2021年01月23日

高千穂ノ峯の傳説地 その12

霧島火山の崇拝
霧島火山の崇拝せらるる其の由來を詳にせねど、恐らくは奈良朝以來の、役行者一派の山嶽佛教の所爲に起因するものならん。
傳ふる所によれば、此の山欣明天皇の朝に、僧慶胤なるもの始めて之を開けりとあり。
是れ固より徴證すべきなく、信ずべき限りにあらず。
延暦七年三月此の山爆破す。
續日本紀に曰く、
七月巳酉大宰府言す。
去る三月四日戌時、大隅國囎唹郡會之峯に當りて火炎大に熾にして、響雷の如く動(どよ)む。
亥時に及びて、火光稍止み、ただ黒烟を見る。
後砂を峰下五六里に雨らす。
砂石委積すること二尺ばかり、其色黒し。
と。
かくの如き異變ありてより、一層崇敬の度を深めしものあらん。
後年僧性空あり。
廬を此の山に結び苦行する事四年、元亨釋書に曰く、
性空は平安城の人、云云。
年三十六にして主家し、人跡至らず、鳥音聞えざるの深山を尋ねて、乃ち日州霧島に往き、廬を結びて居る。
或は數日を隔てて食し、或は食せずして旬を磿たり。
或は夢中に美膳を得、覚めて後肚裏能く飽く。
餘味口にあり。
或は經巻の中より、忽にして精白の糠迸散し、或は煖餅出づ。
其の味常の比にあらず。
或は夢に人あり餐を送り、覚むれば必ず餽あり。
是を以て苦行絶食すと雖、身體肥え滑にして、光彩人に過ぐ。
或は寒夜弊衣、皮膚氷の如し。
寒を忍びて經を誦すれば、忽ち庵上より綿を垂れて身を覆ふ。
居る事四歳、移りて筑前州背振山に住す。
と。
此の事亦花山法皇御撰書寫山上人傳に見ゆ。
性空年八十、寛弘四年に寂す。
然らば其の三十六歳は、村上天皇應和三年なり。
釋書謂ふ所の奇蹟は、固より必ずしも信ずべきにあらざらんも、此の頃既に此の靈山が、佛徒信仰の標的たりしは之を認むべし。
斯くて登山の行者漸く多く、遂には日本最初の峰と云ひ、神武天皇帝釋宮より此の峰に還幸し給ひきとの説も出で、はては天孫降臨の傳説も、唱え出さるるに至りしにあらざるか。
タグ:性空
posted by うさぎ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島山

2021年01月22日

高千穂ノ峯の傳説地 その11

槵觸の解
論者或はクシフルを奇火(くしび)と解して、火山なるべしといひ、天ノ逆矛なるものを以て、~代の遺物となし、是によりて天孫降臨の地の證とせんとす。
共に一往の理なきにあらず。
火山活動の現象は、直ちに古代人士をして其の山を崇敬するの念を起さしむ。
然れどもクシフルの名實は未だ其の義を明かにかせず。
或は日向の別名なる豊久士比泥別に縁あるにあらざるかとのことは、さきに既に之を言へり。
タグ:クシフル
posted by うさぎ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂

2021年01月21日

高千穂ノ峯の傳説地 その10

霧島山を日本最初の峯といふ事
霧島山を以て日本最初の峯なりとする説は、すでに平家物語にあり。
~武天皇天より還幸し給へりとの説は、宇佐託宣集にあり。
共に古く此の山の尊嚴を示す説の存在を示すものなり。
然れども是等は、其の實高千穂降臨傳説と交渉する所なく、自から別途のものなりと謂はざるべからず。
ただ此の山が古くより特殊の神蹟として傳稱せられたりしが故に、遂には其の頂の東西相對して二上峰云ふに相當し、殊に其の地がたまたま囎唹郡なることなどに合せ考へて、そこに天孫降臨地の傳説も生じたるものなるべし。
而も其の説はすでに明かに鎌倉時代に於て、塵袋の著者其の所傳を該書中に引用せし程なれば、むげに後世の誤解なりとして輕々しく排斥すべきにあらざるなり。
すべからく先づ其の説の由って來りし所を尋ね、更に之を他の説に比較考究して、後に始めて斷を爲すべきものなりとすべし。
タグ:霧島山
posted by うさぎ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂

2021年01月20日

高千穂ノ峯の傳説地 その9

塵袋引風土記は偽書 その3
平安朝京師學者の手になれる日本紀私記に、襲國を解して、「今日向國に囎唹郡あり」などとある。
以て例とすべし。
然れども風土記は、各其の國の國司が命を奉じて、現代の地理に就きて撰録せる書なり。
如何ぞさる粗忽なる誤謬ありとせんや。
されど假りに事~代に屬するが故に、當時大隅の域内なる囎唹郡の地に冠するにも、なほ舊稱によりて日向の名を以てしたりきとせんか。
宜しく古語のままに「日向の襲の高千穂」といふべく、「日向國囎唹郡」とは書くべからざるにあらざるや。
況んや他方には當時の行政區劃によりて、明かに薩摩國閼馳郡の名を標出するに於てをや。
思ふに本書は地理の實際に暗き中央人士が、私記に囎唹郡を今も日向の中なりと思へるが如き漠然たる思想よりして、輕卒に記述せしものならんなり。
タグ:祖唹
posted by うさぎ at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂

2021年01月19日

高千穂ノ峯の傳説地 その8

塵袋引風土記は僞書 その2
而も此の官符の趣意は、當時官庫所蔵の風土記散逸して存せざるが爲に、新に之を諸國府所蔵の書に求めんとするにあるのみ。
敢て新に編纂を命じたるにあらざるなり。
故に曰く、「諸國風土記の文あるべし」と。
ここに諸國とは、言ふまでもなく諸國の國府を指せるなり。
若し國府に其の文なくば、周ねく部内に求めて提出せよと命ぜるなり。
されど假りに一歩を譲りて、延長にも亦風土記編纂のことありとするも、此の塵袋引く所は決して和銅のものにあらず、叉延長のものにもあらず、到底日向國司撰録の書にあらざるなり。
本書既に「日向國囎唹郡といふ。
囎唹郡を日向より分ちて、他の三郡と共に大隅國を建てたるは、實に和銅六年四月の事なり、されば本書若し日向國司の撰ならんには、必ず其の以前のものなりとせざるべからず。
然るに元明天皇が詔して諸國の風土記を撰録せしめ給へるは、大隅分立の翌五月なり。
而して國司其の命により、各郡に命じて部内の地理、沿革、古傳等を調査せしめ、是が編纂に著手す。
然らば其の書の成りて奏上せられたるは、必ずや其れよりも數年の後なりけんことを疑はず。
然るになんぞ日向國司の撰として、當時大隅なる囎唹を以て、なほ依然「日向國」と書することのあるべけんや。
論者或は又謂はん。
古へ日、隅、薩の三國は、共に日向の域内なりしかば、~代の事を記するに當りては、其の舊によりて、囎唹郡に冠するに日向の名を以てする、敢えて異とするに足らざらんと。
地理にも暗く、年代にも無頓着なる中央都人士の筆になれるものならば、或はさる事もありなん。
タグ:風土記
posted by うさぎ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂

2021年01月18日

高千穂ノ峯の傳説地 その7

塵袋引風土記は偽書 その1
次に塵袋引く所の風土記逸文なるものは、古文の徴證として常に引用せられ、霧島説に取りて亦有力なる論據をなすものなりとす。
而して史家或は之を以て、和銅年間奏上の古風土記の逸文なりとなす。
然れども、つらつら其の内容を檢するに、こは恐らく中世の記述にして、奈良朝古風土記の文にあらず。
以て證とするに足らざるの感なきにあらず。
同じく鎌倉時代に編纂せられたる釋日本紀別に本國風土記の文を引き、西臼杵郡の高千穂を以て天孫降臨の地となす。
塵袋所引の文は是と事實に於て矛盾せるのみならず、其の文字の用例亦彼此甚しく相容れず。
到底同一風土記中の文なりとしては解し難きものなりとす。
ここに於て論者或は言ふ、風土記の成る必ずしも奈良初のみにあらず。
醍醐天皇の延長年間にも、復風土記の貢進を催促せられしことあるにあらずや。
蓋し釋日本紀引く所は是れ延長年間編纂の新風土記にして、後の所傳を録するものにはあらざるかと。
然れども、延長の風土記なるものは其の實存在せず。
史家往々にして延長年間風土記催促の太政官符の趣意を誤解し、此の際別に新風土記の編纂を命ぜられたるものとなす。
posted by うさぎ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂

2021年01月17日

高千穂ノ峯の傳説地 その6

「襲」の地名
古傳説謂ふ所の「襲(そ)」の地が、後の大隅國囎唹郡なりといふ事は、霧島山説に取りて最も有力なる理由に一なりとす。
然れども「ソ」の名必ずしも囎唹郡のみなりとは限るべからず。
天安元年には、肥後國從五位上會男~(そをのかみ)に從五位下を授け奉るの事あり。
其の他「ソ」を名とする地名各地に多し。
そは後(第二編第五章)に説くべし。
タグ:霧島山
posted by うさぎ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島山

2021年01月16日

高千穂ノ峯の傳説地 その5

霧島山説批評
此の外にも霧島山説を主張するもの、其の説明頗る委曲に渉るものあれども、要は~代の~蹟此の地方に多しとの思想に基づけるものにして、其の説の主とする所は、右の中日向風土記の文と、襲の地名と、槵日又は槵觸の名と、二上峰の形勢と、天ノ逆鉾の存在となりとす。
此の説頗る有力にして、新井白石以下、徳川時代の學者等多く之を信じ、前記の如く本居、平田の兩人すらも、之を捨てかねて、臼杵、霧島の兩説を保存せる程なりき。
斯くて明治の學界に至りては、霧島山説を採るもの殊に多く、故飯田武ク氏の日本書紀通釋を始めとして、今もなほ此の説を主張する者少なからず。
かくて坊間行はるる歴史地圖はもとより、現代地圖にまで、霧島山に標するに高千穂ノ峯の名を以てするものすらあるに至れり。
然れども是のみによりて、古傳説言ふ所の高千穂山の問題を決すべきか。
タグ:二上峰
posted by うさぎ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島山

2021年01月15日

高千穂ノ峯の傳説地 その4

天逆鉾
今も其の西峯を韓國ノ嶽と稱するは、亦縁ありげなり。
殊に其の山頂には天ノ逆鋒と稱するものありて、其の制奇古、實に~代の遺物なりと稱せらる。
説をなすもの曰く、天孫降臨に際に建て給ひし標柱なりと。
或は曰く、伊弉諾、伊弉冉二~の滄溟(あをうなばら)を探り給ひし天ノ瓊矛(ぬほこ)なりと。
此の後説は蓋し、盛衰記に日本最初の峯といふに相當るなり。


鉾と鋒と矛
タグ:天の逆矛
posted by うさぎ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂

2021年01月14日

高千穂ノ峯の傳説地 その3

日本最初の峯
とあり。
日本最初の峯とは、必ずしも天孫降臨の地と云ふ次第にあらざるべきも、此の山が特殊の~蹟として、古くより傳稱せられたりし證とはなすべし。
又宇佐託宣集には、
人皇第一主~日本磐余彦(かんやまといはれひこ)(~武天皇)御年十四歳の時、帝釋宮に昇りて印鎰を受け執り、日州辛國城(からくにのき)、蘇於峯(そおのみね)に還り來る是なり。
蘇於峯とは霧島山の別名なり。
とあり。
是れ亦天孫降臨をいへるにあらねど、以て此の山の~蹟たるを云ふ説の古きを觀るべし。
タグ:日本磐余彦
posted by うさぎ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 霧島山
ファン
検索
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
うさぎさんの画像
うさぎ
プロフィール