2017年10月17日

WILLER EXPRES 快適移動で 秋の旅 

今ならお得 快適シートで癒しの移動 お得な 最大 45%off


残暑もなくなり すっかり 秋らしくなって来ましたね、 月末位には山は 色付き 温泉や 紅葉狩りが 頭を過る季節になります。

今回は 今や各高速バス会社では 移動を快適に過ごせるという テーマがあるようなので  普通の高速バスとは 少し違う 色々なタイプの 快適シートを 取り揃えている WILLER EXPRESSのリボーン 高速バスを ご紹介いたしますので、秋の旅や出張や帰省に ご利用下さい。

6リボーン.jpg
7リボーン.jpg



タイプの違うシート構造 があるので好みのタイプや予算 移動距離でも 選ぶ事ができます。

ReBorn(リボーン)

今回はリボーンという ウィラーエクスプレスのシェルシートを搭載した高速バスを取り上げてみました。

リボーンとは 3列の独立シート 眠りのための 最高な環境 が備わった 最新型シートです。横3列で縦6列前席で18座席です。  普通の大型観光バスは 正座席が45席 補助席を入れると55隻位は有るので、かなりの差が有ることがわかります。 

リボーンと言うのはイタリア語で、生まれ変わり、とか再生とかを意味する言葉だそうです。
今までの高速バスがイメージを変えて新たに生まれ変わった事を示す 代表的なバスなのです。






最適な車内空間とは?

5リボーン.jpg
2リボーン.jpg



※ 後部座席を気にせずフルリクライニング!

※ 車内の騒音や明るさにもこだわった 睡眠のための環境

※ レッグレストで足元ゆったり

リクライニング角度最大155度

座面 59センチ 肘あり 60.6センチ

10リボーン.jpg
9リボーン.jpg




このリボーンは 高速バスの疲れる
という イメージを 一掃し
移動=休息 という 新しい価値を 提供しています。







このリボーンは 3列 全18席 と かなり広々としている様です
普通の大型観光バスは 4列で 補助席無しで 50名位は 座れる感じですよね 50÷4=12.5ですので、奥行き12列は あるかと思います それに対して リーボンは 半分の 6列ですので この違いは 明らかにです。

もう一つは 静音性に優れているという事ですが このリボーンのシートは よく見ると 一つのシェルター構造に なっているのです。  バスの中にもう一つ別のボックスが 有る様な 感じになっていて、バス内部の騒音を シャットできる仕組みなので 静かで快適に睡眠を取りながらのバス移動が出来るのです。

このシェル構造のおかげで孤立した自分だけの空間が出来て、周りを気にすることなく、リラックス出来き快適な移動時間を過ごす事が可能なのです。 バスの移動休憩時は乗り降りで人が移動するので雑音や人目に付くことは有りますが それ以外は プライベートな空間が保たれます。カーテンやトイレが無いので移動中は周りの雑音を気にする事が有りません、乗っていて とても静かなのは 構造と乗客の移動やカーテンの開け閉めなどが無い事、人気をあまり感じない構造的な所なのです。

4リボーン.jpg
13リボーン.jpg


 他の座席より一回り大きなサイズでゆったりしています

 フルリクライニングすると 全長 187センチくらいになるので それ以下の方なら無理なく利用できます

備え付けの役立つアイテム

※気持ちよく足が延ばせる フットレスト、レッグレスト
 
※リモコン操作で楽々リクライニング最大156度

※暗くても読書が出来るLED照明

※軽食やノートPCも置けるテーブル

※位置調整できるヘッドレスト

※スマホなどの充電に100Vのコンセント

※アームレスト

※小物用網ポケット

※靴置き

※荷物置き

※ドリンクホルダー

※ブランケット

※アイマスク



車内で快適に過ごすために様々なアイテムが 装備されています

2リボーンテーブル.jpg
14リボーン.jpg



人気ブログランキング

眠って下され!と言わんばかりの構造と静音性 

今回のこのシェル型シートでこだわった所はレックレストとフットレスト部分だと言います 二つの部分が連結して無理なく足を延ばすことが出来、体に負担をかけない構造です。確かに楽です

フルリクライニングしても ゆりかご式 (座面が前方にスライドする) なので 後部の方に気を遣わず全回に倒す事が出来てストレスフリーなのです。

車内の照明にもきを配っておりまして、多くの夜行バスでは、全消灯が多いのですが 暗くて不安という声も多く聞くので
睡眠時間に合わせて、徐々に暗くなっていき 夜明けにも徐々に明るくするというシステムを取り入れているようです。
また 暗くなければ 眠る事の出来ない方などへは、アイマスクをご用意しております。

寝返りは打てないけれど、移動の長時間を足を一杯に伸ばしてゆっくりと睡眠を取る事が出来るので、バスはの方には
かなりお勧めです。
 
2つの静音性でより静かに

25.jpg
26.jpg


背が高くてカッコがいいバスですが このバスは三菱ふそうのスーパーハイデッカーバス・エアロクイーンをベースにした
バスだそうです。最新式のシステムを導入しているバスで走行性能も静音性能も優れたバスです。
座席が高いハイデッカータイプ このタイプの車両は静音性に優れているそうです。

そしてもう一つのシェル型の座席シート シェルの中にすっぽりと包まれるので 他の車両内の雑音をシャットアウトするため 二重の静音でかなり静かになります。

到着までの間に時間が有るので、移動プラス睡眠を取りたい方、宿泊兼移動、時間に余裕のある旅で移動中に睡眠もしたいなど、さまざまな使用目的で利用できます。
 
利用者の口コミ

利用者様の 様々な口コミを耳にしますが、代表的なものを少し載せてみますので、ご参考に

※ 外見がカッコいい、
 
※ステップから内装まで、シンプルかつ高級感が出ている

※リクライニング時に気を使わなくて済む

※降車、移動時に通路が狭い

※フルリクライニングしていると、休憩時に顔を見られてしまう

※好みの角度に微調整出来る

※足を上げられる

※静かなのでぐっすり寝れた

※動いたときに シェルとシートがこすれ音がする

※夜間真っ暗にならない 良い面悪い面両方あった意見です

代表的な口コミを簡単に、挙げてみたのですが大半の方は満足をして利用されているようです。
気になる面も少しある様ですが、バスの移動なので、仕方ない部分もあると思います。





リボーンの運行コース

東京⇒大阪  大阪⇒東京     お一人様 10800円〜

東京⇒名古屋 名古屋⇒東京   お一人様  8800円〜  

今なら最大45%offで利用できます

Summary

今回は快適移動がバスでも出来ると言う事でウィラーエクスプレス・リボーンを紹介しました。今有る夜行バスなどの中では、高級感があり 快適に睡眠を取りながら移動が可能なリボーン 帰省や出張などで利用される方も多い中 旅の手段としても十分に利用できるので、この秋の旅の計画などにも十分に役立つと思います。
安心して快適に睡眠しながら 移動できるリボーン 今までにはない 快適シートで 新しい形の旅にも使えます。

7リボーン.jpg
8リボーン.jpg



人気ブログランキング


次回予告

次回はウィラーエクスプレスの企画の中でのまた一つ快適なものを ご紹介しますので、お楽しみにどうぞ























  






















【このカテゴリーの最新記事】
posted by hidehero358 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6867196

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ