<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(176)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(70)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1464)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(88)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(12)
奈良くるみ(9)
フェデラー(69)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(6)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(8)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(4)
ソフトテニス(10)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年11月(2)
2017年10月(22)
2017年09月(40)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(31)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(33)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(58)
2016年06月(60)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)

広告

posted by fanblog

2012年07月20日

知って得する ダブルス 陣形

ダブルス上達のヒント  陣形、フォーメーション

 暑いですね。
 テニス楽しいですが、Moonfironical



 健康、
 安全第一。

 楽しいテニスを。


 熱中症物知り辞典
 最新情報で理論武装しよう。

 水分補給の知識


 読者からはダブルスの質問が多い。
 テニス愛好家が楽しむのはほとんどがダブルスだからだ。
 その割に、ダブルスのテレビ放映が少ないですね。

 先日のウィンブルドンのSemi-Final ウィリアムス姉妹ですらこんな台形フォーメーションになります。
 理由を考えましょう。

Dbwsistersrevfor


 理由はここの動画で分かります。 ウィンブルドン女子ダブルス Semi-Final

 陣形、フォーメーションに興味を持つようになると、ダブルスも強くなる。
 戦略、戦術の意識が出て来るからだ。

 ただダブルスを楽しむだけならば、サービス、リターン、ボレー
 ショットの注意だけでも良い。

 ところがダブルスの試合に出ると、相手は弱点を狙って来る。
 すると、ショットだけの関心では済まされない、
 切り替える陣形の意識が必要になってくる。

Sayformationismove




 ダブルスに必要な陣形意識  

 陣形の動きはソフトテニスから学ぼう
 1ゲーム目で全ての陣形を使う。

 強くなるダブルスの陣形  

 ニューギニアフォーメーションって知っていますか?
 

 そこで皆さんに質問です。
 質問1 私フォアサイド、バイブルサイズを言う事を初級の方は使う。これは間違いなぜか?

 質問2: 平行陣はサーブ&ボレーでと思っている人の間違い。3つ

 答えは下に。

 ダブルスの陣形について整理してみたい。

 サービス時の陣形
Lc_dbformationser





 ラリー中の陣形

Lcdbformationrally




 陣形は頭を柔らかくして対応することが重要だ。
 例えば「私達は分業で雁行陣」、と言っていても、ドロップショットを打たれたら、陣形は崩される。

 相手が有っての陣形である事をお忘れなく。

 サーブ&ボレーで前衛陣の速攻と意気込んでいても、テニスクラブのロブで簡単に崩されてしまう。
 陣形は動くものと理解すれば、良い。
 その動き方には、一定の法則があるので動き方を覚えれば、
 自分達の陣形が成立。

ペアで共通意識を持つ、これがダブルス陣形の基本だ。

 相手の動きに併せて、自由縫い動かす事も出来る。
 もちろん先手必勝で、相手にプレッシャーをかけるのが大きな狙いだ。
 自分達の都合だけで陣形が成り立つ訳ではないからだ。

 ダブルスは雁行陣だけだと思っている方も多いが
 サービス時の陣形と
 ラリー中の陣形とに分けて考える必要がある。

 例えば今はやりのI.フォーメーションはサービス、リターンの時だけの陣形で、
 サインプレーで次の展開になる。
 次の瞬間I.フォーメーションは無くなるのだ。

 陣形の教訓を一つ。
 先に相手を動かせ。

Sayingdbformation




本日の御教訓 陣形は動くもの
ペアで共通意識を持つ

1:相手がいての陣形
 2:先に動かせ
 3:相手の狙いを読め

ダブルスは陣形で強くなる。基本パターンを覚えよう
 ダブルス陣形編  

ダブルス陣形雁行陣

 ダブルス陣形並行陣 

ソフトテニスボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版

Bmmatch2back





ボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  


 質問1:答え。フォアサイド、バイブルサイズではなく、右サイド、左サイド。
例えばサースポーの人が居たらどうしますか?
 ここに答えがある。  フォアサイドは大間違い
 
 質問2:答え 平行陣ではなく並行陣。平行では何に平行だかわからない。相手に併せるだから並行陣
 並行陣は前に詰めるだけではない。下がっての後衛陣もある。
 並行陣には、前衛陣と中衛陣、後衛陣の3つがある。
 一般プレーヤーの方は並行陣=前衛陣だと思っている。

 従って前衛陣だって、リターン側がリターンダッシュをすれば成立する。


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/37340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。