2019年03月31日

鷲神社(台東区)

さあ、次です。
「鷲(おおとり)神社」。

普通に漢字変換しようとすると「鷲=わし」です。
この字から「おおとり」は無理、・・・でした。

そういうった込み入った事情はありますが、スタートです。
image2.jpeg image1 (2).jpeg

image2 (1).jpeg
ここでも、例に漏れず「酉の市」で賑わうようです。

image1 (1).jpeg image2 (2).jpeg

さあ、中へと!
image1 (5).jpeg

image2 (3).jpeg image1 (6).jpeg
「さぎのみや」と読めます。

image2 (4).jpeg

image1 (7).jpeg

image2 (6).jpeg image1 (8).jpeg〇〇
自称か他称かは不明ですが、「発祥の地」です。
(悪くいうつもりは、まったくありません。
 いろいろと見ていく、調べていくといろいろあるんです。
 日本三大祭りとか東京(江戸)三大祭りとか、自称を含めると3つじゃ足りない。
 内政干渉するつもりはないんです。
 わかりにくいかな? と。)

image1 (13).jpeg

image1 (9).jpeg

image2 (8).jpeg

「拝殿」。お賽銭はこの口の中にですね!
image1 (18).jpeg image2 (17).jpeg

image1 (19).jpeg image2 (16).jpeg
「なるほど!」。そのような「ご利益が!」

参拝を終えて「周囲」を見回すと。
image2 (12).jpeg

image1 (14).jpeg
「いっちゃ〜ん、ここにおったかや〜」(樋口一葉さんですね。)

image2 (13).jpeg
「子規」の碑です。

image2 (15).jpeg image1 (15).jpeg
芭蕉の「丁稚(でっち)」じゃなかった。「弟子(でし)」の宝井其角(たからいきかく)さんじゃあ〜りませんか!

社務所の方へと、
image2 (7).jpeg

image1 (10).jpeg

image2 (9).jpeg image1 (11).jpeg

image2 (10).jpeg

image1 (12).jpeg image2 (11).jpeg
「神社マップ(台東区):無料」(写真右)。
ここは正月に配り始めて3日でなくなったそうです。
「早っや〜!」
う〜ん、残念! (運よく他で入手できました。)

image1 (17).jpeg

image2 (18).jpeg image2 (19).jpeg

image1 (20).jpeg
御朱印:500円です。

ご祭神:天日鷲命、日本武尊
   参考ー「ヤマトタケル」これは「日本書紀」の表示ですね。古事記だと「倭建命」になります。
七福神は「寿老人」になります。
(ご由緒等、後で追加予定です。すみません。)

ご祭神の一柱の天日鷲命。父は天手力男命です。天照大御神が天の岩戸に隠れたときに岩戸を開いた神です。
日本武尊は、東征の帰途に当社の松に熊手をかけて勝ち戦のお礼参りをされたそうです。
(これがのちのちに「酉の日」につながっていくようですね。)
七福神である「寿老人」。開運、延寿、叡智の福神として尊ばれています。

さあさあ、浅草七福神も残りがあと1つです。
さくっと行きますか!
(次回ご期待のほどを)


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール