広告

posted by fanblog
2019年05月03日

バホルサラダ ウズベキスタンの春のサラダのレシピ

今日はバホルサラダというウズベキスタンのサラダのレシピを紹介します。バホルは春という意味で、具沢山の華やかなサラダです。野菜だけでなく肉やチーズも入っているので、これだけでもお腹がふくれる栄養満点のサラダです。


バホルサラダのレシピ_ウズベキスタン_春_サラダ.JPG
バホルサラダ

バホルサラダは、お客さんにお出しする場合は、具材ごとに見栄え良く並べて提供し、食べる直前に全ての具材とマヨネーズをあえます。自分しか食べない場合は、最初から具材を混ぜてしまっても構いません。具材を切って、並べて、混ぜるだけのサラダなので、とっても簡単に作れます。それではレシピを紹介します。




バホルサラダの材料 4人分




    トマト 2個
    きゅうり 2本
    玉ねぎ 1個
    肉(牛or鶏) 150g
    チーズ 150g
    卵 2個
    にんにく 1かけら
    香草 適量
    マヨネーズ 適量


チーズはゴーダチーズを私は使いますが、他のチーズでもおいしいと思います。香草はディルやパセリなどお好みのものでOKです。





バホルサラダの下準備




@肉の準備


肉は牛肉でも鶏肉でも構いませんが、中央アジアではイスラム教徒が多いので、豚肉はほぼ使いません。部位はどこでも構いませんが、煮込んだ時に固くなりにくい部位が良いでしょう。肉はあらかじめ火が通るまでゆで、粗熱をとっておきます。この作業が面倒な方は、市販のサラダチキンを使うと時短になります。


A卵をゆでる


ゆで卵を作ります。ゆで卵は切ってサラダの飾りに使うので、固ゆでにゆでて、粗熱をとっておきます。











バホルサラダの作り方




    @トマト、きゅうり、玉ねぎ、肉、チーズをさいの目に切ります。卵は4等分に切ります。

    Aお皿にまず玉ねぎを敷き、その上にトマト、きゅうり、肉、チーズを1/4ずつ並べます。

    Bお皿の中心にマヨネーズとみじん切りにしたにんにくを添えます。卵を飾り、刻んだ香草を散らして完成です。食べる直前に混ぜて下さい。


バホルサラダ_作り方_ウズベキスタン_サラダ.JPG

バホルサラダを混ぜると、下の写真のように変化します。マヨネーズを使うサラダなので、ウズベキスタンの料理というより、ロシアの食文化の影響を受けた料理かもしれません。チーズの塩気があるので、味付けは必要ありませんが、薄味に感じる方は塩やコショウを加えても良いです。


バホルサラダ_ウズベキスタン_春_サラダ.JPG

バホルサラダは見た目がとっても華やかなので、パーティーの時に活躍します。最近誕生日だったので、このサラダを出したところ、インスタ映えすると好評でした笑


ウズベキスタン料理_サムサ_プロフ_バホルサラダ_レシピ.JPG

切って、並べて、混ぜるだけの簡単サラダなので、ぜひ作ってみて下さいね。PDFレシピは以下からダウンロードできます。

  ↓↓↓


バホルサラダ, ウズベキスタン, 料理, サラダ, レシピ, 作り方









【関連記事】
簡単ウズベク風ヨーグルトサラダのレシピ
美しい!&美味しい!フランスサラダのレシピ
アチチュクサラダのレシピ


プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。