広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

うつ病の患者数











セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】



今回は、うつ病の患者数についてお話していきたいと思います。

うつ病の有病率や患者数については、非常に多くの疫学研究がありますので、

川上※の総説から一部を改変して引用しておきます。


うつ病の12カ月有病率(過去12カ月に経験した者の割合)は1〜8%

生涯有病率(これまでにうつ病を経験した者の割合)は3〜16%である。


日本では12カ月有病率が1〜2%、生涯有病率が3〜7%であり、欧米に比べると低い。

一般的に女性、若年者に多いとされるが、日本では中高年でも頻度が高く、

うつ病に対する社会経済的影響が大きい※。



厚生労働省が実施している患者調査によれば、

日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人

1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、

2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、

著しく増加しています。

「最近うつ病が増えた」と強調されることがありますが、数字の解釈には注意が必要です。


うつ病は検査などで明確に診断できる疾患ではないため、

診断基準が少し変わることによって、診断される患者数にかなりの差がでてきます。

最近の増加が本当の増加なのか、

うつ病であるという判断方法の違いの影響が大きいのかは、

十分注意する必要があるでしょう。


次回は、うつ病の症状について解説していきたいと思います。


※川上憲人:世界のうつ病、日本のうつ病−疫学研究の現在.医学のあゆみ 219(13)、925-929、2006










セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】