2019年03月29日

吉原神社(台東区)

玉姫稲荷を出ました。

浅草七福神の続きです。
向かうは「吉原神社」です。

途中、道行く花に見とれました。
image1 (2).jpeg

image1.jpeg image2.jpeg

image1 (1).jpeg image2 (3).jpeg

image2 (1).jpeg

image2 (2).jpeg

image1 (3).jpeg
奇麗ですね〜。
春になると、途端にいろんな色の花が咲きますね。

人間もコート姿(似通った色ですよね。)からコートを脱いで個性的なファッションに切り替わってゆきます。

やっぱり、こういった花を眺めている女性がいます。
声をかけました。(わりと、というか結構な美人さん。)
(地図は持ってるけど)「ここから、一番近い駅はどこでしょうか?」
ぶっちゃけこの辺りは駅からもある程度・・・、なのですよ。
知ってて声をかけちゃう、この大うましか野郎!
って、誰? あ〜、俺だ!(かなり白々しいです。)
女性の方、あんまり詳しくないようでした。
(仕事の外回りの方でした。)
ちょこっと会話をいたしまして。失礼のないようにその場を立ち去る。
日常の平凡な光景ですよね。

さて、どのような道筋をたどってきたかです。
image2 (5).jpeg image1 (5).jpeg
「アサヒ商店街」と「日の出会商店街」です。

下町ってわりと「アンニュイ」です。
そういうところが気に入ってます。

と、そうこうしているうちに・・・?
image2 (6).jpeg image1 (6).jpeg

image2 (7).jpeg
「見返り柳」です。

場所は?
image1 (7).jpeg image2 (8).jpeg
「吉原大門」。

image1 (8).jpeg image2 (9).jpeg

image1 (9).jpeg image2 (10).jpeg
浅草、春のお祭り。3〜5月にかけて行なわれているようです。

ここで、ちょっと内緒の話です。
トーンを小さめになのですが、目的地に着くまでに「ソー〇ランド」が軒を連ねるようにいっぱいありました。
まだ、真昼間なのにギンギンに灯りをともして、入り口には呼び込みのお兄さんがた〜くさんいました。
これが、パンフで紹介してるルート???

ご安心ください。
私は、「自由恋愛」が好きです。

以上、内緒のお話でした。

さあ、いよいよです。着きました。
image1 (10).jpeg image2 (11).jpeg
ちょっと、一文字隠れちゃうのが残念です。

入ってすぐには!
image1 (11).jpeg

image2 (12).jpeg
「逢初桜」。(行った時期)桜の開花には早かった。
かつては「遊女」たちが出会いの祈願をこめた桜がありました。
今の(写真)は、2013年にシダレザクラを植樹したものとなっています。

そして、
image1 (15).jpeg

image2 (17).jpeg
「お穴様」。
招福のご利益があるようです。

この2つは、パワスポとしてよく紹介されています。
(女子力up! として)

image1 (13).jpeg

image2 (15).jpeg

image1 (14).jpeg
地図です。いにしえの。

image1 (12).jpeg image2 (14).jpeg

image2 (16).jpeg

image1 (16).jpeg

image2 (18).jpeg
「吉原神社」。
 ご祭神:倉稲魂命(稲荷神)、市杵島姫命(弁天様)
 住 所:台東区千束3−20ー2
 御朱印は七福神と神社のものが各500円でした。

吉原の遊郭には、古くから鎮座されていた「玄徳(よしとく)稲荷社」、郭内四隅の守護神である「榎本稲荷社」、「明石稲荷社」、「開運稲荷社」、「九郎助稲荷社」が祀られていました。
この五社が明治5年に合祀されて「吉原神社」として創健されました。

五社の中でも「九郎助稲荷社」の創健は、和同4(711)年と古い歴史があります。

この神社の七福神は、おわかりと思いますが「弁財天」。古代インドのサラスパティ(サラスワティ)という女神です。
知恵、技芸、財物の福徳を有するといわれています。
悪声を川のせせらぎのような美声に変える神徳があると信じられていて「妙音天」とも言われているようですね。
(「ヒマラヤ聖者の生活探究」という本に似たような話がありました。この本では、ある「岩」でいくら「悪口」をいってもその悪口が奇麗な言葉に代わってしまう・・・、といった何ともおとぎ話のようなストーリーとなっています。)

さあ、次なのですがすぐ近く(約1分)に地図では「吉原弁財天」と呼ばれている場所があります。
神社(吉原神社)の方たちは、「奥宮」と呼んでいました。
観音様と弁天様を祀っているそうです。

そちらに向かいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール