広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年08月23日

台風の名前はどうやって決めているの?ネタ切れしないその仕組みとは

毎シーズン猛威をふるっている台風ですが、台風〇号といった呼び方とは別に名前がつけられていますよね。
例えば、去年北海道を襲い、じゃがいもを壊滅させてピザポテトを亡き者にした台風10号は「ライオンロック」という名前がつけられていました。かっこいい(?)ですね。
ネーミングセンスの良し悪しは置いといて、こうした名前は誰がどのようにして決めているかご存知ですか?

実は出来レースだった!?

台風の名前は、その都度偉い人が命名したり、募集したりしているわけではありません。あらかじめ決められた140個の名前が、発生した順につけられているのです!
(ちなみにこの140個の名前は、日本も加盟している台風委員会というアジアの防災機関において、各国がアイデアを出し合って決めたそうです。)

ん…?毎年たくさんの台風が来るのに140個で足りるの?…と一瞬思いますが、一巡したらまた最初の名前に戻ってきます!つまり何年かごとに同じ名前が使われることになります。

昔は女性の名前がつけられていた?

現在の命名方法になったのは、実は平成12年からで、それまでは発生するごとにアメリカの学者が名付けていました。この時、自分の奥さんの名前をつけたりしていたことから、ほとんどが女性の名前になっていました。確かに、カトリーナという台風があった記憶がありますが、もし日本でやっていたら、良子とかになっていたのでしょうかね…?

永久欠番も!?

基本的に使いまわされる名前たちですが、大規模な被害をもたらした台風につけられた名前はリストから削除され、代わりに新しい名前が入ります!オンリーワンの台風として歴史に名を刻むことになりますが、これからそういったものが増えないことを祈ります…

参考  http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html
気象庁のHPで140個の名前を全て見ることができます!日本からは10個の名前が採用されており、どれも星座の名前となっています。



ファン
検索
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
マサオさんの画像
マサオ
飲むヨーグルトが大好きです
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。