広告

posted by fanblog

2018年04月12日

【旅のコツ】50代女子でも不安なし!Airbnbを台湾で使ってみた体験談。

こんにちは。スリーティーです。
今回は、台湾女子旅5人旅のときに利用したAirbnbのお話をしようと思います。
Airbnb民泊は言葉はもはや一般的ですが、実際使うとなると、どうやって予約すればいいのか?トラブルはないのか?部屋はどんな感じなのか?などなど、わからないこと不安なことだらけですよね。
私も最初はそうでした!

実際に予約から滞在までの体験談をお話します。

window-ホテル.jpg

Airbnbを利用しようと思ったきっかけ。

去年、大学時代の友人5人と台湾女子旅を企画しました。
久しぶりのメンバーに久しぶりの海外旅行。
夜もみんなで一緒にいたいよね、って宿を探しますが、5人が一緒に泊まれるホテルを探すのは至難の業。
コネクティングルームはなかなか見つからないし、だんだんホテルグレードがあがっていくし。
だったら、Airbnbがいいんじゃないか、ということで、検索してみることにしました。

laptop-2557615_1920.jpg

たまたま友人がニューヨークにいったときに利用した経験があっただけで、その子以外は全く経験なし。
もちろん私自身は「Airbnbは若者が利用するものであって、私たち50代が利用するなんて…」と不安しか感じなかった記憶があります。

Airbnbで検索してみる。

早速、Airbnbのサイトに訪問。
ドキドキしながら検索しましたが、基本的には普通のホテル検索とたいして変わりません。

●場所
●宿泊予定日時(INとOUT)
●宿泊人数
●希望価格帯


image_original (6).jpg

●借り方(まるまる貸切/個室/ルームシェア)
●希望の部屋数、ベッド数、バスルーム数


image_original (3).jpg

●希望のアメニティ・設備(無料wifi、エレベーター、エアコン、アメニティ有無など)

image_original (5).jpg


●建物タイプ(一軒家/マンション・アパート/B&B/デザイナーズホテル)
●ユニークな家


と、結構細かく選べます。
部屋数、ベッド数、バスルーム数を選べるのはとてもよかったと思います。
一緒に旅行する人数が多いとバスルーム数が多い方が良いですし、ベッドの種類も個別の家紹介では確認することができるので不平等がないような家を選ぶことができました。

安心できるAirbnbの選び方。

Airbnbが違うのは、ホテルという企業ではなく、個人が宿を提供しているということ。
その点が大丈夫なのかな?と不安になる1点目ですよね。

私たちの場合、初めてなので、Airbnbで実績あるホストにだけ認定されるスーパーホスト物件のみをチェックしました。

また、最近はAirbnb plusという認証も始まったようです。
これは、Airbnbがインスペクションを行い、家もサービスも認証したホストのみに与えられているようです。

不安であれば、Airbnb plus認証されている物件から検索すると安心ですね。

まず、ここでAirbnbに驚きましょう!

とにかく検索してみて驚くことは、部屋の写真がどれもゴージャスきれいで、値段が安いこと!!!

image_original (4).jpgimage_original (2).jpg

本当にこんな部屋なの?本当は汚いんじゃないの?
値段が安すぎて、何かワナがあるんじゃないの?

自分が今まで持っていた価格感と全く異なるので、めちゃくちゃ不安に感じます。
・・・が、今回利用した台湾に限っていえば、写真以上お値段以上でした。
すべてがそうかはお約束できませんが、
スーパーホスト物件であれば写真と全く違ってがっかりだったってことはあまりないように思います。

Airbnbで予約してからチェックイン当日まで。

予約申し込みをすると、ホストからAirbnbを通じて連絡が来ます。

私の場合は、特に言語選択をしなかったのですが、日本語でメッセージが来ました。
(ホスト選択の項目で、使用言語を選択できます)
片言の日本語ですが、やりとりに特に問題は感じませんでした。

service.jpg

それに、スーパーホストはやりとり連絡も早いという条件があるらしく、質問から返事を待つことは基本的にありませんでした。

ホテルのコンシェルジュみたいなところまではいきませんが、いろいろ質問すればざっくばらんに教えてくれるので、現地に友人ができたような印象を持った気がしました。
それもAirbnbの良さですね。

私の利用したホストさんはLINEアドレスも教えてくれましたが、チェックイン当日までは何があるかわからなかったので、Airbnbを通じてのメッセージしか利用しませんでした。
Airbnbもトラブル防止の意味で直接やりとりするよりもAirbnbを通じてのやりとりを推奨しています。

Airbnb物件にチェックイン当日。

事前に、どこの空港に何時の便で台北に入り、到着してからどこに寄ってから●●時くらいにチェックインするつもりだ、というスケジュールをお知らせしておきました。
旅行前日にも、ホストさんには「明日からよろしくお願いします」的なメールを送りました。

当日は、桃園空港での入国に1時間ほどかかり予定が狂ってしまいましたので、再びホストさんに連絡。
また、実際の予定時刻より1時間ほど遅れて家に到着したら、入れ違いになってしまい、私たちは家の前でまちぼうけ。
それでもその間も連絡はとれているので不安なく待つことができました。

要は、ホテルとは違うので、そこは個人個人のお付き合いとしてこまめに連絡した方が良いと思います。

チェックインしたAirbnb物件は。。。

家の前に、40-50歳ぐらいの普通の女性とその姪という片言の日本語を話すホストさんが2人で笑顔でいらっしゃいました。

鍵をあけて家の中を案内してくれました。
雑居ビルの中をリフォームしたメゾネット式のマンション・アパートでした。

これが事前にAirbnbで見た画像。
Airbnb台北のお部屋1.jpg

そして、これが私たちが撮影したお部屋の画像。
0078_xlarge.jpg0075_xlarge.jpg


どうでしょう?
内容は写真で見た通り、見た以上じゃないですか?

Airbnb物件にチェックインしたときのこと。

チェックインというか、ホストさんとお部屋を見ながらお話するだけなんですけど。

基本的な家の設備やルールを片言の日本語で簡単に説明してくれます。
現地の地図や観光パンフレットも少し置いてあります。
鍵は事前に複数欲しいとリクエストしていたので、3個も用意していただいていました。

また、私たちからは日本からのお土産をお渡ししました。
ホストさんはそういうお土産があると思っていなかったのか、とても喜んでいただけました。
民泊ならではのコミュニケーションかもしれませんね。

japanese-umbrellas-636870_1920.jpg

ホストさんからの注意事項として
「隣のビルに90歳のおばあさんが住んでいるので大きな声を夜中に出すとびっくりして死んじゃうかもしれないので気を付けてください」
と言われました。
ちょっと笑いましたが、周囲がホテルではないので、当たり前の注意事項ですよね。

夜中まで5人でおしゃべりしましたが、そのときも声が大きくなりそうになったら、
「隣のおばあちゃんが死んじゃうよ」
って笑いながら静かにできたので、なかなかセンスのある注意のされ方だったと思います。

Airbnb物件に滞在してみての感想。

滞在中も何かあったら連絡してくださいね、とホストさんからは言われていましたが、特に問題がなかったので、何も連絡はしませんでした。

キッチンは使わないと伝えてあったので、コンロはガス栓を元から締めてあったようです。
冷蔵庫やシンク、電気ポット、電子レンジは使えるので、外で買ってきたものを家で食べられるのは良かったです。
少しでしたが、ティーパックやコーヒーも置いてありました。
毎朝、毎晩、5人みんなでキッチンテーブルに集まって、美味しいお茶を飲んでワイワイできたのは本当に良かったです。
ホテルだと味わえないですよね。

0073_xlarge.jpg

また、バスルームが2つあったので、お風呂の順番もあまり気にせず使うことができました。
アメニティも、バスタオルとハンドタオル、シャンプー類なども一通り揃っていました。
使い捨ての歯ブラシも置いてあったのはなかなか珍しいかもしれません。

0192_xlarge.jpg

5つベッドルームがある家を予約したので、1人1人寝る部屋があったのも良かったです。
たった3日間でしたが、それぞれ自分の部屋のようにくつろぐことができましたし、
「今度はもっと長期間この部屋に泊まりたいね!」とみんなで言い合うほど、お気に入りの部屋に。

これで、二泊で5万円ちょい。
一人じゃないですよ、宿泊費全部で5万円ちょい。
一人1万円ちょいです。

お得ですよね!

Airbnb物件をチェックアウトするとき。

チェックインのときにホストさんから帰りの便の時間を聞かれたので
「午後●時の便ですよ」
と伝えたところ、
「その日は次のお客様が入っていないのでそれまで部屋を使っていて大丈夫です。」
と、チェックアウトのオーバータイム無料サービスが。

たまたま次のお客様がいなかったとはいえ、やっぱり民泊ならでは、スーパーホストならではなのかなぁと感動しました。

lean-startup-2230822_1920.jpg

チェックアウト時には、ホストさんに日本語で「ありがとう」と書いたメモをテーブルに置き、
ホストさんの指定通り、ゴミや部屋の簡単な片づけをして、
出ていく旨をメールで連絡した上でカギを玄関のトレイに置いて出ていきました。

空港から帰国便に乗る前に、ホストさんには最後のお礼のメールを。
ホストさんからもすぐに返信メールが。

気持ちよく、トラブルなく、素敵な台湾でのAirbnb体験でした。

Airbnbその後日談。

台湾でのAirbnb初体験は、私に強烈な好印象を残しました。
なので現在計画中の旅でもAirbnbを利用しようと思ったのですが、案の定、一緒に行く旅友がキッチン付きには魅力を感じるものの不安がって拒否。

どう説得しても無理そうなので、いろいろ検索したところ、
なんと、Airbnbと同じ物件が普通に他のホテル検索サイトでも登場することに気づきました。

びっくり.jpg

そうなんです。
「まるまる貸切」タイプであれば、普通の「サービスアパートメント」や「コンドミニアム」と違いがないんですよね。

なので、その旅友を納得させるため、Airbnb物件を他ホテル検索サイトを通じて提案したところ、あっさりOK。

Airbnbに対する不安や恐れって、結局そういうことなんです。
Airbnbに出しているからって、全部が全部個人なわけではないんです。
「まるまる貸切」だったら、民泊業者が出している物件が多いように思います。
台北のお部屋だって民泊用にリフォームしてビジネスしている感じでしたし。

もちろん、だからといってすべての物件が安全安心と断言するわけではありません。
民泊ならではのトラブルは存在すると思いますし、
そのためにAirbnbも認証システムやスーパーホストなど、トラブル防止策を講じているわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
台湾でのAirbnb体験談でした。
民泊の場合は、ホテルに泊まるのと違って自己責任の領域が広がりますが、暮らすように旅したいと思っている私にとってはとても魅力ある宿泊方法でした。
今後も機会があれば、Airbnbを利用したいと思います。

Airbnbを利用でなくても、キッチン付き、アパートメントタイプホテルを探すのだったら、普通のホテル検索サイトでも大丈夫ですし。

自分好みの旅スタイルに合わせて。


★ホテル検索で役立つ、おすすめサイト★

世界最大の宿泊予約サイト Booking.com

●世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

ホテル予約ならHotels.com

●『DeNAトラベル』旅行先別★クチコミランキングで海外ホテルを選ぶ!







ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。

旅行・観光ランキング














【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7538252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
スリーティー(3T)さんの画像
スリーティー(3T)
旅慣れているわけではないけど、自由に世界を歩き回りたい。自分だけのオリジナルな旅がしたい。暮らすように旅したい。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
検索
★☆★旅行に役立つサイト★☆★

↓海外ツアー・航空券・ホテル検索サイト
JTB
日本旅行
JALPACK(ジャルパック)
格安航空券DeNAトラベル
海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
Hotels.com
トリバゴ
TripAdvisor (トリップアドバイザー)
世界最大の宿泊予約サイト Booking.com

↓現地オプショナルツアー検索サイト
24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

↓旅行関連用品
「MILESTO」公式オンラインストア
世界各国の通貨を現地ATMで引き出せるプリペイドカード【NEOMONEY】
【DMM.com】スーツケースレンタル
Wifiレンタル

↓関連ブログ
旅行ブログ 旅の知識・楽しみ方
ライフスタイルブログ 50代の生き方

<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ファン
















Booking.com

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。