広告

posted by fanblog

2016年12月01日

負組トレーダーには伝わらない、イデミスギノの優しさ






私は甘いものが大好きで・・・・



幼い頃から毎日のようにチョコレート菓子を食べていました。








そんな私を見かねた兄は、すっかり呆れた表情で・・・・



私に向かってこう呟いたのを今でも鮮明に覚えています。









「お前はいつも思考ばかりしているから、脳が糖分を求めてるんだろうね」 と。



完全にバカにされていた訳ですが、脳の食事という点で妙に納得した記憶があります。










そんな私も気が付けば、いつしか大人になり・・・・



お菓子を上品に美味しく味わえるようになりました。









スイーツを食べない日がありません。



甘いものが大好きな習慣は、未だにあの時のままなのです。










つい昨日、


紅茶のお供として使用するデザートプレートを新調しました。



9.jpg





木炭、鉛筆、炭を用いた下絵。


グアッシュによる採色、油彩によるハイパーリアリズム・・・





これは 『赤道直下のスケッチ』 といわれるシリーズで、


博物学者であるロベール・ダレが描き上げた動物たちがテーブル上で躍動するコレクションです。






ライオン、ジャガー、ヒョウ、インコ、インパラなどなど・・・


赤道直下に生息する動物たちを、見事な観察力で描写しています。







彼は既に10年前に他界していますが、


特にネコ科の動物を表現する描写力は、世界でも右に並ぶ者はいないでしょう。



10.jpg


11.jpg





今にもプレートから飛び出してきそうな生命力。


一つ一つの筋肉に血が流れている躍動感。



12.jpg



その眼光が鋭くも優しいのは・・・・


それを描いたロベール・ダレの優しさでしょう。






動物スケッチの中に、彼という人間が浮き出ているのです。









ネコ科の肉体は、恐ろしくしなやかです。


無駄のない流麗な肉体に、心を奪われてしまいます・・・・






獲物を追いかけるための圧倒的な瞬発力に求められる筋力。


気配と殺気を消し、獲物に忍び足で近寄る繊細な動作。


その相反する矛盾を同時に解決したとき、ネコ科のような肉体になるのでしょう。



16.jpg


15.jpg




その背景に見えるのは、


文字通りに 「命」 をかけた真剣勝負。






これ以上に美しいものを、私は知りません。


17.jpg












プレートに合わせて、デザートフォークも新調しました。



13.jpg








ジョエルロブションが 『enn』 と共同制作して誕生したカトラリーです。



3.jpg




フォルム、重さ、使いやすさ・・・・


それら全てに彼の拘りが反映され、


ロブション店はもちろんのこと、世界中のレストランで採用されています。







『enn』 は、新潟県燕市の金属加工業が集合体となって誕生したキッチン&ダイニングウェアブランドです。


世界中のあらゆる食文化、素材、技術を融合し、


時代に即した刷新を図り、 「新しい和」 を提唱しています。







日本人の魂を込めたカトラリーが、世界中のレストランで笑顔を支えているのです。



4.jpg







特に、


金属に漆塗りを融合させた新しさには目を見張ります。



2.jpg


1.jpg








ロゴをよく見てみると、 『燕』 の文字が円になっています。



14.jpg






フォルムの美しさは当然ですが・・・・


何より驚かされるのは、その重量バランスです。







バランスがいいという意味ではありません。


あえてバランスを偏らせることで、その使いやすさを追求しているのです。








プレートから口元に運ぶまで、


その一連の動作の中で、全く無駄なく重心移動が果たされます。










フォークひとつで、人生は変わります。











日常的に超一流のセンスに触れることで、


否応なしに五感が研ぎ澄まされていくのです。









フォークひとつとってみても、それは投資です。


投資家にとって、生活のすべてが投資なのです。









ちなみに、


デザートプレートの価格は1枚16,000円、カトラリーは単体で2,000円前後です。





どう考えても利益を度外視した破格設定です。







安物を買えば確実に損する訳ですが・・・


極めて稀に、安い本物も存在するのです。









あなたが本物と思えるのなら、それは本物でしょう?


あなたの五感が、どう感じるかです。









エコノミーには自分という 「モノサシ」 がないので、


全てを値段で判断することしかできないのです。









彼らにとって、高ければいい。  それが全てです。






ブランドの意味を勘違いし、


超一流ブランドを買い漁りに来ている成金の買物風景を見ていれば、


それは一目瞭然です。









魂が宿されたフォーク1本。


わずか数千円で始められる投資なんですから・・・・・


あなたも超一流のカトラリーを揃えてみてはどうでしょうか?















ケーキといえば、


クリスマスケーキの季節がやってきましたね。











毎週のように通い詰めているお店があります。








京橋の路地裏にひっそりと佇む小さなお店、 『イデミ・スギノ』 です。


日本人パティシエ、杉野英実さんの作品を味わえる、唯一のお店です。



7.jpg



左側が、白ワインのムースにオレンジのムースとジュレを忍ばせた 『ミステリユ』 。


右側は、野イチゴとピスタチオのムース、 『マリエ』 。


森のイチゴと呼ばれるフレーズ・デ・ボワの酸味の後に訪れる洗練された香り。


その余韻に浸る間もなく交わってくるピスタチオのふくよかな味わい。






このマリエは、彼自身が最も気に入っている作品です。









いわゆる 「有名な」 日本人パティシエは数多くいますが・・・・


杉野英実さんの名を知っている人は少ないでしょう。









なぜなら彼は、全ての地位・名声を捨て去り、


店舗拡大することもなく、デパートへの出品オファーも全て断り、


京橋に構えた小さなお店だけに命を注いでいるからです。









1991年。


彼は日本人パティシエとして初めて、


本場パリに認められ、世界の頂点に立ちました。







世界中の超一流が凌ぎを削るコンテストですから・・・・


それが 「超」 美味しいのは、当たり前。






超美味しいその先に、別の何かを表現しなければ、


決して頂上を極めることはできないのです。





世界最高のコンクールで最高と認められれば、


パティシエ界のあらゆる地位・名声を欲しいがままにできます。







しかし彼は、


人間としての欲望を捨て去り、栄光に背を向けて・・・・・・


自分が自分であり続けることを大切にしてくださったのです。








どれだけ正確にレシピ化し、それを完璧にマニュアル化しようが・・・・


店舗拡大によって彼の目が行き届かなくなった瞬間、それは彼の作品ではなくなるからです。








レクサスの歴史はせいぜい25年程度の赤ん坊です。


100年を超える歴史を有する欧州車にはあらゆる点で追い付けていません。


追い付こうとしている限り、追い越せないのです。







しかしその一方で、


レクサス車の製作過程を100%マニュアル化し、メルセデスに提供したところで、


レクサスの品質は再現できません。







たとえば、 『縞杢』 と呼ばれる伝統工芸をあしらったステアリング。


5.jpg









原木がハンドルになるまで、実に38日間67工程のプロセスを踏んでいます。


それを握らずとも、見ているだけで溜息がこぼれてしまうのです。


6.jpg







超一流の次元は、


マニュアル通りに真似ても、とうてい真似できません。










真似できないからこそ、超一流なのです。









マニュアル化して真似できる程度のプロダクトであれば、


それは一流以下のくだらないモノということです。









当然、


逆にレクサスブランドがメルセデス車を作ることもできない訳です。









目に見えない世界で、魂の息吹を蓄積しているのです。



それが歴史というものです。













トレードも同じことでしょう?


いつまで経っても勝てないあなたは、


必勝法さえ手に入れれば勝組になれるものと勘違いしているかもしれませんが・・・・








たとえば私の必勝法をあなたに提供したところで、


あなたは依然として負組トレーダーのままですよ。






そのロジックを演奏するのは、あなたなんですから。






巷に溢れている 「誰でも勝てる再現性100%ロジック!!」 なんていうのは、


確実に再現性ゼロ%ですからね。









その一方で私は、トレードに関して超一流なので、


再現性100%で誰でも勝組トレーダーにできる自信があります。







過信ではなく、自信です。


巷に溢れている詐欺商材も、私の思考も、どちらも再現性100%。


四流と超一流はいつも同じことをやっているのです。








どちらも、超うさんくさいでしょう?






全てあなたの嗅覚で選んでいるんですから、


何が起ころうと120%あなたの責任というだけのことです。











私は定期的にオーケストラを聴いていますが、


同じ楽譜であっても、それらは全く別物になります。








演奏者が違い、指揮者が違うからです。


音楽を聴いているのではありません。


そこに映し出されている 『人』 を聴くから、おもしろいのです。










一流のモノはしばしば、ジャンルを問わず 「芸術品」 と賞されます。



「これは料理ではなく、もはや芸術だ。」 なんて言うわけです。











イデミスギノが創造するお菓子は、芸術品でも何でもありません。


そんな次元は、とっくに超えてしまっているのです。









彼の作品は、彼そのものです。


その味わいの中に、杉野英実という男が表現されています。












イデミスギノのお菓子ではなく・・・・・



お菓子が、イデミスギノなのです。












そこに感じるのは・・・・


彼の繊細さ、厳しさ、妥協を許さない完璧さ。







そして何より秀でて表現されているのが・・・





彼の 「優しさ」 です。













イデミスギノのケーキは、イデミスギノの優しさなのです。












その優しさは・・・・



誰かを幸せにしたいという彼の想いであり、彼の愛です。













彼のケーキを口に運んだ瞬間に、


彼の愛情が全身へ染み渡るのです。











彼の作品は、


味わう間もなく・・・・


口に含んだ瞬間に消えて無くなります。










イデミスギノという男の優しさだけが、口の中に広がっていくのです。










たとえば 『エベレスト』 は、寒く厳しくも温かく優しい雪山・・・・


まるで粉雪のように、ふわっと消え去っていくでしょう。












美味しいのは、当たり前。


その先に、何を表現できるかです。







彼は世界の誰よりもお菓子に愛を注ぎ、


その愛がそのまま優しさとして表現されただけのことです。









人を幸せにしたいという情熱が、彼を世界一にしたのです。















いいえ・・・・



人を幸せにしたいという情熱が、世界一だったのです。












トレードで勝ち続けるなんて簡単すぎることですから・・・・


トレードも勝って当たり前。








その先に、あなたが何を見据えて行動しているかです。






あなたが稼ごうとしている理由は何ですか?


誰かを幸せにしたいという想いが、そこにありますか?










自分のことしか考えられていないのなら、


どちらにしろ大したトレーダーにはなれませんから、成功は諦めてください。









相場で勝ち続けるなんていうのは、


当たり前のことであって、最低中の最低条件です。









負組トレーダーは罪人だという意識をもって、真剣に臨んでください。













イデミスギノのお菓子を、世界はこう呼びます。



『ほかの、どこにもないお菓子』  








彼の作品は、イデミスギノという人間そのものですから・・・・





イデミスギノという男が、


世界中を見渡してみても他のどこにもいない男だということです。









クリスマスケーキの季節です。


あなたも是非、足を運んでみてはいかがでしょうか^^









超一流のお菓子を体感することもまた、


あなたを成長させるための投資です。








ケーキを食べて、あぁ美味しいと感動するのではありません。


ケーキを通じて、イデミスギノの魂と対話するのです。










彼の優しさに、包み込まれてください。












10年ほど前に 「プロフェッショナル仕事の流儀」 でも紹介されていたようです。


https://www.youtube.com/watch?v=gbq7fpF39mA





彼にとっては、


お菓子の生地も、チョコレートも、果物も、全てが生き物。









相場も生き物なので、言っている意味が痛いほどによく解ります。








世界の頂点をおさめたのは、 『アンブロワジー』 です。


「神々が食すもの」 という語源からきています。







エベレスト、エモーション、エキゾチック、タヒチ、マリエ・・・・


彼の作品は全て名前から惹き付けられてしまいます。








アンブロワジーをコーティングするチョコレートの色艶。


それはまるで、漆塗りの美意識を思わせます。







『enn』 のプロダクトにも感じたその感性は、


日本人としての繊細な心からくる美意識でしょう。







チョコレートをかけるタイミングを一瞬でも見逃せば、そこで終わり。








あなたの人生も、同じでしょう?


一瞬だけ訪れるチャンスを見逃せば、そこで終わりです。


2度も訪れるチャンスなんていうのは、偽物ですから。








そのチャンスを掴みとり、


行動する覚悟と、飛び乗る準備ができているかどうかです。










多くのエコノミーは、


そもそもチャンスに気付くことすらできませんが・・・・・


チャンスが来たところで、チャンスに飛び乗れないのです。









イデミスギノがやっているのは、一瞬のタイミングを見逃さない綱渡りです。


命綱なしでやっているから、真剣勝負ができるのです。








間違えれば、そこで終わりですから。


極限まで五感を研ぎ澄まし、 「無心」 という次元まで集中力を高めなければならないのです。







生クリームを絞るときに氷水で体温を下げる手間暇は、目に見えません。


目に見えないところで手を抜かないのが、超一流です。










一流のホテルにホコリは積もっていませんが・・・・


目につかない場所にホコリが積もっているのです。







目に見えない場所に気配りできるのが、超一流です。











彼は時折、


一階まで降りてきて素敵な笑顔を見せてくれます。








厨房が二階にあるのです。


彼の怒鳴り声を、客席に届けないための配慮です。










彼の怒鳴り声は、怒っているのではありません。


叱っているのです。








エコノミーは 「怒り」 と 「叱り」 を踏み違えています。


感情任せに怒り狂い、部下に対して怒鳴りつけているのです。








怒りからは、何も生まれません。


ただの自己満足です。







ストレスを解消するために怒りを解放し、相手にぶつけているのです。


そういう愛のない人間は、この世に存在しないほうがいいのです。










叱るのは、優しさです。



彼が怒鳴っているのは、愛なのです。








結果として、


怒鳴り声に溢れる厨房から生み出される作品は・・・・・








優しさに包み込まれているのです。












失敗した作品はどんどん捨てられていきます。


普通のお菓子の2倍も3倍もコストがかかっているのです。







普通のケーキに比べれば少し高いかもしれませんが・・・・


どう考えても安すぎます。







エコノミーは、目に見えないコストに気付けません。


目に見えるものだけを見て判断するから、高いと感じるのです。










ショウガの厚さが1ミリ違って、弟子を叱るシーンがあります。






1ミリの違いは・・・・・


分からない人には分かりませんが、分かる人には分かります。









彼のお店は、


いわゆる普通のお菓子屋さんと客層が違います。








プロのパティシエが、その行列に並んでいたりするのです。


一般客も、舌が肥えています。


僅かな妥協は、一瞬で見抜かれてしまうのです。












ちなみにあなたは・・・・




自分のファッションに1ミリ単位で拘れていますか?










1ミリ単位で拘れていないのなら、成功は諦めてください。


S、M、Lで服を選んでいる限り、あなたは永遠に成功しません。


約束します。











彼の口癖は、 「あたり前が、いちばん難しい」 です。


人間は、楽(ラク)したい誘惑に負けやすい生き物なのです。


その誘惑に溺れっぱなしの生き物が、エコノミーです。









あなたは今日も、


当たり前に部屋を整え、当たり前にシューズを磨けていますか?











そんな当たり前のことさえ出来ていないのなら・・・・


死ぬまで楽しい世界(ラクな世界)で生きてください。








彼の母は、食べ物にお金を惜しまなかったそうです。


エコノミーが食費をケチるのは、食事が食事だと思っているからです。





食事が投資という感覚がないのです。








食事を食事と思わないことです。


食事も投資という感覚で、あなたの魂を磨いてください。










彼はこう語っていました。



「満足した時点で、進歩はない」 と・・・・・







今のステージに甘え続け、


成長することを放棄しているのが、エコノミーです。











「成功」 という言葉は、存在できません。











あなたがどれだけ成功しようと・・・・


あなた以上に成功している人間が常に、あなたの上で生きているのです。









あなたより上の世界で生きている人間は・・・・



あなたのことなんて眼中にないのです。













あなたの存在は、空気以下・・・・・



悔しくないですか?












悔しいのなら・・・・



いい加減スイッチをいれて、今日から行動してください。















今この瞬間。


成功した未来のあなたに向けて、今から行動できることはいくらでもあるでしょう?












何をすればいいか分からないのなら・・・・


成功した自分の姿をイメージできていないということですから、


成功は諦めてください。  話になりません。








この番組が収録されたのが、2005年のクリスマスのようです。




このとき既に52歳。


それから11年・・・・・   すでに63歳を迎えています。










肉体の衰えは、容赦なく訪れます。


彼がいつまでお菓子を作り続けてくださるか、それは誰にも分かりません。









あなたは奇跡的に・・・・・



彼と同じ時代に、同じ星に生まれ合えたんです。














イデミスギノの肉体に限界が訪れる前に・・・・



イデミスギノの魂に触れてください。












最高に美味しい状態で食すため、



繊細なお菓子はイートイン限定のものもあります。










食べるという感覚ではなく、彼と対話するという感覚なので、


いくつでも食べられます。









私はいつも、3つか4つほどケーキをいただいています。


3つ以上のケーキをひとつの皿でいただくのはタブーです。






それぞれのケーキに、ベストな瞬間があるからです。


場合によっては、1つのケーキを1つずつ1皿にのせて何度も提供してくださいます。









その手間暇が、彼の拘りです。


スタッフに余計な手間をとらせてしまうとか・・・・


そういうエコノミーな思考は捨てることです。










全て最高の状態で味わうことが、彼に対する礼儀なのです。


皿を出す順番も尋ねられますから、順番もよく吟味しながら選びましょう。







さわやかなものと、濃厚なものをバランスよく選び、


食感の違いも考慮するといいでしょう。








ケーキに合わせるのは、紅茶の 『ロータス』 がおすすめです。


これは、彼のオリジナルブレンド。









彼のケーキに、最高に合います。















彼はきっと今ごろ・・・・


今年のクリスマスケーキで悩み抜き、苦しみ闘ってくださっています。














あなたのクリスマスを、



超一流のケーキと共に過ごしてみてはいかがでしょうか^^

















きっとそこには、



あなたと、あなたの大切な人がいて・・・・・









部屋いっぱいに最高の笑顔が溢れるはずです。




















誰かの、幸せ。















それが、



イデミスギノのお菓子に込められた、彼の愛です。









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5675688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
真実




癌は、見える



いま沁みる音楽


Charlie Puth - Up All Night


Ideas worth spreading



癌へのアプローチ


私のお気に入り


美オーラ

Technology Entertainment Design

HOP Works Collection

THE RAKE What's new?

Ecole de Protocole Monaco

EXPLORES CLUB


ブログランキング

にほんブログ村 投資ブログへ

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


最新記事
検索
メッセージを送る  ◆→@


  trade225.in.the.zone◆gmail.com


過去記事

誰でも超簡単に莫大な富を得る方法.jpg
誰でも超簡単に莫大な富を得る方法


全て、どうでもいい.jpg
全て、どうでもいい


生きていく価値 Justin Bieber - Life Is Worth Livig.jpg
生きていく価値 Justin Bieber - Life Is Worth Livig


年収を2倍にする方法と、20倍にする方法.jpg
年収を2倍にする方法と、20倍にする方法


あなたの未来は、あなたのファッションが決めている.jpg
あなたの未来は、あなたのファッションが決めている



「最高の1日」が「過去」に埋もれてしまっているエコノミーたち.jpg
「最高の1日」が「過去」に埋もれてしまっているエコノミーたち


2人の天才 『ジャン=クロード・エレナ』と『フランシス・クルジャン』.jpg
2人の天才 『ジャン=クロード・エレナ』と『フランシス・クルジャン』


99.9%のトレーダーが勝てない、本当の理由.jpg
99.9%のトレーダーが勝てない、本当の理由


99.9%のトレーダーは、お金の奴隷と化している.jpg
99.9%のトレーダーは、お金の奴隷と化している


woman in the dunes.jpg
woman in the dunes


あなたの収入は、あなたの爪が決めている.jpg
あなたの収入は、あなたの爪が決めている


あなたの未来は、あなたの悩みが決めている.jpg
あなたの未来は、あなたの悩みが決めている


あなたを成功させるヒト・モノ・コト.jpg
あなたを成功させるヒト・モノ・コト


あんなのはただのエジソンのできそこない.jpg
あんなのはただのエジソンのできそこない


いま、死んでもいい.jpg
いま、死んでもいい


エコノミーには届かない、SiaのChandelier.jpg
エコノミーには届かない、SiaのChandelier


エコノミーのドン底人生も、捨てたもんじゃない.jpg
エコノミーのドン底人生も、捨てたもんじゃない


クールビズと負組トレーダーの相関係数.jpg
クールビズと負組トレーダーの相関係数


しょーもないプライドに邪魔されて自己否定できないエコノミー.jpg
しょーもないプライドに邪魔されて自己否定できないエコノミー


ひとつの「点」に集う、超一流の成功者たち.jpg
ひとつの「点」に集う、超一流の成功者たち


フラワーアレンジメントの天才。 ニコライ・バーグマンの魔力.jpg
フラワーアレンジメントの天才。 ニコライ・バーグマンの魔力


もう、自分が終わった.jpg
もう、自分が終わった


ルブタンのハイヒールには、無駄な線が存在しない.jpg
ルブタンのハイヒールには、無駄な線が存在しない


レオナルド・ダ・ヴィンチは勝組トレーダー!?.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチは勝組トレーダー!?


愛か、お金か.jpg
愛か、お金か


引き返すなら、今.jpg
引き返すなら、今


我を忘れられないエコノミーたち.jpg
我を忘れられないエコノミーたち


叶うかどうかは、本気かどうか.jpg
叶うかどうかは、本気かどうか


環境を整えたくて、たまらない・・・.jpg
環境を整えたくて、たまらない・・・


極限の集中状態が、人を無心にする.jpg
極限の集中状態が、人を無心にする


死ぬほど好きか、死ぬほど嫌いか.jpg
死ぬほど好きか、死ぬほど嫌いか


私達が成長してから・・・・ だから数年後かな?.jpg
私達が成長してから・・・・ だから数年後かな?


時間のないエコノミーは、お金を失くし、心も亡くす.jpg
時間のないエコノミーは、お金を失くし、心も亡くす


時給が気になって仕方がないエコノミーたち.jpg
時給が気になって仕方がないエコノミーたち


自分は違うと思っていました.jpg
自分は違うと思っていました


勝組の財布、負組の財布.jpg
勝組の財布、負組の財布


上の世界の住人は、みんな胡散臭い・・・.jpg
上の世界の住人は、みんな胡散臭い・・・


人のためが、自分のため.jpg
人のためが、自分のため


成功するための、無駄遣い.jpg
成功するための、無駄遣い


節約すれば節約するほど、損をする.jpg
節約すれば節約するほど、損をする


素敵・・・.jpg
素敵・・・


相場のランダムウォークは、負組トレーダーの勘違い.jpg
相場のランダムウォークは、負組トレーダーの勘違い


損失が授業料になっていない負組トレーダーたち.jpg
損失が授業料になっていない負組トレーダーたち


損切2%ルールを徹底しても資金が減り続ける理由.jpg
損切2%ルールを徹底しても資金が減り続ける理由


大切なものは、目に見えない.jpg
大切なものは、目に見えない


中立に踊らされる負組トレーダーたち.jpg
中立に踊らされる負組トレーダーたち


超一流の料理を、最高に美味しく味わう方法.jpg
超一流の料理を、最高に美味しく味わう方法


超一流は、超変人.jpg
超一流は、超変人


超富裕層の財布の中身は、留まることを知らない.jpg
超富裕層の財布の中身は、留まることを知らない


天才が教えてくれた、砂の世界.jpg
天才が教えてくれた、砂の世界


当たり前を生きるエコノミーと、奇跡を生きる成功者.jpg
当たり前を生きるエコノミーと、奇跡を生きる成功者


宝クジで夢を買おうとした高額当選者たち.jpg
宝クジで夢を買おうとした高額当選者たち


本物を嗅ぎ分ける嗅覚.jpg
本物を嗅ぎ分ける嗅覚


夢と、夢.jpg
夢と、夢


揺るがない真実.jpg
揺るがない真実