広告

posted by fanblog
2015年05月31日

ウズベキスタンの肉じゃが?「ディムラマ」の作り方

今日は以前紹介したウズベキスタンの肉じゃがディムラマの作り方を紹介しよう。


ディムラマ(肉じゃが)_1.JPG
ディムラマ

今回のレシピは以前「ディムラマ作りに挑戦!」で作ったように、肉を串に刺したディムラマを紹介する。普通ディムラマは串を使わず、肉を適当な大きさにカットして、野菜と一緒に煮込むが、見栄えを良くするために、串で刺すこともあるようだ。


ディムラマは肉と野菜を鍋に入れて煮込むだけ。手間がそれほどかからない簡単メニューなので、料理初心者にもオススメだ。それではさっそくウズベキスタンの肉じゃがを作ってみよう。












ディムラマの材料 (2〜3人分)




  • 牛肉 250g
  • じゃがいも 4個
  • にんじん 1本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • プチトマト 1パック
  • キャベツ 100g(なくても良い)
  • 塩 小さじ1.5杯
  • クミン 小さじ2杯
  • にんにく 2個
  • 水 100〜200cc
  • 油 50cc
  • 串 約6本

いつもは4〜6人分の材料で書いているが、作った時は私と母親と猫のミーシャだけだったので、今回は少なめの2〜3人分。人数に応じて分量を計算して頂きたい。


猫.JPG

呼んだ?




ディムラマの作り方




  1. @牛肉を一口大に切り、塩小さじ0.5杯と刻んだにんにく1個で下味をつける。

  2. A串に@の牛肉とプチトマトを交互に刺す。

  3. B玉ねぎを2mm程度にスライスし、鍋に入れる。

  4. Cにんじんは斜めに5mm程度にスライス、たまねぎの上に置く。

  5. Dじゃがいもは2〜4等分に切り、にんじんの上に敷く。

  6. Eじゃがいもの上に串に刺した肉(A)と、ざっくり切ったキャベツの順番に入れる。(キャベツはなくても良い)

  7. ディムラマ(肉じゃが)の作り方.JPG

  8. F塩小さじ1杯、クミン小さじ2杯、油50ccを鍋にまんべんなく回しかけて、蓋をして弱火に点火する。

  9. G油が鍋底まで到達するまでの間に、お湯を沸かす。沸いたら100〜200ccのお湯を鍋に入れる。

  10. 汁少なめが好きな方は100cc、多めが好きな方は200cc程度入れる。


  11. H蓋をしたまま30分弱火で煮込んだら出来上がり。

ディムラマ(肉じゃが)_2.JPG
ディムラマの完成

野菜をものすごく重ねたので、全体に火が通るか心配だったが、30分でしっかり火が通り、じゃがいもはホックホクだ。キャベツの甘味があり、とてもおいしい。ウズベク人の友達はキャベツはなくても良いと言っていたが、やはりあった方がおいしいと思う。


印刷用レシピはこちらからダウンロード
  ↓↓↓
肉じゃが ディムラマのレシピ・作り方












【関連記事】
ディムラマに良く合う中央アジアのパンのレシピはこちら
   ↓↓↓
ウズベキスタンのノンのレシピ―4つのポイントで誰でもプロの味

ディムラマと同じ材料+ひよこ豆で作れるスープはこちら
   ↓↓↓
煮ないスープ?クワイナトマ・ショルヴァの作り方

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3734860

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。