2019年05月05日

兜神社(中央区・兜町)

日本橋を出ました。
お隣、兜町ですね。
証券、株。だったかな?
そういうことで有名な街ですね。
DSCN0163.JPG
「雨」の具合はこんな感じです。
「ぴちぴち、ちゃぷちゃぷ」ですね〜。
(雨も弱くなってきた。やった〜! です。)

DSCN0164.JPG
着きました。「兜神社」です。

この間、お伝えしました。
日本には約8万の神社があると。
これを毎日(1年365日として)参拝する。
電卓で計算して200年以上。(3〜4世代は少なくとも必要ですね。)
無謀なことはやめて、自分にご縁の深い神様との縁を結ぶ。
これが、大切なことなのかも知れません。

DSCN0171.JPG

DSCN0170.JPG

DSCN0174.JPG

御祭神は、倉稲魂命
相殿神は、大国主神と事代主命
ご由緒
 明治4(1871)年。平将門を奉斎していたとされる「兜塚」に兜神社が創建されました。
 また、鎧稲荷(この間、いきましたね)の御祭神であった「倉稲魂命」も合わせ祀られた。
 明治7(1874年)、三囲神社の境内摂社・福神社から「大国主命」と「事代主命」が勧請されました。
 昭和2(1927年6月)に現在地へ遷座。
とまあ、こんなふうです。
所在地:中央区日本橋兜町1−12

御朱印が、茅場町の「氷川神社」で、でした。
さっそく。お伺いしようと思ってます。
DSCN0165.JPG


(後記)
その1 日本橋から兜町へと。
 日本橋ですが、ここには「日本郵便発祥の地」がありました。
DSCN0157.JPG
「前島密」さんですね。
どうやら、日本橋郵便局が日本で最初の郵便局みたいですね。

その2 兜町に日本で初めての銀行。
DSCN0176.JPG
次の新しい1万円札の顔です。
渋沢栄一さんですね。
日本で初めての銀行が「兜町」に出来ました。(創業者なんですよね。)
今は、このあたり「日本証券取引所」なんかがありますね。

兜町、お金持ちが集まりそうな町です。
日本でも有名な大金持ちのひとりでもあります「斎藤一人」さん。
仕事運(お金儲け)関連では、新潟県の彌彦(やひこ)神社にお参りされているようですね。
(越後の一の宮です。創健からも二千四百年だとか。)
(次へと続く)
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8779361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール