広告

posted by fanblog
2015年03月15日

サックサク♪ホックホクのカボチャのサムサのレシピ

タシケントの友人宅で教わった料理のうち、今までモシフルダ(緑豆スープ)とビーツのサラダを紹介したが、今回紹介するのはカボチャのサムサだ。


カボチャのサモサ_3.JPG
カボチャのサムサ

以前「サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?」という記事でお肉のサムサのレシピを紹介したが、その時のサムサの包み方は三角形。これはタシケント風の包み方らしい。ブハラではサムサを四角形に包むことが多いそうだ。今回はタシケント風とブハラ風、両方の包み方でカボチャのサムサを作ってみよう。


カボチャのサムサ_2.JPG
タシケントの家で作ったカボチャのサムサ











カボチャのサムサの材料 (約15個分)


■サムサ生地

  • 強力粉 200g
  • 薄力粉 100g
  • 水 120cc
  • レモン汁 大さじ1杯
  • バター 100g

■中味

  • カボチャ1/4個
  • たまねぎ 1/2個
  • クミン 小さじ1杯
  • コリアンダー 小さじ1杯
  • 塩 小さじ1/2杯
  • 油 大さじ1杯

マスコット クミンシードパウダー 22g

新品価格
¥273から
(2015/3/15 15:46時点)


マスコット コリアンダシードパウダー 22g

新品価格
¥323から
(2015/3/15 15:48時点)



■サムサの仕上げ

  • プレーンヨーグルト又は溶き卵 適量
  • 黒ゴマ 適量(お好みで)



ウズベキスタンのカボチャは日本のカボチャと少し違うのだが、私が日本でも同じようにサムサを作れるように、タシケントの友達は日本のカボチャを使ってサムサの作り方を教えてくれた。種を日本から持って来て、育てたそうだ。


カボチャのサムサの作り方_1.JPGカボチャのサムサの作り方_2.JPG



サムサ生地の作り方




  1. @ 強力粉、薄力粉、水、レモン汁をボウルに入れて、良くこねる。

  2. ※粉っぽかったら水を足し、逆に水っぽかったら粉を足し、生地がひとまとまりになるようにする。


  3. A ラップをして、冷蔵庫で2時間冷やす。

  4. B 生地を麺棒で円く薄く伸ばす。薄さは2mm程。

  5. サモサの作り方.JPG

    日本の狭い台所&短い麺棒だときれいに円くのばせず、変な形になったけど、気にしない気にしない。


  6. C 溶かしたバターを刷毛で生地の表面にたっぷり塗る。

  7. D 生地をくるくる巻いて、1本のロール状にする。

  8. サモサの作り方_4.JPG

  9. E 冷蔵庫で2時間寝かせる。

※生地作りには時間がかかるので、時間がある時に生地を作っておいて冷凍庫で保管しておけば、サムサを作りたいときに解凍して使えるのでおススメ。




カボチャサムサの具の作り方




  1. @ 生のカボチャの皮をむき、細かく千切りする。たまねぎは薄くスライスする。

  2. A クミン、コリアンダー、塩、油で味付けをして良く混ぜる。

サモサの作り方_3.JPG



サムサの包み方




タシケント風


タシケント風サムサ.JPG

  • ・生地を冷蔵庫から取り出したら、3cm間隔に生地を切る。
  • ・ぐるぐる巻かれている面が上にくるように生地を置き、麺棒で生地を円くのばす。
  • ・中身を生地の上に置いて、写真のように三角形に包む。

こうすることで、焼いた時にぐるぐる模様がきれいに出る。


ブハラ風


ブハラ風サムサ.JPG

生地を冷蔵庫から取り出したら、3cm間隔に生地を切るところまではタシケント風と同じ。

  • ・ぐるぐる模様を横に向けた状態にして、生地を四角形に麺棒でのばす。
  • ・中身を生地の上に置いて、写真のように長方形に包む。

こうすることで、焼いた時にぐるぐる模様は出ないが、よりサクサクした食感を楽しむことができる。




サムサの仕上げ




  1. @ サムサの表面にプレーンヨーグルト又は溶き卵を刷毛で塗り、お好みで黒ゴマを飾る。

  2. A 250℃のオーブンで15分焼いて完成。

カボチャのサモサ_1.JPG

焼きたてのサムサはかぶりつくとパリパリとクリスピーな音がする。外はサクサク、中はホクホクがクセになる。日にちが経ったサムサはパリパリ感はなくなるが、中身のカボチャの味が一番おいしく感じるのは、翌日以降のカボチャのサムサだと思う。


カボチャのサモサ.JPG

「こんな面倒くさい料理作ってられるかー!」と思われるかもしれないが、生地さえ作って冷凍しておけば後は簡単。手間をかけた分おいしくなるので、ぜひ作ってみてほしい。

印刷用のレシピはこちら↓


カボチャのサモサのレシピ







【関連記事】
サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3419145

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。