{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fmodern\fcharset0 Courier;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\partightenfactor0 \f0\fs28 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 }

2017年05月18日

復職後のうつ病再発防止に役立つこと

最近、自己啓発本というものを初めて購入してみました。

こういう類の書籍って、にわかに信じることができなくてこれまで読まず嫌いをしておりました。

しかし“IT業界でのし上がった社長”“専門分野の権威的存在である教授”などの考えを知ることで、自分への刺激となり、なんらかの形で生活の改善へと繋がればと感じています。

IMG_1242.JPG


■この先生きのこるには!?

私は現在独身であり、特段毎日遊び歩いているような人間ではないので、刺激のない生活を脱しない限りはまた欝々とした毎日に逆戻りしてしまう可能性があります。

少し前まで、完全に平日は会社と家の往復だけという惰性的な生活となっていたので、どうにか改善せねばと色々と考え取り組みました。

この先数十年も働き続け、社内では責任が重くなる一方でしょう。

また家族もでき、家事や育児に追われるかもしれません。

馬鹿馬鹿しいと思われる方もいるかも知れませんが、私もプライドというものが捨てきれず、仕事はキッチリとこなしているつもりです。

私の直属の上司は一昨年還暦を迎え、63歳の定年を目前としていますが、「業務」に加え「部下の指導・ケア」「マネジメント」「品質対応」など様々な仕事を同時にこなし、本当にできた人だと尊敬しています。

社内には自分のことばかりしか考えない人種もいるので一層こういう人が際立ちます…。

私も年齢を重ねるにつれ後輩ができ、今年からは新入社員の教育係をしております。

他にも資格試験も控えており、やらなければならないことが増えてきました。

ただでさえ手持ちの仕事をこなすだけでもしんどいのに、全てを網羅できるのか不安ですよね。

せっかく復職したのですから“再発”は避けたいです。


○復職後の生活を支えるために心掛けていること

ここからはあくまで私が意識して取り組んでいることであり、一般的に推奨するということではないということに留意してお読みください。


・自分の判断で治療をやめない

これはお医者さんと相談するべき内容ですが、寛解と判断された後にいきなり通院や抗うつ剤の服薬を終わるのは避けるべきだと思います。

ある研究では職場復帰した後も、しばらく薬による治療を行った場合は、行わない場合に比べて再発するケースが少ないことが確認されており、うつ病の再発防止の効果が認められているようです。

私も体調が良くなった後も半年掛けて減薬しましたし、1年掛けて通院を終えました。

突然断絶すると不安感が強くなり、再発してしまう危険性があるようです。

治った後も体調の波の周期によっては落ち込む日々もあるので、それを乗り越えるためには落ち着くまで投薬は必要でしょう。


・今年一年の目標を立てる

とは言っても大袈裟なものではありません。

漠然とした目標で良いと思います。

とにかく惰性となっている現状を打破するためにも、“生き甲斐”を見つけることが大切だと感じました。

私は仕事に関する資格勉強に励んでいますが、啓発本を買った書店で”メンタルヘルスマネジメント”という資格に関する本を目にしました。

民間資格ではありますが、自己のケアから職場でのケアマネージャー育成まで、メンタルケアに特化した資格のようで、興味を惹かれました。

毎年3月と11月に実施されているようなので、いつかこの資格取得も目標にしようと思います。

まずはこういった“やりたいこと”の道筋と最終到達点を1年スパンで決めてしまいましょう。

私の実感では、人生のハリが全然違います。


・モノゴトの捉え方を変える努力をする

復職後も休職に入る前と同じ姿勢で仕事に取り組んでいては、何事も改善されておらず再発→また休職は必至です。

例えば仕事が溜まっている時に「1人で抱え込んだまま業務を継続する」「自分のやれる範囲だけこなして、厳しいところは同僚に助けてもらう」といった意識の違いです。

当然後者の方が心身への負担が減るので、心に余裕ができてイライラや憂鬱感も改善されると思います。

私は、モノゴトの捉え方をどのようにして改善するのかをひとりでは判断できなかったので、お医者さんにお願いして“徐々に考え方を修正していく治療やカウンセリング”をお願いしました。


・生きているだけでも感謝する

前回の投稿で「一日一回の正拳突き(感謝の気持ちを発する)」と述べましたが、このブログ更新も毎日を乗り越えて生きている証として記しています。

ブログの更新を頻発できているのも、日々の生活への余裕が生まれているからだと感じています。

うつ病に苦しんでいる方も、今のその経験がいずれ大きな糧となって人生に活かせることになるので、諦めずに少しずつ前に進みましょう。

うつ病の治療はゴールが見えない霧の中を走っているような状況です。

具体的にどのような生活に戻りたいかをお医者さんと共有しておくとよいと考えます。

まぁ私は結婚して家庭のある生活にしたいですけどね…(泣笑)

誤字脱字・乱文失礼しました。


にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6276596

この記事へのトラックバック
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
人生なんとかなるささんの画像
人生なんとかなるさ
うつ病は本当につらかった。 それでも立ち直って仕事に復帰できた! 現在復職して3年経過中。
プロフィール