2016年11月02日

単位習得試験の試験場でのテクニック‐合格率の上がる方法とは‐


それでも書く

単位習得試験の試験場でのテクニック‐合格率の上がる方法とは‐


単位修得試験で、試験問題を見ると、試験の山が外れる事や勉強不足で、まともな答えが書けそうにない事もあると思います。

しかし、ここで諦めてはいけません。

これまで、単位習得試験を受けて感じた事は、退出しても良い時間になると、多くの人が退出してしまう事です。

法政大学通信教育部の卒業率が低い要因だと感じています。

諦めて、ほぼ白紙で提出して帰るのは辞めましょう。分からなくて分からないなりに何か書く。

とりあえず書く

この行為が卒業への道と思って下さい。

これは私の経験上の話ですが、科目によっては、的外れな事を書いているだけの答案でも合格になる事があります。

また、分からない事を分からないなりに書く行為が、知らないうちに文章を書く能力を開花させます。

教師になった今では、この書く能力を重宝しています。



│ 単位修得試験の合格基準

@書いているだけで合格する科目がある。

A設題にそった内容なら合格できる科目がある。

B出題者の意図を読み取った内容なら合格出来る科目がある。

@のパターンで合格した科目も実際にあります。

1番多いのはAのパターン。

Bのパターンだと自分が落ちた理由が分からないまま追試を受け続ける羽目になります。

何にしても、@ABのパターンで共通している事は


ある程度の文量が必ず必要

ということです。

白紙では合格はありえません。

何か書くだけの行為が合格、そして、卒業につながっていきます。


記事を読まれた方はクリックお願いします。



















★一年中本ばかり読んでいる真田マサオの本屋さん。
 本を読み、そして、本を書くのが趣味。良き本に巡り合う為には、本をたくさん読んだ人から感想を聞くのが一番良い方法。好きな本のジャンルは歴史書、時事問題、自己啓発本、パソコン、旅行書、マンガなどなど。本との出会いが人生を大きく変える事もある。
IMG_3303.JPG


【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5584032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
真田マサオのサイト特集
★倒産、無一文、闘病生活から高校教師になった真田マサオの総合案内サイト
★高校教師の仕事や日常をレポートします。
★現代社会に異論を唱える
★写真集‐職業適性検査でカメラマンが向いているとの診断
★一年中本ばかり読んでいる真田マサオの本屋さん
★天皇に関する特集
★茶道‐お茶を点てる行為が芸術にまでなった謎を探っていこう
★卒業率10%未満の難関通信制大学を4年で卒業、教員免許も同時に取得する方法
★「教科書に載らない歴史の真相に迫る教育実践」サイト案内ページ

サイト案内
★4年で卒業できるリポートの書き方
★単位修得試験に合格できる方法
★卒業論文を攻略しよう
合格できないリポートの対処方法
合格できない単位修得試験対策
単位の習得方法について
★サイト管理者ってどんな人
通信制大学のメリットを紹介
通信制大学生の日記
退学者が多い通信制大学の実態とは
日本史のリポート集
教職課程のリポート集
一般教養のリポート集
世界史のリポート集
思想宗教のリポート集
★カテゴリー案内、このサイトの詳しい案内はここから検索するのが便利
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

法政大学文学部史学科通信教育部を4年で卒業して、同時に教員免許も取得した。現在は高校教師教師として、働いています。
プロフィール
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村