<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(176)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(69)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(78)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(11)
奈良くるみ(9)
フェデラー(68)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(5)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(8)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(3)
ソフトテニス(9)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年09月(34)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(31)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(33)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(58)
2016年06月(60)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)
2009年06月(24)
2009年05月(18)

2014年07月15日

センターセオリー使えると強くなる シングルス、ダブルス

センターセオリーの意味 Part1
 テニスののおいしい勝ち方を紹介しましょう。
センターセオリーって良く聞きます。ダブルスだけと思っている方が多いようです。
 自分でもよくレッスンで言いますが、
 お客様で、誤解をしている方も多いので、
 整理しておきます。

たかがセンターセオリー、されどセンターセオリー。
 知っておくだけで、自分たちの展開を楽にすることができます。
 センターセオリーから見えて来る、テニス像をお伝えします。
シングルス編、ダブルス編に分けます。
 そこから基本が分かって来ることがたくさんあります。
 1:シングルス編 Winlaw1




 2:ダブルス編

 3:サービスのメリット

 4:サーブ&ボレー編

 5:オプション編と
 展開します。
今回はセンターセオリーの基本の考え方が分かる、シングルス編です。

 センターセオリー、言葉通りでセンターを狙う、打つことなんですが、
 ダブルスだけの言葉と思っている方が多いようです。
 それと、センターの中央場所だけを考えている方が多いようですが、
 もう少し幅広く考えた方が良いでしょう。

  センターの意味
  コートの中央
  ペアの中間
Moondbessey_2




 ダブルスでは、ペアの中間の意味が広くなります。
 ですからシングルスの法則を紹介して、次にダブルスの紹介をします。

センターセオリーの使い勝手
 皆さん、センターセオリーって分かりますか? 
 ダブルス専用の作戦と思われがちですが、
 シングルスでも使われます。
 センターの意味が分かりやすいので、シングルスから説明しますね。

 シングルスでは、センターマーク付近を狙う。
 ストロークのセンターセオリーと
 サービスのセンターセオリーがあります。
 リターンだって、シングルスなら有効ですよ。

Ccangle




 ダブルスはリターンではポーチがありますからご用心。


 センターセオリーの基本 シングルス編

 戦略を立てて、戦術を使いこなします。
 ショットはダブルス専用のショットになります。

シングルス センターセオリー
メリット
 1:ショットのミスが少ない
 2:相手のボールに角度がつきにくい
 3:相手にオープンコートを作る事

 1:ショットのミスが少ない
 シングルスの戦略でも、センターマーク付近1メートル四方に返していれば、
 シングルスは負けない、と言われています。

 ネットの中央は低くなっています。だからより安全。
 シングルスコートって?
 ボール2個分も低いんですよ。

Netcenterlow



  

 ただし、センターに深く返すのは、簡単な様ですが、センターマーク1メートル四方は難しいですよ。
 浅くなると振られます。相手がナダルだと思ってください。
 錦織圭のフォアに回り込む
 

 ムーンボールでも良いですから深く返すことです。

 オプションで、相手よりもストロークに自信のあるプレーヤーは
 わざわざサイドアウトの危険性もある、ワイドを狙わずに、
 センターに打って、相手との力勝負をしていました。
 全盛期の、M.ヒンギス、V.ウィリアムス、S.ウィリアムスがそうです。
 錦織圭も良くやります。
 
 これを考えると、女性って強いんですね。

 錦織圭 new バックアタック エアーK
 最近は少しでも浅かったら、狙いに行きますね。より攻撃的に。


 R.ナダル、N.キルジオスとの試合で、リターンを思い切り、N.キルジオスのセンターに。
 ナダルは、ワイドか、ダウンザラインのどちらかに動くとと予測したのでしょうけれど、
 これがN.キルジオスのスーパーショットになりました。
 

 サービスのコース相手のボディが多いんですよ。
 サービスの狙い場所、ボディなら反撃は少ない
 
 これも変則センターセオリー。

 相手は左右を狙って、サイドアウトしやすい。
 でもセンターに打つ、あなたにはミスが少ない、と言うことになります。
 不思議なものでシングルスをしている方は分かりますが、
 テニス、相手を左右に振りたくなるものなんです。
 ウィナーが抜ける錯覚があり、サイドに少し切れて、
 「ああ、狙い過ぎた」なんて言い訳を言ったりして。

 2:相手のボールに角度がつきにくい
 センターに打てば、相手は角度をつけにくいです。
 センター深く、ムーンボールが打てたら最高ですね。
 
 相手をベースラインから下げることも可能です。

 こちらから仕掛けて、ワイドに打つと、次は相手も角度をつけやすくなります。
 ミニテニスでアングルショットの練習をすると良く分かりますよ。

 サービス、センターに打つ訳 ビッグサーバーはここに良く打ちます。
  

 これもセンターセオリーの一つでしょう。

 そして相手のリターンも角度が狭くなりますから。

 シングルス上達法  錦織圭の例
  フェレールを破る 

 シングルス上達

 右利きを想定すると、右サイドでは、相手のバックになりますから、
 100%センターセオリーで良いでしょう。

 左サイドは、相手のフォアになりますから、バックを入れながら、
 読まれないようにしましょう。

 3:相手にオープンコートを作る事
  センターにあなたが打ちます。相手はフォアバックのどちらで取りますかねえ。
  フォアの回り込み人がいたら、相手のフォア側に大きなオープンコートができますよ。

 勝利の法則シングルス

本日の御教訓 センターセオリー シングルス
一番安全策
 1:センターに深く打ち続ける
 2:ミスの確率は少ない
 3:相手に角度をつけられない
Saycths





 正しいテニスコートの比率が分かる

 欲しい方にはPDAファイルを差し上げます。
 ブログのどこでも結構ですから、コメントをご記入ください。

レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版


 シングルス、サービス、レシーブ練習、増やしました。
Bmreexpert






レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版



 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 09:13| Comment(0) | TrackBack(3) | テニス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2589137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
野球、サッカー、フットサル、ソフトテニス、テニス、システム手帳、日誌、新年度用制作
Excerpt: 2017年度対応 スポーツ手帳紹介。野球、ソフトボール、サッカー、フットサル、ソフトテニス、テニス  急に寒くなったり、今日は暖かいみたいですよ。体調管理にお気を付けください。  僕はテニスとスキ..
Weblog: ショップブログ Sports&Art
Tracked: 2016-10-20 09:48
クレーコート フットワーク コードボールを拾う F.フォジーニ
Excerpt: 快音エッセー フットワーク コードボールを拾える。  快音エッセー、テニスの打球音、気持ち良いですよね。  スキーのエッジングのリズムも心地良いです。  ギターで、介護施設などボランティアで..
Weblog: ショップブログ
Tracked: 2015-02-24 14:33
センターセオリー ダブルスで使おう 勝利の作戦
Excerpt: ダブルスで使われるセンターセオリー  センターセオリー、ご質問があったので、答えていますが。 重要な戦略なんで、5回に分けて説明しますね。  シングルス、  ダブルスの違い  1:シングルス  ..
Weblog: 面白まじめ好奇心
Tracked: 2014-07-16 16:09
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック