広告

posted by fanblog

2016年02月06日

【読書記事】“ベッキー叩き”を加速させる「外的コントロール」とは?「人間関係をしなやかにするたったひとつのルール」渡辺奈都子・著

勝敗予想に参加出来るのは予想ネットだけ!
皆さんも「予想ネット」楽しく小遣いゲットしませんか?





おはようございます。

ブログ管理人のカズです。

いつも当ブログをご愛顧いただきありがとうございます<(_ _)>

“ベッキー叩き”のみならず、相手を思い通りに動かそうと考えてしまう、「外的コントロール心理学」の罠とは?


前回のブログで、ベッキーの不倫騒動へのバッシングがあまりにも酷すぎる事を指摘しました。
今回も引き続き、このことに関して書きたいと思います。



前回記事で引用した、産業カウンセラーの後藤和也さんの記事引用文を今一度書くと、

それにしても、ベッキーさんや不倫相手とされる男性歌手に対する怒りのエネルギーはすさまじいものだ。
中には「お前なんか死んでしまえ」と言わんばかりの内容すらある。目を覆いたくなるような記述も目立つ。

確かに、不倫という事実があったとすれば、社会的な制裁や批判を免れるものではないだろう。特にイメージで売っている芸能人であれば、なおさらだ。
ただし、一義的に批判をすべき関係者とは、裏切られた配偶者や金銭的な損害を被るスポンサーなど、限られたメンバーになろう。

いかに芸能人相手とはいえ、不特定多数の無関係者が石を投げ、鞭で打ち、健康を害するような状態まで追いやるようなことは、許されるものではないはずだ。



そうなんですよ、許されない行為なんですよ。

私は、ベッキーの不倫以上に、バッシング行為そのものを腹立たしく思うわけです。


何せ、有ること無いこと、憶測や思い込みに過ぎないかもしれない事を書きたて、
一方的に罵るんですから…


ベッキー自身のブログで、声援を送るコメントが5000件以上寄せられたことについても、

「どうせ、自分に都合のいいコメントだけ承認してるんだぜ」
「都合の悪いコメントはあらかた削除してるよ」


と、憶測のみで書かれているコメントが目立ちました。

というか、実際あなた方はその作業現場を見たの?
と逆に聞きたくなりました。
というか、公式とはいえ自分のブログです。
荒れるのを防ぐため、承認制にして誹謗中傷コメを削除するのはむしろ当たり前のこと。

それすらも許されないのか?

憶測でさも事実のように言ってバッシングを繰り返す

まるで「講釈師、見てきたように嘘をつき」だな。

それでは、なぜこのようなバッシングを人はしてしまうのでしょう。

ヒントは、この本に出てくる「外的コントロール」という心理学にあるのではないかと思います。
人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論渡辺奈都子・著

(選択理論とは何ぞや?というのは、詳しくは過去記事にて!
【読書記事】選択理論とはなんぞや?「人間関係をしなやかにするたったひとつのルール」渡辺奈都子・著
http://fanblogs.jp/vermilionhands2015/archive/274/0?1454713921
【読書記事】「外的コントロール」よりも「選択理論」が優れているのは…?今からでもビジネスに応用できますよ!
http://fanblogs.jp/vermilionhands2015/archive/276/0?1454713991

選択理論とは、アメリカの精神科医、ウイリアム・グラッサー博士によって提唱された理論で、
私たちがいかに幸せを選び取るかを説明する心理学です。



その一方で、本書の中で「選択理論」と対極的な考え方のある心理学も紹介されています。

それが「外的コントロール心理学」です。

選択理論が「人は自分の行動しかコントロールすることはできない」というものであるのに対し、

外的コントロール心理学は「人を自分の期待通りにコントロールしようとする考え方」です。(「期待通り」を「都合通り・思い通り」に言葉を変える事も)


そしてこの心理学でもっとも気を付けなければならないのが、
外的コントロール心理学においての3つの信条の、その三番目

第三信条の
「私の言う通りにしない人を馬鹿にし、脅し、罰を与える、
あるいは言うことを聞く人に褒美を与えることは正しいことであり、私の道義的責任である」


グラッサー博士によると、この第三信条こそが最も問題で、
これによって多くの不幸が起こっていると言います。

なぜなら、この第三信条には「私の正しさ」「私の道義的責任」が含まれているからです。

今回のベッキーへのバッシングに置き換えてみると、

「妊娠中の妻を持つ「ゲスの極み乙女」Vo・川谷との不倫をし、反省の色が見られないベッキーを、
バッシングし、誹謗中傷し、そのベッキーを擁護する芸能人、もしくはバッシングを危険視する記事があれば、それはすなわちベッキーや不倫を容認する者としてバッシングする。
被害者は川谷の妻であり、ベッキーは加害者だ。その加害者をバッシングするのは私の正しさであり、私の道義的責任である」


ということにでもなるのだろうか?
そりゃ、不倫をした芸能人を、どれだけ叩いても個人的に非難されることはあまりないのかもしれないね。

しかしそれは、自分の考え方を一方的に押し付けるものに他ならないのではないか?

自分の独りよがりな正義感で、直接関係の無い第三者が人をバッシングするのは、
みっともないと思いますが…

皆さんは如何思われますか?



アンケート回答のみで月1500ポイントってあり得る?(#^.^#)
スキマ時間で楽しくポイントGET|マクロミル

をお勧めします。

ライフメディア、いつも使ってます。コツコツと貯まる感触がタマリマセン!
お気軽に会員無料登録してみては?
http://lifemedia.jp/aboutlifemedia.html?d=2970656



最後までお読みいただきありがとうございました。
応援よろしくお願いします。

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ


成功哲学 ブログランキングへ

ジャンル変更しました。是非1クリお願いします。

読書日記 ブログランキングへ

新たに参加ブログランキングを追加しました!
ブログ王ランキングに参加中!



この記事「イイネ」と思われたら、
ブログランキングへの応援よろしくおねがいします<(_ _)>


この記事へのコメント
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
国民の大多数はベッキーが叩かれることをそれほど望んでいないと思うのですが。
テレビの街頭インタビューでも、インタビューを受けたみなさん結構穏やかでしたよ。無論テレビに顔出してるというのもありますが…


まあ、匿名で誹謗中傷を書いているヤツの言葉など、
信憑性の欠片もありませんしね。
その方々の情報ソースも、どこから引っ張りだしてきたネタなのかもわかりませんし。

そんなに叩きたいなら、顔をさらして書きなさいよ。
と言いたくなります。

色々なご意見、貴重な情報ありがとうございます。
またよろしかったらブログに遊びに来てください。

Posted by kazu at 2016年02月12日 06:30
こんにちは。
全くそのとおりですね。

こいつらはなんなんだ?と個人的に調べた結果ですが、某テレビにも出てる老若男女に知られてる方のブログでこの騒動記事のコメント欄、叩きは1割、擁護9割でした。承認制ではなく書いたらすぐ載りました。悪口を書く人のほうが精力的と考えると、ベッキーを叩いている人は国民の1割もいないということになります。ガルチャンやヤフコメは別ニュースのときから同じ人が同時に書いてる形跡があります。匿名掲示板でしか主に見ないのと、匿名掲示板でも場所によって叩きがいないんです。これは…(あまりに使う言葉が悪い、かつ使う言葉が似通ってるのでたまにピットクルーなどの業者を疑ってる方もいますね)

ネット連中の嘘の誹謗中傷、大量にあります。
嘘が100あったら真実が1くらい、嘘まみれです。直接知ってる人、会社(TV局)の大嘘を書かれたことがあって、よくわかりました。

この手の業界は、年齢性別でふるうとか内部の権力争いとかいろいろあって、それに巻き込まれたり、騙されたりで仕事がなくなるというのがよくあるんです。仕事も人気や才能というより結構コネ(人とのつながり)ですし。今回のもむしろ芸能界の裏側で権力闘争か何かあるんだろうな、と自然にかんぐってしまうんですね。

それもあり自分は擁護派でしょうか。
不倫以上に情報漏えいの犯罪の方が気になります。刑事事件ですよね。
ベッキーのLINEも興味ないのでちゃんと見てませんが、公じゃないと想定すると普通だし、無理に明るく振舞ってるだけにしか見えないです。

「そもそも人を叩くのがおかしい」
Posted by at 2016年02月12日 01:13
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4703389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
kazu@シンガーさんの画像
kazu@シンガー
「ワクワクと読書」大好きブログへようこそ! 北陸某地に住むアマチュアシンガー、「kazu@シンガー」です。 吉井和哉とイエモンをこよなく愛し、レガシィなどスバルの車が大好きです。そして趣味が読書。最近は実用書を読むのにハマってます。 その経験を生かして、更に、今までにない事をしてみたくなり、ブログにチャレンジすることにしました。 人生は一度きり、 不満だらけの人生を送るのも、 幸せに満ちた人生を送るのも、 すべて自分のとらえ方次第!行動次第! ならば、悔いのない人生、自分であるべし! 皆さんもそう思いませんか? 一度きりの人生、「ワクワク」しながら毎日を過ごしてみませんか? その手助けができるよう、ブログを運営していきます。
ブログ
プロフィール
あなたのクリックでブログランキングを上位に上げてみません? よろしくお願いします(#^.^#)
シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ
成功哲学 ブログランキングへ ジャンル変更しました。是非1クリお願いします。
読書日記 ブログランキングへ 新たに参加ブログランキングを追加しました! ブログ王ランキングに参加中!
ファン
検索
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。