<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(175)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(70)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1464)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(88)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(12)
奈良くるみ(9)
フェデラー(69)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(6)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(7)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(4)
ソフトテニス(10)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年11月(2)
2017年10月(22)
2017年09月(40)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(30)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(32)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(57)
2016年06月(59)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月01日

フレンチオープン2016 雨で中断、順延 トッププレーヤーの対処の仕方 これもメンタル.タフネス

ロランギャロス2016 雨で一日中断  16年ぶりの全休
 今年のロランギャロスは、雨にスケジュール変更を余儀なくされている。
 一昨日は全休、そして試合再開の昨日も、結果的に順延となった。

[男子シングルス4回戦]
6月1日へ順延
D.ゴファン [12] 0-3 E.ガルビス
N.ジョコビッチ [1] 3-6, 6-4, 4-1 R.バウティスタ=アグ [14]
M.グラノジェルス 2-6, 7-6 (7-2) D.ティエム [13]
D.フェレール [11] 2-1 T.ベルディヒ [7]

[男子シングルス準々決勝]
A.マレー(英国) [2] vs. R.ガスケ(フランス) [9]
S.ワウリンカ(スイス) [3] vs. A.ラモス=ヴィノラス(スペイン)

[女子シングルス4回戦]
S.ウィリアムズ(アメリカ) [1] vs. E.スイトリナ(ウクライナ)
V.ウィリアムズ(アメリカ) [9] vs. T.バシンスキー(スイス) [8]
C.スアレス.ナバロ(スペイン) [12] vs. Y.プチンセワ(カザフスタン)
K.ベルテンス(オランダ) vs. M.キーズ(アメリカ) [15]
試合終了
 A.ラドワンスカ [2] 6-2, 3-6, 3-6 T.ピロンコバ 
 S.ハレプ [6] 6-7 (0-7), 3-6 S.ストーサー [21]

 選手の時間の使い方。
 今年のロランギャロスは雨に祟られている。
 テニスがWs000019

 オープンスキルの
 スポーツだから
 仕方がない。
 条件は相手も同じなのだから。
 この雨が、どの様に選手に作用するのか、考えてみよう。
 皆さんの試合の時の中断、のシミュレーションに良い。
 テニスとシミュレーション

Sayingcrisismanagement




 錦織圭も敗れた が、
 女子ダブルスNO1ペアのヒンギス、ミルザペアが敗れた
 

普段グランドスラムのサイトでは、試合を中心ニュースが流れるが、
今回のロランギャロス、雨で一日の中断が決まり、
 選手達の雨の時の過ごし方が紹介されていた。

ビッグニュース、大坂なおみのサービススピード、セレナを抜いてNO1.
 時速196km/h 。この話もあとで紹介する。
 

1:コーチと話す
 作戦の練り直し、トレーナーのマッサージを受けるなど。
 テニスは個人スポーツで、普通は、試合中はコーチングからのアドバイスは受けれない。
 デビスカップ、フェドカップの団体戦を除く。
 だから非常に貴重な時間と言える。
 女子のトッププレーヤーでは、コーチとの会話で、中断後の試合展開が変わる事も良くある。
 勝っている時は、そのままで、
 負けている時は作戦変更となるだろう。
 コーチング  
2:食事
 翌日に試合が順延の場合ではしっかり食事もあるだろうけれど、
 数時間後に試合再開かもの場合は、しっかりした食事は出来ない。
 軽く、胃に負担が少なく問う事だ。
 ただグランドスラムの5セットマッチの長丁場では、軽いエネルギー補給も重要な作戦となる。
 試合の途中で、ゼリー飲料、バナナ、チョコレートなどで、エネルギー補給をしている姿は、
 良く見かける。
 合宿成功のコツ、栄養管理
 
3:好きな音楽を聴く
 キリオス、V.アザレンカ、S.ウィリアムスはいつもそう。
 気持ちを落ち着かせる、あるいは奮い立たせることが出来る。
 テニスで重要なリラックス
Zzzzzhi



 

 ただ頑張ろうは×
 却って力が入ってしまう。
 
4:机を借りて、本を読んだり、タブレットを使う人もいる。

 この時間の使い方も重要だ。
 気分転換、
 心を平常心に戻す。これが重要。
 
戦術、戦略の練り直しも大事だ。
 苦手な相手に苦戦中   

 強い相手に苦戦中 

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

Bmposivs






レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

2016年05月25日

フレンチオープン2016 スザンヌランラン センターコート

テニスとスザンヌランラン  テニスの面白真面目
 今日は こんな日 です。
 サラリーマン川柳に挑発されて、川柳を書きました。
全仏オープン 日本勢頑張っています。雨で順延、中断、でもこれがクレーコートですね。
 テニスはまさにオープンスキルのスポーツですから。
 オープンスキルの反対は
クロズドスキルのスポーツです。



 スザンヌランランって、
 ロランギャロスのセンターコートの名前 ですね。
Rgslcourt




 フランスの有名な選手なんです。

 Google にこんな画像が出ました。
 分かりますか? ベテランの方ならご存知です。
Tennisdoodleszane




 Doodleの面白さ
 彼女の打ち方からエアーKに進化  

そして最新のストロークへ進化

リーサルウエーデルンポン キリオス 

フランスは個性的な選手を輩出。

 ロランギャロスはレッドクレー、日本のクレーコートとは少し違います。
 こんなコートなんです。
Rgcourtconstraction

 水はけが良い訳です。


 コートサーフェイスとテニス
 F.サントロ、僕の大好きな選手です。 シニアの試合で、誰もが嫌がる相手です。


 N.ジョコビッチに勝っているんですね。
 

 A.ルコン、
 ヤニックノア 伝説的な選手。今は確かデビスカップの監督です。
 G.モンフィルズが全仏欠場は残念ですね。
 今年調子良かったのに。

 J.W.ツォンガ 


 ロランギャロス 
 赤土の祭典 モンテカルロから始まった。
 天候不順、2014に似ている。  

 ラコステのCM面白い
 人生はラコステのCM 人生は美しいスポーツ   

 ユニクロのウエア  

 今日は土居美咲がS.ストーサと対戦
 奈良くるみも登場する期待したい。
 日本女子シングルス 対戦相手 

 錦織圭、ダニエル,太郎、大坂なおみ、2回戦へ

全仏、日本選手
○錦織圭 6-1,7-5,6-3 ●S,ボレリ
○ダニエル太郎 3-6, 4-6, 7-5, 6-4, 3-0 ret. ●M.クリザン
 驚異的な粘りで、大逆転。
○大坂なおみ 6-4, 7-5 ●E.オスタペンコ
 ダニエル,太郎、大坂なおみは全仏初勝利
○S.ハレプ 6-2, 6-0 ●日比野菜緒
 つけ入るスキがなかった。でも良い勉強になったはず。
〇奈良くるみ  5-7, 6-3, 2-0  ●D.アレルトバ  逆転して相手が棄権
〇S.ストーサー 2-6, 6-4, 3-6 ●土居美咲

全豪優勝のA.ケーバーが敗退。女子は案の定シードダウンが多いですね。
A.マレーは大逆転劇 R.ステパネックを破る。
N.ジョコビッチ、R.ナダルは安定性抜群。


★☆★ テニス部活指導のヒント ★☆★
 部活合宿指導

 合宿ジュニア指導マニュアル
Jrwbset

 合宿成功便利セット
 作戦ボード、練習メモ、ボール出しマニュアルのセット。


 ビジュアルな指導を心掛けよう


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow テニス

全仏オープン 公式サイト


ロランギャロ ドロー 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

2016年05月22日

フレンチオープン2016 女子 シード 土居美咲、奈良くるみ、大坂なおみ、対戦相手

全仏2016  女子シングルスメインドロー発表
 日本勢 土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ、大坂まなみ 出場
 強い相手と当る。これも良い勉強。


女子シングルス ロランギャロス2016
第1シード セレナ 少し前までは絶対女王だったが、今年は差を詰められている。
 体調も万全ではないが、試合に入り方でミスさえしなければ、強さ、抜群。
 セレナの強さ
Serenarg2015





 セレナの弱点それは
 去年は、準決勝から体調不良を押しのけ、L.サフォロバを破り優勝。

 奈良くるみ87位vs チェコの Allertova.Denisa 68位
 奈良くるみ、今年は不調が続く、頑張りどころ。
 インディアンウェールズで予選から勝ち上がりビーナスを破る
 
 去年は良い試合が多かった。

 12シード S.C.ナバロ  クレーコート絵粘り強い
第5シード V.アザレンカ 怪我ら復調してきている。
 チームでの戦いでサポート体制がしっかりしている。
 V.アザレンカの凄さは、基本がしっかりしている事。
 
第3シード A.ケーバー 強いんだけれど不安定。
 M.キース アメリカの若手、大きなテニスをする。
 
 ビーナス
第8シード T.バシンスキー 最近急成長。

第7シード R.ビンチ ダブルスも上手い
 第10シード P.クビトバ 最近不調
第4シード G.ムルグッサ  去年、ウィンブルドン決勝でセレナとナイスファイト
 
Mugursarg




第6シード S.ハレプ vs 日比野菜緒  70位
 S.ハレプは慎重は低いが粘りのあるプレーをする。

 大坂なおみ102位は32シードのJ.オスタレンコ、ラトビアと対戦
  マイアミでS.エラーニを撃破
 クレーコートではサービス力が落ちるので、ストローク戦の良い勉強になる。

日本最高位38位の土居美咲は 21シードS.ストーサと対戦。
 ジャパンオープンで2連敗している相手、しかしクレーコート。
 サービス、フォアが強烈だが、クレーコートでは土居美咲に分がある。
 大丈夫、勝って欲しい。 今年はメンタル.タフネスも強化している、
 11シード L.サフォロバ にローマで勝ち、ベスト8入り

Ws000000



 

第2シード A.ラドバンスカ 安定性がウリだが、最近ぱっとしない。
 去年のWTAファイナル チャンピオン
  
 真似をして欲しい要素が一杯ある選手。
Ws000003

 攻守のバランスは非常に良い選手。


 男子シングルス、錦織圭、トップシードは?

★☆★ テニス部活指導のヒント ★☆★
 部活合宿指導

 合宿ジュニア指導マニュアル
Jrwbset

 合宿成功便利セット
 作戦ボード、練習メモ、ボール出しマニュアルのセット。


 ビジュアルな指導を心掛けよう


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow テニス

全仏オープン 公式サイト


ロランギャロ ドロー 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

フレンチオープンテニス2016 男子 上位シード ジョコビッチ、マレー、ナダル、錦織

全仏2016 男子メインドロー発表
 やっとウィンブルドンのメインドローがでた。
 男子では、R.フェデラーが体調不良
 G.モンフィルズがインフルエンザで欠場。 二人とも期待されていたの二残念だ。

日本勢では、錦織圭とダニエル,太郎二人の登場となる。
 クレーコートはダニエル,太郎の得意なコート、粘りを発揮してもらいたい。
 
 予選で頑張っていた、西岡はR.ステパネックの技に負けた。
 女子の加藤も敗れた。予選の日本人は全滅。
Ws000000





第1シード N.ジョコビッチ
 超安定している王者だが、ここ全仏だけ優勝が無い
 
 優勝したら、キャリアグランドスラム達成の偉業。
 マドリッドオープンで優勝  
Nolergex1




第7シード T.ベルディフ

第4シード R.ナダル
 言わずと知れた、クレーキング。ここ10年で8回の優勝
 今シーズン、復活をかけている。
 生涯クレーコートの勝率ではトップ
 バルセロナオープンで錦織圭を破る  
Rafaelnadalrg

 このドローに若手の成長株、A.ズべレフ

 13シード、D.ティエムがいる。
 ナダルも厳しいドローになった。


第6シード J.W.ツォンガ

第8シード M.ラオニッチ
 ダニエル,太郎はM.クリザンと当る。

第3シード S.バブリンカ  去年のロランギャロスの覇者
 N.ジョコビッチを破っての優勝は大きい。
Sayswmytennisattack




 前哨戦でファイナルに来ている、復調の兆し。

第5シード 錦織圭
 R.ガスケ
 J.イズナー
 キリオス  がいるドロー
  最新のストロークを披露して、上位選手に強い。
  
 苦手のR.ガスケに連勝。もう苦手意識はないだろう。
Keibsslicetopspin

 ファーストサーブの確率。
 ドロップショットが好調だ。

 

第2シード A.マレー
 直前のローマでN.ジョコビッチを倒して好調
 最近のクレーコートでの勝率NO1。
Andyrglatewin



  
錦織圭は第5シードで、S.ボレリと当る。両者は2回対戦。
 シングルスでは100位台だが、最高は50位台。
 ダブルスでは去年10位まで来ている。
 実はランキングの差以上に大激戦を演じている。
 ボレリ得意の芝だったせいもあるが。

2015ウィンブルドン 1回戦  63 67(4) 62 36 63

2014ウィンブルドン 3回戦  36 63 46 76(4) 64
 対戦内容は次に紹介する。
 女子のドローも次に紹介する。

★☆★ テニス部活指導のヒント ★☆★
 部活合宿指導

 合宿ジュニア指導マニュアル
Jrwbset

 合宿成功便利セット
 作戦ボード、練習メモ、ボール出しマニュアルのセット。


 ビジュアルな指導を心掛けよう


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow テニス

全仏オープン 公式サイト


ロランギャロ ドロー 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

2016年05月20日

全仏オープンテニス2016 西岡予選決勝へ 日本選手の紹介

全仏 予選が始まっている ロランギャロス2016
 クレーコート、最大の祭典だ。
 赤土には鬼が住んでいられている。今までも番狂わせが沢山起きている。
 グランドスラムと全仏 コートサーフェイス
 

 男子は、N.ジョコビッチが全仏初制覇を狙うだろう

Rollandgarrosposter

 全仏のポスターはいつもお洒落。
 

 そこに立ちふさがるのは、クレーコートで今年勝率が一番良い、A.マレー。
Ws000000



 先回のローマオープンではついにN.ジョコビッチをストレートで下した
 

 攻撃性が目立つ
 そしてキャリアでは9割近くの勝率を残す、R.ナダル。

 クレーコートで勝率の良い、錦織圭
 
 若手注目はD.ティエム。クレーコートでも今年の勝率4位で錦織圭よりも上。
 D.ティエム、錦織圭戦 より  

 ロランギャロスに激震、R.フェデラーが欠場。体調が思わしくないらしい。
 先のマドリッド、ローマは、腰痛で欠場したが、先を見越して、欠場を決めた。
 土よりも、芝に照準を合わせているのだろう。
 
 加藤未唯予選決勝でフルセットで敗れた、残念。
 男子シングルスでは西岡良仁が一人予選決勝にコマを進めている。
 西岡、小さくて頑張る選手として紹介されている。

 ベテランの元世界ランク8位のR.ステパネックに初挑戦。
 ダブルスは超上手い。
Rg





  R.ステパネックの素晴らしいスライス、これは参考にして欲しい。
 

 相手のR.ステパネック、なかなかベテラン、今これだけ順位を落としているのが信じられない。
 ダブルスの名人でバックハンドスライスが上手い。
 アプローチショットで前に出るだろう。

 西岡のグリグリのトップスピンのパッシングショットがどこで炸裂するかに注目。


 若さで、相手を圧倒して欲しい。
 他の日本勢では予選第3シードの伊藤竜馬、予選第23シードの添田豪、守屋宏紀は予選1回戦で敗退した。
 シードを守れない、残念だ。

 女子では、世界ランク153位の加藤未唯が勝利し、予選2回戦進出を決めるも、
同137位の尾崎里紗、同182位の江口実沙、同188位の澤柳璃子は敗れ、本戦出場を逃した。

 男子、女子のエントリーリストが出ているが、メインドローは出ていない。
 
 分かり次第お伝えする。
 錦織圭、ダニエル,太郎が本戦入り。

女子では、ランキングを上げている
 土居美咲、ローマでシードを破りベスト8

 日比野奈緒、
 大坂なおみ、
 奈良くるみが本戦入り

テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
テニス作戦ボード、便利機能満載
 試合のスコアの勧め  

Vscore4015







 試合スコアのつけ方 
 練習日誌の勧め、ジュニアには特に。


 ジュニア、練習日誌 ジュニアはシングルス、だから専用コート図  
 

 親のためのノート  

 ジュニアの育て方  ほめて育てる  

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
タグ:西岡良仁

2015年06月09日

バブリンカ 王者攻略のしたたかな戦略 全仏ファイナル

トッププレーヤーの戦い方分析
 S.バブリンカの攻撃力 世界NO1に勝てた訳。

S.バブリンカ、世界NO1、N.ジョコビッチを破った理由を考えている。
 先回は、その全体的な攻撃力を紹介した。
 圧倒的な攻撃力。Wawrinkaeyesfocus



 ミスを恐れない、
 積極性。
 これがN.ジョコビッチを
 守りに走らせた。
 ボールを良く見る、集中した視線。
 試合前の戦力比較
 過去1年のスタッツでは、N.ジョコビッチ有利だが、
 全仏に限っては、全くの互角。 N.ジョコビッチもまさか、S.バブリンカがここまで攻めるとは考えてもみなかったのでは?

 全仏の近年史、戦い方の変化。  

 結果的にS.バブリンカは、N.ジョコビッチに比べて、
 ウィナーが多い。
 アンフォーストエラーを恐れない攻撃力が凄い
 

 まさにトッププレーヤーならではの作戦。
 特に圧倒的に強い、ビッグ4に対する作戦だ。
 

 ウィナーからアンフォーストエラーを引いた安定指数で、
 S.バブリンカの指数。
 フォアが圧倒的に攻撃的。

 一般プレーヤーは安定指数を高めるには
 ウィナーは捨てて、凡ミスを減らそう。

 トッププレーヤーはプレースタイルで変える。
 攻撃的プレーヤー、R.フェデラー、S.バブリンカはウィナー狙い
 


 守備的プレーヤー、R.ナダル、D.フェレールはアンフォーストエラーを減らす
 


 守備的から攻撃的に変身しようとしている過渡期の二人。
 A.マレー  
 今年は一気に強くなった。ウィンブルドン要注意だ。

 錦織圭 
 精神力を安定させ、大人のプレーが必要だ。
 錦織圭とメンタル.タフネス。 

ストロークの考察
 バックは、実はエラーが目立つ
 これはトッププレーヤーと言えども、フォアが主体。

 S.バブリンカは前に入り、N.ジョコビッチが下がる。
 しかし、試合中に走った距離は、S.バブリンカの方が多い。
 その理由は簡単。
 N.ジョコビッチの攻撃がクロスコート、これで相手を走らせる。
 一方のS.バブリンカが狙うのはダウンザラインの一発逆転。
 クロスで4回ラリーをして、チャンスでダウンザライン、
 この時にS.バブリンカは外に出されている。

 作戦としてのクロス打ち、ダウンザライン打ち
 クロスのメリットは、打ち易く、相手を動かすことができる。
 ダウンザライン、ネットが高い分、距離が短い分、クロスよりも難易度は高い。
 相手の逆を突くことができる。
Swsshotbspole




 ここから見事に、ダウンザライン、ポール回しで決めた。
 錦織圭もポール回しで決めている。ナダルも得意。トッププレーヤーの必殺技だ。

 クロス、ダウンザラインの打ち分け練習
 一般プレーヤーの方も是非練習して欲しい。
 フットワーク、コントロールが身に付く。
 最初はミニテニスから初めて、少しずつ下がって行こう。
 ラリーの練習は、試合に直結する。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmminigradingvostcourse




ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 
 N.ジョコビッチの練習風景動画入り。
Swnolecrossdl



フォアハンドの強力さ
 27本のウィナー。特に右サイドから15本。

 バックハンドがもてはやされるが、S.バブリンカの武器はフォアハンド。
 何しろ振り抜きが早い。

バックハンドのダウンザライン
 N.ジョコビッチもS.バブリンカのダウンザラインが来るのが分かっている。
 それでも抜ける。
 ショートクロスもあるし、クロスのオープンコートのケアも必要だし。
 第4セットでは、22本のダウンザラインを打っている。
 これはN.ジョコビッチのカウンターのクロス、
 コーナー深くに来たボールを見事にダウンザライン に振り返している。



 とは言え、S.バブリンカがベースラインの打ち合いでは1%しか上回っていない。
84/163
 実は差が出たのはネットプレー。
 ネットの出た時の(23/33)70%のポイント獲得率、これが大きい。
N.ジョコビッチは14/24で58%に抑えた。

 J.W.ツォンガ戦でもネットプレーのポイント獲得率は70%を越えている。
 

 R.フェデラー戦でも、あのR.フェデラーをネットプレーで上回っている。
 

 しかもパッシングショットでR.フェデラーのネットプレーを封じ込めている。
 そう今のS.バブリンカ、ただの打つ人ではないのだ。攻守に安定性を見せている。
 これは強い。

 秘かにネットプレーヤーを磨いていた、そんな感じがする。
 ストロークが光輝くが、ネットプレーにも注目。
 これは芝のウィンブルドンでも注目だ。
 と言う事は、S.バブリンカはオールラウンダーになりつつあると言う事だ。

 S.バブリンカのボレー、基本に忠実
 基本的なボレー。トッププレーヤーも含めて、上手なプレーヤーは共通点がある。
 グリップが薄い事。スプリットステップから脚を使ってボレーする。
 
Lcswvo

 ボレーマスターテニス上達のレッスンカード。

 
 N.ジョコビッチが有利な点は、アプローチショットの58%。
 まあ、デフェンシブな戦い方だったから、満を持してネットプレーに出る。
 テレビでもチャンスは一杯あるのにと思ったが、慎重になり過ぎたのだろう。

 N.ジョコビッチはドロップショットが得意な選手。今回の大会でも、楽しむかのように使っていた。
 しかしファイナルセット、プレッシャーから、2回のミスを呼んだ。
 ドロップショットは、勝っている時に使う、プレッシャーでは腕が縮むのだ。
 ドロップショットの使い方  

 錦織圭の次の試合
ドイツのハレ ゲリーウエーバーオープン ATP500 6月15日から


 BNPパリバス エキジビションマッチでウィンブルドンへの直前調整をする。 エキジビションマッチと言っても、トッププレーヤーが集結する。
 良いウォームアップになるだろう。

 テニスの部活活性化をフォロー します
 Allstaffscorebird




 テニス部活応援キット


★☆★   グラスコート シーズン  ★☆★  これから舞台は、芝へ、戦術が大きく変わる。 

 ウィンブルドン 公式サイト

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
 

2015年06月08日

全仏2015 新チャンピオン バブリンカ 破壊力別格 ジョコビッチ敗れる

全仏2015 ファイナル N.ジョコビッチ バブリンカの攻撃力に屈する。
 終始一貫して攻め続けた、S.バブリンカ。
 自身、グランドスラム2勝目。ランキングも一気に4位に上がった。

 6-4, 4-6, 6-3, 6-4
Swnolescore_2



 N.ジョコビッチはゾーンを上げ下げして、攻撃、防御のリズムを作る。
 最初は下がり、デフェンス、チャンスで前に入る。
 この作戦も徹底していた。
 テニスは、テニスコートを目いっぱい使ったゾーンの戦いなのだ。
 テニスコートのゾーン、マネージメント システム5
 

 対戦前の予想 長い対戦ではN.ジョコビッチだが、ここ最近ではイーブン
 

 攻撃力のS.バブリンカ、デフェンス力のN.ジョコビッチ。
 N.ジョコビッチが丁寧に守り過ぎたのかもしれない。

 N.ジョコビッチのデフェンス力とS.バブリンカの攻撃力。
 静かな展開から、打つ動くかに注目だ。
 最初の攻防は1stサ-ビスとリターン。
 S.バブリンカが1stサ-ビスでは圧倒する。

 2ndサービス、N.ジョコビッチがキックサービスで盛り返す。
 問題は、お互いにリターンの思い切りが良いので、サービスの次の構えが重要になる。

 ラリーの展開、N.ジョコビッチは下がり気味に、守る。
 S.バブリンカが前に入る。
 しかしN.ジョコビッチのボール、丁寧に深く打つ。S.バブリンカが下がる。
 するとN.ジョコビッチは前に詰める。守備から、攻撃への切り替えだ。
 これを往復2秒の激しいラリーの中でするのだから、超ハイレベル。

 途中で、攻撃のギアを上げたが、S.バブリンカは、しっかりゾーンに入っていた。
 攻撃の手を緩めなかった。
Sayswmytennisattack




 コーチの存在の大きさ。
 S.バブリンカのコーチはG.ノーマン
 彼についてから、Wawrinkanormanrg



 S.バブリンカは戦略的、
 テニスを身に付けた。
 攻めるだけでなく、
 展開を身に付けた。
 そして何よりも
 大きかったのが、
 ショートテンパーで
 切れやすかったのを、
 冷静に戦えるようにしてくれたこと。

 攻撃力の選手は得てして、切れやすいものだ。
 彼の指導の元、G.デミトロフ、R.ソダリングと注目の選手が多い。
 R.フェデラーは、全く違うけれど。禅から学んだ。
 
 メンタル.タフネス、錦織圭に今一番必要な要素だ

 テニスは心.技.体のバランスが重要なスポーツ。
 心の上に、身体能力、技がある。

 心Saymtpdancer5



 体
 技

 感情
 コントロールが難しい。

 それらを活かすのが戦術、戦略だ。


 15回のブレークチャンスで4回破った。
 15回もつれたという事は、N.ジョコビッチが相当ナーバスになっていた証拠。
 グランドスラムを意識したのかもしれない。

 S.バブリンカのウィナー 60本をN.ジョコビッチから奪うのは至難の技。
 11本は、バックのワイド。
 9本のエースも大きい。

 ミスを恐れず、攻め続ける、これは難しい事。

 S.バブリンカの武器 バックハンドが注目されるけれど.

 実は、フォアハンドはもっと凄い。
 ビッグフォアマン、J.W.ツォンガに打ち勝った
  ウィナーを量産する、フォアハンド。トッププレーヤー、ほとんどの選手、フォアハンドが武器。
 フォアは強くて当たり前、
 そこにバックも強ければの話だ。


 アンフォーストエラーを減らし、デフェンス力での勝負に出た、N.ジョコビッチ。
第1セットはS.バブリンカのミスを誘い、守り勝ち。

第2セット S.バブリンカは、ミスを恐れず、攻撃。
 N.ジョコビッチはドロップショットで交わすが、S.バブリンカは自分のテニスを貫く。

 N.ジョコビッチのデフェンス力。A.マレー戦
 

 スタニラス、.バブリンカ、終始一貫攻めのテニス。だからスタンガン。
 S.バブリンカは何回もブレークチャンスを迎えるが、N.ジョコビッチに守りきられる。
 しかし、4-5から、ブレークに成功。

第3セット
 1stサ-ビスの確率を上げ、しかもポイント獲得率が高い。
 21本の内、19本。相手がN.ジョコビッチだからなおさらだ。

第4セット
 いきなりN.ジョコビッチがブレークされる。
 大きなハンディとなる。
 そして0-3と大きくリードを許す。
 しかしここから頑張り、3-3まで持って来る。
 流れが変わるか?
 しかしサービスゲーム0-40から復活できずに、ブレークを許す。

N.ジョコビッチはクリーンな選手。
 第1セット、サイドアウトのコールに対して、自分から相手のウィナーを認める、潔さ。
 この点は、若者も見習って欲しい。

 しかし第2セット、自分のミスに腹を立てて、ラケットを折った。
 N.ジョコビッチは、Nolebrokeracket



 比較的、
 感情を出す
 タイプ。
 しかし、
 自分の愛すべき、
 信頼すべきラケットを
 傷つけるのはまずい。
 ミスは、自分の心の中で整理して、次に進むべきだ。
 ラケットを折ると負ける法則、これを知っていたのだろうか。

本日の御教訓 自分のテニスに徹する
攻撃力を活かす
1:サービスとその次
2:ミスを恐れない
3:チャンスはネット
  これはS.バブリンカ、選手用。
 一般プレーヤーの方は、ミスを恐れて、デフェンス力を強化してください。
 でも、思い切り良く振り抜く事。
 ミスしたら、忘れて次,これが大きな違いです。

 勝利の法則シングルス

 勝利の法則ダブルス

対戦スタッツ
Swnolestatsrg





 これでN.ジョコビッチの生涯グランドスラムは持ちこされた。
 今年のロランギャロス、二つの翁記録、N.ジョコビッチのグランドスラムは順延、
 R.ナダルの、クレーコートの勝率は一つ減らした。
 この二人が偉大であることに変わりはない。

 そしてここから舞台は、ドーバー海峡を渡り、イングランド、
 芝へと向かう。
 トッププレーヤーは、気持ち、戦術の切り替えに忙しい。
 

 スコアをつけるためのテニスノート


 テニスの部活活性化をフォロー します
  
  作戦ボード
  システム手帳、
  ボール出しマニュアルの3点セット
  即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。部活の人数、コート面数に応じた調整をします。

 テニス部活応援キット


★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  これから舞台は、芝へ、戦術が大きく変わる。 
 全仏 公式サイト  

 ウィンブルドン 公式サイト

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

2015年06月07日

全仏 男子シングルス 決勝予想 ジョコビッチ

全仏2015 男子シングルス  N.ジョコビッチ、S.バブリンカ戦、決勝を占う
 この二人、対戦は多いが、
 ここ数年は、ATPファイナル
 グランドスラムなど大きな舞台でしか当たっていない。

 2014ATPファイナル
 N.ジョコビッチが勝つと、グランドスラム達成の大記録
 

 S.バブリンカには全仏初優勝がかかる。

 世界NO1のN.ジョコビッチ 対 S.バブリンカ
 17勝3敗でN.ジョコビッチが圧倒。
Nolesw




 2014 オーストラリアンオープンでS.バブリンカ初優勝、

 クオーターファイナルで当っている。
  

 しかし今年はセミファイナルで当たり、N.ジョコビッチが勝利。
 そのままのN.ジョコビッチがA.マレーを破り優勝した
 

過去のデーター比較では、N.ジョコビッチが圧倒的に有利

 ロランギャロスのクレーコート、その時の状況で変化する。
 そこで今年の全仏の二人のデータを比較した。

Noleswrally




 サービスはS.バブリンカが53、N.ジョコビッチ23で、圧倒。
 ただしダブルフォールトは、N.ジョコビッチたったの4 S.バブリンカ 28で不安定。
 これは攻撃的なS.バブリンカ、守備もきっちりするN.ジョコビッチの大きな違いになる。

サービス力
 1stサ-ビスでは、S.バブリンカが圧倒、
 しかし2ndサービスになると、N.ジョコビッチ。この攻撃力はすさまじい。
Noleswser




リターン力 僅差でN.ジョコビッチが安定している。
 2ndサービスに対してのリターン力はN.ジョコビッチが強い。
Noleswre




ウィナー
 S.バブリンカはフォアが断トツに多い。バックが注目されるが、決めてはフォアだ。
 N.ジョコビッチは、バックで有利になっている。
 その他はサービスエースがほとんどで、S.バブリンカが上を行く。
Noleswwinner




 N.ジョコビッチの必殺カウンター  

アンフォーストエラー
 フォアのアンフォーストエラーは、S.バブリンカが多い。もろ刃の剣だ。
 バックのアンフォーストエラーはN.ジョコビッチが少しだけ多い。

Noleswuerror



 S.バブリンカ、バックの良い点が目立つが、ミスも多いと言う事だ。
 


ただ他の選手と比べると、バックも強い。ミスも少ない問うことになる。

ウィナーからアンフォーストエラーを引いた安定指数
 フォアは、N.ジョコビッチが圧倒。
 バックは、二人ともミスが多くなるが、N.ジョコビッチの方が安定している。

Nolesw_2




 N.ジョコビッチのデフェンス力
 

 S.バブリンカの攻撃力 

 速い展開で、S.バブリンカ
 R.フェデラーを破った速い展開 

 一方のN.ジョコビッチ 
 A.マレーと長いラリー戦を耐えた
 
 3回ラリーが続いたらN.ジョコビッチだろう。

 作戦ボード、より使いやすく進化中





 スコアをつけるためのテニスノート


★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  
 全仏 公式サイト  

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

2015年06月05日

ジョコビッチ マレー戦を占う データ分析 全仏2015

ジョコビッチ マレー 全仏2015 準決勝データ比較
ジョコビッチにはタフな相手が待っている。
 ベスト8でR.ナダル、そして今回がマレー。しかし、世界NO1はたじろがない。
 自信がある。自分への強い信頼、チームへの信頼だ。
ジョコビッチのチームには、B.ベッカーが。
 

 一方のA.マレーにはA.モレスモがついている。


 ジョコビッチ、マレー 対戦成績は18勝8敗でジョコビッチがリード。
 しかも2104年に行ってから7連勝。

 二人の試合は、何しろ、ラリーがつながる。20回以上はザラ。

 ジョコビッチが先に前に出て、マレーがパッシングショットの展開になるだろう。

 ジョコビッチは今回ドロップショットを多用

 マレーのフットワークがどの様にかわすか? 諦めた方が負け。
 オーストラリアンオープンファイナル
   
 インディアンウエールズ Semi-Final
  

 マイアミ ファイナル  
 と大きな大会で3連勝。

 2013 ジョコビッチとマレーの時代が始まると誰もが信じた。しかし、マレーが腰痛の手術。
 復活に時間がかかった。

 今のジョコビッチ、強い、半端なく強い。
 出だしは競るが、最終セットは6-0とジョコビッチが突き放す展開が多い。
 全仏のR.ナダルのベスト8のジョコビッチがまさにそう
 
 マレーは、錦織圭に勝ち調子に乗った
 
 しかし、それは過去のデータ、今年は分からない。何と言っても、マレーが調子が良いからだ。
 結婚も大きな要因だろう。
 この二人、今年の勝率が良い。
 特にクレーコート、二人とも調子は絶好調。

 ジョコビッチも、マレーの事を聞かれて
 「クレーコートの試合が凄く上手くなったね、
 元からタフな試合をするけれど」

 二人の今年の全仏の対戦データをまとめたサイトがあった。
 まさに、今年の全仏、直前までの旬なデータ。
Noleam



 分かり易くグラブにまとめたので見て欲しい。
分析データは
1:サービス力  マレーが有利だが、
 2ndサービスの、ジョコビッチの強さは異常。
Noleamser

2:リターン力 ジョコビッチが強い。
 2ndサービスを叩けるかどうか。リターンエースが多く出るだろう。
Noleamre


3:ブレーク力
 デュースゲームの強さが分かる。
 サービスキープはデュースゲームでセーブ
 ブレークは相手サービスをブレークしているか。
Nnoleamkeepbreak

4:アンフォーストエラー 凡ミス
 アンフォーストエラーの多さは、試合に負ける指標となる。
 二人ともデフェンス力はあるので、低く抑えている。
 ジョコビッチは少ない。
Noleamue



5:攻撃力 ウィナー比較
 二人ともどちらかと言うと、デフェンス力をしっかりして勝つタイプだった。
 それがジョコビッチは2年前から、
 マレーは、今年に入ってから、攻撃力を増している。
  マドリッドでは、ナダルを破っている。これでクレーコートの自信をつけた。

Noleamwinner
 その他のウィナーのほとんどはサービスエース。



 二人とも、フォアハンドの方が強い。
 バックハンドはミスが多い。特にマレー。
 と言う事はバックのクロスコートラリーとなることは必至だ。
 そしてダウンザラインから試合は動き出す。
 

 R.ナダルもそうだが、トップ4を狙うには、攻撃力アップが欠かせない。
 錦織圭も、その方針をとっている。

6:安定指数、月さん、独自の勝利の法則の指標。
 ジョコビッチが良い数字。
 
 ウィナーからアンフォーストエラーを引いた数字で、
 この数字が高いと、安定して勝てる。

 例えばR.フェデラーは攻撃型で、アンフォーストエラーを恐れず、ウィナーを取りに来る。
 
 逆にR.ナダルは、アンフォーストエラーを極力抑えて、ミスを少なく勝つ。デフェンス力の選手。
Noleam_2





 さあ、この二人はどの様な数字になるのだろうか。

ジョコビッチの凄さは、サービス力
 特に2ndサービスのポイント獲得率、63%は屈指の強さ。
 セットを落としていないのも強い。マレーは3セット落としている。

 58%のベースラインからのポイントは大会ベストだ。

マレーの強さ
 1stサ-ビスのポイント獲得率 78%、これはクレーコートでは高い。
 ハードコートなら普通の数字だが。
 34のサービスエースも多い。クレーコートだから。
 ブレークポイントコンバージョンは53%と高い。
 ジョコビッチはデュースゲームに注意が必要だ。

 作戦ボードの詳しい内容は


 作戦ボード、年々進化中



Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート


★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  
 全仏 公式サイト  


ロランギャロス ライブスコア 臨場感がありますよ。
 試合全体、サービス、リターンと別れてデータをチェックできる。

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

2015年06月02日

全仏 ジョコビッチ、フェデラー、マレー、ナダル、錦織

ロランギャロス2015 Big4 揃踏み
 面白い事に、昨日はBig4が全員出場、勝ち上がった。
 これは久しぶり。
 面白い事に、どのセットも差をつけて勝ち抜けている。
 競ったセットは少ない。
 1ブレークは大きいが、クレーコートの5セットマッチ。
 1チャンスを逃さない、集中力が必要なのだろう。

big4って 言わずと知れた、男子シングルストップを占め続けている、4人
 N.ジョコビッチ、R.フェデラー、A.マレー、R.ナダルの4人。

   ナダルと全仏の歴史


Big4の戦いから学ぶ 勝利の法則
 勝利には何が必要か
 1:ブレーク数で相手を上回る事
  ブレークされたら、ブレークバック、
  試合で重要なブレーク数。
  錦織圭はブレーク合戦に気をつけたい。

 2:安定指数
 攻撃すればミスも出る、
 攻撃型の選手はウィナーを多く、ミスは恐れない
 守備型の選手はミスを抑え、無理なウィナーは狙わない。

 3:流れに乗る
 クレーコートの5セットマッチ、厳しい。
 1ブレークしたら、その流れで、
 1ブレークされたら、序盤なら、次のセットにの考え方も必要。
 しかしこれはトッププレーヤーの5セットマッチ、グランドスラムの世界。
 一般プレーヤーの方は、先行逃げ切りですよ。

 勝利の法則シングルス

 さすがに、1stサ-ビスでポイント獲得率は80%までは上がっていない。
 その分、2ndサービスで、60%近くのポイント獲得率がないと、
 キープは難しい。
 どんなに良い2ndサービスでも、リターン側が思い切って狙ってくるからだ。
 クレーコートの2ndサービスの勝負、サービス対リターン、迫力がある。
 リターンをどの位ベースラインに入って打ってるかが勝負だ。

 下のシードにいる、R.フェデラーの試合が前日の日没サスペンデッドで、
 第3セットから、試合に入ったからだ。

 第1シード N.ジョコビッチ◎ vs R.ガスケ  6-1, 6-2, 6-3
Nolergstats




 次の対戦は、R.ナダル ロランギャロスで6度敗れている。
 今年も、グランドスラムを狙う、チャンス。
 しかも、世紀の年間グランドスラムを狙える好調さ。
 去年もそうだった。 

 N.ジョコビッチは、R.ナダルに 20-23と負け越しているが、並びつつある。
Nolebest8




 第2シード R.フェデラー◎ vs G.モンフィルズ(13)   6-3, 4-6, 6-4, 6-1
Rfgmstats



 二人の天才
 オーソドックスな天才、R.フェデラー。
 スライスタッチで7色の変化を出す
Rfbest8


 

 奇想天外な、G.モンフィルズ
 可愛そうに、G.モンフィルズは連戦で、体調不良。
 途中で、ドクターを呼ぶシーンもあった。
 G.モンフィルズは、「体調が良くても、R.フェデラーと試合するのは大変な事」。
 一方、R.フェデラーは「ガエルとの試合は、やったものでなくては分からない、何を打って来るか、気を抜けないんだ」と、
 次の対戦は、やっと調子を上げてきた、同じスイスのS.バブリンカ。
 16勝2敗と勝ち越しているが。
 トップ中のトップ、屈指のバックハンド、片手打ちの競演は見ものだ。

 両手打ちのバックハンドなら、NO1N.ジョコビッチ、NO2.錦織圭の評価が上がっている。
 錦織圭はキラーバックハンドと。
 

 第3シード A.マレー◎ J.シャーディ     6-4, 3-6, 6-3, 6-2
Murrayjsstats



 このところマレー絶好調。クレーコートの戦い方をしっかり身に付けた感じがする。
 スライドの仕方。
 そして何といっても、今までの守備型から、速い攻撃に作戦を変更したことが大きい。
 それは45本のウィナーを奪ったことからも良く分かる。
Murraybest8




 次の相手は、クレーコートでは厄介な、D.フェレール。
 9勝6敗と勝ち越しているが、クレーコートでは勝っていない。
 A.マレーのクレーコートの強さの真価が問われる。
 A.マレー、錦織圭を破る、マドリッド  
 
 第6シード R.ナダル◎ J.ソック  6-3, 6-1, 5-7, 6-2
Nadalsockstats



 ロランギャロスでR.ナダルが第1シードではない。これだけでも不思議だが。
 ナダル自身が、ストローク、特にフォアハンドで苦悩している。
 ブレーク合戦、4ブレークのJ.ソックを9ブレークのR.ナダルがかわした感じ。
 復調中のナダル 
Nadalbest8


 

 僕にはサービス力が落ちているのも気になる。
 1stサ-ビスのポイント獲得率が上がって来ない。
 ナダルがロランギャロスで強い訳
 後半ほどナダルは強くなる。その理由は?
 

 2014 全仏 ファイナル 力でN.ジョコビッチをねじ伏せる
 ウィナー炸裂  

Big4の戦いから学ぶ 勝利の法則
勝には何が必要かSaylearnbig4

 1:ブレーク数
 2:安定指数
 3:流れに乗る

 テニス上達のテニスノート システム手帳
テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。
B7tennis2magstaffall

 この写真は、お客様の注文で制作した、マグネット作戦ボード。
 システム手帳にマグネットの作戦ボードをつけたものです。
 携帯して、ダブルスの作戦を立てる事ができます。


 ジュニアにはシングルスコート、一般プレーヤーにはダブルスコート、
 コートの正しいイメージ持ちましょう。

ソフトテニスシステム手帳 
コート図練習メモ、スコア、試合分析の全てが入っている。

★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  
 全仏 公式サイト  


ロランギャロス ライブスコア 臨場感がありますよ。
 試合全体、サービス、リターンと別れてデータをチェックできる。

 ATP 公式サイト  

 WTA

 wowow on line

 テニス365 

 錦織公式サイト  


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

2015年05月29日

ナダル 全仏の驚異的記録 ジョコビッチの挑戦

ナダル ジョコビッチ全仏で偉業を目指す。
N.ジョコビッチ 連勝を伸ばす。
 今年の見どころ。
 N.ジョコビッチ、R.ナダル、そして錦織圭だろう。
 N.ジョコビッチは生涯グランドスラムがかかる。
 R.ナダルは前人未到のロランギャロスで10勝目を目指す。
 ここ最近、勝っているのは、R.ナダル、R.フェデラーの二人だけ。

 全仏 最多勝利 2014までで66勝、2015,2勝で、68勝、 R.フェデラーの63勝を上回る。
 勝率、と言うかR.ソダリングに負けた一敗だけなので、勝率99%。
 

 ランキング逆転状態、錦織圭にチャンスあり。

全仏2015 主なシード選手の試合結果。
 いつもはハプニングが起きるが。
 第10シードG.デミトロフが敗れた。

○N・ジョコビッチ(1) vs. ●J・ニエミネン, 6-2, 7-5, 6-2
○R・フェデラー(2) vs. ●A・ファリャ, 6-3, 6-3, 6-4
○錦織圭(5) vs. ●P・H・マチュー, 6-3, 7-5, 6-1
○T・ベルディヒ(4) vs. ●西岡良仁, 6-0, 7-5, 6-3
○A・マレー(3) vs. ●Facundo Arguello, 6-3, 6-3, 6-1
○R・ナダル(6) vs. ●Quentin Halys, 6-3, 6-3, 6-4

シードダウン
●G・ディミトロフ(10) vs. ○J・ソック, 6-7, 2-6, 3-6
 N.ジョコビッチ Y.ニエミネン
 Y.ニエミネンも第2セット頑張った。5−3とリードしてあわやブレークまで行ったが、
 そこから強いのがN.ジョコビッチ。25ポイントの内の20ポイントをとってセットを奪う。

 これで今年の勝率、クレーコートでの連勝も伸ばした
Nolecunterroma




 一方、クレーキングのナダル。
 このシューズ、ロランギャロス9勝の証明。前人未到の10勝目を目指す。
  こんな選手、過去に居ない。
ここ10年で、R.ナダルの9勝、Rgwinner



R.フェデラーが1勝。
 2014 N.ジョコビッチを破る
 2013 D.フェレールを破る
 2012 N.ジョコビッチを破る、
N.ジョコビッチ戦の連敗を7で止めた。
 2011 R.フェデラーを破る  
 この時R.ナダルはR.ソダリングにまさかの敗戦


 このお蔭で優勝したR.フェデラーはグランドスラム達成
 

 2010 R.ソダリングを破る R.フェデラー1位から陥落。ナダルが1位に

 普通でも強いけれど、クレーコートではダントツ、
 特に赤土のロランギャロスではめっぽう強い。
 その理由は

 しかし今年はこのクレーキングに少し異変が、
 通常、R.ナダルはロランギャロスに入る時は、クレーコート連勝で入る。
 2014  イタリアではN.ジョコビッチに敗れはしたが、ロランギャロスでは優勝。
  

2013 破竹の快進撃  

 しかし今年は、少し様子が違う。
Nadalhalysscore



 フランスの若手18歳のアリス、失うものがないアリスの怒涛のハードヒットに、
 アンフォーストエラーを連発した。
Nadalhalysstats




 しかし随所で、サービスからフォアに回り込み、
 ナダルの戦略  
 サービスの次 フォアで決めに入る


相手にNadalfsrev



逆クロスを見せて、
ダウンザライン、

オープンコートを
作ってから、
ウィナーを決める
パターンは定番。
これぞR.ナダルを
見せてくれた。

 R.ナダルは比較的、オープンコートを狙う選手。
 無理なギャンブルはしない。

R.ナダルの代名詞 フォアハンド
 強烈なトップスピンのエッグボール  

 フォアに回り込む  

 プロペラスウィング 
Nadalpprg




 ダブルクイックサーキュラースウィング 動画で見よう
  


 R.ナダル、少しずつ、復活の兆しがある。
 ロランギャロスの王者は渡さない、そんな意気込みが見える。

 対照的に、狭い所を狙うのが、R.フェデラー。
 まあクレーコートのサーブ&ボレーは、一種のギャンブル
 

 R.フェデラー、華麗な攻撃、たたみかけるネットプレー。健在。
 

 A.マレー、クレーコートの連勝で、疲れ過ぎ、イタリアで棄権、休養。
 トッププレーヤーと言えどもモチベーションは大事。
 無理して戦っても怪我をするだけ。

 T.ベルディフは日本の西岡に少し手を焼いた が、安定性抜群。とりこぼしをしないだろう。
 

 全仏シードとドロー1

 全仏シードとドロー2 

 テニス上達のテニスノート システム手帳
テニスのシステム手帳 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。
A5smemoc1wbmatch




 ジュニアにはシングルスコート、一般プレーヤーにはダブルスコート、
 コートの正しいイメージ持ちましょう。


ソフトテニスシステム手帳 
コート図練習メモ、スコア、試合分析の全てが入っている。

★☆★   クレーコート シーズン  ★☆★  

 全仏 公式サイト  
   グランドスラムのStats スラムトラッカーで見やすいですよ。

ロランギャロス ライブスコア 臨場感がありますよ。
 試合全体、サービス、リターンと別れてデータをチェックできる。

 ATP 公式サイト  

 テニス365 

 錦織公式サイト  


1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

2014年05月26日

フレンチオープン2014 男子シングルス 注目のシード選手

男子シングルスのシード

 錦織圭選手、練習を見ている限り、大丈夫そう・
 本人も、
 100%ではないけれど、心配はない。
Rg2014ball




錦織圭のコーチ、M.チャン
 影響力大きい。

M.チャンへのインタビュー

Rgkeipractise_2



  
 クレーコートでは忍耐力が必要。
 ハードコート、芝では決まっていたショットが、返される。
 5本、6本とラリーをして、展開を作る必要がある。
 どの山も厳しいけれど。

第1シード ナダルの山
 ナダルも2回戦でD.ティエムと当る可能性がある。
 マドリッドでS.バブリンカを破っている
 
 伸び盛りで要注意。

Rgnadalpractise




 ナダル、クレーは当たり前、さらにレッドクレーで強い
 

 11:G.デミトロフ  好調を維持。
 5:D.フェレール

第3シード S.バブリンカの山
 S.バブリンカ、マスターズクレーで優勝
 
 R.フェデラーと熱のこもった練習をしている。

 12:R.ガスケ
 7:A.マレー

第4シード R.フェデラーの山
 モンテカルロでN.ジョコビッチを破っている

Rgrfbspractise



 
 フェデラーも調子を上げている。
 6:T.ベルディフ
 10:J.イズナー


第2シードN.ジョコビッチの山
 N.ジョコビッチは絶好調でしょう。
 イタリアでナダルに逆転勝ち
 
Rgnolefspractise



 8:M.ラオニッチ  
 9:錦織圭 勝つとN.ダビデンコの可能性
  クレーの勝率アップ 錦織圭  
 13:J.W.ツォンガ 3回戦で勝つと当たる可能性がある。


 S.バブリンカ バックハンドこ気味良く決める。
 バックハンド 片手打ちの見本。

 ロランギャロ R.フェデラーとS.バブリンカの練習風景

 M.ノーマンの指導も見れる。


 B6作戦ボード 硬式テニス 
Tennisb6bothallstaff

 B6作戦ボード ソフトテニス用  


 テニス作戦ボード セミオーダー

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマン 

 R.ナダル  情報が新しい。
 
 N.ジョコビッチ  
 チャリティ活動が凄い。母国の水害援助。
 R.フェデラー 
 写真がきれい。
 錦織圭公式サイト  
 更新がめちゃ遅いけれど、少しずつ本音も。
 クルム伊達公式サイト
 更新が早い。ライジング。ダブルス情報、心情が良く伝わる。
 他の選手もこれだけ書いてくれたら、参考になるのに。


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]



 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。