2019年03月26日

橋場(寺)不動院(尊)(台東区)

延命寺から泪橋に向かって左折、隅田川へと目指しました。
(直線で行けます。間違う方も少なかろうと・・・。)

image1 (2).jpeg image2.jpeg

image1 (1).jpeg
春ですよね! 歩いているといろんな花が目に飛び込んできます。

image2 (1).jpeg
「泪橋」の交差点。
昔の漫画で「あしたのジョー」。ご存知のかたは懐かしいんじゃないでしょうか。

ちなみに、私の親父(「丹下団平」ではありませんね。)は「あしたのジョー」を「あたしのジョー」と言い放った! おいおいひとりじめするんじゃねぇぞ〜! です
さらに、「キリンレモン」を「ンモレンリキ」と言いだすわ・・・。(しっかりと逆から読んでるよな。だけど、「固有名詞」で「ン」から始まる言葉ってあるのかい?)
ただただ、身内には厳しく「つっこみ」を入れねばならぬのかな? と。

image1 (5).jpeg

image2 (3).jpeg
明治通りです。きれいな花が咲いてます。

image1 (4).jpeg
歩いていると「平賀源内」の・・・、がありました。

image2 (2).jpeg
川(隅田川)の手前には、「明治天皇」の!

image1 (6).jpeg

image2 (4).jpeg
「三条実美」のお見舞いですか。

image1 (7).jpeg image2 (5).jpeg
「白髭橋」です。渡らずに右へと。(台東区)です。
(左は、「荒川区」です。)

image1 (8).jpeg
「橋場不動院(尊)」です。


image2 (6).jpeg image1 (9).jpeg

image2 (7).jpeg

image1 (10).jpeg

image1 (11).jpeg

image2 (9).jpeg image1 (12).jpeg
納経所、七福神は「布袋尊」。

橋場不動尊(不動院)
 760年、奈良東大寺建立に尽力した寂昇(じゃくしょう)上人により開創されました。
 当初は法相宗(はっそうしゅう)でしたが今は天台宗となっています。
 鎌倉時代は浅草寺の末寺でしたが、今は比叡山延暦寺の末寺とのこと。

 ご本尊は「不動明王」です。(不動の秘仏とのこと、拝観ができないようです。)
 明治末期の大火、関東大震災、第二次大戦の東京大空襲でも災禍を免れたことで霊験あらたかとして、広く庶民に尊信されています。

 現代の本堂は1845年の建立で、小堂ではあるものの江戸時代の建築様式を保って美しくも簡素なたたずまいを見せてくれています。

 不動院の七福神は「布袋尊」。
 布袋様、中国で10世紀初期に実在した「禅僧」です。
 常に笑みをたたえて、体躯肥大、粗衣をまとう姿は物事にこだわらず人格の大きさを感じさせてくれたようです。
 いつも「布袋」を肩に、喜捨を求めて諸国を遊行。
 童子とよく戯れ、邪気、憂慮がいささかもなかったそうです。
 (なんか「良寛」さんみたいだね。)
 豪雪の中で寝てもその体が濡れることがなかったとか。
 (「暖房」じゃなくて「段ボール」のお世話になっていないかい? と勘ぐってしまいたくなりました。大変に失礼な「発言」ではありますが。)
 917年に寂滅。世人は「弥勒菩薩」の化身ではないかといわれたそうです。

 不動院の「布袋様」。肩に袋がなく、お腹は袋がわりをした珍しいものです。

以上、長々と。

さらに七福神巡りは続く・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール