広告

posted by fanblog
2018年01月03日

3ステップで簡単!はじめてのラグマン(うどん)手打ち体験 @新宿区落合第二地域センター

皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


年明け早々ですが、料理教室のお知らせです。1月20日(土)に地元の新宿区で中央アジアのうどん「ラグマン」の料理教室を開きます。今まで上野kitchhikeキッチンで料理教室を開いていましたが、腰痛があるため、自宅から近い落合第二地域センターで、これからは料理教室を開く予定です。


3ステップで簡単!はじめてのラグマン(うどん)手打ち料理教室.png
初心者向けラグマン料理教室

ラグマンは、中国からシルクロードを通って中央アジアに伝わったとされているうどんです。中国のうどんは打ち粉をして麺を伸ばしますが、ラグマンは油で麺を伸ばします。ラグマンの表面は、丹念に磨き上げられたかのように、つるつるとなめらか。中心にいくにつれもっちりと粘弾性が高まります。トマトベースの野菜がごろっと入ったソースをたっぷりかけて食べます。


lagman.jpg
ラグマン

麺は半日寝かせた生地を準備しますので、それを当日細〜くのばし、ピシャッ!ピシャッ!びよ〜んと伸ばしてから茹でます。自分で手打ちしたうどんはコシがあって格別のおいしさですよ!


ラグマンは実は3ステップで簡単に作れます!麺の伸ばし方や打ち方は実演しますので、はじめての方も大丈夫です。お帰りの際には、ラグマン技術を身につけ、ラグマンマスターになっていることでしょう。


22519117_1643937805680859_4256408368451895384_n.jpg








ラグマン以外に、紅茶と中央アジアのお菓子「アーモンドの砂糖がけ」を作ります。おいしすぎて止まらなくなる味なので、食べすぎ注意です。


ウズベキスタンの豆菓子
アーモンドの砂糖がけ



料理教室 開催概要


日 時:2018年1月20日(土)13:30〜16:30
場 所:落合第二地域センター 調理室
    http://www.ochiai2center.com/access/
料 金:3,150円
持ち物:タオル、お持ち帰り用タッパー、エプロン(※)
    ※エプロンをお忘れの場合は、1着300円で貸出します。



参加方法


下記のリンクから参加ボタンを押して、クレジットカードでお支払い下さい。
https://kitchhike.com/jp/popups/5a3d1cd1528beb3b4c848db0
クレジットカードがない方、申込方法が分からない方は、メールでお申込み下さい。振込先の口座情報を返信致します。
asalhon.cooking@gmail.com

小学生未満のお子様は無料です。
小学生は当日現金1,000円をお支払い下さい。
中学生以上は大人と同じ参加費です。



参加者の声


kh20171112-98.jpg

ラグマン、独特のもちもちしたコシが最高に美味しかった。Asakoさんの教え方はシンプルで分かりやすい。そして中央アジア愛溢れるトークがとてもチャーミングでした。参加の方も皆さん美味しいもの好き、いろんなところに旅した方も多く、話題豊富で、初対面と思えぬほど和気藹々で終始楽しかったです。また参加したいです。ありがとうございました。
(参加者:Saekoさん)

ラグマン(うどんみたいな麺)を自分で伸ばして打って!初めての経験がたくさんありましたが、楽しく美味しくできました。COOKのAsakoさんの中央アジアloveな話も楽しかった。他の参加者さんも中央アジアやその料理の知識も豊富で、料理中も食事中も楽しかったです。また次回も参加したいと思いました!
(参加者:Seanさん)

私の目下の悩みは休日のランチ…。主婦にも休日をという思いから、一皿でタンパク質、野菜、炭水化物も摂れる簡単なものを作っています。でも限界…。いつも麺類系、チャーハン系、ピザなどのパン系になり、新しい味に飢えていました。そこへ持ってきてのまさかのトマト味うどん!これは覚えて来るしかないでしょ。そしてれっきとした中央アジア料理!うどんは日本のようにコネコネして切るのではなく、細く伸ばして1本の長い麺を茹でます。伸ばすときには引っ張るだけでなく、縄跳びのようにビュンビュン回したり、テーブルに叩きつけたり…。Asakoさんからは「市販のうどんでもOK」と伺いましたので、麺作りは楽しいけど、時間の無いときには代用できるので、気負わず作れます。具材も身近に手に入るものなので、中央アジア料理に興味がある方以外にも、普通のうどんに飽きた方、うどん作りをしてみたい方などにもオススメのpop-upです。
(参加者:Kumiさん)


kh20170903_92.jpg

よくある質問


・不器用ですが、上手く打てますか?
⇒今まで50人以上の方にラグマンを教えてきました。はじめてでも問題なく打てます。

・一人参加ですが、大丈夫ですか?
⇒9割の方が一人参加なので、大丈夫です。

・中央アジア料理は辛いですか?
⇒中央アジア料理は辛いスパイスをほぼ使いません。




皆さんと楽しくおしゃべりしながら、つるつるモチモチのラグマンを食べることを楽しみにしています。

申込みはこちら










この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7143965

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Asalhonさんの画像
Asalhon
Asalhon(アサルホン) 日本人。 学生時代にウズベキスタンを旅行し、その料理に魅了されたのをきっかけにウズベク料理のブログを始める。 Facebookグループ「中央アジアの料理が好きじゃー!」の管理人。
ブログ
詳しいプロフィールはこちら




最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
検索
↑キーワードを入力して、記事を検索


Asalhonおすすめの記事

1. 本格的!ウズベキスタンのプロフのレシピ 2. 意外と簡単!ウズベキスタンのうどん「ラグマン」のレシピ
3. サムサのレシピ!隠し味はまさかのアレ!?


Asalhonおすすめの本

美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

新品価格
¥864から
(2014/5/18 12:22時点)


↑わずか60ページに、中央アジア料理の歴史から最近の食文化まで、ぎゅっと凝縮した1冊。中央アジアの料理を知る上で、避けて通れない入門書と言える。






RSS取得
RSSリーダーで購読する
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。