和田珍味のふぐのみりん干し・のどぐろ、春のうまいもん焼あなご!

和田珍味のふぐのみりん干し・のどぐろ、春のうまいもん焼あなご!

ふぐ.jpg

世界遺産、石見銀山のある町大田市の「和田珍味」 。
創業以来80余年に渡り、
ふぐ珍味を中心に、素材を大切に手間ひま惜しまず
「うまいもん」づくりし、全国大会では3度水産庁官賞を受賞しました。
すべて国産原料を使用!安心で安全な商品を提供いたします。
製造直売所ならではの味をお楽しみ下さい。

和田珍味・石見名産ふぐ味醂(みりん)干し


和田珍味のふぐ味醂干はここが違う!

和田珍味のふぐ味醂干で使用するふぐの特長は何といっても国産天然物ということ。
和田珍味は国産天然物にこだわっていて輸入物は一切使用しません。
国産にへのこだわりは、鮮度が良く扱いが丁寧ということにあります。

素材の品質はふぐ味醂干に影響するところが大きい。
良質な素材の旨さを大切にしていることが、ファンの多い絶品のふぐ味醂干ができる訳です。

手仕事が支える伝統の味。石見名産 ふぐ味醂干

和田珍味・ふぐ一夜干し


ふぐ一夜干.jpg

ふぐ一夜干は旨味の決め手は「塩」にあり!

ふぐ一夜干はふぐ本来の旨味を活かすために、
ふぐの状態に合わせて塩を振り、最も美味しい味を引き出します。
和田珍味の職人のきめ細やかさがあるからこそ味が生きている。
そこが評価されて水産庁長官賞を受賞したのが和田珍味のふぐ一夜干です。

鮮度と塩が命!「ふぐ一夜干」

和田珍味・白身のトロ、のどぐろ一夜干し


のどぐろ一夜干し.jpg

高級魚、のどぐろ

脂ののりがとても良く、白身のトロといわれる美味しさが特長ののどぐろ。
和田珍味では、一年で最も脂ののったのどぐろだけを使いっています。
しかも新鮮なうちに一枚一枚ていねいに開いて一夜干にします。

柔らかく上品質の白身からにじみ出るうまみは記憶に残る美味しさで絶品。

和田珍味の「のどぐろが美味しい」理由

和田珍味・のどぐろの姿煮


のどぐろ.jpg

ふんわり、しっとりで旨みたっぷりの「のどぐろの姿煮」

こんなにうまい魚を食べたことがない!と評される「のどぐろ」は日本海の高級魚。
元々の名前は「アカムツ」ですが、「のどぐろ」の方が知られていますよね。
文字通りのどぐろの口を覗くと奥が黒いのでそう呼ばれています。
   (なぜ黒いのかという理由は不明)

和田珍味の「のどぐろ」3つのこだわりは、
1. 沖合底引き縄漁で漁獲したものだけを使うこと
2. 旬の時期の「のどぐろ」を使用すること
3. 日本海の対馬から山陰沖で漁獲したものだけを使用すること・・・徹底したこだわり!

和田珍味の春のうまいもん焼あなご!


焼あなご3袋セット2.jpg

焼あなご3袋セット1.jpg

春のうまいもん焼あなごは、コチラから

感謝祭特別商品 焼あなご3袋セット

あなごを引き立てる特製のタレに漬け込み焼き上げました。
香ばしい匂いが食欲をそそります。

召し上がり方:
湯煎で温める、または電子レンジで温めるだけの簡単調理です。
そのまま召し上がっていただく他に、
あなごを一口サイズに切ってごはんにのせれば「あなご丼」もできます。


今日も最後までお読みいただき有難うございました^^


石見のうまいもん 和田珍味






トラックバック

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

   
プロフィール

グルメまさ
小学生の頃から何となく料理に目覚め、今では必要に迫られてでもありますが、日々一品を作っています。グルメには目がない方です♪

宮崎の名産をご紹介

宮崎のうまいものを創造する ばあちゃん本舗
リンク集

グルメ(お取り寄せ) ブログランキングへ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事