広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

うつ病の症状











セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】



今回は、うつ病の症状についてお話していきたいと思います。

うつ病の症状を理解するには、

大うつ病についてのDSM-IV(精神障害の診断と統計の手引き)の診断基準

参照にすると良いでしょう。

DSM-IVの診断基準は、2つの主要症状が基本となります。

それは、「抑うつ気分」「興味・喜びの喪失」です。

精神症状と共に身体的な症状を生じます。

身体的な症状は、診断に先立って訴えられることもあります。



< 精神症状 >

ボーっとすることが多くなり、口数が少なくなる。

学校・会社・部活動では、休みがちになったり、不登校になる。

集中力がなくなり、運動神経や記憶力が低下し、勉強ができなくなる。

人の話を聞けなくなる。

「どうせ自分なんか価値の無い存在だ」と考えるようになるなど、自尊心が低下する。

抑うつ気分とは、気分の落ち込みや、

何をしても晴れない嫌な気分や、空虚感・悲しさなどの状態
のことをいいます。

また、興味・喜びの喪失とは、以前まで楽しめていたことにも楽しみを見いだせず、

感情が麻痺した状態
のことをいいます。

この2つの主要症状のいずれかが、うつ病を診断するために必須の症状であるとされています。

これら主要症状に加えて、「抑うつ気分」と類似した症状として、

「自分には何の価値もないと感じる無価値感」、「自殺念慮・希死念慮」などがあります。



< 身体的症状 >

頭が割れるような頭痛。

不眠症などの睡眠障害。

吐き気。

少しの動作で疲れるようになってしまう。

消化器系の疾患で急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍。

摂食障害に伴い、食欲不振と体重の減少あるいは過食による体重増加。

全身の様々な部位の痛み(腰痛、頭痛など)訴えとしては、

「食欲がなく体重も減り、眠れなくて、いらいらしてじっとしていられない」、

もしくは「変に食欲が出て食べ過ぎになり、いつも眠たく寝てばかりいて、

体を動かせない」というものです。

うつ病の約8割に不眠が、1割に過眠が見られます。



< その他 >

人付き合いを避けるようになるなど、対人関係が悪化し、

さらに病気を悪化させるという悪循環が起きやすい。


次回は、うつ病の原因について解説していきたいと思います。









セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】



【このカテゴリーの最新記事】

うつ病の患者数











セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】



今回は、うつ病の患者数についてお話していきたいと思います。

うつ病の有病率や患者数については、非常に多くの疫学研究がありますので、

川上※の総説から一部を改変して引用しておきます。


うつ病の12カ月有病率(過去12カ月に経験した者の割合)は1〜8%

生涯有病率(これまでにうつ病を経験した者の割合)は3〜16%である。


日本では12カ月有病率が1〜2%、生涯有病率が3〜7%であり、欧米に比べると低い。

一般的に女性、若年者に多いとされるが、日本では中高年でも頻度が高く、

うつ病に対する社会経済的影響が大きい※。



厚生労働省が実施している患者調査によれば、

日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人

1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、

2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、

著しく増加しています。

「最近うつ病が増えた」と強調されることがありますが、数字の解釈には注意が必要です。


うつ病は検査などで明確に診断できる疾患ではないため、

診断基準が少し変わることによって、診断される患者数にかなりの差がでてきます。

最近の増加が本当の増加なのか、

うつ病であるという判断方法の違いの影響が大きいのかは、

十分注意する必要があるでしょう。


次回は、うつ病の症状について解説していきたいと思います。


※川上憲人:世界のうつ病、日本のうつ病−疫学研究の現在.医学のあゆみ 219(13)、925-929、2006










セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】


うつ病の分類











セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】



今回は、うつ病の分類についてお話していきたいと思います。


うつ病の分類方法の代表的なものとして、

原因からみて外因性あるいは身体因性内因性心因性

あるいは性格環境因性と分ける場合があります。

身体因性うつ病とは、アルツハイマー型認知症のような脳の病気、

甲状腺機能低下症のような体の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤が

うつ状態の原因となっている場合をいいます。

内因性うつ病というのは典型的なうつ病であり、

普通は抗うつ薬がよく効きますし、

治療しなくても一定期間内によくなるといわれます。

ただ、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、

早く治療したほうがよいことは言うまでもありません。

躁状態がある場合は、双極性障害と呼びます。

心因性うつ病とは、性格や環境がうつ状態に強く関係している場合です。

抑うつ神経症(神経症性抑うつ)と呼ばれることもあり、

環境の影響が強い場合は反応性うつ病という言葉もあります。

このような原因を重視したうつ病分類とは

異なる視点からの分類が最近、よく用いられています。

例えば、アメリカ精神医学会が出しているDSM-Wという診断基準には

「気分障害」という項目があり、

それをうつ病性障害双極性障害に分けています。

さらにうつ病性障害の中に、

一定の症状の特徴や重症度をもつ大うつ病性障害と、

あまり重症でないが長期間持続する気分変調性障害があります。

上記二つの分類法は異なる立場からの分類であり、

それぞれに長所と短所があります。

時に「内因性うつ病=大うつ病性障害」「抑うつ神経症=気分変調性障害」のように

誤解している方がいますが、適切に使い分けることが大切です。


次回は、うつ病の患者数について解説していきたいと思います。










セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】


うつ病って?











セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】



はじめまして。ハルちゃんパパです。


このブログは、 うつ病について、

一応“薬剤師”であるハルちゃんパパが、

誰にでもわかりやすく理解できるようにまとめていくつもりです。

最近ボーっとすることが多かったり、口数が少ない方、

或いはすでにうつ病で悩まれている方などの役に立てれば幸いです。

では早速始めていきたいと思います。


うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、精神障害の一種であり、

抑うつ気分や焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、食欲低下、

不眠症などを特徴とする精神疾患のことをいいます。


よく「抑うつ気分」、「抑うつ状態」、「うつ病」と用語を使いますが、

基本的には次の通りです。

「憂うつである」、「気分が落ち込んでいる」などと表現される症状を

抑うつ気分といいます。

抑うつ状態とは、抑うつ気分が強い状態です。

うつ状態という用語の方が日常生活でよく用いられますが、

精神医学では“抑うつ状態”という用語を用いることが多いようです。

このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、

うつ病と呼んでいます。


今でこそ一般に広く知れ渡っていますが、

以前は「怠け病」などと呼ばれ、

理解のある人は無に等しい状況でした。

今現在でも、特に軽度のうつ病でしたら、

怠けているだけと思われることが多いようです。

ほとんどのうつ病は、治療を行わなくても長期的には自然回復し、

再発は比較的少ない。

だいたい日常通りに振る舞えるような軽度の際、

好きなこと等に集中意欲が残っている場合は、

それを行うことが改善への近道と言われていますが、

客観的にみると自由気ままな生活をしていると

捉えられる場合があります。


次回は、うつ病の分類について解説していきたいと思います。










セントジョーンズワート


今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】