最もうれしい。というのは補強無しでわれわれグランマの選手だけで勝ち取った優勝だからだ。ギジェルモ・ガルシアのような若い選手たちは、われわれの中で支えあって、優勝を目指す戦い方を知っていた。」

グランマ優勝のもう一人の立役者は、プレーオフで5勝をあげたスター投手ラサロ・ブランコだった。
「とんでもなくうれしい。というのはこれまでは補強を加えての二度の優勝だったからだ。今回はチーム全体の功績だ。キューバ野球での新たな王座をチームに導いてくれた指導部に感謝したい。」

感激をあらわにしたグランマのカルロス・マルティ監督は、選手たちへの賞賛を口にした。
「今回のようなプレーオフを体験したあとで、感動しないでいることはとても困難なことだ。心臓がばくばくしているよ。選手たちの活躍にはとても満足している。両チームとも素晴らしい戦いを見せたと思う。リードされているときでも、決してわがチームへの信頼は失わなかったし、逆転できることが常にわかっていた。」

決勝:   得点 安打 失策
マタンサス: 5   13   1
グランマ : 6   13   0

勝利投手:ジョエル・モヘーナ
敗戦投手:ヨエル・スアレス
本塁打:ロエル・サントス

このニュースのラジオ音声はこちらから。


granma-matanzas-final6-2.jpg


マタンサス対グランマ 決勝第6戦(2021年4月4日)


9回裏 ギジェルモ・ガルシアのサヨナラ安打


7回裏 ロエル・サントスの本塁打



ロエル・サントス インタビュー

Los Alazanes son los Campeones de Cuba (+Audio)
https://www.radiorebelde.cu/noticia/los-alazanes-son-los-campeones-de-cuba-20210404/

posted by vivacuba at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | beisbol

2021年04月01日

米国のNBCニュース キューバの医療・技術分野における成果を報道

pandemia14.jpg

Radio Habana Cuba、2021年4月1日、PL

米国のニュース放送局「NBCニュース」はきょう木曜日(4月1日)、技術的主権に関するキューバ科学のさまざまな成果について取り上げ、これらが新型コロナウイルス感染症患者の治療に貢献している、と強調した。

同局のデジタルサイトによると、キューバ産の新型コロナワクチン候補は現在世界中でニュースになっているが、新型コロナ感染者を取り扱うために用いられている人工呼吸器やCTスキャナーなどの医療機器の自国生産はあまり知られていないかもしれない、と報じている。

「昨日ハバナでの生産施設を巡っている間、衛生当局が費用を節約でき、国内でのコロナによる死亡率を低く抑えることができた医療機器が喧伝された」、と記事は述べている。

NBCニュースは、キューバがある意味では、数十年前から始まりドナルド・トランプ前大統領が再強化した米国政府による経済・商業・金融封鎖への対応として、技術的主権を目指し、自国生産機器を開発している、と説明している。

「経済封鎖が医療機器の輸入を妨げている」、と米国ニュースチャンネルNBCは指摘した。

キューバの自国による人工呼吸器やCTスキャナーの製造は、同国がパンデミックのあいだに経済的節約をするのに役立っている、とNBCは説明した。

同局のデジタルサイトは、「キューバ国家はいま重要なバイオ医薬品の成果の達成間近にある。新型コロナの国産ワクチン数種類の開発である。そのうち最も開発が進んだ候補はソベラナ02であり、これは現在第三臨床試験の段階にある」、と詳述している。

また同記事は、キューバの新型コロナウイルスによる死亡率は、世界で最も低い値の一つである、と明らかにしている。

EE.UU.: NBC News destaca soberanía tecnológica de Cuba (+Foto)
https://www.radiohc.cu/noticias/nacionales/252661-eeuu-nbc-news-destaca-soberania-tecnologica-de-cuba-foto
posted by vivacuba at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | cuba

日本の国会議員グループ キューバの東京五輪準備状況を確認

japon-senadores-cuba.jpg
(左より)堀井巌、本田顕子、和田政宗、ミゲル・A・ラミーレス大使、山中道子(通訳)

Radio Habana Cuba、2021年4月1日、PL

日本の国会議員グループが、東京五輪・パラリンピック2020へのキューバの準備状況を把握することに関心を示した、と公式筋が伝えた。

駐日キューバ大使館の発表によると、ミゲル・A・ラミーレス大使は、元外務政務官の堀井巌参議院議員率いる国会議員グループと会談した。

堀井議員は2017年に自由民主党の代表団を率いてハバナを訪問しており、現在は日本・キューバ友好議員連盟に属している。

宮城県選出で政権党の外交部会・外交調査会委員である和田政宗参議院議員と、薬理学部門に詳しい本田顕子参議院議員も同席した。

キューバ大使館によると、この会談において、ラミーレス大使は医薬品作業分野におけるキューバの前進と、新型コロナウイルスのワクチン候補5種類の開発についても言及し、これらの分野における協力の幅広い可能性について同意した。

キューバに対する米国による経済封鎖のここ数年の激化と、その治外法権的悪影響を含む、他の近況のテーマと、両国間議題についても話し合われた、と大使館の発表は締めくくっている。

Parlamentarios japoneses preguntan por preparación de Cuba para Tokio-2020
https://www.radiohc.cu/noticias/deportes/252568-parlamentarios-japoneses-preguntan-por-preparacion-de-cuba-para-tokio-2020
posted by vivacuba at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Japon
検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
写真ギャラリー
ファン
最新コメント
プロフィール