広告

posted by fanblog
2018年03月06日

私のおいしいユーラシアの旅@門司港

2018年2月9日〜11日に門司港(福岡県)で「おいしいユーラシア祭り」を開催しました。3日間で門司の地元の方を中心に約60名の方にご参加頂き、中央アジア及びロシア料理の魅力をたっぷりと伝え、大盛況に終わりました。中央アジアやロシアの食文化は、門司港で紹介される機会がほとんどないので、今回「おいしいユーラシア祭り」を開催したことで、地元の方により深く中央アジアやロシアの食の魅力をお伝えすることができて、自分自身とてもよい経験となりました。また、イベントの空き時間に地元の方に門司を案内して頂き、門司の生活とふれ合う機会もあり、とても楽しい旅行となりました。


おいしいユーラシア祭り_門司港.jpg

おいしいユーラシア祭り_門司港_スケジュール.jpg



門司で中央アジアに対する理解が深まる




プロフ_ポロ_オシュ.JPG

「中央アジアの料理って全然イメージできない」「そもそも中央アジアってどこにあるの?」と聞かれることが多い中央アジア。今回のおいしいユーラシア祭りでは、中央アジアの代表的な料理であるプロフ(炊き込みご飯)のトークイベントをしたり、プロフやラグマン(中央アジアのうどん)などの料理教室を開きました。参加者に胃袋で中央アジアを体感して頂き、中央アジアをより身近に感じてもらう3日間になりました。


グリシェンカフェ_門司港.JPG

トークイベントでは、プロフは実はグローバルフードであり、プロフを食べない日本はグローバルスタンダードから外れていることを力説しました。プロフは、電子レンジで13分で炊ける時代になったため、これから日本に加速的に広まっていくでしょう。


料理教室_おいしいユーラシア祭り_ラグマン.JPG

料理教室では、漫画「乙嫁語り」に登場する料理を作り、現地流の野菜の切り方や調理方法を実演しました。また、スパイスなどマニアックな食材は一切使わず、スーパーにある身近な食材を使っている点が、参加者にとって意外だったらしく、驚きと発見のある料理教室となりました。料理教室中は旅話にも花が咲き、門司の地元の方々と楽しく交流することができました。












門司の人々とのふれ合い




門司港_駅.JPG

トークイベントや料理教室の合間に、地元の方に門司港を案内してもらいました。門司港のレトロな街並みを散策したり、翌朝もイベントがあるのに夜中に車でめかりまでドライブしました。門司港に移住して中央市場でお店を開いた方のお話を伺ったり、門司の和紙作家さんのアトリエを見学したり、地元っ子しか知らないおいしいタルトや肉まんを食べて、短い間でしたが、地元の方とふれ合い、門司港を堪能しました。


門司港_中央市場.JPG

門司港の中央市場にて


おいしいユーラシア祭りのイベント会場だったグリシェンカフェのグリシェンさんには、差し入れを頂いたり、あーとりえ間の聖子さんには、イベントの集客に尽力頂いて、大変お世話になりました。





参加者の声




おいしいユーラシア祭りに参加された方から、嬉しい感想を頂いたので、ここで紹介します。


9日昼間のトークイベントに参加させていただきました。その節はお世話になりました。まさか北九州の地で中央アジアの料理の話が聞けるとは。望外の喜びでした。中央アジアの家庭料理に加えてユーラシアの料理の話、更には中央アジアの民族衣装等のお話もありの、楽しくて濃密な時間でした。ありがとうございました。楽しすぎました。

遠路はるばる北九州・門司までお越しいただきましてまことにありがとうございました。手打ち麺と野菜と肉のうま味たっぷりのスープのおいしさは予想のななめ上を行くおいしさでした!家でも麺を打ってみようかと思います。料理に国境はないということを再認識いたしました。と同時に(うどんは伝播したが)お箸が伝播しなかったお話は非常に興味深かったです(^^♪また、ぜひ九州で中央アジアの風を巻き起こしに来てくださいませ!




次の「おいしいユーラシア祭り」はあなたの地元で!




今回おいしいユーラシア祭りをやってみたところ、想像以上に楽しく、毎日が刺激的で、東京以外の地で、こういったイベントをまた開きたいと心から思いました!次の開催地はあなたの地元かもしれません。地元でおいしいユーラシア祭りをぜひやって欲しいという方、自治体・市町村関係者の方、ぜひお気軽にお問合せ下さいね。





問合せ先


おいしい中央アジア協会
Email:central.asian.cuisine.japan@gmail.com












この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7398797

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。