2020年03月02日

ハードアスペクトな人は普通の人生を望むのをやめよう

ホロスコープに詳しくなって思うのは
ハードな配置のホロスコープを持っている人は、普通の生き方(大学出ていいとこ就職して〜)という生き方をしようとすると途端にうまくいかなくて「どうしてこうなんだ」と悩むようになってしまう
そもそもとしてそれを望まなきゃいいやんけ。ということ。

もちろん天才科学者とかの才能持ちの場合、一応は普通な、大学出ていいとこ就職して〜に当てはまる形にはなるけど、そうじゃない人もいるよね。ということ。
子供の頃なんかには本能的にわかってるんだけど、大人になると「無理か…」とか思っちゃうあれですよ。

でもハードモードの人生を選んできたんだよ君は。
普通の人生じゃつまらんから、あえてのハードなホロスコープを選んで生きてきたのだから
たとえ社会に染まって普通に生きるのが正義だと思い込んでいようと
最初に決めてきた運はそっちに向いていないので
ぜんっぜんうまくいかなくなるのは当然の結果のように思える。

そういうホロスコープを持っている人は、本当は自分は普通じゃない、特別な生き方をできる才能がある
と、思ってはいるのだけど
そういう自惚れたことを言うとバカにして笑って身の程を知れと叩き潰すのが、今の日本社会、文化であるから
つい素直に従っちゃって普通になろうとして、でもそっちには運がないからしっちゃかめっちゃかになる。

というドツボにハマった人たちが「ハードアスペクトはしんどい」という通説を生み出しているのだと思う。
でも本当はハードアスペクトは、ドラマチックのアスペクトだよ。

普通じゃない、ドラマチックな生き方をする場合に活躍するのがハードの星だと思う。

自分は普通じゃないんだ、と認めることです。
そこから全てが始まるよ。きっと。

あなたが不運なのは普通になろうとしたからだ。

茨の道だろうが砂漠の道だろうが、行きたい、と思う方へ、リスクを覚悟に突き進んだなら
たぶんいまよりはマシになると思います。
普通じゃないから、ですぎた杭になるまでは周囲の目が痛いけどね。

ハードアスペクトがある人は、普通になろうとしないこと。
自分は自分だと思って突き進むこと。
それが、まぁ容易ではないけど、大切なことなので
注意喚起したくて記事にしました。

普通に正しく生きようと、普通じゃなく突き進もうと、結果の責任は誰もとってくれない。自分で負わなければならない。
なら、君はどちらを選ぶ?

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9673094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ