2019年02月28日

(赤坂)氷川神社@(港区・赤坂)

久國神社に行ってさらに(六本木通りから)奥へと向かいました。

「南部坂」を通って・・・、
image1 (2).jpeg image2.jpeg

そこを超えると六本木と赤阪を隔てる道にたどり着きました。
image1 (3).jpeg image1 (4).jpeg
見えました。
(赤坂)氷川神社です。
東京十社の9つ目(当ブログ)です。

ここは、元忠臣蔵で有名な浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の住んでいたところです。
もともとは奥様の土地だったようです。
神社(現社殿)は、八代将軍「吉宗公」が総欅(けやき)造りで作りました。
安政の大地震、関東大震災、東京大空襲などを奇跡的に免れて当時のままの姿を残しています。

image2 (1).jpeg image2 (2).jpeg

image1 (7).jpeg image2 (5).jpeg
歴史は951年から、ご祭神は「素戔嗚尊」など。

(つづく)

2019年02月27日

久國神社(港区・六本木)

南北線の六本木一丁目駅で下車。
出口は3番出口から。
image1.jpeg
麻布通りです。

ちょっと歩くと右手には「スペイン坂」。
image1 (1).jpeg image2 (1).jpeg
坂の上には「スペイン大使館」。

今日はこっちじゃなくて、
image2.jpeg
六本木通りのほうへと。

ちょっと(六本木)通りから中に入ると神社がありました。
image1 (2).jpeg image1 (3).jpeg
「久國神社」。港区の七福神でもあるようです。

創健が不詳のようです。昔は(今の)皇居のある場所に鎮座されていたとか。

image2 (3).jpeg image1 (4).jpeg
「狛犬」の後ろには遊び場が、境内に堂々と・・・。

image2 (4).jpeg
手水場。

image2 (7).jpeg image2 (6).jpeg
井戸水が出るのかな?
(私の生家にもありました。懐かしいものです。)

image1 (6).jpeg image2 (8).jpeg
「拝殿」。
主祭神:倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

image1 (8).jpeg image2 (10).jpeg
発見! 10円おみくじです。
駒込駅前の神社に続いて2か所目です。

image1 (7).jpeg image2 (9).jpeg
末社として「猿田彦神社」があります。

参拝を終えましてさらに奥の通りへと・・・。
(久國神社:完)


<おまけ>
 六本木通りを少し歩きました。
 中にはこんなお店が・・・。
image1 (9).jpeg Inkedimage2 (11)_LI.jpg
 お、お、俺っち、あした六本木に引っ越しても生きていけそ〜!
 (声はしっかりと裏返ってました。)

2019年02月26日

日枝神社B(千代田区)

神社への入り口が3つありす。
その1つ、男坂からの風景です。
image2 (11).jpeg image1 (11).jpeg
坂の上に見えるのが神門です。

image1 (1).jpeg

image2 (1).jpeg
坂の途中には「宝物殿」。

image2 (13).jpeg
「神門」。

image1.jpeg

image2.jpeg
くぐって右手には「藤棚」があります。

image2 (2).jpeg

image1 (2).jpeg
左手に「手水場」。
ここは、センサーがついているのか人が近づくと水が流れるようになっていました。

image1 (3).jpeg
本殿の右隣にあるのが「夢御殿」。

image2 (3).jpeg
左はというと紅白の梅。ちょうど見ごろでした。

image1 (5).jpeg image2 (12).jpeg
本殿前にはお猿さんがいます。

そして「本殿」です。
image1 (7).jpeg

他には、
image1 (4).jpeg image2 (4).jpeg

image2 (5).jpeg

image1 (13).jpeg

image1 (6).jpeg

お守りなど、こんなものが売られていました。
image1 (9).jpeg
パワーストーン。

image2 (9).jpeg image2 (10).jpeg

image1 (10).jpeg

image2 (14).jpeg

image2 (7).jpeg
パワースポットめぐり、神社めぐりが流行りだしたのはいつ頃からでしょうね。
平成24年には、「古事記」が完成して1300年。
いまだ、神社は沢山の参拝の方でにぎわっています。

「日枝神社」
image1 (8).jpeg image2 (8).jpeg

image1 (14).jpeg


さらに足を延ばしまして一つ先の駅、「六本木一丁目」(南北線)に向かおうと思っています。
(日枝神社・完)

2019年02月25日

日枝神社A(千代田区)

ここは赤坂からも近かったので港区だと思ってました。
先入観ってやばいですよね。
住所が永田町、千代田区だったんです。
この日枝神社を地図で見ると「首相官邸」のすぐ近くでした。
首相官邸、縁がなかったです。
おそらく、子供の頃の遠足のコースになかった。
これが一番の原因かと思います。

他の入り口に回ってみました。
image1 (8).jpeg image2 (8).jpeg
稲荷参道。階段を登る。

image1.jpeg image2 (7).jpeg
これは登った上から。

ここで外人さんの参拝の方と出くわしました。
英語じゃなかった、わかんね〜。
でも、身振り手振りで「写真を写してね」ということでした。

相手のスマホを借りて2ショット。
近くからと遠巻きにです。

これでよかったかな?
わかんないけど・・・。

image1 (9).jpeg image2 (9).jpeg
稲荷社と八坂&猿田彦神社です。

image2 (11).jpeg

image1 (12).jpeg
中には馬。

image1 (11).jpeg
神社の風景。

image2 (12).jpeg
鳥居の絵馬でした。

image2 (14).jpeg

image2 (15).jpeg

image1 (17).jpeg image1 (16).jpeg
こういった紐?帯? のようなものもいいな〜・・・。

(つづく)

2019年02月24日

日枝神社@(千代田区)

今週は所用がありまして、そこから足を延ばせる場所を探しました。
またもや南北線。「溜池山王」駅で下車。7番出口から外堀通りへと。
image1.jpeg image2.jpeg
3分ぐらいでこんな鳥居がありました。

image1 (1).jpeg image1 (2).jpeg
突風に注意! ビル風の影響かな?

image1 (3).jpeg image2 (3).jpeg

image2 (1).jpeg image2 (2).jpeg

image1 (5).jpeg
この階段の脇には「エスカレータ」があります。
階段を上るもよし、エスカレータもよし。

image1 (4).jpeg
この地図で見ると下から向かう感じです。

image2 (4).jpeg
階段を上ると・・・。

image1 (6).jpeg
茶室などがあります。

image2 (5).jpeg
鶴は千年。ソバは千円以上する! 高ぇ〜!

image2 (7).jpeg image1 (7).jpeg
こんな木があって、ここから神社の入り口はこんな感じです。

ちなみに「男坂」登った入り口はこんな感じでした。
image2 (6).jpeg

image1 (8).jpeg
ちなみに「日枝神社」。東京十社の(当ブログ)8つめとなります。
お楽しみいただけたら幸いです。

(つづく)

2019年02月23日

東大前駅を後にしてA

根津神社の手前にある喫茶店に目が留まりました。
image1.jpeg image2.jpeg
いきなり、コーヒーかワインかときました。
壁にはやかんです。

image1 (3).jpeg image2 (3).jpeg

image2 (2).jpeg image2 (5).jpeg

image2 (1).jpeg

image2 (4).jpeg image1 (4).jpeg
さあ、階段を上がって二階には「秘密基地」があるのかどうか?

遊んじゃいけませんね。
ちょっと寄りたくなるお店です。


今度は、白山駅の近辺へと場所を移して・・・。
image1 (5).jpeg
「どら焼き」です。

image2 (11).jpeg

image2 (6).jpeg image1 (11).jpeg
旬は、「いちご」「りんご」そして「桜餅」。


image2 (7).jpeg image1 (7).jpeg
修理、何も新調しなくても・・・。まだまだ!
こういったお店って好きなんですよね。(個人的には)


image1 (9).jpeg

image1 (10).jpeg image2 (10).jpeg
お煎餅屋さん。

わりと下町っぽい店が並んでました。


ちょっとあるいたので、お散歩を超えた気分。
季節を先取りして、


♬「ピクニック」
 疲れまなこで電車に乗る
 いつも決まった帰り道
 明日はたまにない僕の休日
 天気予報も晴れ予報

 明日は可愛い君を連れて
 君の好きなところへ行こう
 心地よい風と青い空が
 僕たちを迎えてくれるはず

 明日は僕に付き合うんだよ
 朝から晩まで一日中
 真っ白なサンドイッチいっぱい
 君のバッグに詰め込んどいで

と、今日はここまでです。

2019年02月22日

東大前駅を後にして@

今回、根津神社と白山神社へと行きました。
まずは根津神社へと・・・、下車駅が「東大前」駅。
出口が3つ。その中のエレベータの出口を出ると本郷通りへ。
本郷通りを本駒込方面へ。
(いつもこの界隈に行くときは丸ノ内線の「本郷三丁目」駅で降りることが多いです。)

初めに目にしたのが、「文京学院大学」関連の建物。(写真略)

さらに行くと、
image1 (1).jpeg

image2 (1).jpeg
「浩妙寺」。
日蓮宗のお寺です。
太田資宗(江戸初期の譜代大名で六人衆)のお姉さんが開基しました。

image2 (3).jpeg
七面堂。(七面大明神を祀っています。)

Inkedimage1 (5)_LI.jpg
中にはこんなマップが。(こういうのがあるとありがたいですね。)
(追加)本尊:聖観世音菩薩。

もうすこし歩いて右折すると「根津神社」があります。
「根津神社」の近くには、本郷消防署そして日本医科大学付属病院があります。(写真略)

参拝を終えて再び本郷通りへ・・・、
さらに「本駒込」方面へと歩くとお寺が、
image1 (6).jpeg

image1 (7).jpeg
「布袋様」の像です。(かなり目立つ!)

image2 (5).jpeg
「浄心寺」。(浄土宗のお寺です。)

image1 (8).jpeg
本堂を遠巻きに。

image2 (6).jpeg
「江戸札所十番」とあります。

ここは、江戸33観音になります。(番外を入れて34観音)

いままで訪れたのが、
 6番 清水観音堂(上野公園内)
 12番 伝通院(家康の生母「御大の方」のお墓がありました。)
 13番 護国寺
 15番 放生寺(早稲田、穴八幡宮の隣にあるお寺です。)
 21番 増上寺(歴代徳川将軍のうち6名のお墓がありました。)
ちなみに第1番が浅草の「浅草寺」です。
(いずれは、すべて訪れたいと思ってます。)

image1 (9).jpeg image2 (7).jpeg
春日の局のご愛祈のお地蔵様。
ここから後楽園(春日)も近い!

image1 (10).jpeg
本堂。

image2 (13).jpeg

image2 (9).jpeg
「合掌の塔」。

image1 (11).jpeg image2 (8).jpeg

image1 (12).jpeg image1 (19).jpeg

image1 (14).jpeg image1 (15).jpeg
「逢来堂」。

image2 (12).jpeg

image1 (20).jpeg

image1 (21).jpeg
(追加)本尊:十一面観世音菩薩。

この先もう少し本郷通りを歩いて左折、白山駅へと向かいました。
(つづく)

2019年02月21日

白山神社(文京区)

根津神社を出まして次に向かったのが「白山神社」。
下車駅を「東大前」にしたのが、どちらも行けるな! と思ったからです。
アクセスを見ると、一つ先の「本駒込」のほうが近いようですが
地図で見たら「射程距離」と思いました。

まず、都営三田線の「白山駅」を目ざす。
駅に着いたら駅の後ろ方面へ・・・。
image1 (1).jpeg image1 (21).jpeg

image1 (2).jpeg

いった後で知りました。
ここのすぐ近くに「孫文」の碑があることを。
(見逃しちまったぜ・・・、反省。)

進むと見えるのがお稲荷さん。
「福受稲荷神社」です。
image2 (1).jpeg

image1 (3).jpeg


その先に「手水場」。
(おみくじがいっぱい!)
image2 (2).jpeg

image1 (4).jpeg

image2 (3).jpeg


きれいな花が!
image2 (4).jpeg image1 (22).jpeg

image1 (9).jpeg
本殿と社務所の渡り廊下のようなもの。
こういったのはよく見かけます。

そして、本殿。
ちょっと、歴史を感じるたたずまいです。
image1 (15).jpeg

image2 (9).jpeg

image1 (13).jpeg

申し遅れました。根津神社に続いて東京十社の7つ目でぃ!
image2 (5).jpeg

image1 (14).jpeg

image2 (7).jpeg

白山神社
 ご祭神:菊理姫命、伊弉諾命、伊弉冊命
ご由緒
 天暦二(948)年、加賀一宮白川神社を本郷元町に勧請する。
 建武4(1338)年、足利尊氏により国家平安御祈願所に命ぜられる。
 元和2(1616)年、徳川秀忠公の命により巣鴨へ遷座。
 慶安4(1651)年、徳川家綱公の用地と相成り、
 明暦元(1655)年、原社地に移る。
 後、徳川綱吉公と生母桂昌院の信仰を受けて小石川の鎮守となる。
 (最近では「あじさい神社」として有名です。)


末社は、
image2 (16).jpeg

image1 (16).jpeg
「関東松尾神社」。
江戸時代に、「京都嵐山松尾大社」の御分霊を奉勧請した、とのことです。
御祭神は、もちろん京都松尾大社と一緒で、
 大山咋神、中津島姫命


image2 (10).jpeg

image2 (11).jpeg

image1 (23).jpeg

image1 (17).jpeg


「合祀殿 」
image1 (18).jpeg

image2 (12).jpeg


「境内社」
image1 (19).jpeg


「八幡神社」。
白山神社より以前にこの地に祭られていたようです。
image2 (13).jpeg

image2 (14).jpeg

image1 (20).jpeg

image1 (24).jpeg

image1 (25).jpeg

当日、社務所は開いてなくて根津神社でいただいた東京十社の資料等を参考にご説明をさせていただきました。

根津神社のつつじ、白山神社のあじさいは有名でその季節にはとてもにぎわうようですね。


東大前から根津神社、そして白山神社への道のり。
その途中でお寺や街並みといろいろありました。
そんな道中記を次はご紹介したいと思います。

白山神社、これにて<完>。

2019年02月20日

根津神社A(文京区)

image1.jpeg

image2.jpeg
ここには徳川6代将軍である家宣公の「胞衣塚(えなづか)」があります。
(胞衣とは、胎児を包んだ膜と胎盤だそうです。)

image1 (1).jpeg
池には、鯉もいました。

image1 (2).jpeg
そしてここは「つつじ」の名所。4月から6月くらいにかけてつつじが見事に咲きます。

末社のほうにいきますか。
まずは「乙女稲荷神社」です。
image1 (4).jpeg image1 (9).jpeg

image1 (10).jpeg image2 (4).jpeg

ご祭神が、倉稲魂命です。

image1 (6).jpeg

image2 (5).jpeg
(根津神社側から乙女稲荷を眺める)

image1 (7).jpeg
乙女稲荷社だっ!

image1 (8).jpeg
(乙女稲荷側から根津神社を眺める。)

image1 (18).jpeg
これがお隣の「駒込稲荷」側からの入り口です。


名前が出ましたが、もう一つの末社「駒込稲荷」です。
image1 (17).jpeg

image2 (14).jpeg image1 (13).jpeg

image1 (12).jpeg

image1 (14).jpeg image2 (15).jpeg

image1 (16).jpeg image2 (17).jpeg

image2 (13).jpeg


「庚申塔」。
image2 (11).jpeg

image1 (19).jpeg

ご祭神は、伊弉諾命、伊弉冊命、倉稲魂命、級長津彦命、級長戸辺命


根津神社、これにて終了です。
(ここから歩いて次の目的地へと向かいます。)

2019年02月19日

根津神社@(文京区)

最寄りが南北線の「東大前」、そして千代田線の「根津」と「千駄木」。
どれも徒歩で5分程度です。

image1.jpeg image2.jpeg

image1 (1).jpeg image2 (1).jpeg
「あっ、俺ここ好きだわ!」 と思ったのがついてすぐでした。
第一印象で決まりです。(即決)

image1 (2).jpeg image1 (4).jpeg
参道を歩いて神橋を渡る・・・、

image1 (3).jpeg

image2 (3).jpeg
可愛い「参拝」の方です。

image2 (5).jpeg
「国宝」なる文字が・・・、「旧国宝」ということでしょうか?

image1 (5).jpeg image1 (6).jpeg
現在では「重要文化財」になるようです。
そして東京十社。(ここが当ブログの6つ目となります。)

image2 (6).jpeg
神社のご由緒。(写真が切れてごめんなさい。)
神社でいただきましたパンフレットで説明をさせていただきます。

ご由緒
 約1900年前に日本武尊によって千駄木の地に創建されました。
 徳川5代将軍の綱吉が世継ぎが決まった折、今の社殿を奉建。
 (この時に千駄木から根津に神社を移しました。)


「倭門」、ドアップで!
image1 (7).jpeg

image2 (7).jpeg

image2 (8).jpeg

image1 (8).jpeg


image2 (9).jpeg
「舞殿」。


そして「手水舎」。
image1 (11).jpeg

image1 (10).jpeg

image1 (12).jpeg

image2 (12).jpeg

image2 (11).jpeg


「唐門」(重文)
image2 (4).jpeg

参拝でけっこう並んでたけど今日はしっかりとお参りをしました!
image1 (13).jpeg


「社殿」。
image2 (13).jpeg


「西門」、ここからつつじ苑や乙女稲荷が見えます。
image1 (16).jpeg


「神橋」と「神池」。
光が差し込んでちょっと幻想的かな?
(去年の夏からいろんなところを写していて、去年はこういった光の入り込む写真って1枚もなかったんですよ。1万枚は撮ったはずだけど? 今年に入ってこういったのが写るようになって・・・。腕が落ちたのかどうなのか? 季節柄でしょうかね。冬になったからとか?)
image2 (14).jpeg image1 (15).jpeg

=根津神社=
○ご祭神:須佐之男命・大山咋命・誉田別命 ○相殿 大国主命・菅原道真公


次回Aでは末社などをご紹介します。(つづく)
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール