2016年11月14日

二重革命・フランス革命と産業革命‐社会学のはじまりとは‐社会学リポート

通信制大学の魅力を伝える、今に満足していない人必見

★通信制大学のメリットを紹介

★通信制大学生の日記

★退学者が多い通信制大学の実態とは

★サイト管理者ってどんな人





 二重革命・フランス革命と産業革命‐社会学のはじまりとは‐社会学リポート

 フランス革命と産業革命は近現代に世界を大きく変えた要因で、社会学発生の始まりでもあった。


 二重革命の時代は近代と呼ばれている。

古代、封建制時代の宗教の世界からの脱皮、それは宗教改革やルネサンスの影響が大きい。

原啓蒙思想に見られる、宗教によって抑圧された世界からの開放やなにものにも縛られない個人主義、合理主義または人間性の再発見など、自由な時代である。

 しかし、この中世から近代への移行には大きな歪を生じることになる。

個人は何を心のよりどころにすれば良いのか、人間は欲深い生き物なので、なにか統制するものが必要になってくる。

自由という言葉の裏には厳しさがある。

そして、近代は、各団体、教会、家族、といった社会組織は個人を束縛するものとして、遠ざけられた。

その結果、国家と個人が直結してしまい中央集権国家が誕生してしまう。

いわゆる絶対王政国家がそのいい例である。


 近代の歪はフランス革命という事件で爆発した。

フランス革命は自由、平等、博愛、のスローガンのもと旧体制の破壊と新体制樹立が大きな目標に掲げられた。

考えてみると実は古代、中世〜近代への移行とまったく同じ考えから生み出された事件である。

例えば自由、平等、博愛はそのまま古代、中世〜近代の考え方だし、旧体制の破壊は、宗教からの独立が国王からの独立に変わっただけの話である。

 しかし、同じ意義で進められた、フランス革命であったが以後イギリスで起こった産業革命も影響し、世の中は、まったく別で正反対で複雑な混合された思想へと進んでいくことになる。

そして、その後現代へと繋がっていくのである。


 産業革命によるヨーロッパ社会の変化は商品を大量生産することが可能となり、資本家は労働者を雇い入れ機会の一部のような作業、いわゆる、現代の工場で見られる流れ作業、単純作業である。

そして、資本家と労働者という階級が作られる原因となり、また、都市に集中する経済となり、地域経済の発展の基盤と自立を奪い都市と地域の格差を生む要因となった。

その他、個人の技術力が重視された時代から大量生産から商品を安い単価で売り出す事が可能となり、資本を持った企業が経済を制すようになり、現代にみられる経済の大企業化を生みだす原因となった。
 
産業革命により、それまでヨーロッパよりも優位にいたイスラム社会や中国は世界の主導権から転落して、変わりにヨーロッパが世界のなかで主導権をとるようになった。

そして、世界中に植民地を作り世界の中心となっていった。

そのため、ヨーロッパの思想が世界に広まる原因となった。


 二重革命を簡単に述べると近代の矛盾から過去の中世の価値観の再発見である。

だからといって近代の考えがまったく否定されたわけでもない。

ゆうなれば、近代と中世の思想がミックスされた状態である。


 そして、二重革命を経て、近代が成熟し、その後、新たな時代、現代を迎える。

現代は様々な観念、近代と伝統が絡みあっている。

たとえば、共同社会、権威、地位、聖、疎外、利益社会、権力、階級、俗、進歩、などでこれらを単体観念という。

このように現代を社会学思想で見ると単体観念の組み合わせによって、成り立っていることが分かる。


 19世紀になると二重革命の影響は全面的に浸透し、様々な思想が生まれた。

そして、自由主義、急進主義、保守主義の3つの思想に分類できるようになった。


 自由主義は個人の自由や人権を主張する思想である。

近代でもこの自由主義はあったが、現代との違いは近代の自由主義はいかなる個人を縛る社会団体や制度を受け付けなかったのに対して、現代の自由主義は福祉のような個への献身に働く限り承認するといったように、ある程度の社会団体や制度を認めるという思想である。


 急進主義というのは、権力の獲得、保持、行使を目的としたもので自由主義からこの思想は生まれた。

自由を求めるには権力が必要で、この急進主義は、自由主義を社会的に守るため、権力を獲得するために暴力と結びつき危険な思想へと発展していった。


 保守主義は二重革命が影響を与えた思想で簡単に述べると、中世的価値観の再認識である。

保守主義は単純に旧体制の維持が目的ではなくバラバラの個人主義、自由主義を中世的な価値観によってまとめるために生まれた思想である。

 この保守主義が社会思想に与えた影響は非常に大きかった。

この思想はフランス革命での、国の中には個人を束縛するいかなる協同団体があってもだめであるという、きわめて、極端な個人主義を批判した所からはじまる。

フランス革命の個人主義と国家統制を批判し中間的な協同団体の必要性を説き、これにより個人に秩序を持たせた。

また、近代の啓蒙思想家が伝統的な社会を構成する家族や宗教などの協同団体を攻撃したのに対し、保守主義はこれらの団体の価値の再認識を行い、反啓蒙主義運動を進めていく結果ともなった。


 結果、生成期社会学は二重革命によって生まれた中世的価値の再発見を考え、近代と中世が複雑に絡み合った思想だと言えるだろう。


記事を読まれた方はクリックをお願いします。








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5619644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
真田マサオのサイト特集
★倒産、無一文、闘病生活から高校教師になった真田マサオの総合案内サイト
★高校教師の仕事や日常をレポートします。
★現代社会に異論を唱える
★写真集‐職業適性検査でカメラマンが向いているとの診断
★一年中本ばかり読んでいる真田マサオの本屋さん
★天皇に関する特集
★茶道‐お茶を点てる行為が芸術にまでなった謎を探っていこう
★卒業率10%未満の難関通信制大学を4年で卒業、教員免許も同時に取得する方法
★「教科書に載らない歴史の真相に迫る教育実践」サイト案内ページ

サイト案内
★4年で卒業できるリポートの書き方
★単位修得試験に合格できる方法
★卒業論文を攻略しよう
合格できないリポートの対処方法
合格できない単位修得試験対策
単位の習得方法について
★サイト管理者ってどんな人
通信制大学のメリットを紹介
通信制大学生の日記
退学者が多い通信制大学の実態とは
日本史のリポート集
教職課程のリポート集
一般教養のリポート集
世界史のリポート集
思想宗教のリポート集
★カテゴリー案内、このサイトの詳しい案内はここから検索するのが便利
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

法政大学文学部史学科通信教育部を4年で卒業して、同時に教員免許も取得した。現在は高校教師教師として、働いています。
プロフィール
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村