<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(175)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(70)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1464)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(88)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(12)
奈良くるみ(9)
フェデラー(69)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(6)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(7)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(4)
ソフトテニス(10)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年11月(2)
2017年10月(22)
2017年09月(40)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(30)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(32)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(57)
2016年06月(59)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年05月28日

ナダル 強い 逆転勝ち

ロランギャロ2013  赤土のドラマ
 ナダル逆転勝ち、驚きのシチュエーション。
 観客を魅了するなだる。
 圧倒的劣勢だった。誰が勝てると予想しただろうか。
 全仏オープンテニス テニスの醍醐味、スリル。

 ロランギャロ
 本当に面白い。Frrgball1



 ラリーが続く
 醍醐味。
 走って走って、
 走りまくる。
 僕もこのボール
 お土産でもらいました。

 テニスってこうなんだ、と改めて思う。
 僕もクレーコートでプレーしたのは、横浜のテニスクラブに入っていた、20年前までだった。
 インドアのカーペットでレッスンをして、自分のテニスの練習で、
 午後の1時間のために通ったものだ。

 全仏で勝つための法則
Sayingrerg


 全仏では、サービス力よりもリターン力。
 ウィナー狙いよりも、アンフォーストエラーを減らす事。
 
 シングルス、勝利の法則
 ロランギャロでは、これよりさらに粘りが必要になる。

 グランドスラムSwinlawrule5



 勝つには、
 心技体
 全ての充実が必要。

 そして平常心。

○R・ナダル(3) vs. ●D・ブランズ, 4-6, 7-6, 6-4, 6-3
Frnadalnews

 クレーキング、全仏で52勝1敗と圧倒的強さを誇る、R.ナダル。
 表情が暗い。
 得意のフォアの回り込みでウィナーを狙う。
 しかし、落ち着いたブランズ、ダウンザラインにウィナーを切り返す。

 試合の流れが分かる、スラムトラッカー

Frnadalmoment


 ブランズのフォアの回り込みも凄い。
 R.ナダルの得意球、エッグボール。
 少し浅くなったら、火の玉のカウンターで、しかもショートクロス、
 ウィナー。世界のレベルは確実に上がっている。

Frnadalblanzstats


 第1セットを見たら、ナダル圧倒的不利が見える。

 試合の流れは、ブランズに傾いて行ったが、そこはクレーコート王者。
 切り返す術を知っている。
 あわやのR.ナダル
 クレーキングの意地で逆転勝ち。
 ナダル、得意の逆転勝ち

 終わってみれば、サービスブレークはたったの1回だけ。
 しかし、第2セットのタイブレークが終わるまでは、
 流れは完全にブランズ。
 この流れを、一気に断ち切る強さが、R.ナダルにはある。

 今年はブランズにも注目したい。

G.モンフィルズ 大接戦で、T.ベルディハ下す。
Frgaelnews


 ●T・ベルディフ(5) vs. ○G・モンフィス, 6-7, 4-6, 7-6, 7-6, 5-7
 天才復活
Frgaeltomasstats


 4時間を越す大熱戦。
 G.モンフィルズ、天才が返ってきた。
 荒かったテニス、
 アンフォーストエラーを減らして、クレーコートの戦いをした。
 T.ベルディハにクレーコートとは言え打ち勝つのだから凄い。

 V.ウィリアムスに次ぐ、早くものシードダウン。

 赤土には魔物が住んでいる。 去年は現女王のセレナが1回戦負け。 

 フランス、地元で優勝がない。
 30年前のY.ノアが最後。

 ウィンブルドン症候群ならぬ、ロランギャロ症候群。
 ウィンブルドン症候群って? 

 そのために、A.マレーは、ロランギャロをパス。ウィンブルドンに備える。

 地元の期待は、T.ベルディハ競り勝ったG.モンフィルズの天才タッチ


 テニス作戦ボード セミオーダー

Magfull3




 作戦ボードの詳しい内容は


全仏オープンテニステニスが分かる便利リンク集
 ロランギャロ、いろいろ情報
  グランドスラムならではのとっておき情報を紹介。
 ロランギャロ公式サイト


 男子シングルス情報 

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 R.ナダル オフィシャルサイト   

 R.フェデラー オフィシャルサイト 

 錦織圭オフィシャルサイト

 クルム伊達 オフィシャルサイト
 更新が頻繁で役に立ちます。


 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 テニスはフィーリングと安室 奈美恵が教えてくれる。

 スピード&回転のあるストロークを初めて公開!!
 爆発的に売れた第1作

新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
 
posted by 月さん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス

錦織 全仏 無難に2回戦へ

錦織圭 トップ10のテニスを実証
 心技体で相手を圧倒。戦意を喪失させる。
 錦織圭、ロランギャロ写真館をお届けする。

 内容は完璧。 6-3 6-2 6-0
 先日、憧れのR.フェデラーを破った時 よりも、錦織圭らしい戦い方だった。

 シャドーまで絵になる男。
Frkeisershadow

 Yahoo USASport にも写真が沢山紹介されていた。
 一流の証拠。

 錦織圭、Frkeiserfull



 ロランギャロの
 初戦。
 苦手の
 クレーコート
 2年ぶりの会場。

 腹筋は
 完治とは言えない。
 その腹筋が気になる
 サービス。

 払拭した。

 本人も話していいたが、グランドスラムの初戦は、
 緊張する。
 動きが硬くなる。

Frkeibseyes




 そんな自分を冷静に見つめて、
 相手が先に仕掛けてきた。それを自分に当てはめて闘う、余裕が見えた。

 これでクレーコートの苦手意識 が払しょくされると良いのだが、、。

 テニスを第三者的に見る。俯瞰から自分を観る。

 相手を先に諦めさせる。

 第三セットは、戦意喪失させていた、
 普通なら取れるボールも、追わなくなっていた。

 この戦い方を、添田豪、森田あゆみは見習って欲しい

 最も相手はレヴィン、アメリカの練習場所ニック.ボロテリーで一緒に練習した仲間。
 手の内は見えている。

 多少振られても、ショートクロスでカウンターでウィナー。
Frkeifsreach




 相手を先に諦めさせる、トップ10のテニスを披露してくれた。

 先手必勝 リターンでカウンター

Frkeiserup


  

 ベースラインの内側に入る 
 ストローク戦の常識

 サービスで押す

 トップ10目指して、戦う、若者。
 つわものに変化しつつある.

 次の相手はヒラルドを破った、G.ゼミア。初めての対戦だ。

 詳しい試合内容は、午後紹介する。
 トップ10が見えたテニス。
 詳細を乞う! ご期待!!


 メンタル強化ノート2013 

Tennischeckchart





メンタル.タフネス向上

 ソフトテニスメンタル.タフネス

 【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD
 [残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]
  “60秒メンタルトレーニング”が、遂に一般公開!!

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]

全仏オープンテニステニスが分かる便利リンク集
 ロランギャロ、いろいろ情報
  グランドスラムならではのとっておき情報を紹介。
 ロランギャロ公式サイト


 男子シングルス情報 

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 R.ナダル オフィシャルサイト   

 R.フェデラー オフィシャルサイト 

 錦織圭オフィシャルサイト

 クルム伊達 オフィシャルサイト
 更新が頻繁で役に立ちます。


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織

森田 添田 心の勝負に負ける

日本選手、添田豪、森田あゆみ選手、完敗。
 テニスはもっと楽しいはずなのに。
 皆の夢をプロは見せなくてはいけない。

 負ける事は仕方がない。
 それは実力だから。

 しかし、最後まで諦めない。
 ボールを追う、
 そのテニスの基本姿勢を見せて欲しかった。
 ハッキリ言って見ていて、つまらない試合は久しぶり。

 テニスの基本中の基本 ボールを最後まで追いかける
 
Sayingferrerdefence4


 これは、R.ナダル、D.フェレールが常に見せてくれます
 

 心の弱さを露呈した。
 テニスって楽しい 
 僕自身、試合に負けても楽しいです。
 全力で試合をしたのだから。反省はしますが、それは別。 

 森田あゆみ選手 18歳のY.プチンセバに完敗。
Rgayumistats

 2-6 3-6
 データで見る限り、競っている状況のはず。
 しかし粘りが全くなかった。
 デュースゲームを取れていないのが敗因。
 自身のサービスゲームで40-15これを取れば、Y.プチンセバにプレッシャーをかける事が出来る。
 また、相手のサービスゲームで15-40 追いこむチャンス。

 こんな重要なポイントで簡単にゲームを奪われてしまう。
 いつもの森田あゆみ選手の粘りがなかった。

 反省点は多過ぎる。
 メンタルタフネス、闘う姿勢を最後まで見せれなかった。
 その点相手はファイティングスピリッツで Come on!
 森田あゆみ選手 スラムトラッカー
 

 添田豪 ソーザに完敗

Rggostats



1-6 3-6 2-6
 同じく、闘う姿勢が見えなかった。
 体調が悪い感じすらした。

 二人の反省点
 サービスのポイント獲得率の悪さ。

 アンフォーストエラーの多さ。
  N.ジョコビッチ アンフォーストエラーが少ない
 特にクレーコートでは大事。  

 その原因は、クレーコートのフットワーク
  
 左右に振られて、止まる。
 ここから戻りが遅い。
 自分が打ったボールを見ている、アマチュア的なシーンが多かった。

 R.ナダルはいつも戻れるし、
 逆を突かれる事も予測している。

 日本選手、逆を疲れたら、一歩も動いていない。
 これでは相手の自由になってしまう。

 動ける事を示しながら闘わなくてはいけない。

 テニスはMtsecofox



 メンタルタフネス、

 クレーコートは
 もっとタフな
 メンタルタフネス
 が必要。

 日本選手、比較的おしとやか
 派手なガッツポーズはしない。

 特に添田豪選手はそう。
 日本人の奥ゆかしさ、メンタルタフネス
 しかし、試合の流れを変える、粘る姿勢を見せる。
 その意味では、相手に自身ある態度を見せる事も心のテクニック。

 デビスカップで韓国に敗れた時に、調子が悪くなった気がする

 森田あゆみ選手はS.シルステア選手とのダブルスがあるから、シングルスの負けを引きずらないで欲しい。

テニスは集中力、心の戦い。心もトレーニングで強くなる。 テニスの性格も変わる。

 メンタル強化ノート2013 

Mtmindbodytech




メンタル.タフネス向上

 ソフトテニスメンタル.タフネス

 【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD
 [残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]
  “60秒メンタルトレーニング”が、遂に一般公開!!

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]

全仏オープンテニステニスが分かる便利リンク集
 ロランギャロ、いろいろ情報
  グランドスラムならではのとっておき情報を紹介。
 ロランギャロ公式サイト


 男子シングルス情報 

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 R.ナダル オフィシャルサイト   

 R.フェデラー オフィシャルサイト 

 錦織圭オフィシャルサイト

 クルム伊達 オフィシャルサイト
 更新が頻繁で役に立ちます。


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
 
posted by 月さん at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。