<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(175)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(70)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1464)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(88)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(12)
奈良くるみ(9)
フェデラー(69)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(6)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(7)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(4)
ソフトテニス(10)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年11月(2)
2017年10月(22)
2017年09月(40)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(30)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(32)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(57)
2016年06月(59)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年05月11日

錦織 不覚 クレーの罠

錦織 またもや不覚 
 伏兵に、ストレートで敗れる
 R.フェデラー戦の勝利の余韻に浸っている時間はなかった。
Keiadujarscore




 予選を勝ち上がった、選手に苦杯。

 R.フェデラーとのMadridkeiannoy



 3セット、
 フルセットの
 疲労あったろう。
 しかし、
 そこを勝ち上がるのが
 トップ10への条件だ。

 試合中、
 苦悩の表情を
 見せる 
 錦織圭

 ここがメンタルタフネス

 負けは負けで受け入れる必要がある。
 テニス、敗戦に 言い訳不要。  

 試合に不思議の負けなし。野村監督の言葉だ。
 試合の内容は、競りに競っている。ラリーも続いた。
 ここでクレーコートへの自信が大きな影響を及ぼした。
 クレーコートの苦手意識。
 ロランギャロまでに修正したい。

Madridkeibs3

 数字的には、全くの互角。
 フェデラー戦だって、データは
 サービス、レシーブとイーブン。
 ブレークを相手よりも多くする事。
 数字に出ない部分は、自分の心の強さなのだ。

Keiandujarstats


 先に左右に振られてしまった。
 主導権を握られたら、体力的に苦しい。


 クレーコート何故難しい 

 錦織圭とクレーコート
 P.アンドゥハル 予選上がりだが、クレーコートは強い。

 クレーコートは何が違うのか。
Ccsurface1




 ナダルとクレーコート 
 ナダルと対戦する。多分ナダルが余裕で勝つだろう。
 その勝ち方を学びたい。
 負けたプレーヤーの次の試合を観戦する。一般プレーヤーには大事なことだ。
 
 先日のハイライト動画

 ナダル、フェレール、T.ベルディハの戦い方が紹介されている。

 錦織圭のサービス動画CM 
  サービスを上と、後ろから見ると、イメージが湧く。

マドリッドが分かるリンク集
 錦織圭オフィシャルサイト
 ATP 
 テニス365 
 マドリッド オフィシャルサイト 
 R.ナダル オフィシャルサイト   
 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト 
 R.フェデラー オフィシャルサイト 

 BNLイタリア国際男子 5月12日―19日
 これが終われば、グランドスラムフレンチオープンだ。
 ロランギャロ 
 ここまでクレーコートの闘いは続く。


 シングルスのコート図を使いますから、イメージが湧きます。 
 特にジュニア選手の育成に良いですよ。

A5smemoc1wbmatch

 テニスノート2013

お陰さまでテニスコーチブログNO1 片手打ちバックハンド特集 有り難うございます。

0509




 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織

錦織 フェデラー戦勝利のデータ分析

錦織圭 フェデラー戦 夢の勝利 データ追加
 錦織圭とR.フェデラーの試合。
 各セットのデータを入手整理、分析した。

 アンフォーストエラーとウィナー
 ネットプレー
 各セットのポイント獲得を比較してみた。

Keirfnewstats

 すると驚いた事が二つある。

 数字的には、R.フェデラーの方が有利だった。
 その理由は?

 サービスのポイント獲得率の高いのはR.フェデラーのはずだが、
 この試合、錦織圭がサービスのポイント獲得率高く
 逆にリターンではR.フェデラーが押している。

Keiairfs

 普段と逆の現象が起きていた。

 数字的に
R.フェデラーの方が
有利だが勝てなかった理由は、

 錦織圭のKeirffinish



失った
 セカンドセット、
R.フェデラーの
 一方的な勝ち方。
 ここでポイントを
 有利にしている。

 第1セットは、ポイント的には錦織圭が負けているが、ゲームを効率良く取った。
 R.フェデラーのサービスゲームは簡単に取られ、
 錦織圭は苦労してポイントを取っている、

 錦織圭が良かったのは、アンフォーストエラーを抑えた事
 ブラット.ギルバートコーチになってから終始意識してきたことだ。

 数字的には第2セットを、捨てた感じさえある。
 第3セット、錦織圭は一気に開き直って、集中。
 最初のフェデラーのサービスゲームをブレーク、
 この取り方が大きかった。

 錦織圭対R.フェデラー戦で、R.フェデラーは自身のブログで、
 「彼の方が良いプレーをしただけ」
 と淡々と語っている。
 次のコートの準備をしなくては、
 次もイタリアローマで、錦織圭も出場する。

 ただR.フェデラーは、今回の早い敗戦で、ポイントをかなり失う事となる。
 去年優勝してる、それが1年で失効するからだ。
 逆に錦織圭は加算される

 お互いにベースラインから下がらない。
 少しでもボールが浅いと、ウィナーが来る。

 R.フェデラーは、いきなりは左右に振らない。
 センターにボールを集めて、角度をつけさせない作戦だ。
 これは錦織圭を警戒している証拠だ。

 しかし錦織圭、Keifswideattack



 少しでもボールが
 浅くなると、
 R.フェデラーの
 バックにウィナーを打ち込む。
 時々フォアも狙うので、
 R.フェデラーは全く動けない。

 サービスでも押していた。
 2ndサービスも深く、ダブルフォールトが無かったのが良かった。

 サービス力 錦織圭 
 ここに来てサービス力が安定している。



 バルセロナで3回戦で敗れた教訓を活かしている。
 2ndサービスを叩かれたのだ。

Keisergood



 

 お互いにフォアに回り込む時が勝負の分かれ目。
 R.フェデラーは錦織圭の2ndサービスをほとんど回り込む。
 無理に見える位。これでオープンコートを作る結果となった。
 回り込む時はウィナーを取らないと厳しいことの証明だ。

 フェデラーの攻撃力 

 ドロップショットはR.フェデラーが上手い。 錦織圭がやっと拾うが、次のボール90%予測している。
 二人ともラリーの展開も速い。
 ベースラインからあまり下がらないので、時間も短い。
 さらにウィナーを狙う時は一気に加速する。
 ウィナーの速さ、132km

 第3セット先にブレークしてプレッシャーをかけれたのが良かった。
 R.フェデラーのウィナーが少しずつ、切れる。オーバーする。
 R.フェデラーの展開が淡泊で、粘りが無くなった。


 錦織圭の次の対戦は P.アンドゥハル
 2011 ウィンストンで対戦して、錦織圭がストレートで勝っている。
Keiandujar




 二人の対戦内容 スタッツ 


 2画面マグネットは便利 

 テニスのスコアをつけよう 

 テニス上達のテニスノート システム手帳
 シングルスのコート図を使いますから、イメージが湧きます。 
 特にジュニア選手の育成に良いですよ。

A5smemoc1bird2

 テニスノート2013

マドリッドが分かるリンク集
 錦織圭オフィシャルサイト
 ATP 
 テニス365 
 マドリッド オフィシャルサイト 
 R.ナダル オフィシャルサイト   
 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト 
 R.フェデラー オフィシャルサイト 

 BNLイタリア国際男子 5月12日―19日
 これが終われば、グランドスラムフレンチオープンだ。
 ロランギャロ 


 フルマッチの動画 


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織

錦織 フェデラー戦 データ分析

錦織圭 フェデラー戦詳細
 マドリッドが二人のスーパーショットの歓声に包まれた。
 攻撃テニスで、テンポが良い。
 息もつかせぬ展開。
Madridrfserseq

 4-6, 6-1, 2-6
 第2セットを
 取り返された時は、
 このまま逆転されるのでは、
 そんな気持ちがよぎった。
Keifsgood




 テニスの醍醐味だ。

 最後にきれいな動画もあります。
 ストロークのテンポが早い。
 ラリーの早さが凄い。トッププレーヤーでも片道1秒前後。
 この二人、片道、0.8-1秒でストロークが進行。
 凄い速さ。い次元の速さだ。
 何も考える余裕はない。
 右脳を全開、インナーテニスの世界だ。

 錦織圭がフェデラーを引き付けて逆を突くシーン。
 立場の逆転を見た。

 R.フェデラー選手は自分の憧れの人。
 R.フェデラーを夢見て育った、練習した。
 その人に勝つのが一つのゴールでもあった。

 錦織圭、R.フェデラー戦 試合全体の流れ 
  

 錦織圭、R.フェデラー戦 試合の予測 

 R.フェデラーは超攻撃的なプレーヤー 
 錦織圭が全く動けないサービスエースも多かった。

 一方錦織圭はデフェンスシブな選手
 しかしこの試合、守っているだけでは勝てない。
 守りから、カウンター攻撃への切り替えが早かった。

 この二人テクニックがある、
 ソフトタッチも上手い。
 ドロップショット、
 トップスピンロブ、 股抜きといろいろ見せてくれた。

 R.フェデラーがクレーコートで見せるサーブ&ボレー。格好いい。
 サーブ&ボレー 活用法 

第1セット 緊張したゲーム展開
 錦織圭は危なげなかった。
 あのR.フェデラーにブレークチャンスを一度も与えていない展開。
 錦織圭はたったの1度のチャンスをものにした。 6-4 テニスの醍醐味だ。

Keirfsetpointstat


 このセット二人の1stサ-ビスのポイント獲得率が凄い。
 錦織圭87%と驚異的、フェデラー81%。
 2ndサービスではR.フェデラーが70%、錦織圭50%と R.フェデラーが押している。
 興味深いのがポイント獲得率
 錦織圭49% R.フェデラー51%で 数字上ではR.フェデラーが勝っている。


 第2セットはR.フェデラーが調子を上げてきたので、耐えるしかなかった。
 錦織圭にチャンスらしいチャンスは全くなかった。

Keirfstats2set




 第3セット、フェデラーのサービスが本当良かった。
 このセットだけでサービスエースを4本とっている。
 この良いサービスは錦織圭は諦めるしかない。
 しかし、錦織圭のリターンが良かった。
 でも2ndサービスを、叩く事が出来た。
 ハッキリ言って、緊張していた、当たり前ですよね。
 でも開き直って、振り抜く事が出来たのが勝因です。

Keirfstats3set




 試合のスコアを見る限り、R.フェデラーの内容。
 試合に負けて、勝負に勝った、そんな感じ。
 要所、要所をしっかり締めた。
 トップ10の勝ち方だ。

 シングルス勝利の法則
 勝因は積極性
 ベースラインから下がらなかった事。
Keirfrallybaseliniin


 




 錦織圭の次の対戦は P.アンドゥハル
 2011 ウィンストンで対戦して、錦織圭がストレートで勝っている。

 このまま行ってナダルと当たって欲しい。

マドリッドが分かるリンク集
 錦織圭オフィシャルサイト
 ATP 
 テニス365 
 マドリッド オフィシャルサイト 
 R.ナダル オフィシャルサイト   
 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト 
 R.フェデラー オフィシャルサイト 

 BNLイタリア国際男子 5月12日―19日
 これが終われば、グランドスラムフレンチオープンだ。
 ロランギャロ 
 ここまでクレーコートの闘いは続く。



 テニス上達のテニスノート システム手帳
 シングルスのコート図を使いますから、イメージが湧きます。 
 特にジュニア選手の育成に良いですよ。


A5memoc2wbmatchc2



 テニスノート2013

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。