カテゴリ
最新記事
ファン
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015年09月01日

宿泊

数日かけて縦走する登山では言うまでもなく宿泊を伴います。

ひらめき山小屋泊
100名山等のメジャーな山や、メジャーな山域には山小屋があり宿泊することができます。
ほとんどの場合、寝具は用意されていますし、食事も出ます。

大部屋、雑魚寝が基本です。

夏季の連休等の混雑時は寝返りできないほど詰めて寝る事もあります。
つまりシュラフを隔ててるとは言え、見ず知らずの他人とくっついて寝る事になりますので、それが気になる人や、物音(寝息・鼾・歯ぎしり等)が気になる人には厳しいかもしれません。

ひらめき避難小屋泊
山小屋と違い、寝具、食事はありませんが、屋根がありテントは不要です。

中には緊急時のみ利用を認められている小屋もあり、事前に調べる必要があります。
また、防風、防雨の度合いも事前確認要です。

ひらめきテント泊
何もありません。食住全てを自分でまかないます。

テント 1.5kg から 2kg
シュラフ 400gから2kg
照明等テント内備品 数百g
食材 1kg 前後 泊数によっては数kg

山小屋泊と比べると5kg程度は重い荷物になります。
荷重をしっかりと支えなければなりませんので履くべき靴も変わってきます。
タグ:宿泊
posted by ヘロヘロハイカー at 15:46 | 装備
BLOG内検索
プロフィール
ヘロヘロハイカーさんの画像
ヘロヘロハイカー
ブログ
プロフィール