広告

posted by fanblog
2019年07月31日

中央アジアの食べるラー油?ロズィジョン(ラザ)の作り方

先週キルギスに旅行に行ってきました。キルギスはドゥンガン人(中国系ムスリム)が多く住むカラコルという町に行ったのですが、その近辺で食べた料理は唐辛子を使ったピリ辛の料理が多く、驚きました。スパイシーな料理は多くないと思っていた中央アジア料理のイメージが変わりました。


ちょっぴり辛い味付けのために加えるのが、キルギスでラザと呼ばれている唐辛子の調味料です。ウズベキスタンではロズィジョンと呼んでいます。最後のジョンは語感を可愛くさせるためにつけるものなので、やはり元は中国のラー油であるラーズー(辣子)だと思われます。今日はこのロズィジョン(ラザ)のレシピを紹介します。超簡単に作れますので、料理初心者でも大丈夫です。


ラザ_ロズィジョン_辣子_レシピ_作り方.JPG
ロズィジョン(ラザ)










ロズィジョン(ラザ)の材料 1瓶分




    唐辛子(粉状のもの) 70g
    にんにく 70g
    サラダ油 100ml


ラザ_ロズィジョン_辣子_材料.JPG

材料はこの3つだけです。





ロズィジョン(ラザ)の作り方




    @ まずにんにくをおろし金がねですりおろしておきます。

    A フライパンにサラダ油を入れて熱したら、にんにくと唐辛子を入れます。ちょっと油が飛んだり、煙が出るかもしれませんが、すぐにおさまります。

ラザ_ロズィジョン_辣子_レシピ_作り方2.JPG

    B いい香りが立つまで、数分間良く混ぜたら完成です。

ラザ_ロズィジョン_辣子_レシピ_作り方3.JPG



瓶に詰めて、冷めたら冷蔵庫で保管しましょう。ちょっと辛さが足りない時に、ひと匙加えるとピリッと味が締まって料理を引き立ててくれます。


ラザ_ロズィジョン_辣子_食べるラー油_キルギス_ウズベキスタン.JPG

以前紹介した中央アジアのうどん「ラグマン」に加えると、味が変わってすごく美味しくなりました。餃子につけても美味しいかもしれません。


ラグマン_ラグメン_中央アジア_料理.JPG

ロズィジョンを使って辛い料理を作って、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!PDFレシピはこちらです。

  ↓↓↓
ラザ_ロズィジョン_辣子_レシピ_作り方










【関連記事】
意外と簡単!ウズベキスタンのラグマンのレシピ


プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。