<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
スポーツ(406)
遊び(17)
今日は(175)
今朝の新聞から(117)
芸能(14)
良い本(3)
面白いニュース(143)
絵画(59)
科学(12)
健康(26)
韓国ドラマ(8)
ゴルフ(10)
アート(194)
開運(26)
大人の塗絵(32)
横浜観光(70)
熟語(3)
スノーボード(4)
年賀状(4)
スキー(43)
絵葉書(7)
風景画(13)
スケッチ(42)
文房具(3)
ブランド(12)
テニス(1464)
デザイン(2)
ショッピング(12)
ペット(17)
旅行(18)
観光(34)
写真(13)
釣り(7)
料理(27)
富士山(4)
(37)
ウィンタースポーツ(32)
ガンダム(1)
(6)
錦織(759)
ホワイトデー(3)
(45)
(119)
バード(3)
漢字(1)
潮干狩り(22)
大潮(1)
(26)
全豪オープン(4)
ナダル(67)
ダブルス(88)
デビスカップ(42)
オリンピック(4)
メンタル(4)
塗り絵(12)
奈良くるみ(9)
フェデラー(69)
ジョコビッチ(63)
バンド(2)
デミトロフ(6)
シャラポワ(7)
クルム伊達(19)
バブリンカ(12)
演奏(7)
野球(16)
田熊 順(20)
卓球(3)
花の絵(25)
全仏オープンテニス(12)
海の公園(2)
マレー(23)
ウィンブルドン(27)
ワールドカップ(1)
サッカー(18)
用具(1)
ラオニッチ(6)
キルジオス(1)
ブシャール(2)
クビトバ(2)
ライブ(1)
USオープンテニス(16)
土居美咲(12)
チリッチ(2)
テニス手帳2015(2)
お願い(1)
2015手帳(1)
川柳(5)
(4)
ソフトテニス(10)
フェドカップ(2)
真面目なニュース(1)
なでしこJapan(6)
セレナ(5)
マナー(1)
鎌倉(2)
西岡良仁(5)
ラグビー(5)
ダニエル,太郎(5)
作戦ボード(8)
メンタル.タフネス(1)
月別アーカイブ
2017年11月(2)
2017年10月(22)
2017年09月(40)
2017年08月(59)
2017年07月(35)
2017年06月(33)
2017年05月(43)
2017年04月(30)
2017年03月(24)
2017年01月(9)
2016年12月(32)
2016年11月(55)
2016年10月(49)
2016年09月(48)
2016年08月(66)
2016年07月(57)
2016年06月(59)
2016年05月(58)
2016年04月(61)
2016年03月(64)
2016年02月(32)
2016年01月(18)
2015年12月(26)
2015年11月(62)
2015年10月(54)
2015年09月(54)
2015年08月(44)
2015年07月(32)
2015年06月(47)
2015年05月(52)
2015年04月(53)
2015年03月(44)
2015年02月(29)
2015年01月(8)
2014年12月(33)
2014年11月(44)
2014年10月(52)
2014年09月(39)
2014年08月(63)
2014年07月(34)
2014年06月(55)
2014年05月(46)
2014年04月(43)
2014年03月(50)
2014年02月(32)
2014年01月(35)
2013年12月(28)
2013年11月(43)
2013年10月(50)
2013年09月(47)
2013年08月(64)
2013年07月(49)
2013年06月(63)
2013年05月(64)
2013年04月(50)
2013年03月(56)
2013年02月(33)
2013年01月(41)
2012年12月(47)
2012年11月(56)
2012年10月(58)
2012年09月(58)
2012年08月(44)
2012年07月(45)
2012年06月(54)
2012年05月(77)
2012年04月(62)
2012年03月(47)
2012年02月(37)
2012年01月(58)
2011年12月(41)
2011年11月(68)
2011年10月(67)
2011年09月(68)
2011年08月(70)
2011年07月(66)
2011年06月(61)
2011年05月(44)
2011年04月(40)
2011年03月(45)
2011年02月(38)
2011年01月(25)
2010年12月(30)
2010年11月(36)
2010年10月(54)
2010年09月(52)
2010年08月(41)
2010年07月(42)
2010年06月(48)
2010年05月(39)
2010年04月(30)
2010年03月(26)
2010年02月(33)
2010年01月(21)
2009年12月(22)
2009年11月(33)
2009年10月(20)
2009年09月(27)
2009年08月(38)
2009年07月(36)

広告

posted by fanblog

2010年08月23日

ソフトテニス 試合観察 スコアを付ける

ソフトテニス試合観戦記 2

 中学のソフトテニスの試合経過の観察を続ける。

 先日は
  1:コート環境
  2:テニスのレベル  について述べた。

 ソフトテニス中学の試合 

Soft




 今日はもう少し具体的に、
  3:試合の展開 の観察記録を。
  
 試合の流れをスコアにとっておいた。
  1stサ-ブからリターン、ラリー経過、
  ポイントが何で決まって
  誰がどの位ミスをしたか、
  などなどいくらでもデータは出る。
  Detaから見えるソフトテニスについて述べたい。

 中学のソフトテニスの試合から見えたものは。
  1:レベル差が激しい
  2:サービス、レシーブの超、重要性
   ポイントのほとんどが、ここで決まっていた。

 これが最初のゲームのスコア。
Softjrhischooltotalscore





 月さん流スコア。 
 試合の流れ、ショット、陣形の全てが分かる。



 1stサ-ブ、2ndサービスとサービス側が左。

 右側にリターン側のショットが何だか分かるようになっている。
 入れば○、 エースなら◎
ミスは×、
 ラリーがつながっていれば、ラリーの所に状態を入れる。

 全体的にラリーは少なかった。

 中央の陣形は、お互いのチームがどのような陣形で戦っていたかを示す。

 スコアのつけ方


 3:試合の展開
  陣形  これについては次回に詳しく述べる。
  殆どが雁行陣に見えた。
  午前中は、1-2回戦だったせいか、雁行陣以外は見当たらない感じがした。
  結果的に、準決勝以降はいろいろ陣形が増えているので、使っているはずだが。

  それはそれで、いろいろなペアを見る事が出来た。
  中級者では、サービス側のポーチでもっとポイントが取れると思う。
  リターンを思い切り打てる子は上級者。
  中級者まではリターンを返すのに精いっぱいに見えたからだ。

  中級者の試合までは、サービス、レシーブ、そしてポーチの練習を。

  午後になると、トーナメントなので、さすがに上手なペアが増えてくる。
  試合らしくなってきた。
  陣形の変化も見れるようになっている。

 4:準決勝、決勝の試合内容

Soft2




 準決勝あたりからテニスらしくなってきた。
  まず、プレーヤーの脚が動いている。
  ボールを追うのは当たり前だが、相手ボールを打つ前に、細かく脚を動かしていた。
  ユニフォームで見ると、同じ学校の子は全員動かしている。
 
  コーチの指導が良いのだろう。
  ペアでの声掛けもしっかりしている。
  これがダブルスらしくなってきた証明だ。

  ただ脚を動かすにしても、ボールが来る前は動かしていても、
  相手が打つ時のスプリットステップまでは、
  指導されていないようだった。
  これがあれば、予測がもっと働くはずなのに。


 試合のポイントは、サービス、レシーブでほとんどが終わっている。
 7-8割がサービス、レシーブと感じた。

 それは決勝のデータを見ても同じだった。

 サービスのデータ
  1stサ-ブの入が悪い。
  勝ったN中学ですら、1stサ-ブは35%の確率
  負けたT中学は1stサ-ブは29%の確率 
  殆どが2ndサービスになっている。

Softjrhiscoolser1st2nd





 サービス、特に、1stサ-ブの安定、強化が望まれる。
 ソフトテニスでもサービス側有利であるはずだ。

Softjrhischoolserpointability



 しかし、サービス、レシーブがイーブンに感じる。
 特に2ndサービスは叩かれてポイントを失うケースが多い。

 硬式テニスから学ぶサービス強化 

 ソフトテニス ダブルス陣形マスター レッスンカード

 サービス力アップのレッスンカード  

 サービスのポイント獲得率。
 硬式ではサービス側がかなり有利だが、ソフトテニスでは?



 このように、サービス側有利とは言えない。
 勝ったN中学でサービスポイント獲得率は
  11/20で55%

 負けたT中学は 
  10/22で45%

 その理由は2ndサービスの考え方にある。
 サービスは次のストローク戦のための1本にすぎないと思っているのではないだろうか。

 そのためか、
 2ndサービスはほとんど全員がアンダーサーブ。
 アンダーサーブは構わないが、変化を付けた回転力のある2ndサービスではなく、
 ただ長く、安全に入れるだけの2ndサービス。
 当然打たれてしまう、
 しかし、中学のレベルでは、リターンミスが多く、救われている感じだった。

 きちんとしたテニスコートで試合をしていれば,イレギュラーも少なく、
 リターンで叩かれて、決められていたと思う。

 データがはっきりとサービス、レシーブの重要性を示している。

 硬式テニスでもサービス、レシーブは重要だが、もう少しはつながる。

 今回のソフトテニス、決勝のスコアから
 全体のポイントの内のサービス、レシーブのミスが38%
  3球目までのミスが74%になった。 
 ここから示唆されることは、
 サービス、レシーブの重要性。
 まさにこのポイントだと実感した。
 これは硬式テニスも同じ。
 特にジュニアの試合では、サービス、レシーブでほとんど決まってしまう。 


 テニス徒然草 ソフトテニス基礎情報
  

 テニス365 Q&A ロブの上げ方


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


  

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
posted by 月さん at 17:51| Comment(1) | TrackBack(0) | テニス
この記事へのコメント
ダブルスを組んでいます。試合にもう少し勝ちたいのでスコアをつけよかと考えています。アドバイスよろしくお願いします。
Posted by 部活生 at 2015年11月06日 12:40
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/36157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
月さんさんの画像
月さん
スポーツ大好き。音楽大好き。好奇心の塊。そこでタイトルが面白まじめ好奇心。自分が面白いと思った事を発信します。ホームページ、ブログで、スポーツの上達法、楽しみ方を伝えています。最近好評なのが、金沢区の案内、特に海の公園、八景島シーパラダイスは定期的に観察。テニスの試合も速報、コーチ目線での解説が好評です。セミオーダーで手作りのテニス手帳、携帯用ホワイトボードが好評です。
プロフィール
リンク集
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。