<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(175)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(70)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1464)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(88)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(12)
奈良くるみ(9)
フェデラー(69)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(6)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(7)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(4)
ソフトテニス(10)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年11月(2)
2017年10月(22)
2017年09月(40)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(30)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(32)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(57)
2016年06月(59)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年12月14日

ATPベストマッチ2016 A.マレー対M.ラオニッチ戦 二人の成長が見える試合

マレーの強さを証明した 今年のベストマッチ M.ラオニッチ戦
 やっとトッププレーヤー待望のオフシーズン。
 と言っても、次に向かっての準備があるので、ゆっくり休養と言う訳にもいかないだろう。
 特に、1位から陥落した、N.ジョコビッチ。しっかり戻してくるだろう。
 決勝で、A.マレーに敗れたが

 怪我で休養のR.フェデラー、  ウィンブルドンのM.ラオニッチ戦の怪我が契機
  
 
 R.ナダルも修正してくるはずだ。
 

 錦織圭も、M.チャンコーチが、厳しいオフになると語っていた。
 体幹を鍛えて、マスターズの初制覇に挑むと明言していた。
 ATPではその膨大なデータを活かして、面白い企画を組んでいる。
 ベストマッチ
 グランドスラムベストマッチ
 逆転劇と発表しているので、少しずつ紹介したい。
 ATPが発表した今年のベストマッチ。そこで見えたものは。
 A.マレーの強さだ
 
まさにA.マレーの強さを象徴するような試合だった。
 結果的にA.マレーは今年24連勝。 まだ続いているので、来年が楽しみ。
1. Andy Murray d. Milos Raonic 5-7, 7-6(5), 7-6(9)/SF/Barclays ATP World Tour Finals
 A.マレーの9勝3敗 最近はA.マレーの連勝。
Murrayrao

 M.ラオニッチの超攻撃サービス対、A.マレーの鉄壁のデフェンス力、この構図だ。
 来年錦織圭は、この二人とどう戦うか、注目したい。


A.マレー◎ 5-7, 7-6(5), 7-6(9)/ ×M.ラオニッチ
ATPファイナル セミファイナル
 ファイナル、M.ラオニッチは強くなっていた。
 ラウンドロビンで、N.ジョコビッチ戦は、2回のタイブレーク
 
 サービスキープ力が凄い。

 僕はテレビを見ていたが、勝負はM.ラオニッチに大きく流れていた。
 サービスゲームの強さは、誰がブレークできるのだろうか、そんな感じがする。
 そこをひっくり返す、A.マレー。

 A.マレー M.ラオニッチ戦  
 今年のA.マレーの強さは何度も見てきている。
 逆転勝ちが多い。
 T.ベルディフにタイブレーク、1-6からの逆転には驚いた。
 そして錦織戦、今年のベストマッチ NO2に選ばれている。
 
 それからこの試合だ。

 A.マレーが強くなった要因 環境
 
 A.マレーの強さ リターンから攻撃
今までは遅攻だったのが、早くなった
  
 誰よりも強く叩く2ndサービス
Murrayre2ways



 
 それもウィナー狙い
 リターンダッシュも多用

 コートレベルでの視線なので、自分がプレーしている気分になれる。
 CGでの再現 ここまできれいにコピーできるのか?
Cgmurrayrao






 ダブルス、勝利の法則 2016編  
 皆さんのダブルス上達に、役立ちます。

 テニス作戦ボードの内容  
 テニスコーチが作る、実用本位。
Jrdolls2nagfull

 ジュニアにはシングルスのコート図が必要です。ジュニア用シングルス作戦ボード


 作戦ボード入りテニスノート 


テニスシステム手帳 2017年
 作戦ボード、マグネット対応も
 正しいコート図、スコア、選手、コーチに使い勝手満点

  テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
A5smemoc1wbmatch




 テニス システム手帳2017 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★

ATP  

WTA

テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(3) | マレー

2016年11月26日

新王者 A.マレーが強くなった理由 戦術、戦略、テクニック

真の王者、マレー 強くなった理由 Part2
 今年は、N.ジョコビッチに始まり、A.マレーで終わった。
 後半、N.ジョコビッチを追い詰め、一気に抜いた。
 トップに駆け上がる時には、この様な勢いが必要だ。
 A.マレーが強くなった要因を探っている。
 それはそのまま、強い選手を育てる方法になるし、コーチとして知りたいことだからだ。
 最初に、A.マレーのテニス環境、コーチング に触れた。
Murrayteam2016



 
今回は、良きライバル関係について触れてみたい。
 少し厳しい見方をすると、R.ナダル、R.フェデラーの2強が後半欠場したチャンスを活かした。
 R.ナダルの強さ、クレーコートキング 

 R.フェデラー、スピードテニス  

 同じチャンスは、錦織圭にも言えるが、上手く活かせなかったと言う事だ。

 その点M.ラオニッチ、M.シリッチは躍進した、
 準決勝でA.マレーを困らせた、M.ラオニッチ
  
 強くなったM.シリッチ

A.マレーの強さの原点、心の持久力。 まじめな性格。 
 今年は何度も逆転勝ちしている。
Saymurraystrong




A.マレーには良きライバル、N.ジョコビッチがいたと言う事は非常に大事な事だ。
ビッグ4のライバル関係
 初期は、R.フェデラー、とR.ナダル
  
 
 次の段階が、R.ナダルとN.ジョコビッチ
 

 そして、N.ジョコビッチとA.マレーの関係 が逆転した。
  

 今年のロランギャロスまでは、N.ジョコビッチの独走状態。
 僕も、N.ジョコビッチが断トツで、今年を終えると確信していた。
 それがあれよあれよのA.マレーの大進撃。まさに進撃のスコッチ。
 去年までなら、R.フェデラー、R.ナダルが、必ず、どこかで立ちふさがっていたが、
 この二人が怪我でリタイアしたことも、試合を勝ち上がるうえで楽になったことは否めない。

 Big4同士の対戦成績では、A.マレーは全員に負け越している。
 その点ではまだまだと言える。
 しかし、今年の前半の対戦では、N.ジョコビッチに3勝2敗。
 R.ナダルに1勝1敗とできたことが大きい。

Big4 の対戦成績
Atp16jmg





今年のA.マレー78勝9敗と好成績。
 特に後半は24連勝、4試合連続優勝が大きい。
今年のBig4対決は
 A.マレー N.ジョコビッチに3勝2敗
 A.マレー R.ナダルに1勝1敗。  いつもの年なら、5回は当たる。

 A.マレーは、今年パッシングショットが非常にいい。
Murraydefpassgd




今年のA.マレーの勝敗を、時系列順に最近から紹介しよう。
ATP ファイナル優勝 vsN.ジョコビッチ
 M.ラオニッチ
 S.バブリンカ
 錦織圭
 M.シリッチを撃破
パリインドア 優勝 J.イズナー 5連勝
ビエナ 優勝 J.W.ツォンガ 5連勝
上海 優勝 アガット 5連勝
チャイナオープン G.デミトロフ 優勝 5連勝
デビスカップ 負け J.D.ポトロ  
USオープン クオーターファイナル 負け 錦織圭
シンシナティ ファイナル 負け M.シリッチ
Rio オリンピック 金メダル優勝 J.D.ポトロ 6連勝
ウィンブルドン 優勝 M.ラオニッチ 7連勝
Aegon優勝 M.ラオニッチ 5連勝
ロランギャロス 優勝 N.ジョコビッチ、 7連勝
  セミファイナルでは、S.バブリンカを破っている。
イタリア国際 優勝 N.ジョコビッチ  5連勝
マドリッドオープン 準優勝 N.ジョコビッチ
 セミファイナルでR.ナダルに勝っている。
モンテカルロ 負け セミファイナル R.ナダル
マイアミ R32 負け G.デミトロフ
インディアンウエールズ R32 負け F.デルボニス
デビスカップ日本戦、錦織圭、ダニエル,太郎に勝利
オーストラリアンオープン ファイナル 負け N.ジョコビッチ

  錦織圭を強くした男。
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」



スポーツ&アート 
今月、11月一杯ご注文のお客様には、コート図4種類、と正しいコート図下敷き、無地のホワイトボード。 
 合計6種類のコート図をプレゼント。3千円相当です。
 さらにご希望の方には、ロゴマークをコート図に入れるサービス。

 テニス作戦ボード、6種類のコート図プレゼント
Tennis2mag

 ロブ表示が出来る、立体コート図が人気です。





硬式テニス、作戦ボード 

 ソフトテニス、作戦ボード
 
セミオーダー、注文作戦ボード 

 ダブルス、フォーメーションBook



 今週末はデビスカップ決勝。wowowで放映
  25日からです。 
 ATPファイナルでも活躍した、M.シリッチのクロアチア。
 今年復活してブレークした、J.D.ポトロのアルゼンチンと激突します。
 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK on lineATPファイナル

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マレー

2016年11月25日

新王者マレー 実力のベースは? テニス上達のヒント、目的意識、テニス環境

A.マレー,NO1になれた訳。テニス環境、真面目さ。
 去年くらいから、A.マレーが一気に強くなった。
 Big4の下から抜け出せないのでは、と思ったが、どうしてどうして。
 今年の快進撃。その裏側には、テニス上達の秘訣があった。
 コーチングの視点から観察してみよう。

 良き家庭環境。チーム、A.マレー。
 モチベーションの高さ
 
 ATPファイナル A.マレーの執念の勝利だった。
 絶対にNO1になる。
 そのためにはどうすればよいか。
 大きな目標を持ち、モチベーションを上げる。
 そして具体的なステップアップする方法を積み上げて行った。
 持ち前のデフェンス力を強化
 サービスエースの嵐を潜り抜けた、M.ラオニッチ戦。
Murraystdefenceparis




 その上に、攻撃力を上げて行った。
 錦織圭戦
Murraytspinfs




 以前に指導を受け、格段に良くなった時のコーチ、I.レンドルに再度依頼し、
 ウィンブルドン、グランドスラム初優勝
  
 ロンドン.オリンピックと金メダル

 リオで連続金
 

 今年再度依頼
 この時、同じく、M.ラオニッチがJ.マッケンローにコーチを依頼。
 サーブ&ボレーが良くなった。 今年のウィンブルドンの快進撃。
 

チームで、チャンピオン、A.マレー計画を進めて行った。
 テニスコーチにはI.レンドル
 そしてJamie Delgadoも大きく貢献している。
 彼は、イギリスのデビスカップメンバーだった。
 G.ミューラーのコーチも務めていた。
 A.マレーは、チームの力は大きい。特にデルガドと名前を良く出している。
 精神的な支えは、I.レンドル。
 技術、体力面はデルガドが支えている。
Murraycoach




 家庭環境も、テニスファミリー。
 母親Judyはイギリス協会の会長。
 フェドカップのコーチ。
Teammurrayjudy





 兄はダブルスNO1ジェミー、
2013は10位 遅咲きの選手。
 
 時々、ダブルスでも出場。
 2016 デビスカップ 日本戦、A.マレー 兄弟強い
  

 ダブルスの経験、これがネットプレーの向上につながった。
 シングルスプレーヤーに必要な、ダブルスの経験。
 特にシングルスしかプレーしないジュニアに
 

 


テニス上達グッズ
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
ジュニアを持つ親に 成長期の子供を育てるコツ満載
Bmjrser3rdatrtack2




ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 テニス、ソフトテニスコーチ用作戦ボード新機能、紹介
テニス2画面マグネット作戦ボード

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付


 ダブルス、フォーメーションBook



 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
ATP  

WTA

テニス365 

週末はデビスカップ、クロアチアvsアルゼンチン戦ですよ。
 M.シリッチ、J.D.ポトロの激突。ダブルスが面白い。
 wowow on line

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
タグ:王者マレー
posted by 月さん at 05:53| Comment(0) | TrackBack(2) | マレー

2016年11月22日

マレー 王者のテニス ジョコビッチを跳ね返す 勝因、データ分析 ATPファイナル2016

改めてA.マレーの強さ 真のチャンピオン。強さをデータ解析する
 N.ジョコビッチも絶賛、
 「アンディは強くなった、僕の強さを封じ込めた、」
 「アンディ真のチャンピオンだ」と言えばマレーは
 「少し前までは、全く勝てなかったし、
 あなたはロランギャロスで偉大なグランドスラムを達成した。」
 と敬意を口にする。 気持ちの良い言葉だ。
 相手に敬意を表する。スポーツマン。素晴らしい試合を締めくくる言葉だった。」
 前日のM.ラオニッチ戦、3時間38分の大激戦  の直後の決勝。
 A.マレー自信、良く寝れたけれど疲れは残っている。
 

 スコアから見ると6-3,6-4,A.マレーの完勝だが、
 一本一本のラリーは互角、ラリーしてからのミス。
 それがN.ジョコビッチが先にした。
 一般プレーヤーでは打ったショットの1/3が凡ミス。
 この試合では2割にも満たない。
 長いラリーとなった。最長で33本のラリー。
 5ポイント以下のラリーはほぼ半分。
 一般的には5ポイント以下のラリーが2/3。 だから試合時間が長かった。

A.マレーの強さ
 何しろ、今年の終盤は24連勝、5大会連続優勝。
 より強さを求めて進化、レベルアップを図る。
 I.レンドルコーチに再度専属コーチを依頼したこと。これは過去に例はないと思う。
 一度I.レンドルの都合でやめている
  

 そして復帰してからの大躍進。  

 大体、コーチと選手の関係がぎくしゃくして、分かれるから。

ブレインンゲーム A.マレーの戦略  
バックハンドの打ち合いを制したこと。
 N.ジョコビッチのバックハンドは安定していて、カウンターが強い。
 それをこの試合ではA.マレーが実践した。

 トッププレーヤーの戦いでは、いつフォアの回り込むかで勝負が動く。
 しかしこの二人、それほど無理をして回り込むことはしない。
 フォアに回り込む、決まると恰好いいが、ハイリスク、ハイリターンのショット。
 R.ナダルの例  
 自分からオープンコートを作るからだ。
 お互いにそれを警戒して、バックはバックで打つ、だからラリーがつながる。
試合のスタッツを整理すると
Murraynolestatsatpf

 サービス、リターンともファーストはA.マレーが良く。
 セカンドではN.ジョコビッチが良い。
 スコア以上に接戦。 競った時にA.マレーが取り切っている強さ。


 N.ジョコビッチのバックハンドウィナーをたったの3本の抑え、
 アンフォーストエラーを17本に増やした。
 これはN.ジョコビッチは落ち着いてプレーできない。
 あれだけのプレーヤーでも、ミスを重ねてしまうのかと。
 強い時のN.ジョコビッチでは信じられない。
 ロランギャロスでグランドスラム達成

 N.ジョコビッチのミスを誘う。結果的に、疲れて攻めれなかったのが不幸中の幸い。
 基本的にA.マレーのボールが深かった。
 N.ジョコビッチも深かったが、A.マレーは極端に攻めようとはしていなかったので、
 ラリー、続ける事に集中できた。
 アンフォーストエラーが極端に少ないのがN.ジョコビッチのテニス
 

 2012ファイナルはバックハンドでA.マレーに打ち勝ったN.ジョコビッチ
 

A.マレーのバックハンド  
 錦織圭戦から 
  バックハンド、両手打ちvs片手打ち比較
Murraynolebsrally

 A.マレーはバックハンドのラリー、 少しずつN.ジョコビッチを外に出し、
 N.ジョコビッチがたまらずカウンターにダウンザライン
 それを待っていて、カウンターのカウンター。
 

 トッププレーヤーでもウィナーはフォアが多い。
 バックは続けて相手の浅いボールを待つ。
 このラリーの展開でN.ジョコビッチがイージーミスを続けた。
 さすがに、N.ジョコビッチも元王者の維持で最後は調子を出してきた。
 切れのあるアプローチショットでウィナーを奪い始めたが、時すでに遅し。
 この二人のクラスでは、1ダウンはなかなか挽回不能になる。

 バックハンド上達法
 片手打ち用、
 両手打ち用があります
バックハンドが上手くなれば、
 中級者からの脱出

 この事は、凡ミスでポイントを失う、一般プレーヤーへの良い教訓となる。
 昔から言われている事だが、
 相手よりも一本多く返す。
Sayingmanyrally

 ラリーに強くなる レッスンドリル。
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Bmcombredsmlob




ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


 試合に勝つ方法  

 ベースラインのどこで打つかのゾーン戦争。
 じわりじわりとA.マレーは中に入り込み、少しずつN.ジョコビッチは下げられていた。
 錦織圭戦では22%ベースライン内側に入れたが
 この試合では18%に抑えられた。

 N.ジョコビッチ戦の勝利では、N.ジョコビッチのリターンを封じ込めたこと。
 A.マレーのサービスを叩こうと狙っていたが、良く弾むスピンサーブが入った。
 1stサ-ビスでは、ワイドに逃げるスライスが有効。
 これでN.ジョコビッチをコートの外に追い出すことに成功した。

 N.ジョコビッチは中に入りこんでカウンターを狙うのが得意。

A.マレーも相手に先に振らせて、それに追いついてカウンターが得意。
N.ジョコビッチのネットポイントが多かった。
結果論だが、もっと前に出てプレッシャーをかける事が必要だった。

らしさが出たのが 今年のローマ
 
 N.ジョコビッチに連敗中だったのを、戦略を変えて、N.ジョコビッチを破った。 
 このあたりから苦手意識が少なくなって来た。

A.マレーvsN.ジョコビッチ ハイライト動画

テニス上達グッズ
テニス2画面マグネット作戦ボード

ソフトテニス作戦ボード大型B4サイズ、見開き2画面

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付
B7tennis2magstaffall


 ダブルス、フォーメーションBook



 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
  ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK on lineATPファイナル
 今日から、錦織圭の特集番組があります。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 13:32| Comment(0) | TrackBack(4) | マレー

2016年11月21日

マレー ジョコビッチとの直接対決制する ATPファイナル2016 初優勝

A.マレー真のチャンピオン。N.ジョコビッチをストレートで下す。
今年の終盤、念願のNO1になった、A.マレー。
 しかしこの試合で負けるとN.ジョコビッチが1位に復活する。
 A.マレーは大会前に、「観客は、僕ら二人の対決を望んでいると思うよ。」と語った。
 この大会、逆転の連続で勝ち上がった。
Murrayno12016

信じられませんが、初優勝なんです。快挙、
 しかもずっとNO1を死守していた、ジョコビッチに勝ったのだから。
 この二人親友、でも試合は全力。気持ちの良い試合だった。




 この雰囲気はリオのオリンピックで金メダル前の状況と似ている。
  錦織圭をA.マレー破った
  
 A.マレー、N.ジョコビッチともに、
 いまでこそBIg4のトップ、Big2.
 しかし、上に、R.ナダル、R.フェデラーが君臨する時は、3位、4位だった。
 そこをクリアしたのは、持ち前の、デフェンス力に攻撃力を加えて行けたから。
 それを可能にしたのは、二人の偉大なコーチだ。
 A.マレーのコーチ、I.レンドル
    

 N.ジョコビッチのコーチ、B.ベッカー
   

A.マレー◎  6-3,6-4   ×N.ジョコビッチ
Murraynolescore




 素晴らしいのが、二人は試合が終わった後、
 健闘を讃えあっている事。
Murraynolehag




 欧米の選手は大体そうする。
 スポーツの原点、試合が終われば、ノーサイドなのだ。
  ラグビーのワールドカップ、日本の活躍に感動 エディジャパン
  

 残念ながら、文化的な違いからか、錦織選手にはまだその余裕がない。
 N.ジョコビッチ戦の試合後、生き返るには時間が必要と話していたが、

 N.ジョコビッチは大会が始まる前から、試合を楽しみたいと。
 これがスポーツの原点だ
 これは一般プレーヤーの方に伝えたい事。
 テニスって楽しい。
 ラリーって楽しい。相手がいるからそれに感謝。
Photo




 

 A.マレーは2日間で7時間戦い、疲労困憊のハズ。
一方、N.ジョコビッチは、ゴファン、錦織圭と、短時間でさばいている。
 錦織圭、N.ジョコビッチに完敗。
 
 
この二人のレベルでは、疲労度の蓄積は大きなハンディとなる。
 しかし、A.マレーは勝ち切った。
 24連勝、
 しかも5試合連続の優勝。
 A.マレーは本当に強くなった。
 デフェンス力、Bs



 走る走る、
 諦めないから、
 相手が
 ミスをする。
 ここが
 錦織圭と
 マレーの
 大きな大きな違い。
 N.ジョコビッチも優しいスマッシュをミス。

 いつもは多い、A.マレーのセルフトーク、少ない。
 凄く集中している。

 逆転勝ちを2回連続。
 苦労した、ラウンドロビン、錦織圭選手
  
 準決勝M.ラオニッチ戦  
  

 真の王者になったA.マレー。
 これから少しBig2の時代になるのかも。
 ここの錦織圭、M.ラオニッチがどこまでつけ入る事が出来るか。

  錦織圭を強くした男。
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」



スポーツ&アート 
今月、11月一杯ご注文のお客様には、コート図4種類、と正しいコート図下敷き、無地のホワイトボード。 
 合計6種類のコート図をプレゼント。3千円相当です。
 さらにご希望の方には、ロゴマークをコート図に入れるサービス。

 テニス作戦ボード、6種類のコート図プレゼント
Tennis2mag

 ロブ表示が出来る、立体コート図が人気です。





硬式テニス、作戦ボード 

 ソフトテニス、作戦ボード
 
セミオーダー、注文作戦ボード 

 ダブルス、フォーメーションBook



 今週末はデビスカップ決勝。wowowで放映
  25日からです。 
 ATPファイナルでも活躍した、M.シリッチのクロアチア。
 今年復活してブレークした、J.D.ポトロのアルゼンチンと激突します。
 
★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK on lineATPファイナル

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 10:05| Comment(0) | TrackBack(3) | マレー

マレー 真の王者へ ラオニッチに劇的逆転勝ち ATPファイナル2016 決勝へ

A.マレー、正直強い、粘る、立派
 強いマレー、今年は23連勝。
 そして4試合連続の優勝。
 持ち前の防御力に加えて、競った時の攻撃力。全くスキがない。
 凄い試合、A.マレーの頑張りに大拍手。
 N.ジョコビッチは軽く錦織圭 をさばいて、決勝に進出。A.マレーを待つ。

A.マレー◎ 5-7,7-6(5),7-6(9) ×M.ラオニッチ
Murrayraoscore



 サービスから攻めたてるM.ラオニッチを大逆転。
 最長3時間38分マッチ。

 前日の錦織圭選手、3時間20分を、軽く超える、マラソンマッチ。
 
 二日で6セット、6時間58分、ほぼ7時間戦う。

 M.ラオニッチがデータ的には良い数字。
Murrayraostats




 ここにきてM.ラオニッチ、好調を持続
 
 押していた、最終セットのタイブレークも、11対9の大接戦。
 
 勝負の重要なファクターの、
 1stサ-ビスのポイント獲得率、
 ブレークポイントでも、M.ラオニッチが上回っていた。
 しかしA.マレー、しぶとく、2ndサービス、
 リターンも2ndサービスに対してのリターンでポイントを稼ぐ。

 ブレークポイントではチャンスは、M.ラオニッチの方が12回で、A.マレーの7回よりも多い。
 ブレーク数も、M.ラオニッチが4、A.マレーは3で多い。
 ここを粘ったA.マレーを褒めたい。
 3セットでM.ラオニッチのサービスエースを10本に抑えた、

M.ラオニッチ、サービス力を活かして、早いポイントが多い。
 Raoservo



A.マレーが示す、リターン力。
 A.マレーは、高く弾んだボールで、M.ラオニッチを左右に振る。
Murrayfshh



 
   ハイライト動画  


 これで決勝は、A.マレー対N.ジョコビッチ。
 勝った方が、真のNO1になる。
 A.マレーは体力的の非常にきつい。頑張れるかどうか。
 A.マレーとN.ジョコビッチは友人。
 N.ジョコビッチの24勝10敗
 直近はロランギャロス、 
今年はN.ジョコビッチの3勝1敗。

テニス上達グッズ
テニス2画面マグネット作戦ボード

ソフトテニス作戦ボード大型B4サイズ、見開き2画面

テニス作戦ボードの最新機能  
テニスシステム手帳2017 超小型マグネット作戦ボード付
B7tennis2magstaffall




2017,新年度カレンダー装備、手帳、システム手帳、ノート

スポーツ&アート
 野球、ソフトボール、バレーボール、バスケットの作戦ボード。システム手帳。

 錦織圭を強くした男。
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK ATPファイナル放映 BS1
 午後11時から、朝は5時から。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 07:49| Comment(0) | TrackBack(5) | マレー

2016年11月07日

マレー 強い、真の王者に イズナーをフルセットで下す パリ・マスターズ2016

A.マレー NO1になり即優勝 快調のJ.イズナーを上回る。
 この二人がコートに入ると、コートが小さく見える。
 ラケットは、卓球のように小さく見える。
Murrayisnershake




 191cm のA.マレーが小さく見える。J.イズナーは208cm
 A.マレーは、ATPファイナル進出をトップで、決めた、N.ジョコビッチを破っての1位だ。
一方、J.イズナーは、強敵をなぎ倒しての快進撃。
 快調のM.シリッチをサービス力で破る
 超強力なIsnersertpose



 サービスを
 メインに、
 リターンも
 改良してきた。
 明らかに
 強くなっている。
 この大会
 6回のタイブレーク、
 全て勝っている。
 タイブレークにはサービス力が必須なのだ。

A.マレーは、この大会決して順調だった訳ではない。
 初戦のF.ベルダスコ戦ではフルセットの勝ち。
 セミファイナルのT.ベルディフ戦では、タイブレーク1-6からの超大逆転。
 そう、A.マレーには持久戦、守備力の武器がある。

A.マレー◎ 6-3,6-7(4),6-4 J.イズナー
Murrayisnerscoreparis




 勝った1,3セットは、少ないチャンスをしっかりモノにしている。
 この二人の最近武器は、リターン。
 J.イズナー、M.シリッチ戦のリターンゲーム  
 上海でアガットを破り優勝。 

 2ndサービスではお互いに、ベースラインにかなり入り、プレッシャーをかける。
 ネットプレーを多く見え見せる,J.イズナー、
 タイブレークを取った、第2セットでは、22回出て16ポイントを上げている。
 J.イズナーのパリでの強さは、
 持ち前の超強力なサービス、そしてフォアハンド、
 加えてのネットプレーのコンビネーション。明らかに攻撃の選択肢を増やしている。
 しかし、A.マレーはその攻撃のスキを与えなかった。

A.マレーは鉄壁の防御を基本に、攻撃力を加えてきた。
Murraystdefenceparis



 この点は、N.ジョコビッチの強くなってきた経過と似ている。
 今年のN.ジョコビッチ、ロランギャロスまでは圧倒的な強さ

 A.マレーの強さ。
 さらに、フットワーク、特に守備の回った時の左右の振り回しに強く、
 相手がネットプレーに出ると、得意のパッシングショットが出る。
 このパッシングショット、前は、フォアがメインだったが、
 今年の後半からは、バックハンドも自由に抜けるようになった。
 これは相手はプレッシャーを賭けにくい。
 これもA.マレー、上昇のキーとなっている。

 この試合でも、第1セット、ブレークチャンスを多く持つ、J.イズナーにブレークを許さなかった。
 今年の後半の、A.マレーの快進撃には、この粘り強さが多くある。
 後半は19連勝。
 A.マレーを最後に破ったのは、USオープン、クオーターファイナルでの錦織圭だ
  

 A.マレーは、マスターズ10戦の内の8戦で優勝。
 N.ジョコビッチの9戦に迫っている。

 I.レンドルコーチが戻ってから、New Andyになっている。
 精神的支柱になっているのだろう。
 同じように、J.イズナーのコーチングスタッフに、D.マクファーソンが加わっている。
 それでJ.イズナーのネットプレーが良くなった理由が分かった。
 D.マクファーソンは、ダブルスの世界チャンピオン、ブライアン.ブラザーズずっと指導している。

試合スタッツ
Murrayisnerstatsparis







さあ、ここからは試合は、今年の集大成、ATPファイナルに向かう。
 僕の情報を最大限生かして、錦織圭の試合を中心に、バッチリ取材する。
 乞う! ご期待!!

テニス上達アイテム
 テニス、ソフトテニス作戦ボードの概要
 特注! 2画面見開き表紙付作戦ボード
Allstaffscorebird





 テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。

 テニス システム手帳2017 

 錦織圭を強くした男。
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 08:55| Comment(1) | TrackBack(2) | マレー

2016年10月17日

上海マスターズ2016 A.マレーが優勝 強さ倍増 その秘密は?

上海ロレックスマスターズ 素晴らしい集中力
プロ野球、クライマックスシリーズ、結構楽しめましたね。
 それにしても、大谷は怪物ですね。
 日ハム、ソフトバンクを下す。大逆転、大谷、中田の大活躍
 広島戦が楽しみです。
 A.マレー、2試合連続優勝。チャイナレースを制する。
 北京に続き、上海でも優勝。
 北京ではG.デミトロフを破り、上海ではアガットを破った。
アガットはセミファイナルで、王者N.ジョコビッチをストレートで破っている。
 初めての勝利。
 ポイントを1500上積み。王者N.ジョコビッチに肉薄してきた。
 そんなA.マレーの強さを分析しよう。
A.マレー◎ 7-6(1), 6-1 ×アガット
Murrayagutscore




第1セットは粘られたが、タイブレークから一気に引き離した。
 アガット選手は上位にずっと安定している、スペインのプレーヤー、
 クレーコートが得意とする、スペインの中にあり、ハードコートも得意にしている。
 取りこぼしの少ない、プレーヤー。
 錦織圭とは何度も死闘を演じている。
 2016 マイアミ  

A.マレーの強さの秘密は
 1:持ち前のデフェンス力に加えて、攻撃的テニスを身に付けてきたこと。
 2:サービスがより強くなった。
 3:精神的支柱、レンドルコーチの復活が大きい。

1:デフェンス力+攻撃力
 特にリターンかからの攻撃が早くなった。
 相手の2ndサービスへのプレッシャーが大きい。
 今回アガットは2ndサービスのポイント獲得率が下がった。
 結果的に、100%のブレーク。トッププレーヤーでも難しい。
 普通の選手では50%がせいぜいだ。
 ポジショニングもベースラインにかなり使い。
 元から強いデフェンス力 

 A.マレーのストローク  
 2012この当時はトップスピンの意識が強く、デフェンス力がメイン。
Murrayfshhit





 この試合では、よりフラットでより強く叩く様になっている。
 ストロークの強打と言うと、一般プレーヤーは手首をこねやすい。
 インパクト面は垂直ですよ。

2:サービスがより強くなった。
 元から、サービスの力はある。
 ただ攻撃の主戦には使っていなかった。
 攻撃の展開が早くなった。
 A.マレーと言うと、ラリー戦のイメージがあるが、試合時間が短くなっているのではないか。
 A.マレーのラリー戦、N.ジョコビッチ 
 なにしろ良く続く。
 

3:精神的支柱、レンドルコーチの復活が大きい。

 再びI.レンドルがA.マレーのコーチに
 A.マレーにはずっとコーチがついているが、トッププレーヤーでも
 精神的支柱を求めるプレーヤーは多い。
Murraylendloct





 一人のコーチではなく、チームで選手を支えている。
 チーム 錦織圭  
 N.ジョコビッチのB.ベッカー。
 錦織圭のM.チャン。
 S.バブリンカのノーマンコーチ
 T.ベルディフもG.イワニセビッチが加入、レベルアップを図っている。
 G.イワニセビッチはM.シリッチのコーチだった。

 今度各コーチがどんな指導をしているのか紹介したい。

 サービス力をより挙げたこと。ストロークで攻め切る姿勢を見せてきた。
 最近リターンではかなり前に入り込み打っている。
 リターンダッシュも見せる。攻撃力の幅を広げた。
Saymurraystrong






 A.マレー アガット ハイライト動画


 試合動画  A.マレーの強さの秘密は
 試合展開が面白い、アガットも凡ミスが超少ないから。

テニス上達アイテム
 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを
Lihitcolourwarm

 きれいなカラーのバインダー、見開き2画面ですから便利ですよ。
Wbbird2lob21





この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 男子シングルス、錦織の試合が良く分かるリンク集 ★☆★
上海オープン 公式サイト 
 残念ながら錦織圭は欠場、次に備える。

NHKマスターズ 放送予定 上海大会  午後の良い時間に放映してくれる

 A.マレーvs D.ゴファンはデビスカップの再戦だ。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

wowow on line

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 18:41| Comment(0) | TrackBack(3) | マレー

2016年07月12日

マレー コーチ対決を制する ラオニッチのネットプレー パスで破る

A.マレー 3年ぶりのウィンブルドン復帰 サーブ&ボレーのM.ラオニッチを下す。
 グランドスラム初優勝時と同じコーチのレンドルとの二人三脚。


 コーチ対決、J.マッケンローのM.ラオニッチをストレートで下した。
 A.マレーと、M.ラオニッチ この二人、直前尾前哨戦で対決している。
  この時にいみじくも二人の素晴らしいレジェンドのコーチが復帰した。
 A.マレーにはI.レンドル。 A.マレーグランドスラム初優勝の請負人だ。
 最初の依頼 
 I.レンドルは現役時代から、上手いが地味な選手。
 現役引退後は、プロゴルファーになろうかと言う腕。
 戦略家、メンタル.タフネスに強い。
Amlendlewim



 

 A.マレー、グランドスラム初優勝  
  そしてM.ラオニッチは通常のコーチC.モヤが、
  盟友J.マッケンローをウィンブルドンのスペシャルコーチとして依頼した
 
 I.レンドルとJ.マッケンロー、幾多の名勝負を残している。
 I.レンドルは、ストローカー、パッシングショットの名手。

 J.マッケンローは知る人ぞ知る、スーパーサーブ&ボレーヤー

 僕はM.ラオニッチが、久々のネットプレーの登場であることを、祝福したい。
 サーブ&ボレーの練習は難しくない。

サーブ&ボレーの系譜
J.マッケンロー、
 P.サンプラス、
 P.ラフターに次ぐネットプレーヤー

 ネットプレーの精度を上げて、R.フェデラーを粉砕した、M.ラオニッチ
 芝の王者を破る事で、大きな自信につながった。
 しかし、このフルセットは、体力を消耗した。

A.マレー◎ 6-4, 7-6(3), 7-6(2), ×M.ラオニッチ
Amraoscore



 果敢にネットを取る。
攻撃のM.ラオニッチ。
 M.ラオニッチのスーパーサービス力

 A.マレーのデフェンス力

 デフェンス力のA.マレー。予想通りの構図だが、M.ラオニッチのネットプレーが異常に多い。
 M.ラオニッチの ポイント 102ポイントの内の46をネットプレー
 なんと45%。

 二人のトートータル、ポイント 217ポイントの内の74ポイント、実に34%がM.ラオニッチのネットプレー
 二人だと、44パーセントがネットプレーでの決着。

ラリーのスタッツ
Amraorallystats





 A.マレーは磨きをかけた鉄壁のパッシングショット。
 芸術の域に達している。
Ampaopass




 Big4の並外れた強さ  
  A.マレー、この辺から力をつけてきた。
 A.マレーの強さ、クレーコート、芝への対応力
 

A.マレーの練習風景 この練習にパッシングショットの上達の秘訣が。


 ここには皆さんにも上達のヒントがあります。
 試合で使う実践ショットをマスターしようと言う事
です。
Amdinkexer

 試合のスタッツ
Amraostats


★☆ テニス上達を支援 スポーツ&アート ☆★
 テニスが強くなり、レッスンが楽になるグッズ  
 テニス作戦ボード 
Allstaffscorebird

 左のコート図、スコア付で、試合のアドバイスに最適。





 これは2画面マグネットタイプです。便利ですよ。バインダーが二つあります。メモも挟めます。



作戦ボードの詳しい内容は

テニス システム手帳2016 
 作戦ボード、スコア試合経過付。


★☆★  ウィンブルドンが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow on line

NHK ATP 
    
グランドスラム ウィンブルドン  -7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。ブログランキングへ">


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 18:58| Comment(0) | TrackBack(6) | マレー

2016年06月21日

マレーとレンドル、ラオニッチとマッケンロー ウィンブルドン2016波高し

マレー、ラオニッチ コーチを替えて挑むウィンブルドン
ウィンブルドンが近づいている。
近況と、前哨戦、決勝戦の様子、
 そしてその二人、、A.マレー、M.ラオニッチ、レジェンドがコーチについていた。それは?
 二つのテーマでお届けする。

 熱中症対策 大丈夫ですか? 新しい情報をどうぞ。

 錦織圭選手、脇腹の故障でウィンブルドンが心配だったが、現地で練習を始めた様子。
 一安心。ただ、前もそうですが、脇腹は大きな筋肉で、コンディションは大変でしょうね。

 今年のウィンブルドンは荒れそうだ。
 絶対王者N.ジョコビッチは余裕の休養。で前哨戦をパス。
 R.ナダルは手首の故障で欠場。
  以前は右手だが、今回は利き手の左手なので時間がかかる。
  
 R.フェデラーはいつもなら快調の前哨戦で、ウィンブルドンに入る。
 しかし今年は二人の若手の敗れる。
  D.ティエム 
  ハレのズべレフ
 この二人近い将来のトップ候補。

Big4で一人だけ気を吐いているのがA.マレー。
 Aegon,A.マレーが5度目の優勝を飾った。2009,11,13,15今年は連覇。
 フルセットにもつれる激しい展開。
Murrayaegonrecord




 A.マレー◎ 6-7(5) 6-4 6-3 M.ラオニッチ
 試合のスタッツ 
 
サービス力のM.ラオニッチ
 エースは多いし、ダブルフォールトが少ない。
 しかも1stサ-ブの確率が高い。これって相手は辛いですよね。

  M.ラオニッチはサービスからの攻撃力を増すために、
  ウィンブルドン専用コーチとして、J.マッケンローに依頼。
  M.ラオニッチのチームには、C.モヤ、J.マッケンローとスタッフが揃った。
  C.モヤは、R.ナダルも尊敬する、スペインのオールラウンダー。
  コートサーフェイスでプレースタイルを変えるのでよく覚えている。
  C.モヤとP.サンプラスのフットワーク  
  僕はM.ラオニッチにI.ルビチッチがついて,リターンが凄く良くなったと感じていた。
 C.モヤで総合力、
 J.マッケンローで芝対策。コーチも専業化、凄い。
Raonicjohn


 確かに、この大会で、M.ラオニッチはネットプレーを多用。
 サーブ&ボレー、リターンダッシュを使っていた。大きな変化。
  
  J.マッケンロー、薄いグリップの神秘
   
  J.マッケンローの言葉が面白い。
  I’m The CEO of team.

リターン力のA.マレーの攻防、
 このA.マレーコーチを良く替える、母親もイギリステニス連盟のお偉いさん。教育ママ。
 I.レンドルのコーチングが一番良かったようで、
2014 マレーから離れる   
  カムバックを要請、これは珍しい事。よっぽどよかったに違いない。
  I.レンドルが引き受けた。

Murraylendle




試合の内容
 14本のサービスエースの嵐をかいくぐったA.マレーの勝利。
 M.ラオニッチはブレークチャンスの1回を活かしただけで、A.マレーに7回の内4回ブレークされた。
 この確率は高い。

 錦織選手は残念ながらブレーク率は低い
  
  
 錦織選手は最終セットは強いのだから、本当に困らないと一生懸命になれないのかなあ?
  2014年、N.ジョコビッチに次いで2位 でした。

 でも今はM.チャン率いるTeam Keiがある。修正するだろう。
  
 Big4は競った時のブレーク率を高くする。これが強さだ。
 Big4の強さを学ぶ  

 特に強いのがN.ジョコビッチ
  コーチはB.ベッカー。
 サービスゲームで強いのがR.フェデラー
 フェデラーのコーチは、元M.ラオニッチのコーチのI.ルビチッチ。
 その前がサーブ&ボレーのS.エドバーグ。

 リターンゲームで強いのがA.マレー

テニス 選手を育てる
トッププレーヤーと名コーチ

ジュニアの育て方

部活の効率の良い運営法


テニスの部活活性化をフォロー します。

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
Bmdrillpolisy




レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

テニスノートに日誌をつけ、自分を知る
 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。

作戦ボード入りテニスノート 

作戦ボードの詳しい内容は

テニス システム手帳2016 
 作戦ボード、スコア試合経過付。


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ATP500  13-15 Gerry Weber Open
 ファイナルを放映 
 BS朝日で放送予定 

ATP500  13-19日 AEGONチャンピオンシップ
     
ATP250 女子 4-12日 男子 8-25日 AEGON Open
    
グランドスラム ウィンブルドン  27日-7月10日

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 15:56| Comment(0) | TrackBack(9) | マレー

2016年06月05日

マレー強くなっている バブリンカをかわし ジョコとの決勝へ 全仏2016

A.マレー S.バブリンカを下す ロランギャロス 男子シングルス セミファイナル
 今年のロランギャロス、天候不順。
 スケジュールが予定通り進行せず、チケットが売れ残る。
 珍しい事。
 僕はロランギャロスの雨での順延も仕方なし派だが、
 
 ビジネスとしてトーナメント側は、インドアにするだろう。

A.マレー◎ 6-4, 6-2, 4-6, 6-2 ×S.バブリンカ
超素晴らしいS.バブリンカのバックハンド、これをA.マレーことごとく守り切った。
デフェンス力のすばらしさ。
 ウィナーはS.バブリンカが多かったが、A.マレーはアンフォーストエラーを極力抑えた。
 これはN.ジョコビッチの作戦と似て切る。
 強打の相手との常套作戦だ。
 S.バブリンカに取られた第3セットだけ、S.バブリンカが安定指数が良かった。

Murrayswstatsrg



 

 A.マレーのデフェンス力 
 ここ最近、サービス力を上げてきたので、試合展開が楽になる。

特に、相手に打たせてからのカウンターのショット。
フォアに打たせての最後の振り抜きでショートクロス、ダウンザラインと打ち分ける。
バックハンド対決 両手打ち対、片手打ち
 
 片手打ち編 S.バブリンカ 

Swbsimp




 A.マレーのテニス  
  今シーズンのクレーコート、A.マレーが勝率一番だ。
Murrayclay




 A.マレー、今回のロランギャロスで変わった。
 1,2回戦は、フルセットの逆転勝ち、
 これで今までのノラリクラリ戦法に火がついた。
 ロランギャロスの前哨戦ローマで、N.ジョコビッチに勝った自信が大きい。
 

 特にR.ガスケ戦、戦術、戦略を駆使して、相手の長所を消しにかかった。
 R.ガスケのバックハンド、これを封じ込める作戦は、
 R.ガスケの華麗なるバックハンド。 錦織圭を封じ込めた。
 
 執拗なドロップショット攻撃。
 相手の切り替えされても、繰り返す。
 これがR.ガスケのフットワークを抑え込んだ。

 S.バブリンカ ラモスビノラス戦 ハイライト動画

 前後の揺さぶりが面白い。

これでロランギャロスファイナルは、王者、N.ジョコビッチ、NO2A.マレーの対決となった。
これも楽しみ。
長い試合になる。

 ラリー戦から、ドロップショットの展開必死。

★☆★ テニス部活指導のヒント ★☆★
 部活合宿指導

 合宿ジュニア指導マニュアル
Jrwbset

 合宿成功便利セット
 作戦ボード、練習メモ、ボール出しマニュアルのセット。


 ビジュアルな指導を心掛けよう


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow テニス

全仏オープン 公式サイト


ロランギャロ ドロー 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 07:56| Comment(0) | TrackBack(4) | マレー

2016年05月17日

マレーがジョコビッチに勝てた理由 戦術、戦略 

A.マレーのブレインゲーム 頭脳戦 より攻撃的に
 イタリア国際、A.マレーがN.ジョコビッチに完勝。
しかし6連敗の後のやっと勝った勝利。
 このブログで、A.マレーの勝因をNewアンディと紹介した。
  
 うれしい事に、ATPのメインお記事で、同じ内容を、より具体的に伝えている。
 僕の好きなBrain Game の連載コラムだ。
 
 最後に、僕のお気に入りのブレインゲームを数点紹介する。
 勇敢なマレーに 将来は微笑む

Saymurraybrave




 その内容を紹介する 2試合のスタッツの紹介、良い点と分けて紹介する。
 先のマドリッドオープンでの決勝から、戦略を切り替えて臨んできた。
 それは、重要な場面で、より大胆に。
 Big moment. Big serve. Fortune favours the brave Scot.

 雨で少し重くなったクレーコート。ボールのスピードも遅くなる。
 ここでA.マレーは速さを出した。
 サービス、ストロークとマドリッドオープンよりもより速く打った。

ストローク
 マドリッドオープン 平均スピード  106km
 ローマ                114km

フィニッシュイングポイントはネットで
 マドリッドオープン    5/13 38%
 ローマ          13/17 67%
 マドリッドオープン N.ジョコビッチがフルセットでA.マレーを下す

Murraynolestatscompair



 
ドロップショット 二人とも非常に良かった。
 さらにドロップショットが一本で決まることは少なく、相手も前に出て
 試合展開が動く。
 アングルボレー、ロブと展開がある。
 いずれにしてもドロップショットを見せる事で、相手はベースラインだけに集中することができなくなる。

 ドロップショットで面白いのは、錦織圭はフォアハンドから打つことが多い。
 

 N.ジョコビッチ、A.マレーはバックハンド
  
 ドロップショットを打つだけなら、バックハンドからの方が楽、
 グリップが近い、
 両手打ちの選手なら片手を離す感じで打つ。
 サイドスピンがかかり、サービスラインから外に逃げる。
 凄い時は逆クロススピンが強く、戻る。

 ドロップショットの打ち方のコツ  
 相手をSaymurraydropshot



 引きつける
 強打で
 相手を下げる

 一番
 遠い所に打つ
 強烈な
 アンダースピン
 普段からタッチ、フィーリングを高める
 強烈なスライス  

 フィーリングを高めるのに良い方法  

 フォアハンドでは強打のグリップから、持ち替えて打つ。

 A.マレーは大事な場面でサーブ&ボレーを使った。
 これは強力なN.ジョコビッチのリターンにプレッシャーをかけるために有効。
Saymurraybigser




 錦織圭も使うし、R.フェデラー、キリオスは日常的に使う。
 クレーコートでも攻撃的なテニスは絶対に必要となる。
 若い世代のストローク進化論
 
 
2ndサービスのリターンダッシュ。
 これは僕のブログに詳しい。 New Andy

★☆★ 僕の好きなBrain Game ★☆★
N.ジョコビッチ R.フェデラー戦  
R.ナダル ここぞの場面の集中力 

錦織圭 A.マレーに初勝利  

R.フェデラー  

テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
テニス作戦ボード、便利機能満載
 試合のスコアの勧め  

Tennisvisualscorernvsrf




 試合スコアのつけ方 
 練習日誌の勧め、ジュニアには特に。


 ジュニア、練習日誌 ジュニアはシングルス、だから専用コート図  
 

 親のためのノート  

 ジュニアの育て方  ほめて育てる  

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 18:55| Comment(1) | TrackBack(6) | マレー

マレー 攻撃力身に付けジョコビッチ撃破 ローマ2016

A.マレー大変身  攻撃的になり、ジョコトの連敗止める
A.マレー N.ジョコビッチに初めての完勝。
A.マレーが変わった。
 今までは、どちらかと言うと、守備的、
 良いものを持っていても、守りに入って、最後に反撃に出るテニス。
 僕は こんにゃくテニス と呼んでいた。
 

 全仏、前哨戦と言えるこのイタリア国際。
 トップシード  
 
 いくら N.ジョコビッチが前日の錦織戦で疲れていた
 
 A.マレーが準決勝を軽く勝ち上がったとしても、
 A.マレー、テニスの質が良かった。
A.マレー◎ 6-3 6-3 × N.ジョコビッチ
Murraynolescore



 
前は、N.ジョコビッチと長いラリー戦になっていたが、
 今回のA.マレーは、明らかに攻撃的。

 この試合に入る前に、A.モレスモとのコーチ契約を円満解消していた。
  
 関係ないだろけれど。
 A.マレーはコーチを良く変える。
 あれだけのトッププレーヤーでもコーチングは必要
 

 皆さんもコーチングで変わりますよ。  

 積極的攻める姿勢を見せたのは確か。
 N.ジョコビッチに普通では勝てないと、戦略を変えつつあることは確か。
 モンテカルロでナダル追い詰めながらクレーコートの感触 はつかんだ。
 

 直近のマドリッドオープンでN.ジョコビッチへの対策を考えた
 

 ラリーも、ただ返すだけではなく、N.ジョコビッチを揺さぶりながら、展開を作っていた。
 攻撃姿勢が一番顕著に見えたのはリターン。
 特にN.ジョコビッチの2ndサービスに対するリターン。
 1ポイントでもリードしたら、ベースラインの中に入り込み、打点はサービスラインとベースラインの中間位まで出て叩きに来た。
 これはサービスのコントロールの良いN.ジョコビッチにもプレッシャーがかかる、

セカンドサーブ、プレッシャーのかけ方。
 フォアに回り込むR.ナダル 
 フォアに回り込むR.フェデラー
  この二人のフォアの回り込みはハイリスク、ハイリターン。

 ベースラインに入る錦織圭 若手有望株のD.ティエム戦 から。

  
その点、A.マレーのこのリターンダッシュは効果的。
Murrayredashnole




 ベースラインに入るよと、相手にプレッシャーをかけ
 スプリットステップから前に踏み込む
 サービスが弾むので、自身もジャックナイフ。
 打ったらそのままリターンダッシュ。
  ジャックナイフの小史  
 リターンの攻撃の典型だ。

ジャックナイフのリターン
 相手の弾むサービスに有効。
 高い打点で叩ける
 しかも前に出やすい。
Murraybrejackknife




 これをいとも簡単にこなすのがキリオス。 近未来のテニス。
 攻撃型、キリオス、これでマナーが良ければいいのに。
 守備型、D.ティエム。
 

 試合の流れを全て象徴するようだったのが、マッチポイント。
 N.ジョコビッチが攻めて、攻めて、A.マレーを後ろに下げて、
 スマッシュ、そしてフィニッシュのアングルボレー。
 これをA.マレーは、完全に読み、走って、オープンコートにウィナー。
Murraynolemp



 N.ジョコビッチとA.マレーライバル関係 
 
  
 この積極性は今までのA.マレーには見られなかったことだ。

 少しはN.ジョコビッチにかわいそうな点もあった。それは
 雨で、観客席にも傘の花が開いた。
 クレーコートが滑らず、足が止まる。
 N.ジョコビッチは、2,3歩、脚が引っ掛かり、転倒しそうになった。
 それで主審に、危険だから試合を中断しないか、もちかけたが却下された。

 N.ジョコビッチのフットワーク、それはハードコートでもスライドさせるくらいのスライダーフットワーク
 

 これが引っかかってしまっては怖くて動けない。
 N.ジョコビッチ、A.マレー対戦史 

 ハイライト動画 

 試合のスタッツ。
Murraynolestats

 これで、全仏が面白くなる。
BigOneN.ジョコビッチにチャレンジする。
 クレーキング、ナダル。
 A.マレー
 R.フェデラー、  そして成長著しい、錦織圭。

テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
テニス作戦ボード、便利機能満載
 試合のスコアの勧め  

 試合スコアのつけ方 
 練習日誌の勧め、ジュニアには特に。

Tnotewb




 ジュニア、練習日誌 ジュニアはシングルス、だから専用コート図  
 

 親のためのノート  

 ジュニアの育て方  ほめて育てる  

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ローマ マスターズ 公式サイト 

 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 06:08| Comment(1) | TrackBack(5) | マレー

2015年12月01日

マレー イギリス 優勝へ導く デビスカップ ベルギー戦

デビスカップ 2016
 今年の最後の試合、イギリスが勝利。マレーが単複で全勝、優勝に貢献。

 強いのに、感激なんですね。
Dcupmurrayfall



 
 デビスカップの醍醐味 2015ファイナル
 エースは、イギリスがA.マレー、ベルギーはD.ゴフィン。
 初日、No1 D.ゴフィン、イギリスの伏兵エドモントにてこずり、2セットダウン。
 イギリスには、A.マレーに続く若手が育っていなかったので朗報
 しかし地力に勝り、逆転勝ち。

自撮りしなくたって。
Dcupeng




デビスカップは団体戦、キャプテンのアドバイスが認められる。
 日本の植田キャプテン、指導力を発揮 している。


デビスカップ、各国で人気があるのは、独特の雰囲気と、愛国心。
 アウェーのチームには大きなプレッシャーがかかる



 試合のスタッツ 

 A.マレー D.ゴフィンNo1 同士の激突。地力に勝るA.マレーが勝ち切った。

 デビスカップのサイトは、スコアが公表される。
 A.マレー、ゴフィン スコアカード  参考になりますよ。
Dcupscore



 一般プレーヤーの草大会と同じシンプルなポイントをカウントするタイプ。
 2連続、ポイントが大事、ダブルフォールトが少ないことくらいしか分からない。
 A.マレーはサービスエースが多く、D.ゴフィンはダブルフォールトが多かった。

 勝利の法則、勝つための数字、確率

 テニスに勝つためのビジュアルスコア

 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス

 サービスのポイント獲得率でA.マレーが圧倒。
 ブレークチャンスも相手に4回の内、1回しか落とさなかったがs、
 A.マレーは14回のチャンスから、4回ブレークに成功。

 ダブルスでもこの両者対戦。D.ゴフィンのストロークのコースを読み切っていた。
 
デビスカップの醍醐味 これぞテニス
  
 今年の終盤に来て、守備型から、攻撃型に変身成功した、A.マレー
 来年が楽しみ。

 テニスはスコア分析しよう。自分のテニスが見えて来る。

 第1戦  イギリス、ベルギー D.ゴフィン
 ハイライト動画  


 日本コロンビア戦を制し、ワールドグループへ復帰



 来年の初戦は。この優勝国イギリスと対戦。
 3月6日からイギリスで行われる。

日本のデビスカップが良く分かる情報 総まとめ

ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

★☆★ 旬のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 テニス365 

 テニスの上達法にもなるレッスンマニュアル 基本から試合まで、270ドリル
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 サービス、レシーブ練習を増やすコツなど、細かいところに手が届くアドバイス、レッスンドリルがたくさんあります。
 今なら、ダブルス、フォーメーションブック、小冊子、プレゼント。
Dbforbooktitle1





ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 06:52| Comment(2) | TrackBack(5) | マレー

2015年11月08日

マレー 少しずつ崩すマレーの上手さ アプローチショットが決めて パリ2015

マレー フェレールの守備崩す 展開の早さ
マレー、守り切る、と書きたいところだが、「長いラリーを避けて、早く決めに入れるようにした」
 A.マレーには、パリで目標があった。

 今年のマスターズでの不甲斐なさに、反省。
 特に上海での敗戦と同じような展開をしないことだ。
  A.マレーは、N.ジョコビッチに攻めたてられた。  

 展開を早くするには
  具体的には、チャンスボールは攻める。
   サービスの次のボール。
 2ndサービスに対するリターン。 その点をデータで分析した。
 二人ともリターンが良い。
 しかし忘れてならないのが、男子シングルスではサービス力の基本があってのリターン力。

 これは錦織にも必要なことだ。サービス力+リターン力
A.マレーが耐えたのは次の2点。
 1:D.フェレールに粘られない
 2:D.フェレールのフォアの回り込みを防ぐ、特に逆クロスは上手い
 この2点の抑えが効を奏した。

○A.マレー(2) vs. ●D.フェレール(8), 6-4, 6-3
Murraydfscore



いきなりD.フェレールのサービスゲームをブレーク、3−0とリード。
 でもD.フェレールは平然と、自分のテニスを続ける。
 ここが凄いところ。
 D.フェレールのテニス 防御の鉄人 
 A.マレーのテニス 最近より攻撃的に 
  ロジャーズカップで錦織圭を破る。
 二人の戦いに、A.マレーの勝利の法則が見えた。

試合に勝つには 二つの方法がある。
 ベストは、自分の得意で、相手の苦手を攻める事。 
 これは二人ともラリー展開だから、長い試合になる。  この試合A.マレー、1ゲーム4分で短く出来た。
 相手の得意を塞ぐ 自分も得意だが、長いラリー展開。これを防ぎたい。
 ファイナルへ、体力も温存したいし。
二人ともリターン力があるので、
 1stサ−ビスのMurraydfstats



 ポイント獲得率が
 上がらない。
 その中で
 A.マレーが
 リード。
 しっかり
 ブレークチャンスを
 ものにしている。
ここに今のA.マレーの強さがある、


1:相手の観察 
 最初、1stサ−ビスが入らず苦労しているD.フェレール。
2:相手の嫌がるボールを打つ
  トップスピンのボールは得意中の得意だ。
  そこで滑るスライス。
   スライスマスターカード
  フォアの回り込みはD.フェレール強い
3:ペースをつかんだら一気に
 チャンスボール、スマッシュさず前に出て、プレッシャーをかける。
 D.フェレールのバックを突いて出る、D.フェレールのパッシングショットはネットが多くなる。
Murraysay



 いつもは、もう少し展開するが。
 伝説のA.マレー、N.ジョコビッチの長いラリー戦  

 粘られたら、D.フェレールのペース。A.マレーもしつこいけれど。

 D.フェレールの強さは、タフな粘り。
 A.マレーの、これは追えないと言う様なドロップショット、追いかけて来る。
 これは相手への良いプレッシャーとなる。

 A.マレーが早めにフラット系の早いボールを打って来るのを察知。
 D.フェレールムーンボールを増やす。
 A.マレー、D.フェレールを誘う様に、バックに低いスライスを打つ。
 このスライスがいい。低くて深い。トップスピンで持ち上げるのは大変
 しかしマレーは動じない。このへんの展開の面白さがあった。

 A.マレーは今年、ファーストセットをとると連勝中。 これも決めの早さにつながる。   
 ガスケ戦が良いシミュレーションになった。

 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス

Sayingmurraypace



本日の御教訓 試合に勝つ
相手の得意を塞ぐ
 1:相手の観察
 2:相手の嫌がるボールを打つ
 3:ペースをつかんだら一気に
 これでパリのファイナルは、S.バブリンカを 6-3 3-6 6-0のフルセットで破った、王者、N.ジョコビッチとの対戦となる。
 良い試合になるだろう。N.ジョコビッチが圧勝中だが、A.マレーも進化中。

 正しい比率のコート図、テニス作戦ボード、見開き2画面 ロブ表示の立体画像、便利ですよ。

Allstaffscorebird





 システム手帳2016、テニスノート2016
 ボール出しマニュアル、ドリル270
 の3点セット
 即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。



 テニス部活応援キット

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★ 旬のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 WTA 

 NHK マスターズ1000

 テニス365 

 ATP ファイナル 
 ライブスコアはここで
 no matchと出たら、completed matchesをクリック。試合、ドロー、ダブルス、全てが分かる。

 パリマスターズ1000 公式サイト
 錦織圭、第6シードで登場。このサイトも情報が遅いので、うえのATPの方が良い。  

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
タグ:マレー
posted by 月さん at 08:44| Comment(0) | TrackBack(3) | マレー

2015年08月24日

マレーの魅力 パッシングショット デフェンス力

シンシナティ A.マレー 接戦続く またもやフルセット
 USオープン、最後の前哨戦、Western &Southern Open シンシナティ
 優勝は、N.ジョコビッチのゴールデンスラムの夢を破った、R.フェデラー。
 詳細は後で紹介する。
 A.マレーは好調が続いた。ロジャーズカップでは、、
 錦織圭を破り

 NO1のN.ジョコビッチにも勝利。
 世界ランクもR.フェデラーを抜き2位に上げた。

 シンシナティでも好調を持続。 
 マレーらしいテニス、粘りに粘って、パスを抜く。
 こんにゃくテニス復活
 でもこんな時、A.マレーは、体力を消耗して、疲れて持続力がなくなる事が多い。
 今年のローマのマスターズがそうだった。
 
 今までいろいろな選手の記録をつけてきたが、A.マレーほど、素直な成績が出る選手は少ない。
 体調、コンディショニングがそのまま出る。
 その点、強いのがN.ジョコビッチ。
 ロジャーズカップでは肘の痛み でA.マレーに敗れたが、

 肘と言えば、テニスエルボーの方が増えています。
 強打と、硬いストリングスの影響ではないかなあと。
 テニスエルボーは早期発見早期治療
  

 N.ジョコビッチはシンシナティ、大きな目標に向かってまい進している。
Goldenslamnole

 好調のA.ドルゴポロフを破り、
 決勝に進出。
 

  ゴールデンマスターズ  
 強い集中力が  ある。

 体力面で弱い、錦織選手が見習って欲しい部分だ。
 錦織圭と怪我

第3シード A.マレー G.デミトロフに苦戦フルセット ベスト16。
 4-6 7-6 (3)7-5
 先のロジャーズカップで錦織に完勝したA.マレー。
 G.デミトロフ戦ではボールの浅さが気になった。
G.デミトロフ フォアに回り込に積極的に攻撃を仕掛けるが、
 A.マレーの粘りデフェンス力がまさった。

 攻撃力のG.デミトロフ、デフェンス力のA.マレー。
 無理してフォアに回り込むG.デミトロフ
 フォアバックで無理せずに打つ、A.マレー。
 フットワーク、疲労度から言えば、G.デミトロフの方が動くことになる。
 フォアに回り込みはハイリスク、ハイリターンのショットなのだ。
 一発で仕留める必要がある。
 A.マレーはG.デミトロフに6勝1敗と大きくリードした。

Murraydefpassgd



 

R.ガスケ戦もフルセットの逆転勝ち クオーターファイナル
4-6 6-1 6-4
 第1セット、たった一回のブレークチャンスをものにして6-4で奪ったR.ガスケ。
 ゲームの流れはA.マレーが支配していた。
 そこからはしっかりブレークチャンスを確実に射止めた。

 片手打ちバックハンドの名手 R.ガスケにバックの打ち合いを制した。
 これでA.マレーの6勝3敗。A.マレーの3連勝。
 片手打ち、バックハンドを見習いたら、この人
 



シンシナティ セミファイナルの組み合わせ
A.マレー頑張ってランキング2位の実力を証明。

 S.バブリンカを破ったN.ジョコビッチ対 T.ベルディフを下した、A.ドルゴポロフ
 N.ジョコビッチの4勝0敗

 A.マレー対、R.フェデラーとF.ロペスの勝者。
  R.フェデラーの11勝0敗 

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 ダブルスフォーメーションBook 小冊子 プレゼント中
Dbforbooktitle1






ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 B6作戦ボード 硬式テニス 


「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

 ビーレジェンドクレアチン
 クレアチンはトップアスリートの中では最も注目されるサプリメントの一つです。

★☆★  USオープン シーズン ★☆★  ハードコートの熱き戦い   
Western & Southern Open  Masters 1000  8月16日〜8月23日
 アメリカ 、シンシナティ 錦織圭は欠場。トッププレーヤー集結、USオープン最後の前哨戦。

US OPEN (全米オープン)  8月31日〜9月13日
 錦織圭、念願のグランドスラム初優勝を狙う。

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
タグ:マレー
posted by 月さん at 05:21| Comment(0) | TrackBack(1) | マレー

2015年06月23日

マレー フェデラーに続き前哨戦優勝 ウィンブルドンへ

A.マレーもAegonで4度目の優勝。 磨かれた守備力
 大きなニュース、錦織圭選手の怪我、大丈夫そう。
 ふくらはぎ筋膜炎の診断で、ウィンブルドンへ向け練習再開。
 ホっと安心。
 先に、ハレで優勝した、R.フェデラー。後を追うA.マレー。
 ウィンブルドン用にコーチを要請・
 A.マレー、前日のセミファイナル、遅くなり順延。
 ファイナル前にV.トロイツキを破り。

 数時間後にファイナルで、K.アンダーソンと対決。 厳しい日程だ。

Aegonでは、ウィンブルドンに備えて、J.ビヨークマンをコーチに呼んだ、
Murraycoachjb




 A.マレーはコーチを良く変える。
 コーチも大変。J.ビヨークマンは、ダブルスもこなすオールラウンドな名選手。
 2008年にはATPファイナルにダブルスで出ています。




 芝への対応を教える のだろう。
 
 この大会、ビッグサーバーが名を連ね、
 サービスエースの嵐の大会となった。
 ファイナリスト、K.アンダーソン
 J.イズナー F.ロペス この二人の試合は凄かった。
 

 M.ラオニッチ、
 S.バブリンカ。  しかし勝利したのは、トータルバランスの良いA.マレー。

 A.マレーがサービスエースの嵐をかいくぐって優勝。
 一方のHalleでは、R.フェデラーが8回目の優勝。こちらは攻撃力だ。

 しかも、雨で日程が遅れて、A.マレーは1日2試合の強行日程。
 Semi-Finalで、V.トロイツキを下す。 6-3 7-6(4)
 強力なサービスを押してくる、相手に、ベースラインでしっかり下がって、相手を呼び込み、
 スピードを速める、パッシングショット。
 デフェンス力ではA.マレーがNO1ですね
 少し前までは、R.ナダルだった。
 この防御に加えて、サービス力を増している。

 V.トロイツキ、強力サービスを、A.マレーのセンターに打ち込む。
 甘いリターンが帰って来たので、
 V.トロイツキはそのままアプローチショット。
 A.マレー、落ち着いて強いパッシングショット、これが沈む。
 V.トロイツキ、コースを変えてボレーをオムニコートに。
 しかし沈めた分、緩いボレーになった。
 A.マレー、余裕のトップスピンロブ。
 V.トロイツキ、目で追うしかなかった。
Murraydefencevt



  Big4の個性


 攻撃力で、強くなっているA.マレーですが、ベースラインからの反撃力。
 一番あるのではないでしょうか。
 特に、フォアのショートクロスが凄いですね。

 よくこんな後ろから、沈むと思います。

 緩急自在のトップスピンロブで退けた。

 そしてファイナルは、K.アンダーソン、サービスエースで勝ち上がってきた男。
 今年アカプルコで錦織圭とも対戦 している。
 

 初戦で、優勝候補のS.バブリンカを葬り去った。
 203pのビッグサーバー。
Murraykascore




 A.マレーはこのビッグサーバーに対して、絵に描いたような1ブレークで勝ち抜いた。 6-3 6-4
 デフェンス力の要はリターン
  リターンミスを減らす

 サービスエースを10本とられるが、

ブレークはA.マレーの2回。1stサ-ビスのポイント獲得率はK.アンダーソンが高い。
 しかし驚いたのが2ndサービスのポイント獲得率。何と80%で1stサ-ビスのポイント獲得率よりも高い。
 その結果サービス総合のポイント獲得率で、K.アンダーソンを上回った。
 ここがデフェンス力の強いところ。
 A.マレー、ビッグ4の4位に甘んじていたが、これから上位を狙う匂いがプンプンする。
Murraykastats


 そしてたった2回しかなかったブレークチャンスを2度ともものにした。
 この集中力は素晴らしい。

 圧巻は、相手がネットに詰めても、慌てない事。パッシングショットが大好きなんですね。
Murraypasscourse

 ボールの回転を覚えよう

 トップスピン、スライスセット

勝つための小さなコツ。
 勝利の法則シングルス

 K.アンダーソンもパスの角度をつけられないようにするために、
 センターセオリーで詰めた。これが少し浅い。
 A.マレーにベースラインの中に入られた。
 パスのコース、速い、ワイド。これが一番抜ける可能性が高い。
 両サイドに沈むクロス。格好良いが、読まれると返される。
 トップスピンロブ、これはスマッシュの危険性があるが、
 A.マレーに余裕があれば完璧なパスとなる。



 A.マレー、芝への対応力が上がっていることを、証明した。
 実はクレーコートでも強くなっている。
 これから先、錦織圭と争う事となるだろう。

 Aegon ハイライト動画 A.マレー セミファイナル、V.トロイツキ戦、
 ファイナル K.アンダーソン戦

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★  グラスコート シーズン ★☆★ 前哨戦から ウィンブルドンの芝へ、
 予選が始まります。日本男子、伊藤竜馬、西岡、守屋出ています。応援よろしくお願いします。

 ウィンブルドン 公式サイト

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 

 作戦ボードの詳しい内容は
 試合の時に、作戦ボードでビジュアルに説明すると分かります。
Wb1ctactics2





 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へにほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 07:36| Comment(0) | TrackBack(2) | マレー

2015年05月12日

クレー王者 ナダル マレーにストレート負け マドリッドオープン2015

マレー クレーking マドリッド2015
 全仏へ、まっしぐらに進んでいる、クレーコートシーズン。
 これでバルセロナ、
 マドリッドと経過。
 次はローマ、そしていよいよ全仏、ロランギャロスと山場を迎える。

 
 ハードコートとクレーコートでは、全く異なるスポーツ。
コートサーフェイスとテニスの違い。大きく異なる。


 マドリッドオープン 
1年間だけ青いコートだった。
 
 ナダルはここで負けた。


 クレー大国スペインの首都の大会。
 誰がこのスコアを想像しただろうか?
 マレー  6-2 6-3 ナダル
 大きな、大きな勝利。

 マドリッドオープンのシード、ドロー
Andyrafascore

 スコアの割に、時間がかかったのは、アンフォーストエラーが少なく、
 ラリーが長かったからだ。


 クレーコートキング ナダル
 

 2015 クレーコートの王者は
 

 マレーは、調子を上げてきた錦織圭をねじ伏せて、王者に向かった。
 

 この時の勝因は、2ndサービスを叩いたこと。
 好調のはずだった錦織圭のサービスに大きなプレッシャーを賭けた。

 マレーはナダルに5勝15敗と大きく負け越している。
 クレーコートでは0勝6敗。
 2014もクレーコートで2度対戦していて、2敗
 ロランギャロス  セミファイナル 3-6 2-6 1-6 と完敗


 ローマオープン クオーターファイナル 6-1 3-6 5-7



 ナダルのゾーン 

 マレーのサービスに対して、ここまで下がってレシーブをする、ナダル
 一般プレーヤーはもちろん、トッププレーヤーでも難しい。
Rafazonere


 

 マレーのデフェンス力
Andyremadrid

 チャンスでは積極的ににベースラインに入る。この積極性が功を奏した。
Andyrafastats

クレーコートシーズン、トッププレーヤー、それぞれの調整法でロランギャロスを目指す。
 N.ジョコビッチ 休養で、ローマから登場する。
 N.ジョコビッチ 去年のローマ ナダルを破る
 

 マレーの今年の強さを次に紹介しよう。

 正統派のテニスを目指そう。テニス、マニフェスト

   レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
 NHKでも紹介されたスパニッシュX ドリル、 ダブルスでの活用法も紹介しています。

NHK 奇跡のコーチテニス編 スペインの指導 


Bmspanishxs





レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  
 マドリッドオープン 公式サイト  

 イタリアオープン 公式サイト  
  5月10日 もう次が始まっている。錦織圭出場、
 全仏 公式サイト  
   5月24日

 ATP 公式サイト  

 テニス365 

 NHK マスターズ放映 


 錦織公式サイト


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 09:44| Comment(0) | TrackBack(3) | マレー

2015年04月05日

マレー プレースタイルを元に戻し快勝 マイアミ2015

マイアミオープン ベスト4が出始めている
 A.マレー、N.ジョコビッチ、
 A.マレー 若手成長株D.ティエムを破りました。
 D.ティエムはS.バブリンカを破り 注目された選手です。


 トップは好調。
 しかし、S.バブリンカ、R.ナダルと早く姿を消した。

 錦織圭の大活躍、
 マイアミ大会の面白さ

 同じプレースタイルのD.ゴファン撃破
 

 ビッグサーバーのV.トロイツキを破り、次のJ.イズナー対策
 

 サッカーも快調な船出。
 重要なのは指揮者ですね。
 コーチングの大事さ。痛切に感じます。
 

 選手は何でも貪欲に望みます。
 でも上達はステップ by ステップ少しずつ。

 M.チャンのコーチング

 オールラウンドを最初から望まない事。
 テニスはサービス、リターンで戦略が全く違ってきます。

 テニスはサーバー側が有利なスポーツですから。

 男子トッププレーヤーでは8割。
 女子トッププレーヤーで6−7割。

 さらにダブルスでは確率がアップします。
 

 皆さんはどれ位ですか?

 その中でA.マレーが守備を徹底していることに注目です。
 パッシングショット上手い ですよ。
 強引なプレーは避け、ジワジワ相手を追い詰める。
 

 女子のプレーヤー、一般プレーヤーでは男子も、
 デフェンス力重視。意味ありますよね。



 下の山ではA.マレーとT.ベルティヒがベスト4に勝ち名乗りを上げた。

 上の山では、N.ジョコビッチ対D.フェレールが対決。
 そして錦織圭は、J.イズナーと対戦する。

 ハイライト動画、見てください。
 テニスの展開の参考になりますよ。
 A.マレーは新鋭D.ティエムに逆転勝ち。
3-6 6-4 6-1  この逆転は、見事。

 第1セットは、D.ティエムのウィナーのコースを全く読めていなかった。
 二人でラリーをする、ゆっくりしとした展開。

 D.ティエムはナダルを破り有名になったっ選手。
Saytiemreverse

 錦織圭も、相手の逆を取るのが得意
 そうそう、錦織圭が勝った、ゴファンも逆を突くのが上手いけれど、
 錦織はさらにその上を行った。

 A.マレーのペースと思っていたが、いきなり、D.ティエムが振り切ってウィナーを奪う。
 A.マレーと言えばラリー、しかも良く続く。

 しかし第2セットから、A.マレーはしっかりアンティシペーションができてきた。
 往復2秒少しのラリーの中で相手の少しの動きから、コースを読む。さすがだ。

 攻撃テニスを磨く選手が多い中、A.マレーは敢えて得意のデフェンス力を強化しているように見える。
 ベースライン後方から、粘るラリー。
 相手を前に出させて、パッシングショット。
Saymurraypsass




 好調時のR.ナダル、を思わせるプレースタイル。

 テニス上達のレッスンカード
 テニスの悩み、一発解消。


本日の御教訓 自分のプレースタイルを徹底させる
 方針を決める
 1:全て満足は無理
 2:攻めるか、守るか
 3:決めたら貫く
Sayingmurrayplaystyle





ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織の最新ストローク上達法

 テニス上達のテニスノート システム手帳
テニスのシステム手帳 お任せください。
B7tennis_full_wb







 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

ソフトテニスシステム手帳 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。


★☆★ アメリカの大会が分かるサイト ★☆★
 ATP 公式サイト  

 マイアミATP1000

 NHK マスターズ放映 

 錦織公式サイト  

 テニス365 

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 07:23| Comment(0) | TrackBack(2) | マレー

2014年11月13日

マレー ラオニッチ破り 錦織に並ぶ ATPファイナル2014

錦織圭のBグループ 2回戦終わる
グループAの様子
 グループAも面白くなってきた。
 N.ジョコビッチとS.バブリンカが1勝。
 今二人が対戦してる。N.ジョコビッチが第1セットを取った。
 そのまま行そうな感じ。
 T.ベルディフがM.シリッチを破り、1勝1敗
 M.シリッチは2敗で厳しくなった。

錦織圭のグループB
R.フェデラーは、大きく前進
 錦織圭はやや停滞。 
 A.マレー勝利で、錦織圭に並ぶ。

A.マレー 地元ロンドンでM.ラオニッチを下し、望みをつなげる。
Murraypaoscore



 この試合、センターに来るサービスエース級のボールに食らいつき、リターン。
 M.ラオニッチのサービスのプレッシャーをかけた。

 驚いたのがM.ラオニッチのサービスエースの少なさ。信じられない。
 それだけA.マレーの予測が良かった。錦織圭は、M.ラオニッチ戦の参考にしたい。
 M.ラオニッチと言えばサービスキング
 

 トッププレーヤーの戦力分析
 

 1stサ-ビスのポイント獲得率は83%で2位 1位はI.カルロビッチ
ATPファイナル出場者では
  M.シリッチ 79%で3位  Raoserf2



  S.バブリンカ 79% 4位
  R.フェデラー 79% 7位
  T.ベルディフ 79% 8位
  N.ジョコビッチ 75% 19位
  A.マレー  74% 20位
  錦織圭  73% 26位

 ATP サービス、記録
 M.ラオニッチのサービスエースは1試合平均で17本。
 今年だけで1093本。ちなみに最高はI.カルロビッチで1185本、1試合平均18.5本
 それだけA.マレーが予測していたのだが。
 予測してもM.ラオニッチのセンターのサービスは届かない。

 第1セット2回のチャンスを2回活かし、
 第2セット、3回のチャンスで1回ブレークした。A.マレー。

 M.ラオニッチはたった1回のチャンスを活かしたが、他にはチャンスらしいチャンスは無かった。

 そして予測が良かった。
 錦織圭選手の時の様にのらりくらりはしていなかった。
 A.マレーのこんにゃくテニス  
 A.マレーのストローク  
 フットワークと予測力が良かった。

 この振られたボール、しっかし視線を残している。
Saymurrayfscover




 これがwatch the ball!
 


 早い展開だった。
 次の相手はR.フェデラー。
 11勝11敗の全くのイーブン。
 ウィンブルドン優勝当時のフィーリングが戻ればよいが、
 R.フェデラーは各段に実力を戻している。」

Murrayraostats




 「確かにタフな相手だよ。でも一昨日のKei戦に比べたら、各段にフィーリングが良くなっている」
 「良い試合を見せれると思うよ」と マレー。

 一方、サービスエースが不発だった、M.ラオニッチは。
 「サービスが悪かった。最後まで望みを捨てないで、頑張るよと」。



R.フェデラー 錦織圭
A.マレー M.ラオニッチ戦 ハイライト動画


  錦織圭 A.マレーに戦略勝ち


 ATP ファイナルアラカルト グループ分け


 閑話休題
 O2アリーナは多目的ホール。ここにテニスコートを作るのは大変。
 テニスコートができるまでのビデオ
 

 さあ、これでラウンドロビンも面白くなってきたぞ。
 選手は大変だけれど。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

 テニス上達のテニスノート システム手帳
A5memoc2wbc1




テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

  テニス上達のワンポイントアドバイス

ATPトッププレーヤーが良く分かるリンク集
 ATP公式サイト
ATPファイナル 公式サイト 

グループB
 R.フェデラー公式サイト 
 錦織圭 公式サイト


 A.マレー公式サイト   
 M.ラオニッチ公式サイト 
 BS 朝日 松岡修造氏の熱血解説

お陰様で人気ブログ、1位、5位 錦織圭選手の速報です
1113
 
 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 06:06| Comment(0) | TrackBack(3) | マレー

2014年06月24日

マレー ニューコーチで新体制 女性コーチですよ

A.マレーのニューコーチ
 ウィンブルドン間近。
 トッププレーヤーは調整に余念がありません。
Ws000010




 I.レンドルが辞めて から、コーチがしばらくいませんでした。


 I.レンドルでA.マレーはウィンブルドン優勝 まで行きましたから。

Mauresmoandy


 トッププレーヤーでもコーチが必要なんですね。

 トッププレーヤーとコーチの関係

 心の支えになる。
 自信を持たせる。
 プラス思考を教える、ここですね。
 一番変わったのは、M.シャラポワでしょう。
 

 そして、S.バブリンカとG.デミトロフ、同じコーチです。
  

 フェデラーはS.エドバーグ  

 N.ジョコビッチはB.ベッカー 

 M.ラオニッチにはビッグサーバーのコーチ
  

 ご存知にように、錦織圭にはM.チャンですね。
  
 驚きましたね。

 ニュコーチは女性。
 しかも、片手打ちバックハンド。
Mauresmobvo




 ただし半端なく攻撃的なテニスをする選手ですヨ。
 コーチとしての手腕はあります。
 去年ウィンブルドンで優勝した、M.バルトリのコーチをしていました。
  

A.モレスモです。オフィシャルサイト  



 M.バルトリは、優勝した瞬間、まっさきにA.モレスモのところに行きました。
  

 フランスのフェドカップのキャプテンでもあります。

A.モレスモMauresmomagazine



 格好いいですよ。
 強いし、
 サーブ&ボレーをする。
 ハーレーダビッドソンに
 乗るのが趣味。
 僕もハレー大好きですよ。
 免許がないから乗れませんが。



 横浜のハーレーショー、異質な世界です。動画でどうぞ。
 カスタムバイク ショー  

 この2009年のウィンブルドンの記事に少し出ています。




錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

良いコーチングのお手伝い

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。今シニアレッスンのページを加えて、ドリル数300までもう少し。乞う! ご期待!!
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmmatch2back




ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 B6作戦ボード 硬式テニス 


ウィンブルドン便利情報集

 ウィンブルドン男子シングルスドロー

 ウィンブルドン女子シングルスドロー
  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 15:04| Comment(0) | TrackBack(1) | マレー

2014年06月07日

マレー 上位を狙う モンフィルズを破る

マレー  粘り発揮 トップスピンの打ち方
 雨で中断が続く。
 まあ、雨はロランギャロスの代名詞でもある。
 集中力が試されるところだ。

 フランス人の最後の砦、G.モンフィルズ
 大声援が後押しをする。
 A.マレー G.モンフィルズ 5セットの死闘。
Murraygaelscore


 粘りのテニスをする、A.マレーが本領発揮。
  F.ベルダスコを破る  

良く分かるトップスピンの打ち方
 しっかりMurrayfstopspin



 軸足を決めて
 トップスピンを
 打っている。
 フォアの軸足、
 トップスピンを
 かける場合は
 後ろ脚。

 この脚でしっかり大地を蹴る必要がある。
 エネルギー源は地面がくれる。

 トップスピンのスウィングの基本は
 1:全身運動
 2:下から上に、のスウィング

 トッププレーヤーに学ぶトップスピン、ストロークの打ち方


 A.マレー ストローク ラリー名人
 

 ここから運動連鎖が始まる。
 脚部
 ↓
 腰の捻り戻し
 ↓
 上体の捻り戻し
 ↓
 インパクト

 フォロースルーでは脱力で、次の準備に入る。

 一般プレーヤーの方は、軸足が早く動き方が早過ぎる。
 だから不安定になる。

 天才G.モンフィルズも、随所に見せ場を作る。
 天才G.モンフィルズ  
 ジュニア時代のJ.W.ツォンガとの動画は必見。

こんなの常識。
Gael


Gaelhishot
上に下に自由自在。


 ひらめきは凄い。
 G.モンフィルズはドロップショット6本をすべてポイントに結びつけた。
Gaeldrop

 今年のロランギャロス、ドロップショットの応酬が多い。

 レッドクレーの変化か?


 試合スタッツ 
 5セット目、G.モンフィルズは疲れ果てていた。
 コートに立つのがやっとの状態。

 1,2セットをとって楽勝かに見えたが、
 G.モンフィルズがタイに追いつく。
 1stサ-ビスのポイント獲得率を上げてきた。

 普通はこの流れ、G.モンフィルズに行く。
 しかしA.マレー、踏ん張った。
 「勝ちたい、復帰したい、」
 その執念だろう。
メンタル.タフネス向上


トップスピンマスター 

 アンフォーストエラーの61本は、A.マレーに対しては多過ぎた。
 トップ4の 凡ミス ウィナーの関係


 これでA.マレーは R.ナダルとの挑戦権を得た。
 まだクレーコートでの勝利はない。


テニス手帳、システム手帳が便利
 コート図満載 スコア、データを取れる、整理もできる。
 作戦ボード付がさらに便利
 テニス手帳、レッスン手帳

Dbmemo
 コート図は各種選べます。


 テニスシステム手帳セミオーダー


A.マレー P.コールシュライバー ハイライト動画


 G.モンフィルズ F.フォジーニを破る ハイライト動画

 ドロップショットの打ち合いが面白い。
 ドロップショットはスライスから。
スライスマスターカード

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマンド 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法
 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]



 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マレー

2014年06月05日

マレー 全仏2014 調子を上げる ベルダスコ破る

マレー しぶとさを習得  クレーで勝ち上がり
 豪打のF.ベルダスコ破る。
 僕は、A.マレーのテニスをこんにゃくテニスと表現している。
 
 やる気がなさそうで、
 いつも自分い何か囁いて、
 凡ミスをするかと思えば、いきなりスーパーショットを放って来る。

 クレーコートの戦いは厳しい。
 楽に戦っているのは、
 R.ナダル  
 N.ジョコビッチ この二人くらいだろう。
  

 3回戦でのP.コールシュライバーとのフルセット。なぜかA.マレーは簡単に勝たない。
Murraykolstats


 試合のスタッツを見るだけで、疲れてしまう。
 ポイント総数 A.マレー 189 対 P.コールシュライバー 186
 凡ミス数           68 対 55
 考えてみて、68本もミスしていたら、腐って嫌になってしまいますよね。

 普通は疲れ果てるだろうけれど、
 今のA.マレー、執着心が出てきてる。
 P.コールシュライバー、前哨戦でも調子が良い。
 序盤に調子に乗せるとうるさい相手だ。

 フルセット、第5セットは12-10,2セット分戦って振り切った。4時間12分。
 第5セットだけで96分。

 ロランギャロス5セットマッチ

 そして異質のレッドクレー 

 そしてサースポーのハードヒッター、F.ベルダスコ。
 A.マレー 6-4 7-5 7-6(3) 結果的にはストレートだが、内容は僅差
 この選手、面白い経歴。
 シングルスではトップ10に常に入っていた。
 一昨年くらいから落ち始めた。
 しかしダブルスで復活。
 去年はATPダブルスのチャンピオンに輝いている。

 そのままシングルスも調子を上げている。
 ダブルスのコンパクトな戦い方が、シングルスの大振りを減らす結果となった。

 重心の乗った、安定したストロークのアタック。
 フォアハンド、攻撃力の要。
Verdasicofsseq




A.マレー クレーコートの戦い方が上手くなった。
 コンニャクに腰が出てきた。
 強打とドロップショットを駆使する、F.ベルダスコを長いラリーから崩していった。

 A.マレーの守備力 リターンから
 
Murraybsrg



 A.マレーと言えば長いラリー
  

 グランドスラムでは試合の統計が出る。
 この中に Longesrt Rally があるが、

 A.マレーは常連。
 今年はF.ベルダスコも入っている。
 ここに登場する選手はトッププレーヤー。
 それだけラリーがつながるということだけで、上手さの証明でもあるのだ。

 A.マレーと対戦すると、長いラリーのつき合わされるということだ。

 よく拾う。動き出しが遅いのだが、良く追いつく。
 追いついたボールは狙って返す。
 逆襲が得意。


これでクオーターファイナルの組み合わせは
 R.ナダル対D.フェレール
 A.マレー対G.モンフィルズ

 T.ベルディフ対E.グルビス
 N.ジョコビッチ対M.ラオニッチ の豪華顔ぶれとなった。

 この辺予想は後で出します。
 お楽しみに。

作戦ボードで指導のビジュアル化を
B4allstaff





 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート



ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマンド 
 


A.マレー P.コールシュライバー ハイライト動画



  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]



 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 07:46| Comment(0) | TrackBack(2) | マレー
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。