2019年04月09日

平河天満宮(千代田区)

昨日の東京、一日雨でした。
桜もかなり散ったな〜。

訪れたのが、千代田区の平河町「平河天満宮」。
天神様ですね。
今まで、文京区の「湯島天神」、江東区の「亀戸天神」などを訪れました。
ここも、負けず劣らずに有名です。

アクセスが、東京メトロの「半蔵門」から1分、「麹町」から3分、JRの「四谷」が10分となります。

image1 (2).jpeg

image1 (1).jpeg image2 (1).jpeg

image2 (2).jpeg image2 (3).jpeg

image1 (3).jpeg

image2 (5).jpeg
鳥居が「銅」。(これは市谷の亀ヶ岡八幡宮と一緒ですね。)
千代田区で最古の鳥居だとか。

入ってすぐ(右手)には、
image1 (4).jpeg image2 (4).jpeg

image1 (5).jpeg
境内社の「三殿宮」。
 塩神社(生活の神)、大鳥神社(おとりさん)、浅間神社(せんげんさん)が合祀されています。

中ほど(左手)には、
同じく境内社で「平河稲荷神社」(商売の神)があります。
image2 (13).jpeg

image1 (8).jpeg image1 (9).jpeg

image1 (10).jpeg image2 (9).jpeg

image1 (14).jpeg

「手水舎」
image1 (17).jpeg

水はセンサーで手を近づけると出ました。石が敷かれていて水がたまっていませんでした。
(こんなのもあるんですね。)
image2 (16).jpeg

image1 (18).jpeg

「百土石」。
image1 (11).jpeg

image2 (10).jpeg

「力石」。
image2 (11).jpeg

image1 (12).jpeg

「筆塚」。(座る人がいるらしい。)
image1 (13).jpeg image2 (12).jpeg

灯篭が有名のようです。
image1 (6).jpeg

image2 (23).jpeg

「狛犬」。
image1 (19).jpeg image2 (18).jpeg

「拝殿」。
image1 (16).jpeg

image1 (23).jpeg image2 (22).jpeg

image2 (17).jpeg

image2 (19).jpeg

「撫牛(なでぎゅう)」。
image1 (21).jpeg image2 (20).jpeg

「石牛」。
image2 (21).jpeg image1 (22).jpeg

image1 (15).jpeg image2 (14).jpeg

image1 (20).jpeg

image1 (24).jpeg
御朱印は300円。
(おせんべいもらっちゃいました。「草加煎餅」です。
 帰ってきたときには無事だったんですよ。あんまりにも寝相がよすぎて起きたら割れてました。)
通常のものの他に、限定御朱印が二つでるようですね。
 4/19〜:例大祭のもの
 4/29〜:端午の節句のもの

平河天満宮
 住 所:千代田区平河町1−7−5
 ご祭神:菅原朝臣道真公、相殿に誉田別命(八幡宮)、徳川家康公(東照宮)
 ご由緒:江戸平河城主太田道灌公が、菅原道真公の夢を見たそうです。
     その翌朝に菅原道真公直筆の画をもらったとか。
     その夢は霊夢ではないか?
     とのことで、1478年に城内の北に天満宮を建立。
     (以上「梅花無尽蔵」によります。)
     今でも平河天神にちなんだ名称が皇居の平坂門内にあるそうです。
     (天神様、梅にちなんだ「梅林坂」という名のようです。
      けっして「バイリンガル」ではありません。念のため。)
     家康の時代に、当社は江戸城の外へ奉遷。二代将軍秀忠の頃に今の地に奉遷されました。
     今の「平河町」の名前。この神社に由来するそうです。
     新年には、宮司さんが特別に将軍に単独で拝謁できる格式の待遇があったそうですね。

(以上、おそまつながら)
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール