広告

posted by fanblog

2016年12月03日

誰も語らない最終話 






本日をもって、


「誰も語らない成功法」 を終了することを決意いたしました。










これまで温かく支えてくださったあなたに、心から感謝いたします。



この星で、同じ時代に巡り合ってくださり、本当にありがとうございます。













私の使命は、



あなたを、より高いステージに引き上げることです。













その最善の方法は・・・






あなたがガムシャラに努力することでもなく、


あなたが私を応援することでもなく、


私が、私自身のステージを引き上げていくことです。












成功へ向かって、


どんどん加速していく私を見て・・・・・









その感じ方は、人それぞれでしょう。















私に、追い付きたいと思う人。



私を、追い越したいと思う人。



私と、同じ歩幅で肩を並べて、共に歩んでいきたいと思う人。



私を追いかけることを諦め、どんどん距離が離れてしまう人。



成功という方向を見失い、違う方向へ努力してしまう人。













あなたは一体、どんな人ですか?



人それぞれ、答えがあっていいと思います。











最初から 「真実」 なんて存在していないんですから・・・・











あなたが信じる道が正しかったということを、


あなた自身が証明してみせればいいだけのこと。











しかし私はあなたに・・・・



私と 「共に歩んでいきたい」 と思ってくれる人であってほしいと、願っています。

















これまで様々な成功法を語ってきましたが・・・・








まだ・・・・



私があなたに伝えておきたいことの、1%も伝え切れていません。













残る99%のことを伝え切らなければならない責任がありますが、



「誰も語らない成功法」 は、今日で最後にします。














最後に何を書くべきか逡巡してみると・・・・



なぜか1つのテーマが、すっと浮かび上がってきます。









このテーマは、


私がブログを書き始めた当初から、ずっと書きたいと思いながらも、


ずっと後回しにし続けてきたテーマです。













それを書くべきタイミングが、きっと今なんでしょう。















そのテーマとは、 「あなたの可能性」 です。






















エコノミーの世界ではよく・・・・



「人間の可能性は無限大」 と言って、慰め合っています。














あなたは、どう考えていますか?











人間の可能性は、有限ですか?









それとも・・・   無限ですか?






















成功できるかどうかは・・・・・




「可能性の無限性」 を信じ切れるかどうかです。
















あなたはどこかで、疑っているでしょう?



自分の可能性には、限界があると・・・・・・













人間の可能性は無限大だ!!  なんて言いながら・・・・










あなたの中にいる、本当のあなたは・・・・


既に悟っているんじゃないんですか?












なんだかんだ言って・・・・







自分はこのままラットレースを抜けることなく、


生涯を終えるであろうことを・・・・









それが、本当のあなたの直感でしょう?



















動物の本能とは、おそろしく鋭いものです。

















直感は、間違わないのです。
















あなたが相場が上がると直感したところで・・・・


いざエントリーするという段階にきて、


くだらないテクニカルやファンダメンタルが邪魔をし・・・・













結果的には、



直感とは真逆の方向へエントリーしているでしょう?













やっぱりあの瞬間に感じた直感は正しかった・・・・



という経験を何度も繰り返しているはずです。















あなたの直感に、尋ねてみてください。














20年後のあなたは・・・・



相変わらず、今と同じラットレースを走り続けていますか?








それとも・・・・・


ラットレースを抜け出し、愉しい人生を送っていますか?
















繰り返しになりますが、



あなたのその直感は、間違いません。















なぜならそれが、あなたの潜在意識だからです。

















あなたの思考も行動も、


すべて潜在意識によって支配されています。















あなたの潜在意識が信じ切っている世界が、



現実の世界として、確実にあなたに襲い掛かってくるのです。



















成功している人なんて0.1%もいませんから、




(正確にいえば、成功者は地球上でひとり)









あなたは99.9%の確率で、


エコノミーな家庭に生まれ、周りも同じようにエコノミーで、


エコノミーな社会でエコノミー教育をしっかり学び、


数十年という歳月をかけて、着実、確実に洗脳されてきたはずです。













洗脳されていることに気付けないのが、洗脳です。



あなたの潜在意識はもう・・・・  完全にエコノミー化しているのです。















そのカチコチに凝り固まった価値観は・・・・



揉み解して解決できるような深刻さではありません。















金槌でガツンと殴られないと、気付けないのです。













本当のあなたが、



「人間の可能性は無限大」 という言葉を信じ切れないのなら、



可能性の限られたエコノミーな世界で生きてください。















あなたはきっと・・・・



潜在意識は変えられないと思っているでしょう?














それが、潜在意識という意味です。






















あなたの潜在意識が、


潜在意識は変えられないと思っているんですから・・・・
















変えられないに決まってるじゃないですか。























ただ・・・・・




潜在意識なんて、一瞬で変えられるんですよ。















おそろしいほど、簡単に。






















潜在意識というのは・・・・






あなたが事あるごとに感じる直感です。








思考するとき、行動するとき、


まっさきにピンとくる無意識下の、意識です。
















あなたが普段、




無意識に、何を意識しているかです。














あなたが普段から、




「自分はエコノミーだなぁ・・・」 と意識しているのなら、



それは無意識として、潜在意識に根を張ります。












あなたがあなたを、洗脳しているのです。




「お前は、エコノミーだ」 と・・・・・















あなたは、



あなた自身に、可能性を殺されているのです。















もう、答えは言うまでもないでしょう。
























無意識に、



成功したあなたの姿を想像し続ければいいだけのこと。













それができたなら、



思考も行動も、遣う言葉も変わってくるでしょう。













あなたの口癖が変わってきたなら、



潜在意識の洗脳が塗り替えられている兆候です。


















いま現在、



この物質世界に存在している全ての事象は、


過去の誰かが想像したことです。














逆にいえば・・・・・



今この瞬間、誰かが想像している何かは、確実に現実化するということです。













たとえそれが、



どう考えても実現不可能としか思えないようなことであったとしても・・・













エコノミーの世界では、


アポロの月面着陸は嘘だとか何とか言っていますが・・・・










普通に月面着陸してますからね。


エコノミーは下流ですから、上流から流れ落ちてきた搾りカスの情報に踊らされているのです。








ところで・・・・


ライト兄弟が飛行機の実験に失敗し続けていた頃、



いったい誰が、月面着陸なんて想像できたでしょうか。













想像できないことさえも、創造できてしまう。


それが人間の進化であり、人間の可能性です。















要するに、


今の私達がどう考えても想像できないようなことさえも、


「当たり前」 と呼べる日が訪れるのです。











いま現在の人類が想像していることなど、


あまりにも簡単に創造されるということです。











いま現在の人類が想像できないようなことさえも、


創造されるんですから。
















あなたの中には今、




「流石にこれは、ぜったい無理」 という発想があるでしょう。










あなたが想像できる程度のことですから、


既に、あなた以上に真剣にそのことを想像している人間が存在しています。











アインシュタインは、



この宇宙で最大の力は 「複利」 だと言っていましたが・・・・









この宇宙で最大の力は、「想像力」 です。

















あなたが自分の潜在意識を変えていく鍵は、想像力です。




























あなたが今、何を想像しているかです。















しっかりと、成功した自分を想像できているのなら・・・・・









いらないモノを簡単に捨てられるでしょう?



行動する瞬間に、ピンとくる直感が違ってくるはずです。









5年後、10年後、20年後・・・・


成功したあなたの部屋にないものは、今のあなたの部屋にも不要なんですから。











相変わらずエコノミーに洗脳され続けているのなら、



くだらないガラクタも大切で大切で、捨てられないでしょう。











あなたの直感が、これは大切だと訴えかけてくるからです。





















潜在意識は、変えることができる。




















まずはこのことを、信じ切ってみてください。






















成功する覚悟を決めるというのは、そういうことでしょう?












































だいぶ話が逸れますが・・・・・


















幼い頃からずっと不思議に感じていたことがありました。











虫たちが、


高いところから落ちても平然としている事実です。












例えば・・・


体長2ミリの蟻が、高さ2mの木枝から落ちたとします。









落下地点がアスファルトであったとしても、


その蟻は平然と、何事もなかったかのように、また歩きだすのです。








その現象が不思議でたまりませんでした。



人間が身長の1000倍の高さからアスファルトに叩きつけられれば、







即死します。












しかしある日、水の中で固まっている蟻を見てピンときました。













液体の 「粘性」 と表現するのでしょうか。


人間にとって、水は粘性ゼロに等しく、サラサラです。









しかし蟻にとって、


水の粘性はゼロではないのです。










動きたくても動けないほど、


「水」 というネバネバな液体に拘束されるのです。









その粘性はおそらく蟻にとって、


人間が体感しているそれの数百倍から数千倍の抵抗力を持っているのでしょう。











たかが水に、ガチガチに固められているのです。












その様子を見て、


蟻の筋力以上に、蟻の質量に着目するようになりました。












高所から落下しても負傷しない蟻は・・・・







外皮の硬さで身体を護っていたのではなく、


体重の軽さによって、入力ダメージを予め最小化していたのです。












中学で数学を学び、高校で物理を学ぶと、


全ての問題が方程式で解けてしまい、


幼い頃に感じていた疑問が全て消え去りました。












蟻の自重が0.005gに対して、人間の体重を50kgとすると、


重量比で1000万倍。









そう考えると、


高さ2mから落下する体長2mmの蟻は、大した衝撃を受けていないのです。
























ところでノミは、



自分の身長の100倍程度の高さまでジャンプすることができます。










人間が身長の100倍ジャンプすることは不可能でしょう。













これは筋力の断面積や体重が関係してきますが、



これもやはり数学的に解けてしまうのです。













跳躍力は、




筋肉の断面積の2乗に比例する一方で、


体重の3乗に比例します。











これらを計算してみると、


ノミも人間も、相対的な消費エネルギーは大して変わらないのです。













ノミのジャンプ力が優れているように見えますが・・・・・


いたって普通です。












ノミも、バッタも、カエルも、人間も・・・・・



いかなる動物も、みな同じジャンプ力という結果に落ち着くのです。












その中で唯一、


他の生き物より優れた跳躍力を秘めている生き物が、ネコ科です。
















数式を逸脱する生命が存在するということもまた、魅力です。





















こんな2つの実験があります。
















1つ目の実験は、


複数のノミを瓶に入れて、ガラス板で蓋をします。







2つ目の実験は、


水槽の真ん中をガラス板で仕切り、片方だけに複数のカマスを入れます。


そしてもう一方に、複数の小魚を入れます。















この2つの実験は、同じ本質を私達に示しています。









この状態で数日間放置するとどうなるか・・・・


想像できますか?

















そのジャンプ力を活かして、



蓋さえ無ければ瓶から逃げ出せるはずのノミたちは・・・・・









目に見えない透明のガラス板に何度も阻まれ、



ついに、その跳躍力を失います。



































この瓶からは、抜け出せない。






















そうやって自分で自分を洗脳し、



飛ぶことを諦め、蓋にぶつかることから逃げ・・・・










瓶と同じ高さでしか飛べないノミと化してしまうのです。















ガラス板の蓋を取り外しても、


彼らは永遠に、瓶から抜け出そうとせず、瓶の中で死に絶えます。













目に見えない壁なんて、存在していないというのに・・・・











自分の潜在意識で、強固な壁を作り上げているのです。



1.jpg

















そして、2つ目の実験。








威勢のいいカマスたちは、小魚を見つけた瞬間に襲い掛かり、捕食しようとします。


しかし、目に見えないガラス板が邪魔をします。









カマスはついに、小魚に対して無反応になるのです。












しかし恐ろしいのは、ここからです。










ガラス板を取り除いても小魚に反応しないどころか・・・・


小魚が目と鼻の先に迫っても襲い掛かろうとせず、


本能である食欲さえも喪失し、そのまま餓死してしまうのです。












生命としての気力を失い、無気力な肉体と化してしまったノミとカマス・・・・


自分で自分を洗脳し、可能性を諦め、生きることを放棄した命。












それはそのまま、エコノミーを見ているようです。












ここに映し出される最大の恐怖は、


自分で自分を洗脳しているということではありません。











集団的に、洗脳されてしまっているという事実です。












ノミたちは集団的に、ジャンプ力を失い・・・・



カマスたちは集団的に、食欲を喪失してしまったのです。













集団的に洗脳し合うというのはまさに、



群れることを好むエコノミーの習性です。














ノミに再びジャンプ力を与え、


カマスに再び食欲を与える最善策は何でしょうか・・・・・?










その方法はいくつもあります。


しかし、最も簡単で最も効果的な方法は・・・・・・









その瓶に新たなノミを加え、その水槽に新たなカマスを加えることです。












なんの躊躇もなく瓶から抜け出してしまうノミたち。



なんの躊躇もなく小魚に襲い掛かるカマスたち。












その姿を見て、



本来の自分を取り戻し、一瞬にして潜在意識を塗り替えられるのです。












しかし、



ここで困った現象が起こります。















ジャンプ力を失った全てのノミたちが、



本来の自分を取り戻せるとは限らないのです。












次々と瓶から抜け出していくノミたちを見て、



相変わらず瓶の底でジッとしているノミがいるのです。

















要するに、行動できないエコノミーのことです。















どうせ自分には、無理。



みんなやらないから、自分もやらない。



あいつはもともと運動神経がよくて、ジャンプ力があるから。



あいつは、運がいいから。



自分と違って、あいつの家庭は裕福だから。



あいつは瓶の外が好きかもしれないけれど、自分は瓶の中のほうが好きだから。



出る杭は打たれるから・・・・











あなたは数十年という歳月をかけてエコノミー社会に揉まれ、




洗脳され・・・・・









いつの間にか、






行動する理由よりも先に、


行動しない言い訳を考える人間になってしまっているのです。










出る杭になって打たれたくないのなら・・・・・


出過ぎる杭になればいいだけのこと。














中途半端に出ているから、打たれるのです。



打たれたくないのなら、出ないのではなく、出過ぎてください。













エコノミーは妬みや憎しみの塊なので、



成功者に対していつも喧嘩腰です。











ケンカはいつも、下から上に向かって売られます。



下の世界から石ころが飛んでくるのです。









上から下にはケンカを売りません。



下は眼中にないからです。










あなたがいちばんケンカを売られるのは、


中途半端に杭が出ているときです。












下のステージから、上のステージへ上がろうとするとき。





中間のステージにいると、


距離が近いのでどんどん石を投げつけられるのです。












石が飛んできたと思った瞬間が、あなたの分かれ道です。










ケンカを買って、下の世界へ引き戻されてしまうのか、


石が届かないほど上の世界へ登っていくのか。













そのどちらかです。















石が届かないほどステージを上げれば、


石を投げる人間も諦めるのです。











あなたがケンカを買うから、ケンカを売ってくるのです。



エコノミーにはそれしか楽しみがないんですから。




















上の世界に挑戦することを諦め、




成長することを放棄し、今の世界に甘んじているあなたは・・・・・・


















瓶の中のほうが居心地がいいと言い訳したいのかもしれませんが・・・・・
















本当のあなたは、渇望しているんでしょう?






















































瓶の外に広がっている世界を。

































自分の可能性を放棄し、



行動する気力を失ったノミやカマスにならないでください。

















その目にみえない壁は・・・・・
















100回挑んでダメでも、101回目で破れるかもしれないのです。



2.jpg














壁を突破できないまま、途中で力尽きてもダサくありません。














見えない壁にぶつかっていこうとしないのが、いちばんダサいのです。






















必死に挑んでみて、それでもダメだったなら、それはカッコイイんですよ。




自分の限界に挑み続けて死ぬとういことですから。
















自分を貫いたという姿勢が、イケてるじゃないですか。




















あなたは一体いつまで・・・・






















そのラットレースに甘んじているつもりですか?





























あなたは、一度しかこの地球に生きられないんですよ。












































もっと、大切にしてあげてください。




























































この星に命をいただいた奇跡を。


























あなたが最も簡単に潜在意識を塗り替える方法は・・・・・











可能性を信じ切って挑戦し続けている人の輪の中に、飛び込むことです。
















挑戦するのが、当たり前。



毎日が、昨日の自分と違っていて当たり前。



完璧で、当たり前。



















そういう世界に、思い切って飛び込んでみてください。



勇気は必要ありません。

























愉しむ覚悟です。































私もこれから、



自分の道を信じ切って突き進んでいきます。


























どの登山口から挑もうと、頂上はひとつですから。
























あなたも私も真剣なら・・・・・













私たちはまた何処かで、巡り合う日がくるでしょう。




























その日が訪れることを心待ちにしながら・・・・






















トレードを通じて 「あなた」 が成功することを、いつまでも応援しています。



















あなたの可能性は・・・・・・














































無限に広がっています。



























































心から感謝を込めて          歩









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5679243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
真実




癌は、見える



いま沁みる音楽


Charlie Puth - Up All Night


Ideas worth spreading



癌へのアプローチ


私のお気に入り


美オーラ

Technology Entertainment Design

HOP Works Collection

THE RAKE What's new?

Ecole de Protocole Monaco

EXPLORES CLUB


ブログランキング

にほんブログ村 投資ブログへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


最新記事
検索
メッセージを送る  ◆→@


  trade225.in.the.zone◆gmail.com


過去記事

誰でも超簡単に莫大な富を得る方法.jpg
誰でも超簡単に莫大な富を得る方法


全て、どうでもいい.jpg
全て、どうでもいい


生きていく価値 Justin Bieber - Life Is Worth Livig.jpg
生きていく価値 Justin Bieber - Life Is Worth Livig


年収を2倍にする方法と、20倍にする方法.jpg
年収を2倍にする方法と、20倍にする方法


あなたの未来は、あなたのファッションが決めている.jpg
あなたの未来は、あなたのファッションが決めている



「最高の1日」が「過去」に埋もれてしまっているエコノミーたち.jpg
「最高の1日」が「過去」に埋もれてしまっているエコノミーたち


2人の天才 『ジャン=クロード・エレナ』と『フランシス・クルジャン』.jpg
2人の天才 『ジャン=クロード・エレナ』と『フランシス・クルジャン』


99.9%のトレーダーが勝てない、本当の理由.jpg
99.9%のトレーダーが勝てない、本当の理由


99.9%のトレーダーは、お金の奴隷と化している.jpg
99.9%のトレーダーは、お金の奴隷と化している


woman in the dunes.jpg
woman in the dunes


あなたの収入は、あなたの爪が決めている.jpg
あなたの収入は、あなたの爪が決めている


あなたの未来は、あなたの悩みが決めている.jpg
あなたの未来は、あなたの悩みが決めている


あなたを成功させるヒト・モノ・コト.jpg
あなたを成功させるヒト・モノ・コト


あんなのはただのエジソンのできそこない.jpg
あんなのはただのエジソンのできそこない


いま、死んでもいい.jpg
いま、死んでもいい


エコノミーには届かない、SiaのChandelier.jpg
エコノミーには届かない、SiaのChandelier


エコノミーのドン底人生も、捨てたもんじゃない.jpg
エコノミーのドン底人生も、捨てたもんじゃない


クールビズと負組トレーダーの相関係数.jpg
クールビズと負組トレーダーの相関係数


しょーもないプライドに邪魔されて自己否定できないエコノミー.jpg
しょーもないプライドに邪魔されて自己否定できないエコノミー


ひとつの「点」に集う、超一流の成功者たち.jpg
ひとつの「点」に集う、超一流の成功者たち


フラワーアレンジメントの天才。 ニコライ・バーグマンの魔力.jpg
フラワーアレンジメントの天才。 ニコライ・バーグマンの魔力


もう、自分が終わった.jpg
もう、自分が終わった


ルブタンのハイヒールには、無駄な線が存在しない.jpg
ルブタンのハイヒールには、無駄な線が存在しない


レオナルド・ダ・ヴィンチは勝組トレーダー!?.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチは勝組トレーダー!?


愛か、お金か.jpg
愛か、お金か


引き返すなら、今.jpg
引き返すなら、今


我を忘れられないエコノミーたち.jpg
我を忘れられないエコノミーたち


叶うかどうかは、本気かどうか.jpg
叶うかどうかは、本気かどうか


環境を整えたくて、たまらない・・・.jpg
環境を整えたくて、たまらない・・・


極限の集中状態が、人を無心にする.jpg
極限の集中状態が、人を無心にする


死ぬほど好きか、死ぬほど嫌いか.jpg
死ぬほど好きか、死ぬほど嫌いか


私達が成長してから・・・・ だから数年後かな?.jpg
私達が成長してから・・・・ だから数年後かな?


時間のないエコノミーは、お金を失くし、心も亡くす.jpg
時間のないエコノミーは、お金を失くし、心も亡くす


時給が気になって仕方がないエコノミーたち.jpg
時給が気になって仕方がないエコノミーたち


自分は違うと思っていました.jpg
自分は違うと思っていました


勝組の財布、負組の財布.jpg
勝組の財布、負組の財布


上の世界の住人は、みんな胡散臭い・・・.jpg
上の世界の住人は、みんな胡散臭い・・・


人のためが、自分のため.jpg
人のためが、自分のため


成功するための、無駄遣い.jpg
成功するための、無駄遣い


節約すれば節約するほど、損をする.jpg
節約すれば節約するほど、損をする


素敵・・・.jpg
素敵・・・


相場のランダムウォークは、負組トレーダーの勘違い.jpg
相場のランダムウォークは、負組トレーダーの勘違い


損失が授業料になっていない負組トレーダーたち.jpg
損失が授業料になっていない負組トレーダーたち


損切2%ルールを徹底しても資金が減り続ける理由.jpg
損切2%ルールを徹底しても資金が減り続ける理由


大切なものは、目に見えない.jpg
大切なものは、目に見えない


中立に踊らされる負組トレーダーたち.jpg
中立に踊らされる負組トレーダーたち


超一流の料理を、最高に美味しく味わう方法.jpg
超一流の料理を、最高に美味しく味わう方法


超一流は、超変人.jpg
超一流は、超変人


超富裕層の財布の中身は、留まることを知らない.jpg
超富裕層の財布の中身は、留まることを知らない


天才が教えてくれた、砂の世界.jpg
天才が教えてくれた、砂の世界


当たり前を生きるエコノミーと、奇跡を生きる成功者.jpg
当たり前を生きるエコノミーと、奇跡を生きる成功者


宝クジで夢を買おうとした高額当選者たち.jpg
宝クジで夢を買おうとした高額当選者たち


本物を嗅ぎ分ける嗅覚.jpg
本物を嗅ぎ分ける嗅覚


夢と、夢.jpg
夢と、夢


揺るがない真実.jpg
揺るがない真実