2019年05月11日

銀杏岡八幡神社(浅草橋・台東区)

浅草橋。いままでは、中央区寄りでした。
線路を渡りまして逆側です。

蔵前方面へ向かう! ですね。

到着しました。「銀杏岡八幡神社」です。
八幡様、総本宮は「宇佐神宮」ですね。
ご祭神は、第15代天皇(応神天皇)と同一視される「誉田別命(ほんだわけのみこと)」といわれています。

鳥居。
DSCN0265.JPG

DSCN0267 (2).JPG

参道を歩いて、
DSCN0268.JPG

手水舎。
DSCN0274.JPG

 
DSCN0278.JPG

ご由緒
 源頼義公、八幡太郎義家公が奥州を平定するときに立ち寄ったみたいですね。
 隅田川から銀杏の枝をひろってこの地に植えたというエピソードもあります。
 平定後、再びこの地に立ち寄った折に、八幡宮を勧請したとか。(1062年:創健です。)
 銀杏の木も随分と大きくなっていたようです。
所在地:台東区浅草橋1−29−11

ご祭神は、誉田別命(ほんだわけのみこと=応神天皇)、竹内宿祢命(たけのうちのすくねのみこと)

脱線します。
 竹内宿祢さん、360年生きたとか言われてます。5代(第12代からです。)の天皇に仕えたとも。
 (謎が多そうな方ですよね。)
 8代天皇が祖先と聞きます。(ご先祖様)
 蘇我氏の祖先とも聞きます(ご子孫)
 (戦前には紙幣の彫像にもなっていて、知名度も高いようで。)
 祀られている神社には、
  宇倍神社(鳥取県鳥取市)、氣比神社(福井県敦賀市)、高麗神社(埼玉県日高市)
 などがあるようです。

DSCN0279.JPG

DSCN0280.JPG

拝殿。
DSCN0281.JPG

DSCN0282.JPG


拝殿に参拝する前に、「主」のようなお方がおりました。
しばらく「じぃ〜っと見つめあって、お許しを得たようなので参拝をさせていただきました。」
DSCN0273.JPG

DSCN0276.JPG

DSCN0277.JPG


末社です。
DSCN0269.JPG

DSCN0275.JPG

浅草橋巡りはまだまだ・・・
・・・つづく。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8795085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール