広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年02月22日

セスキコードレイトは天才(奇才)の度数なのではないだろうか

セスキコードレイトについて調べていたら
宮崎駿監督の金星がセスキコードレイトされているとかいうサイトを見つけた。

自分もいつもホロスコープ作っているサイトで作ったら、オーブ3度以内にするとセスキコードレイトがなんかいっぱい出てきた。(1度だとなかったが)自分のハードモードな人生を切り開いていくための下地、エネルギー源となりそうな天体がセスキコードレイトでつながっていた。

言うなれば私は努力の天才だ。
土星がセスキコードレイトされているのをみて、ああ、そういうことかと思えた。

宮崎駿監督はロリコンで有名だが、それを才能に昇華させた。金星がセスキコードレイト冥王星によってやばい性癖の人間にしてしまいつつもまともな作品に昇華させたのではないだろうか。

セスキコードレイトはハードアスペクトだ。
私もハードだった、もちろん他の天体もハードだからそれだけで語れるものでもないが
私が私を支えてきた資質だと感じる土星に、今まではなんかこれといったアスペクトがなくて、なんだろなー?と思っていたのだが

3度オーブでセスキコードレイトが出てきたのをみて
3度でも効果出るんだなと思うと同時に
セスキコードレイトは天性の才能のありかを示すのではないかと思った。

と同時に、それはハードアスペクトなので、その才能を使わずにはいられないハードモードな人生なのかもしれない。
ハードモードを乗り越えるための資質、才能としてセスキコードレイトの星が下支えになるのではないか。と思った。

まだセスキコードレイトの前例を見たりないので仮説の域を出ないが
そうじゃないかな、という一説として書いておこうと思う。


posted by uranaiuranau at 19:50 | TrackBack(0) | アスペクト
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。