<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(175)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(70)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1464)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(88)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(12)
奈良くるみ(9)
フェデラー(69)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(6)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(7)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(4)
ソフトテニス(10)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年11月(2)
2017年10月(22)
2017年09月(40)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(30)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(32)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(57)
2016年06月(59)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)

広告

posted by fanblog

2011年12月08日

テニスの科学 ストロークの進化を支える

日本人ほどストロークの練習あ好きな民族はいないと思う。

 練習を見ると、ストロークがほとんど。
 しかし、ストロークの原理を理解している人の数は少ない。

 ストローク進化論の原点  科学の目で見ると

 好評でストローク進化論を続けている。

 今回はストロークの科学を考えてみたい。

 ストロークとして大事な点をまとめてみよう。
  1;フットワークで最適な打点に入る
  2:スウィングは全身運動
  3:軸がぶれずに再現性が高い
  4:打ったら次の準備

 ストロークの練習と言うと、スウィングの練習だけする人が多いが、
 相手ぬ動かされて打点に入る。
 そして打ったら次の準備に入る。

 P.クビトバのフットワークと打点へのは入り方。

Pkfsbasic1footwork






 つまりストロークは流れの一部であって、それだけでは成立しないということだ。


 ストロークの中でもトップスピンの基本。

 まず、トップスピンの全体像をイメージとしてとらえて欲しい。

 スポーツはフォームではなくて動きなのだから。
 そして最適な打点に入るまでのフットワーク。
 この速さ、準備があるから。

 いつも同じようなスウィングで打てるのだ。
 トッププレーヤーほど再現性が高いのは、フットワーク、予測が良いからだ。

 トップスピンと言うと、手でこねるようなイメージを持っている人が多い。
 確かに、R.ナダルの打ち方を見ると、手でこねているように見える。

 しかし、超スローモーションで見ると、インパクト周辺ではラケット面は垂直、
 ボールに対して真っ直ぐに当たっている。

 この事実を見逃して位はならない。

Saynovactopspin2ways0




 トッププレーヤーですら、インパクト前後の50センチ近くはラケット面が垂直。

 だとしたら、ブレが多い一般プレーヤーはその倍の1メートル近くは垂直面を保っていないと、スウィートエリアに当たらない。

 インパクトにだけ集中力しやすいが、
 インパクトはスウィングの過程と考えて欲しい。
 特に、テイクバックからスウィングしてラケットヘッドスピードを加速する過程と考えて欲しい。

Cir_swing_t_spin




 全身運動で脚部から動きを起こす。

 これを運動連鎖と言うが、手打ちの方はこのイメージがない方が多い。

 ストロークの運動連鎖
  

 トップスピンを打つために必要な円運動

 サーキュラースウィングと言うが、下から上にへのスウィング、振り抜く事が重要になる。

 A.アガシの運動連鎖をチェックしよう。
 参考になる
 イメージをつかんで欲しい。
Athketicchainagassi




 フェデラーが教える サーキュラースウィング
  
 

 ストロークのインパクトを見れば

 スウィートエリアでとらえて、ラケットフェースが垂直。
 ラケットヘッドが下から上に振り抜かれること

 科学的な事実としては、トップスピンを打つための条件は少ない。

 インパクトで何が起こっているか アインシュタインの眼から
  
 
 相手のボールの進行方向とスピード
 自分のラケットの振り抜き方向とスウィングスピードの関係となる。

 そのスウィングスピードを得るのはサーキュラースウィング。
 サーキュラースウィングのイメージを動画で
  

 その結果
 1:インパクトのボールに対して
 2:ラケット面は垂直のまま下から上に
 3:フォロースルーではラケットの位置ははるか上、その下をボールが順回転で抜けて行くイメージとなる。


本日の御教訓 トップスピンの原理
トップスピンの3要素

 1:インパクト、ラケット面はほぼ垂直
 2:下から上に振り抜く
 3:サーキュラースウィング

 R.フェデラーのストローク 超スローモーション 良く動きが分かる

 



テニスシステム手帳バイブルサイズ2012

 皆さんのテニスの上達に必要なページは全てあります。
 なければ作ります。

Bipowerimfo




テニスシステム手帳B7サイズ2012


 全日本シニアチャンピオンを使って実践で陣形のいろいろを解説。
 日本で初めてのビデオです。

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]



最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

posted by 月さん at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/36947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。