ファン
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
楽器(1)
月別アーカイブ
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年11月12日

ルーパーで1人デュオ





DSC_8013.JPG

ギター1本でライブをやったり、1人で手軽にセッションを楽しむ際に便利なアイテムがルーパーです。
特に、アコギ弾き語りライブで、バッキングをループして、ソロを弾くなんてことも出来るので、1人でデュオっぽい芸当も可能になります。

ただ、一方で使うのにコツが必要だったりします。

中でも、特に難しいのが一つのボタンでスタートとストップを操作することでしょう。

大概、スタートはワンプッシュですが、ストップは2プッシュです。
この2プッシュが難しくて、ライブで失敗することがあります。

そこで、スタートとストップが別ボタンになったのが便利ですが、究極的に使いやすいのは、TC Electronicの Ditto X2 Looperでしょう。

スタートとストップの操作ミスのないし、ループ音のボリュームノブが大きいので、足でも操作できます。

このボリューム操作をうまく行うと、ライブでフェードアウトも出来ます。

これ、意外にウケます。



【ポイント10倍】【送料込】【正規輸入品】tc electronic/t.c.electronic Ditto X2 Looper ルーパーの飛躍的な進化【smtb-TK】

価格:21,427円
(2016/11/12 00:54時点)
感想(0件)

















【このカテゴリーの最新記事】

ギターがオルガンに変身





DSC_8011.JPG

ギターは弾けるけど鍵盤は苦手・・・あるいは、ギターが中心のバンドのある部分でオルガンの音が欲しい・・・

そんな望みを呆気なく解決してくれる究極なガジェットがElectro-Harmonix Organ Machine です。
しかも、B9とC9という2種類が用意されています。

これは迷いますねぇ〜。

ワタクシの場合は、後に登場したC9の方が良いに違いない!という勢いでC9を入手しましたが、正解だったかもしれません。

このC9を選んだ決め手は、ドアーズの「Light My Fire」や、ディープ・パープルのジョン・ロード風サウンドが再現できるのは勿論のこと、やはり ビートルズの「Strawberry Fields Forever」を再現できるのがポイントだったかもしれません。

そして、感動するのは、ギターの和音を拾ってくれるところですね。

入手してしばらくハマります。

ライブで使ったら、みんなビックリするでしょう。



【レビューを書いて次回送料無料クーポンGET】Electro-Harmonix C9 国内用電源アダプター付属 Organ Machine エフェクター オルガンシミュレーター [並行輸入品][直輸入品]【エレクトロ・ハーモニクス】【エレクトロハーモニクス】【新品】【RCP】

価格:23,980円
(2016/11/12 00:17時点)
感想(0件)














2016年11月06日

おひとりさまバンドセッション

DSC_7501.JPG

日本の楽器人口は、500万人以上いるとか・・・
けど、仕事や学業の都合から、バンド組んで楽しんでいる人口となると、かなり少ないのでは?と思います。

楽器の中でも一番人口が多いと思われるギタリストの皆さん、ギターがあなた1人でもドラムとベースが加わってセッションしてくれる究極のガジェットがあります。

DigiTech TRIO、または、DigiTech TRIO+(プラス)がそれです。


ギターを繋いでコードを弾くだけで、ドラムとベースが”それなりの”解釈をしてセッションが開始されます。
しかも、リズムのジャンルとかパターンが選べるという自由度の高さがナイスです。
ここまでは、DigiTech TRIO、または、DigiTech TRIO+(プラス)とも共通の機能ですが、DigiTech TRIO+(プラス)の方は、ルーパー機能も付いているので、ギターのバッキングもリズムに重ねて入れられるという、美味しい機能がプラスされています。

強いて言えばの難点としては、「そこのリズムはそうじゃないんだよ!」ということがしばしば。けど、パターンを自分で選べば、そこそこイメージに近いものは出来上がるでしょう。
それと、しっかりコードを弾いて、ドラムさんとベースさんに解釈してもらわないと、変なリズムやベースラインでギタリストを困らせてくれます。
ここは、ギタリスト次第ですね。

ツボにはまると、時間が経つのを忘れるくらい、ドラムさんとベースさんに遊んでもらえます。

究極の1人バンドですね。



【レビューを書いて次回送料無料クーポンGET】DigiTech TRIO エフェクター [並行輸入品][直輸入品]【デジテック】【トリオ】【新品】【RCP】

価格:29,980円
(2016/11/6 18:16時点)
感想(0件)






Digitech TRIO [Band Creator Looper] [正規輸入品] 【特価】

価格:34,344円
(2016/11/6 18:15時点)
感想(0件)






【レビューを書いて次回送料無料クーポンGET】DigiTech TRIO エフェクター [並行輸入品][直輸入品]【デジテック】【トリオ】【新品】【RCP】

価格:14,980円
(2016/11/6 18:17時点)
感想(0件)



















posted by gadgetool at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
検索
最新コメント
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。