トヨタ ランドクルーザー70系―その開発と改良の足跡 単行本 – 2019/9/25〔難波 毅 (著)〕 誕生から35周年を迎える70系について、当時の開発担当者らへのインタビューや、開発当時の資料などを駆使して、開発の様子や35年に及ぶ改良の変遷を、きわめて詳細に、図版も多く用いて解説。

人気記事TOP5
  1. 1. 本体価格200万円台で買える再販ランクル70(10/22更新)
  2. 2. 欠点だらけ!再販ランクル70を買わない30の理由
  3. 3. 再販ランクル70 中古車の選び方
  4. 4. 再販ランクル70にオートライト後付けDIY装着でトンネル大好き!
  5. 5. 9/21up再販ランクル70の燃費記録 76(&79)の実燃費は?
問合せへのレス早く便利!リピートしてます。

新ブログ「ランクル70研究所」はコチラから

記事検索

これまた必見。ランクル大図鑑!?

ランドクルーザー大図鑑 。 現行車紹介、歴代車種紹介、ホビー、歴史、そして「ミスター・ランクル」トヨタ小鑓貞嘉さんインタビューも。

ランクル、SUV&ジムニー・マガジン
記事ランキング
  1. 1. 本体価格200万円台で買える再販ランクル70(10/22更新)
  2. 2. 再販ランクル70 中古車の選び方
  3. 3. 欠点だらけ!再販ランクル70を買わない30の理由
  4. 4. 9/21up再販ランクル70の燃費記録 76(&79)の実燃費は?
  5. 5. 再販ランクル70にオートライト後付けDIY装着でトンネル大好き!
  6. 6. 再販ランクル70維持費の実額は?(自動車税 自動車保険 車検費用等)
  7. 7. 再販ランクル70バンの荷台ベッドDIY情報 byあぜまるさん(設計図有)
  8. 8. ランクル70は貨物車なんですけどLTタイヤじゃないとダメですか?
  9. 9. ランクル70のショックアブソーバーDIY交換 by はしょれメロスさん
  10. 10. 再販ランクル70パーツ別目次 その1 外装品 バンパー・ショック等
  11. 11. まるで市販品!ランクル70木製ベッドキットDIY(設計図有)by武者返しさん
  12. 12. カスタムの王道!ランクル70用社外アルミホイール情報
  13. 13. トヨタ発明のアルミテープによる除電チューンでランクル70も改善?
  14. 14. 再販ランクル70のパーツ別目次 その3 内装パーツ(電装除く)
  15. 15. ショック交換でランクル70の乗り心地改善するための選択は?
タグクラウド
10インチリフトアップ 17×7.5j 17センチ 1ナンバー 200ステアリング 225/85R16 265/75R16 275/65R17 285/75R16 2インチアップ 2速発進 3Way 3インチアップ 3インチリフトアップ 4H 4WDステッカー 4WDマーク 4×4エンジニアリング 4×4マチヤマ 4灯化 8inchナビ 950登録 aiba works All cruiser Session ALPINE ARB ARBウインチバンパー ARBバルブキャップ ARBルーフラック AT Beat-Sonic beaver step BFグッドリッチ BFグッドリッチ マッドテレーン BFグッドリッチMT BRONCO C-HR CARAZオリジナルホーン CM COMTEC demon DIY DSRC ETC ETON FMトランスミッター FOR SALE good rich GPS GRJ79 H4 HDMI HID HIKALE HKBステアリングボス HZJ77 IPF JAOS JAOS BATTLES JAOSエアクリーナー JAOSショックアブソーバー JAOSマフラー kaymarリアバンパー KMC KONI KONIショックアブソーバー K&Nフィルター LAND CRUISERS MEETING LCM LED LEDスキャナー LEDルームランプ ledワークライト Line-X LINEスタンプ LI値 LTタイヤ MG DEMON MIRAI MTオイル NGK OBD2 OFFROAD IMPACT JAPAN PIAA pivot PX-10 Q-SEE Ranchoショックアブソーバー RAYS RAYS TE37 RAYS TE37X Real REALステアリング RV-PARK RVparkファクトリーツアー RVパーク SHUEI smittybilt SOLID RACING SUV TACO TICK TE37 TJM TJMゴールドサスペンションキット TK TECK TOYOTA TOYOTAグリル TOYOTAステッカー TRAIL TRD TRDシフトノブ UFO UFOライン UP USB USBポート USB接続通信パネル USB&ipodケーブル VIPER warn WARNウインチ X-AT Youtube ZEAL ZX ZZYZX あんしんGPS さなげアドベンチャーフィールド みんカラ もみ出し アイアンマン アイドリング アイバワークス アウターバッフル アウトドアパークブロンコ アオリ アオリカバー アオリガード アクセルペコペコ アシストグリップ アストロ アメリカン アラウンドビューカメラ アラウンドビューモニター アルカボ アルミ アルミテープ アルミフック アルミホイール アンサーバックサイレン アンテナ アンビエントライト アンプ アンロック連動 アームレスト イエローバルブ イクリプス イグニションキーシリンダー イベント イモビカッターガード イリジウムプラグ イレクターパイブ イレクターパイプ インテリアライト インデックス インナーパネル インナーブラック インプレ ウイリスMB ウインターブレード ウインチ ウインチバンパー ウェットガード ウッドデッキ ウーファー エアクリーナー エアコン エアコンスイッチ エアコンフィルター エアコンプレッサー エアコンルーバー エアフィルター エアラインレール エクステンション エプトシーラー エルフォード エンゲル エンジンがかからない エンジンオイル エンスト エンブレム エーモン オイル オイルキャッチタンク オイルチェンジャー オイル交換 オフロード オフ会 オーストラリア オーダーストップ オーディオスイッチ オート オートアラーム オートウェア オートエアコン オートキャンプ オートクルーズ オートライト オートライトユニット オートロック オーバーフェンダー オーバーフェンダー同色塗装 オーバーヘッドコンソール オールドマンエミュー オールペイント オールペン カスタム カスタムショップ カスタムフロアマット カスタムブック カタログ カッティングシート カップホルダー カバー カメラ カメラセレクター カメレオン カラスエッジング カロッツェリア カンサスキット カーカバー カーテン カーナビ カーナビ取り付け位置 カービューティマックス カーボンシート カームフレックス ガス欠 ガソリン ガッツミラー ガナドール ガナドールマフラー ガラコ ガラスエッジング ガラスコーティング ガードコスメ キノコ キノコミラー キャスタードリーム キャノピー キャリア キャンセルスイッチ キャンパーキット キャンピングカーショー キャンプ キャンプ場 キースプラント キー付きホイールナット クラッチ クラッチスタート クラッチトラブル クラッチペダル クラッツィオ クリアランスソナー クリプトロン クリムソンホイール クリーピークローラー クリーンディーゼル クルコン クルスロ クルーズコントローラー クルーズコントロール クロカン クロカンバンパー クロスレンチ クワトロスポーツ グッドリッチ グラブバー グラントレックMT グリスアップ グリルガード グリーンフィルム グレー ケンウッド コイル コインホルダー コマーシャル コムテック コンソールボックス コンピューターロム コンプレッサー コーションプレート コーティング コーナーバンパー ゴムマット ゴリラ サイドアンダーミラー サイドオーニング サイドカメラ サイドシル サイドステップ サイドストライプ サイドバイザー サイドブレーキ サイドミラー サイドレール サイバーナビ サウンドナビ サクソン サクソンマフラー サスペンション サスペンドホルダー サッシュ サテライトスピーカー サブウーハー サブウーファー サブタンクスイッチ サングラスホルダー サンバイザー サンバイザーモニター サン自動車 シガーソケット シフトカバー シフトノブ シフトノブカバー シフトレバー シャイニングパーツ シャシーブラック シャックル シュアラスター シュノーケル ショック ショックアブソーバー ショップ シルクブレイズ シルフィード シートカバー シートサイドバッグ シートポジション シートマット シートリクライニング加工 シートレール ジオランダー ジムニー比較 ジムラインタイプ2 ジムライン・タイプ2 ジャオス ジャンプスターター スイッチ スウェッジライン スキッドガード スキッドプレート スコップホルダー スタック スタッドレス スタッドレスタイヤ スタータスイッチ ステアリング ステアリングカバー ステアリングスイッチ ステアリングスタビライザー ステアリングセンター ステアリングダンパー ステアリング交換 ステッカー ステップ ステップバンパー ステップ無しバンパー ステンレスマフラー ステージフォー ストップランプ スナックトレイ スナックトレー スノーチャレンジ スピーカー スピーカー移設 スピードメーター スプライン スプリングピン スプレー スペアタイヤブラケット スペクター スペーサー スマホホルダー スムージング スモーク スリーエムフィルム スリーラスター スロコン スロットルスペーサー セキュリティ セキュリティー セットアップ セルスター センターコンソール ゼロウォーター ゼロウォータードロップ ソケット増設 ソニックデザイン タイヤ タイヤとホイール タイヤの交換時期 タイヤカバー タイヤガード タイヤロック タイヤ交換 タイヤ手組み タコマ タフコート タフライナー ダッシュボードマット ダッシュマット ダブルマット ダミーテール ダミ−テール ダルマジャッキ ダート チェーン チッピング塗装 チューンアップツィーター チューンアップトゥイーター チューンナップウーハー ツィーター ツインコンプレッサー ティッシュホルダー テールゲートステップ テールランプ テールランプの曇り テールランプガード テールランプ移動 ディクセル ディーゼル ディーラー車検 デカイ? デカール デッドニング デフオイル デフロック デンソー トゥイーター トノカバー トミカ トヨタ トラキャン トランスファーノブ トランスミッションカバー トルク トレイル トレイルバンパー トレッド トレッド差 トレー トレードイン トレーラー ドアエッジプロテクター ドアミラー ドアミラー鏡外し ドライビングランプ ドライブマン ドライブレコーダー ドラレコ ドリンクホルダー ナビ ナルディ ナルディー ナロー ナロー化 ナロー化費用 ナンバー ナンバー移設 ノスタルジック ノゼルダ ノックスドール ハイエース ハイオク ハイオクとは ハイマウント ハイマウントストップランプ ハイマントストップランプ ハイラックス ハイレゾ ハザード ハブ ハミタイ ハンドブレーキ ハンドル ハンドルカバー ハンドルノブ ハンドルロック バイザー バイパー バクガード バグガード バケツ バックアイカメラ バックカメラ バックカメラ取付DIY バックミラーモニター バックランプ バッテリー バッテリー交換 バン バンorピックアップ バンパー パイオニア パイプフェンダー パナソニック パワーアウトレット パワーアンプ パワーウインドースイッチ パワーチャンバー パンク パーツ パーティクルボード パートタイム4WD ヒッチアダプター ヒッチメンバー ヒッチレシーバー ヒルクライム ヒロイズム ヒーターミラーDIY ビックカントリー ビッグカントリー ビーチハウス ビートソニック ピックアップ ピラーブラック化 ピントルフック フィルム フェス フェンダーミラー フェンダーミラー化 フォグ フォグランプ フォブランプ フットレスト フューエルキャップハンガー フロア フロアジャッキ フロアマット フロントカメラ フロントグリル フロントスピーカー フロントバンパー フロントバンパーマットブラック塗装 フロントバンパー塗装 フロントリーディングアームダウン フロント等長パイプ ブザー ブラV ブラックアウト ブラックサイドステップ ブラック塗装 ブラッドレー ブラッドレーV ブラッドレー杯 ブラV ブルー ブレーキ ブレーキパッド ブレーキホース ブレーキローター ブロンコ ブロンコ道 プライ プラグ交換 プラド プレスキット プロコンプ ヘッドライト ヘッドライトレベライザー ヘッドレスト ヘッドレスト増設DIY ベッド ベッドカバー ベッドキット ベッドホッパー ベッドライナー ベッドレスト ベージュ ペダル ホイール ホイールスペーサー ホイールナット ホイール塗装 ホワイト ホワイトルーフ ホワイトレター ホーン ボス ボックス ボディカバー ボディストライプ ボンネットダンパー ボンネットプロテクター ボンフォーム マイナーチェンジ マスターピース マチヤマ マッテレ マット マットブラック マッドガード マッドタイヤ マップライト マップランプ マナー マニュアル マニュアルハブ マフラー マルコホーン マルチソケットアダプター マークル マーテルギアデーモン ミッションオイル ミツバホーン ミニカー ミライ ミラー ムーブ メガウェブ メクラ蓋 メタセコイア メッキインナーハンドル メッセージ メンテナンス モデリスタ モレル モーターショー ユピテル ユーザー車検 ユーロウインカー ライト ライトカバー ラグナ ラグナオフローダー ラゲッジマット ラゲージマット ラジコン ラストストッパー ラストプロテクター ラバースプレー ラバーフェフェンダー ラバーフェンダー ランキング ランクル200 ランクル80 ランクルミーティング ランクル200 ランチョ ランドクルーザーズ・ミーティング ランドクルーザーフェス ランプステー リアアンダーミラー リアオーガナイザーバッグ リアゲート リアゲートステッカー リアゲートステップ リアコンビネーションランプ リアスタビライザー リアスピーカー リアテレビ リアトレイ リアドア リアドアの浮き リアバンパー リアバンパー変更 リアヒータースイッチ リアヒーターブロアスイッチ リアフォグ リアフック リアヘッドレスト リアモニター リアラダー リスト リセールバリュー リフトアップ リミテッドチトセ リモコン リンク リンクス リングホイール リーディングダウンブラケット リーフ リーフの音止め ルーフ ルーフキャリア ルーフコンソール ルーフデッドニング ルーフモール ルーフラック ルームミラー ルームランプ レアル レアルシルト レアルステアリング レカロ レカロシート レカロシート底抜け レクサスホーン レザーシート レジェトレックス レッド レボゲージ レーダー ロックナット ロッドホルダー ロングシフター ローター ロードインデックス ロードプラス ワイドトレッドスペーサー ワイドドレッドスペーサー ワイパーゴム ワイルドグース ワークライト 七つ滝柳沢林道 三国峠 下取り 下取り価格 不具合 世界皮革 並木 中古 中古車 中古車選び 中津川林道 丸目 丸目ランクル70 乗り心地 乗り心地改善 予備検 事故 二台持ち 互換性 仙郷 任意保険 伊豆 作業灯 価格表 個人輸入 値引き 傾斜計 先行販売 光軸調整 全幅 公認 兵庫 内装 写真 冷凍・冷温蔵庫 冷房 冷蔵庫 分割ステップ 制振 制振材 剣山スーパー林道 効果 動画 北軽井沢ナチュラルパーク 千枚田 千里浜なぎさドライブウェイ 南アフリカ 南紀白浜 収納 取付方法 取扱説明書 同色塗装 呼び名 四国 回転半径 土手 土肥中央林道 在庫 地デジアンテナ 坂道発進 埼玉 塗装 増産 増設 売ります 売切れ 天空の林道 天空の池 契約 契約日 契約日・納車日リスト 嬬恋 室内灯 富士ヶ嶺オフロード 富士林道 小鑓さん 尻下がり 山中湖 山形 山梨 山梨県 岐阜 川上牧丘林道 希望ナンバー 延長 延長バンパー 張替 後付 後整備 後方ドライブレコーダー 御林 復活 愛車 手組 手組み 挨拶 揺れ 撤去 撥水剤 故障 断熱 新車 新車価格 新車保証 日本イワナセンター 旧70 早川町オートキャンプ場 曲面ミラー 最大積載量 最大積載量ステッカー 最小回転半径 本革 本革シフトノブ 本革トランスファーノブ 東レペフ 東京オートサロン 東豊 林道 林道御岳山線 査定 栗原川 栗原川林道 栗山舘岩線 構造変更 横尾山林道 横転 欠点 殻割り 比較 洗車 津南キャンプ場 流用 浮き 海外パーツ 添加剤 温泉 温湿度計 湘南 湯沢林道 湾曲ミラー 滑り止め 瀞川氷ノ山林道 点火プラグ 無地 無線 焼き付け塗装 燃料ポンプ 燃費 片山右京 牽引 牽引フック 猿投 王城枝垂栗 田代山林道 由比ヶ浜 町道高嶺線 画像 異音 疑問 発電機 皇海山 盗難 盗難対策 目次 相場 県別 砂浜 砂浜スタック 社外品 福島 福島県 福島県 七ヶ岳林道 秋鹿・大影林道 秋鹿大影林道 移設 究極の選択 空気入れ 空気圧 突入防止装置 窓UP 窓UPオート 窓オート 笠形林道 紅葉 納期 納車 納車日 純正 純正アルミホイール 純正品 素地グリル 素地バンパー 素地ミラー 素掘りトンネル 組み合わせ 継続検査 維持費 群馬 群馬トヨタ 群馬パーツショー 群馬県 肘掛 背面タイヤ 背面タイヤカバー 背面レス 能登半島 自作 自動車保険 自動車税 船津林道 色別 色別販売台数 色見本 艶消し 艶消し黒 荷台 荷台シート 荷台ベッド 荷台活用法 荷室 荷室フック 葡萄沢林道 裏履き 見積り 記事 設計図 試乗 調整 諸元 警告灯 貨物 販売 販売台数 買うべき理由 買わない理由 貼り方 貼り替え 質問 車上荒らし 車中泊 車検 車検証 車載工具 軽トラ 軽水林道 輸入 輸出 輸出バンパー 遠征 適合情報 郡上八幡 都道府県別 配線腐蝕 重量税 錆び 錆びないデカ 長野 長野県 防サビシステム 防水シートカバー 防犯カメラ 防錆 防錆コーティング 防錆システム 防音 雑誌 雪道 零1000パワーチャンバー 高速料金 鳥居 2インチリフトアップ DIY GPS

2016年11月12日

自動車タイヤ&ホイール手組み初体験!ランクル70用タイヤ&ブラV

先日、再販ランクル70ホワイトのバンオーナーの↑矢印さんから情報をいただいたタイヤ&ホイール手組み(記事)に人生初トライ。
IMG_6075.JPG




自転車やバイクのタイヤ手組みがあることはなんとなく知っていたものの、自動車のタイヤとホイール、しかもランクルクラスのタイヤを手組みなんて思いもしなかったので、ビックリした。

事前に↑矢印さんに手組のコツを質問したり、ググって調べたところでは、最後のビード上げが最難関になりそう。

まぁ、今回組むタイヤは、スタッドレスタイヤで、必要な時期はまだ先。

特に急ぐ状況でもないので、手組みで失敗したらお店に持ち込むなど打つ手はあるという適当な気持ちで挑戦。

ところがこの手組みが思いのほか、うまくできたので、以下、使用した道具、手組の作業手順などを得意満面で紹介。

0 手組みのために用意したもの

IMG_6080.JPG


@タイヤ ブリザック W979 225/85R16 121/119L スタッドレスタイヤ中古
(2014年製&2015年製の新品同様)

Aホイール ブラットレーV・6.5Jx16(5H150)中古

Bビードワックス

Cロングタイヤレバー

Dキジマリムプロテクター 3個入り


タイヤ&ホイール手組み作業の様子は動画をUPしているので、そちらを見ていただくのが早いと思うけれど、一応、下にはにわか手組みマスターの思い出も記録。



◆作業1 ホイールを清掃

↑矢印さんから教えてもらった手順にあったので、ホイールのリム周辺を中心に亀の子タワシを使って洗浄。
Snapshot_20.png

ビードグリスの滑りを邪魔する不純物を少しでも無くしておくためかなぁ、と思いながら一応やっていたのだけれど、最後にこれの重要さを痛感!

ビードとリムの間にものが挟まるとエア漏れの原因にもなるし、ビードが上がるかどうかは、滑りがキモっぽいから、地味ながら非常に重要な作業。

最後にやり直した一本では、いったんタイヤとホイールをばらして、リムにサンドペーパーをかけて組みなおして事なきを得たけど、組むは易し、外すは難し・・・


◆作業2 タイヤとホイールにビードグリスを塗布


タイヤ&ホイールを組みこむときに接触するビードとリムにビードグリスを塗る。
Snapshot_21.png


事前に手組みでビードが上がらない要因を調べたところ、エア注入する頃にはタイヤが乾いてしまっている可能性が挙げられていた。

手組みの動画やネットの記事などいろいろ見ていると、CRCをグリスの代わりに使うやりかたもあるようだけれど、CRCは案外乾きやすいものだと思う。

また、グリスを使っていても塗る量が少なかったり、それまでの作業で難儀してかなり取れてしまっているかもしれない。

そんなわけで、手組みの肝?難所?となりそうなビード上げを見据えて手袋をした手でたっぷりベトベトにビードグリスを塗っておいた。

これで手組み作業の準備は完了。


◆作業3 片側のビードをはめる

まずはタイヤをホイールの上から押さえ込むようにして、片側のビードをリムにはめていく。
IMG_6075.JPG


タイヤ?ホイール?の裏表どちらを先にするべきなのかは、よく分らなかったので、とりあえず、ホイールの表を上にして、その上からタイヤを押し込んだ。

ユーチューブの手組み動画を見たりした感じでは、この作業は、上から抑えたり乗ったりすれば簡単にできそうな感じだったので、軽く見ていた。

ところが、いざやってみると、半分位まではタイヤの手前にホイールを引くようにするとなんとか入るけれど、体重60kgの貧相な男だからなのか、タイヤのゴムが硬いからなのかはわからないが、そこから先は硬くて入らない。

(作業後に↑矢印さんから、タイヤショップの方が「トラック用のタイヤなので手組は難しいでしょう」と言っていたと聞いたけれど、この辺りのゴム硬さからして違うということが理由なのかも)

ビードといえども分厚いゴムで、ちょっと触ったりする感じでは伸びるようなイメージは全く持てない。

どうみてもリムより小さい外径のビード部分を眺めていたら入りそうには思えなくなってきて・・・開始1分ほどしか経っていないのに「挫折」の二文字が頭をよぎる。

タイヤショップの方のLTタイヤの手組みは「難しい」というコメントを先に聞いていたらここで終了か、ここまでやることすらなかったと思うのだけれど、そんなこと知らなかったので、「いや、入るはず」と思い込んで、押したり、乗ったり、乗ってジャンプしたり無謀に挑戦を継続。

結局、4本のうち、3本は最後の最期、タイヤレバーの力も借りたが、1本はユーチューブの手組み動画よろしく上でジャンプして押し込むことができた。

作業中は「何だこれ?ヤバイじゃん」と必死で大汗かきかきやったけれど、終わってみれば所要時間は1本あたり5-10分位。

結果だけを見れば大したことはない作業(体感時間は30分くらいだけど・・・)。






◆作業4 反対側のビードをはめる

意気揚々と開始した手組みは最初からやや出鼻を挫かれた感はあったものの、まぁ何とかクリア。

次はどういうわけだか楽しみにしていたレバーを使ってビードをリムに押し込んでいく(はめる?)作業。

↑矢印さんは足で踏み踏み、はまりにくいところをトンカチでトントンするくらいで出来たそうだけれど、こちらはバリバリ素人。

最初から道具頼み全開で準備して活用した。

(最後に一本エア漏れでやり直したときは、足で踏み踏みするだけでスルっとはいってしまった。2度目でゴムが柔らかくなっていたのかもしれないけれど・・・)

道具の準備で6千円くらいは使っているので、もう少し出せばやってくれるお店は見つけられそうだし、時間もかかるのだから、経済合理性だけで言えば、割に合ってないような気もするけれど、なぜだかやってみたいのだから仕方ない。

まずは、リムプロテクターをセットして、4本用意した2種類のレバーを使いながらはめ込んでいく。

このリムプロテクター、たいやがはまった後は簡単に外れるように、しかも作業時はリムに咬むように、うまくできている。
IMG_6081.JPG


手順として空気を入れるバルブのあるところは最後にはめるようにするものらしい。

2種類のレバーは、長い方が使いやすいとの事前情報に従って用意した60cmのものと、最近の流行りという情報にも乗せられて先端がスプーン形状の35cmものを用意。

IMG_6076.JPG


「ビードはあまり無理にやると切れてしまう事があるので、要注意」と↑矢印さんからアドバイスをいただいていたので、ビードにあまり大きな負担はかけないように気をつけながらの作業。

リムプロテクターのあるところで、リムの裏側にレバー先端を差し込んで、タイヤのビードをコテにしてリムをえぐり出すように動かす。

やってみると、全く伸びそうもないタイヤのビードがレバーに押されて伸びるような感覚があったかと思うと、ヌルヌルのビードがスルッとリムの裏側に滑り込んでいくような感じで、快感。

ビードがリムを越えて入っても、なんとなく、ビードが戻らないようレバーを差し込んで押さえておこうという意識が働いてしまうけれど、ビード全体の3分の1位も入った頃からは、ビードのゴムがキツキツなので、一度リムを乗り越えた部分のビードは簡単には戻ってこない。

リムにはまった側のタイヤの上に自分が乗っかって体重を掛けていれば、あとは次々と別の場所にプロテクターを移動させつつレバーを使って先に進んでいくのがコツのようだ。

購入したリムプロテクターは3つセット。両端のプロテクターのところのビードをはめたら、真ん中の負荷のかかっていない一つを次にはめるリムの場所に移動させて、またレバーではめる、という作業を繰り返していく。

レバーを使っての作業は力はほとんどいらないので、最初の片側を入れる作業よりは楽な印象。
IMG_6083.JPG


作業時間としては1本あたり10分もあれば十分な感じ。

ちなみに、今回は2種類のレバーを使ったけれど、先端が薄いスプーン形状の35cmものが断線使いやすかった。狭いところに差し込めて、しっかり引っかかるのがミソ。

ただ、長いものも小さい力でグッとビードをめくることができるのであると便利には違いない。

今から買うなら、スプーン形状35cm2本と60cm1本の計3本かな。

手組みの勝手が全くわからなかったので、一応4本用意していたけれど、そこまでは不要だと思う。

そして、ここで忘れちゃいけないのが、タイヤの黄色い丸とエアバルブの位置を合わせること。

これを忘れて、やり直したのが4本中2回もあった・・・うかつすぎる・・・
Snapshot_22.png


◆作業5 ビードを上げる

ビードがタイヤがホイールにはまっただけでもかなりの満足感を得られる。

手組みなんて、自分でできるんだ〜、と眺めながら満足感。

でも、まだ事前情報からタイヤ手組み最大の難関と予想していたビード上げの行程が残っている。

ビード上げは、空気を入れてタイヤが膨らむ力でホイールのリムにピチッとハマれば大成功。

何はともあれ、ビードワックスによるヌルヌルが重要そう。

さて、空気を入れるために用意したのは、家に10年以上前から放置していた12V用の非常用ライトなんかがセットになったチャチャなエアコンプレッサー。

そんなものでできるかどうか分からないけど、百聞は一見にしかず。車のエンジンをかけて、コンプレッサーを使って空気を入れてみる。

すると、ゆっくりながらも空気は入ってきて、タイヤが膨らむのに合わせて、タイヤがじわじわリムにくっついていく。

ある程度入ったところで、裏側のビードの残り部分全部が上がるときボンッとなったのはビックリとともに感動。

このまま表側もいけちゃうんじゃないのかな〜、とぬか喜びしたのだけれど、そう甘くはない。

表側のビードの1/3位の範囲が上がらないまま、ひたすらうるさいエアコンプレッサーの音を聞く時間が過ぎていく。

コンプレッサーの圧力計はなぜか1kpaから動かず、騒音だけは一人前。
Snapshot_23.png


しばらく待ったけれど、状況は改善しないので、やはりコンプレッサーの力不足でダメか、と諦め半分に、作業位置にタイヤを戻す。

ネットで調べたタイダウンベルトでタイヤの中心を締め上げておくという技も使ってあったし、もうなす術なし、ガソリンスタンドに行って空気入れを借りるしかないかな?

と思ったのだけれど、少し悪あがきで自転車用の空気入れを試してみる事にした。

電動のエアコンプレッサーがダメで足シュコシュコでできるとも思えないが・・・

何はともあれ、足でシュコシュコ開始。

意外にも空気が入っていく感触が足から伝わってくる。

そして、十数回かな?シュコシュコしていると、徐々にビード周辺のゴムが浮き上がりはじめ高と思うと、「バンッ!」というちょっとびっくりするような爆発音がして最後に残っていたビードがリムに密着。
IMG_6077.JPG


なんと、足シュコで上がった?空気圧は100kpaちょっと。

これにはしばし呆然。しばらくして「できた〜!」と喜びがこみ上げてきた。
(結局、やり直し含め5回とも足シュコでバン!となり無事成功)

IMG_6085.JPG


ひとまず200Kpaくらいまで空気を入れて、漏れがないか確認しないといけないので、引き続き足シュコシュコ。

普通なら疲れて嫌になるだろうけれど、初の手組み成功(まだ1本だけど)を間近にアドレナリン全開。

ガンガンシュコシュコしてなんとか200kpa到達。

純正タイヤの指定圧は250kpaだけど、一体どのくらい入れないといけないんだろうか?という疑問が湧いたけれど、とりあえずはここでエア入れは一旦終了。






◆作業6 エア漏れ確認

次は本当に手組ができたのかどうかのテストともいえるエア漏れ確認。

バケツに洗車用の洗剤と水を入れて混ぜたものを、タイヤのリム上に注ぐ。
Snapshot_25.png

ブクブクしなければOK。3本目までは一度もエア漏れしなかったので、余裕じゃん、と油断しまくって迎えた4本目で試練が・・・

とりあえず、やっとくか、と水をそそいでしばらくすると、エアバルブそばのビードから小さな泡がシュワーと出ている。
Snapshot_27.png


空気圧を挙げれば治るかな、と期待してシュコシュコ3kpaまで上げるも一向に改善せず・・・

そうなるともう、一度タイヤを外してホイール、タイヤを確認するしかない。

ここで初めてのビード落とし&タイヤ外しの苦行を体験。

これは大変だった・・・もう二度としたくない。

まぁ、油断してチェックしないで走ってしまうよりは良かったし、タイヤを外す経験もできたし、よしとしようかな・・・・


◆作業7 ビールで乾杯

1本目がうまく手組みできたことを確認した後、タイヤの空気圧を最終的にどのくらいにしないといけないのか、全く分らなかったので、↑矢印さんにメールで質問を送らせていただいて、ひと休み。

そのとき、冷蔵庫に飲み物を取りにいったのだけれど、麦茶を飲むつもりが気が付くとビールの缶を手に取っていて、プシュ⇒ゴクッと乾杯。

作業で汗をかいていたことと、初体験の満足感が肴となってこれが最高にうまかった。

自然に乾杯していたのだけれど、ふと↑矢印さんからのアドバイスメールを読み返していると、「手組み作業後のビールは最高」の文字が。

作業方法のみならず、作業後のビールまで無意識にアドバイスに従うとは、どこまで頼りにしてたんだ、と思わずおかしくなってしまったけれど、とにかくいい経験になった。

タイヤ&ホイール手組みという面白い情報と、的確なアドバイスをいただいた↑矢印さんにはとにかく感謝。

本当にありがとうございました。

バランスのこと、忘れてた・・・これから勉強。
IMG_6078.JPG

Snapshot_26.png


◆補足 タイヤの空気圧


タイヤの空気圧をどのくらいにすればよいのか分らず、↑矢印さんに聞いていたところ、タイヤショップの方に事前に聞いてくださっていたとのことで、教えていただいたのは、「350kpaは必要」とのこと。

バンの純正タイヤの指定圧が250kpa、ピックアップも似たようなものだったので、一瞬「そんなに?」と思ったのだけれど、以前、やまさんからいただいていた情報のなかに、貨物用タイヤの空気圧に関する情報があったことを思い出して確認してみたところ、確かにLTタイヤの空気圧は乗用車のものより高いらしい。

まだトライしてないけれど、足シュコシュコでそこまで入れるのは大変そうなので、とりあえず200kpaくらいまで足シュコで入れて、装着した上で、ガソリンスタンドに行って入れさせてもらおうかな?

数千円で売ってるタイヤ用ミニコンプレッサーで350kpaまでも入れられるんだったら買ってもいいんだけど、どうなのかな?引き続き調べてみる予定。

この記事へのコメント
管理人さん、こんにちわ。

こちらでもスタッドレス組み換え終了しました。

現在、ジープサービス(7.50-16 6PRY)を使用中です。
その前に使っていたジオランダーA/T-S(215/80R16 103S)をダンロップ SP LT-01 (7.00R16 8PRY)へ組み換えです。ホイールは純正のリングリム。エアは2.5。

リングリムではビード上げがない分、落とすのが重要です。
それにチューブレスに組み込んでますから、貼り付きや錆が原因で苦労する場合が有ります。
今回、4本中2本が難航でした・・・。
まだ車両に付けないので焦らず作業です。錆も落としながらなので朝から昼過ぎまで掛かっていました。

サイドウオールを指で押して反発具合をエア圧の目安にしてます。
Posted by hzj70mnu at 2016年11月05日 15:35
hzj70mnuさん
コメントありがとうございます。チューブはまた気をつける点が違うんですね。勉強になります。
確かにタイヤメーカーのカタログを見てもロードインデックスとプライは関係が示されていませんね。規格ごとに色々な表記が混在していて、、タイヤもなかなか奥深いですね。取り敢えずは3.5入れて見て乗り心地を試してみようと思います。
Posted by 管理人 at 2016年11月02日 08:42
管理人さん、返信有難うございます。
MPAは間違いです、KPAでした、すみません。
リングリムでのやり方は拙い知恵ノートに書かせて頂いてますが、チューブだと硬い異物によりパンクの可能性が有りますので手間ですがタイヤの内面とチューブをキレイにしないと後悔する事に。

ロードレンジ表記(プライ数に換算できます)や荷重指数に速度記号の組み合わせとダブルタイヤ使用時での表示が有るので判り難いんですよね。
おまけにエア圧で耐荷重が変化しますから車検で同じタイヤを巡って意見が逆になる事も有る様です。

ロードインデックスとプライレーティング換算はちょっと無理でして。
例えると個別で詳細に設定したタイヤと判り易く広い範囲で設定したタイヤの違い、でしょうか。
以前はメーカーで解説ページを設けていたみたいですけど。
使ってみないと判らない部分も有るんですが・・・。
車検対応を視野に入れて、エア圧の実使用域での耐荷重でロードインデックスを求めるかと思います。

長文となり、失礼しました。
Posted by hzj70mnu at 2016年11月01日 21:06
hzj70mnuさん
こんばんは。コメントありがとうございます。手組み、普通にされてるのですね。ビックリです。リングホイールだとまた違うのでしょうね。
空気圧はプライの半分というのは、とても分かりやすいですね。プライ表記のないタイヤはどうなるのかと思い、ネットで検索しているのですがどうもよく分かりません。結局メーカーに聞くしかないのかと聞いてみたりしていますが、どう返ってくるか・・・
コンプレッサーは使い物にならなくなったので、週末ごとに足でシュコシュコ空気入れてます。スタッドレスタイヤは↑矢印さんから3.5と教えてもらったのですが、2.5くらいまではなんとか入れられるので、あとは装着して走って行って、ガソリン入れたついで装ってなんとかしようと思っています。本当にいろいろ勉強になります。
Posted by 管理人 at 2016年10月31日 21:00
お疲れ様でした!!
こちらもスタッドレスをリングリムに組み込み予定です。(7.00R16)

エア圧の目安ですがプライ数の半分で、6プライなら3キロ、8プライなら4キロ(MPAに換算をお願いします)又、冬期は高めにしておくと良いと思います。
で、基本2.0〜2.5で使用中。ショックはRS9000のオール1設定。
乗り味は、エア圧とタイヤの属性に使われ方次第でかなりの難問ですよね。

エア圧の調整が効くなら用途に合わせられた方が良いです。
フル荷重の設定では空荷状態と違いすぎますから・・・。

市販品の安価コンプレッサーだとヒューズ切れたり、どこかが溶けたり、全く加圧しない等するので注意して下さいね。
タイヤレバーの代わりにバール(先割れしていないタイプ)を使うと欠ける事があります。
ビードワックスの代用でグリースを使っています。
Posted by hzj70mnu at 2016年10月30日 23:26
しばさん
こんにちは。コメントありがとうございます。ビール最高でした。まだ最初の作業をした日は動くと汗の出る陽気でしたし。
ビード上げに爆発させるやり方、あるようですね。今回は幸い経験しませんでしたが、どうしてもビードが上がらない、というときの奥の手のようです。
自分は無茶するとちゃんとケガしたりするヘナチョコなので、もし上がらなければ、お店に頼もうと思ってました。
今なら、お店に持っていくまえに、一度全部ビードを落としてワックスを塗り足して、ビードをドライヤーで温めてみたりして、やり直してみるかなと思います。
Posted by 管理人 at 2016年10月30日 09:47
↑矢印さん
こんにちは。今回は、色々と情報いただいたり、本当にお世話になりました。おかげさまで無事完成しました。
最初がトラック用タイヤで、何も知らずやったから逆によかったかもですね。
作業後のビールは至福のひと時。楽しい経験でした。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2016年10月30日 09:38
管理人さんへ

ビールがとても美味しかったでしょうね.管理人さんの動画を見た後も,いろいろタイヤ関連の動画をみていたら,最終段階でリム周囲に揮発性ガスを噴霧して,ライターで火をつけて引火させると,タイヤが一気にホイールに嵌まり込むものがあるのですが,どうなんでしょうか?
Posted by しば at 2016年10月30日 09:02
管理人さん
おはようございます。

本当にタイヤ手組みされたのですね。凄い!!
私より丁寧な作業にビックリです。
動画を拝見させて頂きました。トラック用タイヤなのでビードが硬いように思います。組み込みがかなり大変だったのではないかと‥‥。
ビール乾杯は作業手順の中にはいっちゃってるんですね。
タイヤ手組み お疲れ様でした!
↑矢印

Posted by ↑矢印 at 2016年10月30日 07:07
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5576234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新号をチェック

今の時代によく出版した!

ジャンル別

LC70 USED PARTS SALE
  1. 1. 【FOR SALE】タイヤ YOKOHAMA GEOLANDAR M/T(G001) 4本中古
  2. 2. 【FOR SALE】LC76社外LEDテールランプ by masaさん
  3. 3. 【FOR SALE】新車外しランクル70純正フロントグリルby薩摩隼人 さん
  4. 4. 【FOR SALE】ランクル79用純正バンパー バンのナロー化などに。
紹介した専用パーツなどなど
  1. 1. カスタムの王道!ランクル70用社外アルミホイール情報
  2. 2. 再販ランクル70パーツ別目次 その1 外装品 バンパー・ショック等
  3. 3. 再販ランクル70パーツ別目次 その2 スピーカー・ドラレコ・バックカメラ等電装品
  4. 4. 再販ランクル70のパーツ別目次 その3 内装パーツ(電装除く)
  5. 5. 2018年再販ランクル70用スタッドレスタイヤのラインナップ
ランクル70基礎知識お勉強記事
  1. 1. 丸目と再販ランクル70は別物?ガソリンとディーゼルは何が違うの?
  2. 2. 【検証】ランクルは本当にデカくて迷惑なのか?
  3. 3. ディーゼルじゃないけど再販ランクル70もやっぱり2速発進なの?
  4. 4. 1/25追記 ランクル70のH4の使い方を教えてください。
  5. 5. 再販ランクル70のエアコンスイッチの謎がついに解明
  6. 6. 見た目がランクル70で中身がクリーンディーゼルプラドだったら?
  7. 7. 重要な安全装備でした。再販ランクル70のキノコ(ミラー)の役割
  8. 8. 再販ランクル70の最小回転半径に関する助言 byじょーじさん
  9. 9. 再販ランクル70が召し上がるハイオクガソリンってなんだろう?
DIYオススメ記事
  1. 1. 簡単!DIY加工でランクル70の窓UPオート化byはしょれメロスさん
  2. 2. 再販ランクル70デッドニング&レアルシルト貼付カスタムbyはむさん
  3. 3. 再販ランクル76ルーフデッドニング&断熱カスタム DIY
  4. 4. 再販ランクル70にオートライト後付けDIY装着でトンネル大好き!
  5. 5. 再販ランクル70にオートドアロックDIY装着 魅惑の「ガチャ」
  6. 6. ランクル70のフロントスピーカーDIY移設で快音化 by武者返しさん
  7. 7. 再販ランクル70の純正ステアリングをREAL製ステアリングにDIY交換
  8. 8. DIYで再販ランクル70フロントバンパー塗装
やっぱり気になるリフトアップ関連情報
  1. 1. 5/10UP ランクル70をカンサスキットで約2インチアップ by BALさん
  2. 2. 車検は?4灯化やJAOS足廻りでリフトアップした再販ランクル70
  3. 3. 再販ランクル70の2インチリフトアップなどカスタム情報 byアタラッチさん
  4. 4. 再販ランクル70リフトアップ・トレッド調整などby やまさん
  5. 5. リフトアップ&パイプフェンダー等カスタム再販ランクル70車検情報
  6. 6. 再販ランクル70リフトアップ&荷室快適化カスタム情報 by HK75さん
  7. 7. 再販ランクル70リフトアップで構造変更情報 by makoyuuki77さん
  8. 8. 再販ランクル70のリフトアップ関連情報まとめ
最新コメント
乗り心地改善に関する情報
  1. 1. ショック交換でランクル70の乗り心地改善するための選択は?
  2. 2. ランクル70にJAOSショック&SUXONマフラーなど情報 byくろすさん
  3. 3. リーフスペーサーでランクル70の乗り心地改善 by gomezさん
  4. 4. ランクル70のアクセルペコペコで何かが変わる?
  5. 5. トヨタ発明のアルミテープによる除電チューンでランクル70も改善?
  6. 6. ランクル70のショックアブソーバーDIY交換 by はしょれメロスさん
  7. 7. 再販ランクル70にビックカントリー ショック&ステダン装着byしばさん
  8. 8. ランクル70にKONIショック&ガナドールなど byキララちゃんさん
  9. 9. 再販ランクル70にKONIショックDIY装着カスタム by トンくるさん
カテゴリアーカイブ
最新記事
フェイスブックページはコチラ
プロフィール
管理人さんの画像
管理人
130サーフ⇒95プラド⇒ランクル80を乗り継ぎようやくたどりついたランクル70。勢い余って2台持ちはやりすぎたけれど、ランクル70ライフを満喫中。お役に立てるブログにしていきたいです。
プロフィール