Cal vol44は一冊丸ごとランクル特集!
Cal(キャル) vol.44 2022年 03 月号 [雑誌]: GOODS PRESS(グッズプレス) 増刊
新ブログ「ランクル70研究所」はコチラから

記事検索

タグクラウド
10インチリフトアップ 17×7.5j 17センチ 200ステアリング 265/75R16 275/65R17 285/75R16 2速発進 3Way 3インチリフトアップ 4H 4WDステッカー 4WDマーク 4×4エンジニアリング 4×4マチヤマ 4灯化 950登録 aiba works All cruiser Session ALPINE ARB ARBウインチバンパー ARBバルブキャップ ARBルーフラック AT Beat-Sonic beaver step BFグッドリッチ BRONCO C-HR CARAZオリジナルホーン CM COMTEC demon DIY DSRC ETC ETON good rich GPS GRJ79 HDMI HID HIKALE HKBステアリングボス HZJ77 IPF JAOS JAOS BATTLES JAOSマフラー K&Nフィルター LCM LED LEDスキャナー LEDルームランプ ledワークライト Line-X LINEスタンプ MG DEMON MIRAI OBD2 OFFROAD IMPACT JAPAN PIAA pivot PX-10 Q-SEE RAYS RAYS TE37 RAYS TE37X Real REALステアリング RVparkファクトリーツアー RVパーク smittybilt SOLID RACING SUV TE37 TJM TK TECK TOYOTA TOYOTAグリル TOYOTAステッカー TRAIL TRD UFO UP USB USBポート USB接続通信パネル VIPER Youtube ZEAL ZX ZZYZX あんしんGPS さなげアドベンチャーフィールド みんカラ アイアンマン アイドリング アイバワークス アウターバッフル アオリ アオリカバー アオリガード アシストグリップ アストロ アメリカン アルカボ アルミ アルミフック アルミホイール アンサーバックサイレン アンテナ アンビエントライト アンプ アンロック連動 アームレスト イエローバルブ イクリプス イグニションキーシリンダー イベント イモビカッターガード イリジウムプラグ イレクターパイブ イレクターパイプ インテリアライト インナーパネル インナーブラック インプレ ウイリスMB ウインターブレード ウインチ ウインチバンパー ウェットガード ウッドデッキ ウーファー エアクリーナー エアコン エアコンフィルター エアコンプレッサー エアコンルーバー エアフィルター エアラインレール エクステンション エルフォード エンゲル エンジンオイル エンスト エンブレム エーモン オイル オイルキャッチタンク オイル交換 オフロード オフ会 オーストラリア オーダーストップ オーディオスイッチ オート オートアラーム オートウェア オートクルーズ オートライト オートライトユニット オーバーフェンダー同色塗装 オーバーヘッドコンソール オールドマンエミュー カスタム カスタムショップ カスタムフロアマット カスタムブック カタログ カップホルダー カバー カメラ カメラセレクター カメレオン カラスエッジング カラーコード カロッツェリア カンサスキット カーカバー カーテン カーナビ カーナビ取り付け位置 カービューティマックス カーボンシート カームフレックス ガソリン ガナドール ガナドールマフラー ガラコ ガラスエッジング ガラスコーティング ガードコスメ キノコ キノコミラー キャスタードリーム キャノピー キャリア キャンパーキット キャンピングカーショー キャンプ キャンプ場 キースプラント キー付きホイールナット クラッチ クラッツィオ クリアランスソナー クリプトロン クリムソンホイール クリーピークローラー クリーンディーゼル クルコン クルスロ クルーズコントローラー クルーズコントロール クロカン クロカンバンパー クロスレンチ クワトロスポーツ グッドリッチ グリスアップ グリルガード グリーンフィルム グレー ケンウッド コイル コマーシャル コムテック コンソールボックス コンピューターロム コンプレッサー コーションプレート コーティング ゴムマット ゴリラ サイドオーニング サイドカメラ サイドシル サイドステップ サイドストライプ サイドブレーキ サイドミラー サイドレール サイバーナビ サウンドナビ サクソン サスペンドホルダー サテライトスピーカー サブウーハー サブウーファー サブタンクスイッチ サングラスホルダー サンバイザー サンバイザーモニター サン自動車 シガーソケット シフトカバー シフトノブ シフトノブカバー シフトレバー シャイニングパーツ シャシーブラック シャックル シュアラスター シュノーケル ショック ショックアブソーバー ショップ シルクブレイズ シルフィード シートカバー シートサイドバッグ シートマット シートレール ジオランダー ジムライン・タイプ2 ジャオス スイッチ スキッドガード スキッドプレート スタッドレス スタッドレスタイヤ スタータスイッチ ステアリング ステアリングカバー ステアリングスタビライザー ステアリングセンター ステアリングダンパー ステッカー ステップ ステップバンパー ステンレスマフラー ステージフォー ストップランプ スナックトレイ スナックトレー スノーチャレンジ スピーカー スピーカー移設 スピードメーター スプライン スプリングピン スペアタイヤブラケット スペクター スペーサー スムージング スモーク スリーエムフィルム スリーラスター スロットルスペーサー セキュリティ セキュリティー セットアップ セルスター センターコンソール ゼロウォーター ゼロウォータードロップ ソケット増設 タイヤ タイヤとホイール タイヤカバー タイヤガード タイヤロック タイヤ交換 タイヤ手組み タコマ タフコート タフライナー ダッシュマット ダブルマット ダミ−テール ダート チェーン チッピング塗装 チューンアップツィーター チューンアップトゥイーター チューンナップウーハー ツィーター ティッシュホルダー テールゲートステップ テールランプ テールランプガード テールランプ移動 ディーゼル ディーラー車検 デカール デッドニング デフオイル デフロック デンソー トゥイーター トノカバー トミカ トヨタ トラキャン トランスファーノブ トランスミッションカバー トルク トレイル トレイルバンパー トレー トレードイン トレーラー ドアエッジプロテクター ドライブマン ドライブレコーダー ドラレコ ドリンクホルダー ナビ ナルディ ナルディー ナロー ナロー化 ナロー化費用 ナンバー ノスタルジック ノゼルダ ノックスドール ハイエース ハイオク ハイマウント ハイマウントストップランプ ハイマントストップランプ ハイラックス ハイレゾ ハザード ハブ ハミタイ ハンドブレーキ ハンドル ハンドルカバー ハンドルノブ ハンドルロック バイザー バイパー バグガード バケツ バックアイカメラ バックカメラ バックカメラ取付DIY バックミラーモニター バックランプ バッテリー バン バンパー パイオニア パナソニック パワーアウトレット パワーアンプ パワーウインドースイッチ パワーチャンバー パーティクルボード ヒッチアダプター ヒッチメンバー ヒッチレシーバー ヒルクライム ヒロイズム ビックカントリー ビーチハウス ビートソニック ピックアップ ピントルフック フィルム フェス フェンダーミラー フォグ フォグランプ フォブランプ フューエルキャップハンガー フロア フロアジャッキ フロアマット フロントカメラ フロントグリル フロントスピーカー フロントバンパー フロントバンパーマットブラック塗装 フロントリーディングアームダウン フロント等長パイプ ブザー ブラV ブラックアウト ブラックサイドステップ ブラック塗装 ブラッドレー ブラッドレーV ブラV ブルー ブレーキ ブレーキパッド ブロンコ ブロンコ道 プラグ交換 プラド プレスキット プロコンプ ヘッドライト ヘッドライトレベライザー ヘッドレスト ベッド ベッドキット ベッドライナー ベッドレスト ベージュ ホイール ホイールナット ホワイト ホワイトルーフ ホワイトレター ホーン ボス ボックス ボディカバー ボディストライプ ボンネットプロテクター ボンフォーム マイナーチェンジ マスターピース マチヤマ マッテレ マット マットブラック マッドガード マップライト マップランプ マナー マニュアル マフラー マルコホーン マークル マーテルギアデーモン ミッションオイル ミツバホーン ミニカー ミライ メガウェブ メクラ蓋 メタセコイア メッキインナーハンドル メッセージ メンテナンス モデリスタ モレル モーターショー ユピテル ユーザー車検 ライト ライトカバー ラグナ ラゲッジマット ラゲージマット ラジコン ラストストッパー ラストプロテクター ラバースプレー ラバーフェンダー ランキング ランクル200 ランクル80 ランクルミーティング ランクル200 ランチョ ランドクルーザーズ・ミーティング ランドクルーザーフェス ランプステー リアアンダーミラー リアオーガナイザーバッグ リアゲート リアゲートステップ リアコンビネーションランプ リアスタビライザー リアスピーカー リアテレビ リアトレイ リアドア リアドアの浮き リアバンパー リアバンパー変更 リアヒータースイッチ リアヒーターブロアスイッチ リアヘッドレスト リアラダー リスト リセールバリュー リフトアップ リミテッドチトセ リモコン リンクス リーフ ルーフ ルーフコンソール ルーフデッドニング ルーフモール ルーフラック ルームミラー ルームランプ レアル レアルシルト レアルステアリング レカロ レカロシート レクサスホーン レザーシート レジェトレックス レッド レボゲージ レーダー ロックナット ロッドホルダー ロングシフター ローター ロードプラス ワイドトレッドスペーサー ワイパーゴム ワークライト 七つ滝柳沢林道 三国峠 下取り 下取り価格 不具合 世界皮革 並木 中古 中古車 中津川林道 丸目 事故 互換性 仙郷 任意保険 伊豆 作業灯 価格表 個人輸入 値引き 傾斜計 先行販売 全幅 公認 兵庫 内装 再再販 写真 冷凍・冷温蔵庫 冷房 冷蔵庫 分割ステップ 制振 制振材 剣山スーパー林道 効果 動画 千里浜なぎさドライブウェイ 南アフリカ 収納 取付方法 同色塗装 呼び名 四国 土手 土肥中央林道 在庫 地デジアンテナ 坂道発進 埼玉 塗装 増産 増設 売ります 売切れ 天空の林道 天空の池 契約 契約日 契約日・納車日リスト 嬬恋 室内灯 富士ヶ嶺オフロード 富士林道 小鑓さん 尻下がり 山中湖 山形 山梨 岐阜 川上牧丘林道 希望ナンバー 延長 延長バンパー 張替 後整備 御林 愛車 挨拶 揺れ 撤去 撥水剤 故障 断熱 新車 新車保証 日本イワナセンター 旧70 曲面ミラー 最大積載量 最大積載量ステッカー 本革 本革シフトノブ 本革トランスファーノブ 東レペフ 東京オートサロン 東豊 林道 林道御岳山線 査定 栗原川 構造変更 横転 殻割り 比較 洗車 流用 浮き 海外パーツ 添加剤 温泉 温湿度計 湯沢林道 湾曲ミラー 滑り止め 瀞川氷ノ山林道 無地 無線 焼き付け塗装 燃費 片山右京 牽引 牽引フック 猿投 由比ヶ浜 町道高嶺線 画像 異音 疑問 皇海山 盗難 盗難対策 県別 砂浜 社外品 福島県 福島県 七ヶ岳林道 秋鹿大影林道 移設 空気入れ 空気圧 窓UPオート 笠形林道 紅葉 納期 納車 納車日 純正 純正アルミホイール 純正品 素地グリル 素地バンパー 素地ミラー 素掘りトンネル 組み合わせ 継続検査 維持費 群馬 群馬トヨタ 群馬パーツショー 肘掛 背面タイヤ 背面タイヤカバー 背面レス 自作 自動車保険 自動車税 船津林道 色別 色別販売台数 色見本 艶消し 荷台 荷台活用法 荷室 葡萄沢林道 裏履き 見積り 記事 試乗 調整 警告灯 販売 販売台数 貼り方 貼り替え 質問 車上荒らし 車中泊 車中泊用ベッド 車検 車検証 車載工具 軽トラ 軽水林道 輸入 輸出 輸出バンパー 遠征 適合情報 郡上八幡 都道府県別 錆び 錆びないデカ 長野 長野県 防サビシステム 防水シートカバー 防犯カメラ 防錆 防錆コーティング 防錆システム 防音 雑誌 雪道 零1000パワーチャンバー 鳥居 GPS

2017年11月24日

話題の新型ハイラックス(ピックアップ)に試乗してみた。

発売前からピックアップつながりで気になっている新型ハイラックス。

ランクル70ピックアップを春に手放したばかりで、まさか・・・とは思うものの、やっぱり興味津々なので試乗してみた。

IMG_1812.JPG

いつもお世話になっているディーラーには新型ハイラックス試乗車がないので、ちょっと遠くの試乗車のあるディーラーに行かないといけない。

飛び込みも迷惑かと思って事前に試乗車の予約の電話してみたところ、平日にもかかわらず、午後2時以降でないと空いてないとのこと。

残念だけど、午前中しか時間がなかったので、とりあえず見るだけでもと思い、お店に向かった。

11時過ぎに到着。店舗の駐車場にはブラック(アティチュードブラックマイカ)の新型ハイラックス(Z)が展示されているので、早速見学開始。

ハイラックス特集 サクソン、ガナドール、JAOSなどのアフターパーツ特集 RV-SHUEI


◆エクステリア


やはり、日本車にはない雰囲気を醸し出していて存在感は抜群。

長いけれどそれほど幅が広いわけではない、でも厚みがあるデザインでボリューム感満点。

デザインは今風なので、ランクル70ピックアップのように場所も時代もズレたような違和感もなし。(ランクル70ピックアップはその違和感こそが魅力なんだけど・・・)

▼フロントグリルのメッキ加工、アルミホイールはZのみ▼


IMG_1811.JPG


▼サイドターンランプ付ドアミラー(メッキ&格納はZのみ)▼


IMG_1805.JPG


▼おでこ中央にそびえる立つのはラジオアンテナ▼


IMG_1804.JPG


▼ランクル70ピックアップより少し容量の大きい荷台▼


IMG_1800.JPG

ランクル79の荷台  幅1600o 長1520o 高400o
ハイラックスの荷台 幅1520o 長1535o 高480o


鼻先にかけてシェイプするデザインゆえに、ガッツミラーが長く伸びてほんとにガッツポーズになってる。

IMG_1815.JPG


やっぱり実物もいいね〜、と眺めていると、すぐにメカニックの方が来てくれて、営業の方に取り次いでくれると、今から試乗できるとのこと。

これはありがたい。

そんなことで、早速新型ハイラックスの試乗へ。

◆エンジン音


まずは2.4Lターボのクリーンディーゼルエンジン(直4 2.4L 2GD-FTV)をスタート。

Zグレードはスマートエントリー(Xグレードはキーあり)なので、キーを使わずブレーキを踏んでボタンをポチっとするだけ。

プラド試乗のときの初体験では驚いたもんだ。懐かしい。



エンジンをかけただけの時点ではほとんど「ディーゼルらしい」音はしない。

一応、通過儀礼でボンネットを開けて眺めてみると「ディーゼルらしい」というにはやや大人しいけれど、ガソリンエンジンとは確かに違うガラガラ音がする。

IMG_1806.JPG


IMG_1807.JPG


なるほど、やっぱりディーゼルだね、と当たり前の確認だけでボンネット内鑑賞は終了。

エンジンをかけただけでは車内に伝わる音は本当に小さくて、ランクル70との違いは何なの?という感じ。

ちなみに、この車のカタログ燃費は11.8km/L。

2.8Lディーゼル(1GD-FTV)のプラドと概ね同じ燃費なので、今時としては際立っていいわけではないけれど、こうガソリンが高騰してくると、ディーゼルエンジン(軽油)のメリットは相当大きい。

◆インテリア・装備


お次はインテリア。

シートこそレザーではないものの、インパネ周りは1ナンバー貨物車とは思えない質感。

IMG_1796.JPG


IMG_1803.JPG


IMG_1797.JPG


特にZグレードなので随所にメッキ加工してあり、クルコン、オートエアコンなどなど、営業マンさんの言葉を借りればかなり「乗用車に寄せた」仕様。

ハイラックスを生産しているタイで販売している仕様からは、かなりの部分、日本販売仕様にグレードアップカスタムしているらしく、ドアの内側や、シフトレバー周辺、マップランプのあたりにはしっかりとドリンクホルダーや収納が作り込まれていて、ランクル70にはない「乗用車っぽい」雰囲気。

IMG_1801.JPG


最近はプラドやMIRAIにも試乗させてもらったお陰で、インパネの中に液晶があるようなハイテク装備自体にはそれほど驚いたりしなくなったけれど、収納なんかは、これくらいはランクル70もできただろうにねぇ〜、という思いは湧いてくる。

カタログで見ていただけではわからなかった点としては、運転席上部空間の狭さ。

高さも幅も先端に向けて細くなる流線形のデザインのおかげで、運転席に座ると、おでこのすぐ上に天井がある感じ。

そもそも、全高がランクル70は1920(バン)、1950(ピックアップ)であるのに対してハイラックスは1800しかない(最低地上高はほぼ同じ)ことに加えて、デザインもあるので、仕方ない。

ランクル70みたいなカクカク車と乗り比べなければ何とも思わないんだろうな(ランクル70のカタログには室内高などの記載があるんだけど、新型ハイラックスにはないから正確なところは不明)。

そして、装備的にはZグレードには自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)まで搭載しているというのだからビックリ。(新型プラドも同様らしい)

あとは、Z・X両グレードとも、リアゲートの取っ手部分にバックカメラも予め搭載されているのはありがたい。この長い車体でカメラ無しでバックするのは自分には無理。

◆走り心地


さて、路上に出ようと走り始める。

新型ハイラックスの車内はやはり乗用車っぽく静か。

加速しようとアクセルを踏み込むときだけディーゼルのガラガラ音の小さいやつが聞こえるけれど、小声で充分会話可能。

ランクル70と何が違ってこんなに静かなるんだろ・・・

新型ハイラックスもリアは板バネだというから、ランクル70に近い乗り心地かな、と思っていたのだけれど、案外柔らかい、これまた乗用車っぽい乗り心地。

まぁ、大した凹凸を乗り越えるような場面もなかったからよく分からないし、営業マンさんは後部座席に重たい自分が乗っているからかも、と言っていたけれど、それだけではないような・・・

◆エンジン


2.4Lディーゼルターボエンジン(2GD-FTV いわゆるクリーンディーゼルエンジン)、2トンを超える車重の新型ハイラックスに力不足はないのかな?と以前から思っていて、乗り始めてしばらく、遠慮がちにアクセルを踏んでいたこともあって、やっぱり、ちょっと反応が鈍いかな、非力かなぁ、と一丁前に思ったりしていたけれど、ただの思い込み。

慣れてきて思い切りよくアクセルを踏み込んで走るようになると、全然そんなことなし。

坂道でもグイグイ昇る力強さに、街乗り専門家としては何の不満もない感じ。

上りの山道なんか走るとどんな感じなんだろ、と興味がわいた。

MT車のようにガチっと2速に入れてグイッ、3速に入れてグーン、スイッみたいなレスポンスを望まなければ十分な走りじゃないかと。

◆回転半径


また、新型ハイラックスのカタログを見ていて、全長5335mm、ホイールベース3085oとランクル79(全長5270o ホイールベース3180o)を上回る長い車体のわりに小さい最小回転半径6.4mは実際どんなものかと思ったけれど、やはりランクル79よりは、はるかに小回りが利く。

・再販ランクル70ピックアップ:7.2m
・ディフェンダー110:6.4m
・再販ランクル70バン:6.3m
・ベンツ ゲレンデ(G63 AMG):6.2m
・ランクル80VX−LTD(後期型):6.0m
・現行パジェロ5ドア:5.7m
・レンジローバーイヴォーク:5.5m
・プリウス“ツーリングセレクション”:5.5m


決して「普通の車」と比べて小回りが利くほうではないけれど、この程度なら都心部の街乗りでも(狭い駐車場を除いては)困る場面は少ないんじゃないかな?

一丁前にランクル70ピックアップの時を思い出してコーナーを曲がろうとして、ついつい小回りになりすぎてハンドルを戻したりしてしまった。

◆お値段


一通りいろいろな新型ハイラックス話を教えてもらいながら試乗を終えて、次はお見積りをお願いした。

今回のハイラックス、メーカーオプション一切なしの2グレードなので、いたってシンプル。

ディーラーオプションはフロアマットのみ。

自動車取得税と重量税はクリーンディーゼルエンジンということでなんと免除。

そして驚くことに、現在オーダーしても納車時期は来年の2018年10月ということなので、10月登録前提で以下の金額。

ハイラックスX 3,407,338円

ハイラックスZ 3,882,538円


まぁ、ほとんどランクル70の新車時価格と似たようなものかな。

ちなみにランクル70同様、ディーラーの利幅の薄い車で、大幅な値引きは将来的にも望み薄じゃないかとのことだった。

◆全体的な感想


プチアメ車っぽい厚みあるスタイルと、存在感。

最初はランクル70ピックアップとの比較という意識だったのだけれど、実物を見ると、ランクル70とは別世界(ジャンル)の車という感じがした。

だからといって、魅力がないかというと、まったく反対で、今風なデザインとトラックらしからぬ高級感はオンリーワンな感じでとても魅力的だった。

AT車なので、本格的なクロカンをやるような人にはモテないかもしれないけれど、TRDから12月に発売予定のキャノピーをはじめ多くのパーツが用意されていたり、今後いろいろ出るであろうアフターパーツを使ってカスタムすると、色々なオーナー好みのハイラックスを作ることができそうだし、カスタム面でも楽しめそう。

自分的にはシンプルなデザインと装備のXグレードのハイラックスに惹かれるけれど、「この手の車」らしくラダーフレームに板バネ、パートタイム四駆にリアデフロック付きなんて仕様でありながら、自動ブレーキやスマートエントリーなどの最新装備が組み合わされるZグレードも魅力的ではある。

余裕があれば、2台目としてZグレードを買って見た目だけXグレード風にダウングレード、ってのが理想かな?

ちなみに、今日の営業マンさんのお客さんで古いハイラックスピックアップに乗っていた人はほとんどの人が乗り換えたとのこと。

新型の人気に加えて、旧型の中古車市場での人気が後押ししているのだとか。

おまけといっては何だけれど、ハイラックスサーフも中古車市場で高値になっているらしい。ピックアップだけしか発売されなかったので、サーフに期待していた人たちが中古に殺到中??

確かに、ランクル70がピックアップしか再販されてなかったら同じことになってたかもしれないなぁ・・・ランクル70はバンが出て良かった。

そんなことを考えながらランクル70に乗って帰路について、やっぱりランクル70はいいなぁ〜、と・・・

お忙しい中、試乗させていただいたディーラーの営業マンさんに感謝。

【ニューハイラックス用にJAOS製TRIBE CLAWホイール!】




【ハイラックス用ヒッチメンバーも登場】

牽引力2000kg対応で耐久性の高いヒッチメンバー shur-liftヒッチメンバー・ハイラックス125系

この記事へのコメント
RJさん
コメントありがとうございます。こちらも本命見積りはブラックのXでした。高級感あって良かったです。丸目70の存在感にはかないませんけどね〜
Posted by 管理人 at 2017年11月25日 16:56
hzj70mnuさん
コメントありがとうございます。今回のハイラックスみたいな車が売ってるってだけで嬉しいですよね。
ランクル70、ハイラックス、次は何かと期待しちゃいます。
Posted by 管理人 at 2017年11月25日 16:52
ブラックのXグレードがいいかな自分は、今日は自宅前の駐車場に丸目の70が朝から止まっていて
いかにも働く車の雰囲気があってベランダから眺めてます、存在感アリアリですね。
Posted by RJ at 2017年11月25日 13:49
お早うございます。
初代サーフ乗りだったので興味はつきない再販ハイラックスですが、試乗はしていなかったりします。
ダブルキャブは前職で使ったことが有り、前輪独立懸架とリアリーフの設定が乗用車的で素晴らしいと感じていました。

ハイラックスの先進的なインテリアとボディのデザインは売りの必須項目ですが、天井の低さと乗り込む時の頭をぶつけやすいのが難点(車高が有って足が短いとどうしても)。
昔々、十代の頃に丸目のフロントリーフのダブルキャブを見て四駆を必ず買うって決めたのを思い出します。

再販ハイラックスは荷台の扱いを貨物車的な物からパーソナル性の高い物にしてとても嬉しく思います。
(実はこんなのが欲しかったんですよね、しかし70ピックアップには難しいか・・・)
Posted by hzj70mnu at 2017年11月25日 07:17
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7003722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
記事検索

Cal vol44は一冊まるごとランクル特集!

あの四駆読本が「改」で再登場!

ジャンル別

最新コメント
カテゴリアーカイブ
最新記事
フェイスブックページはコチラ
プロフィール
管理人さんの画像
管理人
130サーフ⇒95プラド⇒ランクル80を乗り継ぎようやくたどりついたランクル70。勢い余って2台持ちはやりすぎたけれど、ランクル70ライフを満喫中。お役に立てるブログにしていきたいです。
プロフィール