カテゴリ
最新記事
ファン
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2015年08月13日

気象遭難

気象主たる要因で起こる遭難を「気象遭難」と分類されます。

2009年7月に近年まれにみる数の死者を出した「トムラウシ山遭難事故」がこの気象遭難の例です。


これを防ぐには事前に気象予報および天気図を確認する必要があります。
自分自身でラジオを聞いて天気図も描けるようになっているとことが理想ですが、これは一般登山者には難しいかもしれません。

現代は山を前提とした予報サイトもありますので、登る山の気象情報を収集把握しましょう。

数日間をかけての縦走ではラジオなどを用いて気象情報を収集・確認することも必要です。
場合によっては計画を中断し下山する事を決断しましょう。

トムラウシ山遭難事故では、ガイドが気象状況の確認をしていますが、その後の天候推移の判断を誤りました。同じ時に、同じ予報を聞きながら、中止判断して事なきを得た別のツアーがあります。
旭岳の別パーティもこのパーティと同じ天気予報を聞いていたが、山の天気が平地より遅れてくるとの経験則から夕方まで荒れると見越して、中止の決断をしたことで遭難しなかった。
wikipedia


天候の予測と判断が生死を分ける典型的な事例となってしまいました。

トムラウシ山遭難事故で亡くなった方の死因は低体温症です。度合いに応じて対処法も変わりますので十分に勉強しましょう。

ガイドツアーと言えども、装備等は個々が適切に判断しなければなりません。
身体を濡らさない事がとても重要ですし、着替えが濡れていては意味がありません。
パッキングについても中身を濡らさない工夫をしましょう。

どんっ(衝撃)擬似好天

トムラウシ山遭難事故ではありませんが、冬の日本海側でよく見られる擬似好天という現象があります。
悪天候と悪天候の間も短時間だけ天候が改善した状態です。

目の前の天気だけで判断せず、天気図や雲の動きから1時間後を予測する事が大切です。

タグ:山岳遭難
【このカテゴリーの最新記事】

遭難について

山岳遭難とは山において生死にかかわるような難・危険に遭遇する事です。
こう表現するとなんだか自分には関係の無い事のような印象を受けますが、実際には極めて身近に登山者の誰もが抱えているリスクです。

この2つは明らかな遭難です。
バッド(下向き矢印)山で道に迷い戻る道も分からなくなった

バッド(下向き矢印)怪我・体調不良で行動できなくなった

次の2つはこの状況が想定されていたかに依ります。
想定されていれば当然、ビバークする装備・食料・飲料もあり、計画書にも、ビバークする可能性について記載されているはずですから、下山予定を過ぎるまでは遭難とはみなされません。
想定されておらず、ビバークする装備も携帯していなければ、遭難状態です。
バッド(下向き矢印)日が暮れて下山できなくなった

バッド(下向き矢印)荒天で行動することができなくなった

次のケースも本来想定されて然るべきです。
その後の行動次第で遭難状態となります。
バッド(下向き矢印)増水で徒渉できなくなった


どんっ(衝撃)遭難の統計

警察庁の統計 https://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki/h25_sangakusounan.pdf から抜粋

  • ここ数十年山岳遭難に関する全ての指標が増加傾向
  • 件数 2,293件
  • 遭難者数 2,794人(うち死亡・行方不明 311人) 77%が登山、11.7%が山菜・茸採り
  • 遭難者のうち登山は77%
  • 道迷い44.6%、滑落17.9%、転倒14.4%、病気8.1%、疲労5.0%


どんっ(衝撃)遭難の要因

爆弾事前調査の不実行・不足
どんな山か、どんなルートか、登山道の状態、危険度合い、トラブル要因、エスケープルート、避難小屋、山小屋の有無と場所、etc。事前の調査が登山の第一歩です。これを怠ると、適切な計画になりません。

自信の体力・技術を踏まえ、自分がそこへ行っても良いかどうかの判断する必要があります。
行きたい山と、行っても良い山は違うのです。

爆弾装備の不備

以下は、日帰りでは使わない事の方が多いものの必要不可欠な物です。これが生死を分けます。

・雨具
・防寒着/防風着(山域によって雨具で代用)
・救急セット(三角巾、消毒液、絆創膏、常備薬)
・応急修理セット(結束バンド、テープ、紐etc)
・ヘッドライト
・予備電池
・ツエルト(最低でもサバイバルシート)

爆弾読地図能力の不足、地図の不携帯

前述の統計でも遭難の原因の半数近くが道迷いであることが示されています。
地図とコンパスでも書きましたが、これを持たずに入山する人が少なくない残念な現実があります。

登山するのであれば、読図の技術・知識と、地図とコンパスの携帯は入山の最低条件です。
単独の場合は言うに及ばず、パーティの場合も全員が携帯すべきものです。

爆弾体力・筋力トレーニングの不足

途中で疲労困憊して動けなくなる
途中で足がつって歩けなくなる
途中で膝が痛くなり歩けなくなる

休むことでの回復は期待できますが、歩く速度が遅くなれば日没までに下山できない、あるいは宿泊地に着けないといった遭難予備軍となります。特に冬季は日没も早く、日没後の気温低下も著しくなります。

爆弾天気予報の調査不足

山の天気でも記載したとおり、山の天気を事前に調べ、行動中も天気の変化に注意することが重要です。

爆弾無理な行動計画

余裕をもった計画を。
頑張ればいけるかも的な工程を組むのはやめましょう。
どんなに遅くとも15時にはその日の行動が居悪計画にしましょう。

爆弾滑落

滑落する危険のある場所であることを認識する知識、そこを滑落しないで通過する技術が必要です。

爆弾落石

最後の最後は不可抗力(運)になりますが、それでも落石時のとっさの行動や、ヘルメットによる防御等、被害を最小限に止める事は可能です。

また、落石を発生させないための配慮も必要です。

爆弾落雷

突然の雷雨は起こりえますが、ほとんどの場合は雷がくることを事前に予想できます。
雷はとても恐ろしく、山の上では稲妻は真横に走ります。
登山前から雷が予想なれる場合は、登山の中止も含めて、遭遇しないようにしましょう。
行動中に雷鳴があり、雷雲が近づいてくる場合は適切に退避・避難しましょう。


ひらめき遭難には必ず理由があります。つまり極々一部のどうしようもないケースを除いては避ける事ができるものなのです。

山の安全には、山を知り、己を知り、山に対して謙虚であることが大切です。

タグ:山岳遭難

2015年08月10日

山の天気

現代では気象衛星も発達し。天気予報の信頼性も向上してきました。
個人レベルでもスマートフォンの進化により、天気図や、雲の状況をリアルタイムで確認することができます。

ただし天気予報は山岳地域のものでも、山頂部ではなく、人里の天気です。
また、山の天気は変わりやすく、登山口が晴れていても、登っているうちに雨雲の中ということは珍しくありません。

ひらめき基本

好んで、あるいは訓練など理由があって雨天行動を目的にするのでない限り、登山は晴れた日の午前中が基本です。

日帰りなら午後の早い時間には下山を終えるようにしましょう。泊まり縦走なら、午後の早い時間には泊地に着くようにしましょう。

気象予報士並みの知識はムリとしても、ざっくりとした気圧の動きくらいは天気図から読み取れた方が良いでしょう。

気温は高度が100mにつき0.6度下がります。
1000mの山なら、平地より6度低くなります。2000mですと気温差は12度になるので、もはや季節が違います。天気予報の気温をベースに考えると苦しい状況になりかねません。登る山の高度によっては真夏でも防寒対策が必要です。

ひらめき山の天気は変わりやすい理由

手っ取り早く簡単に言うと、平地で吹いた風が山に当たって、山に添って上がっていきことで、空気中の水分が山の上空に集まり霧となり、雲ができ、雨が降る。ということです。
雨雲が流れてくるのではなく、その場で雨雲が出来上ります。

午後に天気が変わりやすいのはこのためです。

ひらめき雨が降ったら

濡れない事が大事です。雨具はさっと取り出せるようにパッキングしましょう。
かっぱのズボンは靴を履いたまま脱着できるものが望ましいです。
靴にレジ袋を被せると引っかかりもなく脱着しやすいです。また、雨具の内側を汚さなくてすみます。







posted by ヘロヘロハイカー at 16:04 | 天気

2015年07月30日

自己責任を考える

現代社会で様々な場面で「自己責任」という言葉が使われます。
登山においても、「XXXは危険です。自己責任でどうぞ」といった内容の書き込みが散見されます。

しかし、考えてみてください。
仮に本人も自己責任のつもりだったとしても、遭難の可能性が発覚した時点から、捜索が開始されます。
自己責任で入山したから放置という事にはならないのです。

捜索が開始されれば、

  • 捜索隊の人に二次遭難のリスクを負わせます

  • 警察・消防等の捜索に係るコストは地元の税金が使われます

  • 家族。知人に大きな心労をかけます

  • 家族も現地へ向かうでしょう。移動費、宿泊費等、金銭負担をかけます

  • もし保険に未加入なら家族に少なくとも数百万円の負債を負わせることになります



誰にも迷惑を掛けない遭難はあり得ません。

登山に限らず、どんな事でも100%の安全はあり得ません。
特に自然が相手の場合は避ける事が出来ないトラブルは起こりえます。

しかし、それでも極力危険を回避する技術、知識はあります。
入山する以上最低限必要な技術もあります。

山域によって最低限必要な体力も異なります。

山へ向かう前に、自分が入って良い山かどうか考えましょう。
自分が入って良い山かどうか分からない人は。。。そもそも入山してはいけません。



タグ:安全 責任

2015年07月29日

バックパック(ザック)のフィッティング

バックパックを街中のリュックサックのように肩で背負ってる(方にぶら下げてる)人を見かけます。これでは疲労も増し、バランスが悪く、また肩を痛めます。

バックパックの背負い方を見なおしてください。

1すべてのストラップを緩めた状態でバックパックを担ぐ。

2ヒップベルトの中央を腰骨の上に合わせて締める。(荷重を尻で支える感じ)

3ショルダーストラップを締める
締めすぎに注意。ショルダーストラップの取付位置が肩甲骨の中間に来るのが理想。

フィッティングは実際の荷重の状態で行って下さい。
山行の都度、登山口でのルーティンにしましょう。

2015年07月23日

水分補給(ポット/水筒/ハイドレーション)

人は運動し発汗すると給水により失われた水分を補う必要があります。
登山も同様で、給水を怠るとバテて辛い状況になり、それは転倒・滑落の危険にも繋がります。
また、がぶ飲みすると体には意味は無く、トイレが近くなり、時間も費やし、リズムも狂う事になります。

喉が渇く前に、ちょいちょい、ちょこちょこ給水するのが楽に歩けます。

ひらめきペットボトル
近年ではペットボトルを持って歩く人が多いようです。
が、ペットボトルには重大な欠点があります。

1蓋を失う
うっかり落としてしまって、谷側へ転がるとか、岩場のすき間へ入り込むとか、取ることが出来ない状況は十分に起こりえます。ペットボトルを持ち歩く場合は、必ず予備の蓋をザックに入れておきましょう。

2破損する
ペットボトルは思いの外、丈夫で破損することはそんなに有るわけではありませんが、それでも岩場で落としてしまいたまたま破損したり、山めし調理中にうっかり熱いコンロに触れさせて穴を開けたりする可能性もあります。また、予備の蓋をすべて失うというまさかの事態も想定できます。
1Lなら500mlを2本にしたほうがリスク分散になります。

ひらめき登山用ボトル
登山用のボトルは口径が大きくボトルへの補給がしやすくできています。
また、蓋は本体とつながっていて落とす危険をなくしたものや、飲みくちは小さくしたり、簡単にロックできたり、ストロー内蔵で顔を上げなくても吸えるものもあります。

オススメはキャメルバックです。
後述のハイドレーション用のホースをつなぐことができます。

ナルゲン ハイマウント キャメルバック

ひらめきハイドレーション

給水はちょいちょい少しづつ行うのが良いですが、いちいち立ち止まってザックを降ろしてとやってると 、時間だけが過ぎていき、頂きを踏むことができなくなります。

体が柔らかく、ザックのサイドポケットのポットをひょいっと出し入れできれば歩きながらでも給水できますが、これから登山を始める多くの人は既に腕が上がらないお年ごろだと思われます。

ハイドレーションを使うと歩きながらチュルチュル吸えて楽に給水できるのでオススメです。

このホースはキャメルバックの対応のボトルにつけることができ、管理人も愛用しています。

ザックの中に格納するPlatypus(プラティパス) の製品も人気で、携帯する水の量によっては管理人も使っていますが、ビニール臭が抜け切らないのと、残量を把握できないのとでなるべくボトルにしています。
posted by ヘロヘロハイカー at 17:59 | 装備

2015年07月22日

熊よけ鈴

山には熊を含めて多くの生き物が生息しています。

生き物からすれば登山者は侵入者です。熊に襲われる事例が毎年少なからずあり、命を奪われることもありますが、熊にしてみればいきなり現れた侵入者に驚いて闘っただけです。

手負い等特別な状況を除いて、基本的には熊は臆病な動物で、積極的に人を襲うことはありません。
人の気配を感じれば距離をとってくれます。

ひらめき日本の熊
日本には、北海道に生息するヒグマと、本州・四国(九州は絶滅したと考えられる)に生息するツキノワグマの2種類の熊がいます。

ひらめきツキノワグマ

頭胴長は110〜130センチ、体重は50〜80kg程度です。
小さい場合は約40kg、大きな場合は約130kgになります。
1967年に宮城県で捕獲された体重220kgの記録があります。

オス の行動範囲は100平方キロを超えることもあるようです。メスは通常20〜40平方キロですが、ブナの実やドングリが凶作の秋には100平方キロを超えた報告もあります。

※山手線の内側の面積はおよそ60平方キロです。

聴覚、嗅覚が非常に優れています。

ひらめきヒグマ

:200〜230cm、体重(成獣):150〜250kg(まれに 300kg以上)

頭胴長は200〜230センチ、体重は50〜250kg程度(まれに300kg以上)です。

オス の行動範囲は400平方キロを超えることもあるようです。メスは15平方キロです。

聴覚、嗅覚が非常に優れています。

ひらめき遭遇しないために

自分の存在に早めに気づかせるよう、音を出しましょう。
熊鈴を下げていると、断続的に音が発生します。

ひらめき遭遇したら

大声や身振りで威嚇してはいけません。闘うのは論外です。まず勝てません。
慌てて逃げてはいけません。熊のほうがはるかに早く走れます。絶対に追いつかれます。
木に登ってもいけません。木登りは熊の十八番です。

熊を驚かさないよう、目を合わせず、静かにゆっくり下がりましょう。

ひらめき熊鈴

熊鈴は熊に自分を気づいてもらうためのものです。
山頂や休憩場所、登山口等には熊は近寄ってきませんし、近寄ったとしても人の事はすでに気がついています。鳴らすのやめましょう。
登山に向かうための駅や電車の中に熊はいません。例えば中央線に乗り換えるための新宿駅の構内には絶対に熊は居ません。鳴らすのやめましょう。

自宅でザックで熊鈴を取り付けた時から、帰宅し取り外すまで鳴らしっぱなしの人が少なくありません。
大迷惑です。鳴らすのやめましょう。

ハイマウント 冒険倶楽部 浅野木工所
 DOPPELGANGER  スター Coleman
 
タグ:熊鈴 熊よけ
posted by ヘロヘロハイカー at 13:08 | 装備

2015年07月21日

スパッツ(ゲイター)

スパッツは登山靴に小石、泥、雨、雪等が入らない様カバーするためのものです。
また、冬季は足の冷えも防ぎます。

ヒザ下から足首まである長い「ロングス」、足首付近だけを覆う「ショート」、中間のミドルがあります。
夏はショート、3シーズンはミドル、冬はロングという使い分けを基本に、素材の厚みも考慮して揃えてください。長い時間の着用はどうしても蒸れます。GORE-TEXのものが良いでしょう。


posted by ヘロヘロハイカー at 15:11 | 装備

虫対策(マダニ)

最近、マダニの被害が多くなってきました。
存在は昔から知られていますが、マダニ感染症により死亡に至る恐ろしい虫です。

野山の草むらに生息していますので、登山をする人は少なからず被害にあう危険があります。
気温上昇で活発化するため、夏季の登山では特に注意が必要です。

噛み付かれるとしっかりと食いついた状態で長い時間を掛けてパンパンに膨れ上がるまで吸血し続け、視認できない場所に食いつかれると気が付かないまま1週間

吸血の際に注入される分泌液や細菌が、感染症やアレルギー症状を引き起こします。

ふらふら噛まれたら

マダニはしっかりと肉に食らいつき、引き剥がすことができません。
無理に引き剥がすと、あごや、頭の部分だけが身体に残り感染症の危険が高まります。
また化膿することもあります。

ライターであぶるなどで口を離させようとするのも、話す前に死んでしまうと口は残ったままです。
噛まれてしまったら、医師に診てもらいましょう。
噛まれた場所や時間等なるべく正確に医師に伝えてください。

マダニ科は口器を皮膚に刺し込んだ際にセメント様物質を唾液腺から放出する。このセメント様物質は半日程度で硬化するため、これ以降1 - 2週間程度は体から離れない。そこで無理にマダニを引き抜こうとすると、消化管内容の逆流により感染リスクの上昇を招いたり、体内にマダニの頭部が残ってしまう可能性が高い。1〜2週を経過した後は、セメント溶解物質を唾液から出し、これによって皮膚から離れる。
出展 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%8B



パンチ引き離す道具

道具で引き離せても医師には診てもらいましょう。

マダニ取り ティックツイスター

新品価格
¥756から
(2015/7/21 13:43時点)




楽天はこちら

マダニ取り ティックツイスター

価格:862円
(2015/7/21 13:44時点)
感想(2件)




爆弾マダニを防ぐ

防虫スプレーはディートを含むものが有効です。しかし、ディートは身体には好ましくない成分になりますので、出来ることなら避けたいものです。虫対策(アブ・ブヨ・ハエ・蚊etc)

アロマオイルで手作りするスプレーに、マダニが嫌がるゼラニウム・ラベンダー・ローズウッド・ティートリーをブレンドしてみましょう。

防虫スプレーは効果があったとしても持続性は無く、頻繁にスプレーする必要がありますので、肌の露出をしない事が重要です。夏だからといって、足や腕を露出して野山を歩くのは避けましょう。また首筋もタオル等を巻いて守りましょう。


posted by ヘロヘロハイカー at 13:45 | 虫対策

2015年07月20日

ヘッドライト

登山では使うことは無くても必ず持っていなければならないものがいくつかあります。
それは万一の時に自分を救ってくれるものです。

ヘッドライトも必携品の一つです。日帰り予定であっても、体調不良、怪我、道迷いなど、明るいうちに下山できなくなる要因はたくさんあります。

ひらめきヘッドライトのポイント
  • 重量
  • バッテリー・電池を含めた重量であまりにも重いものは避けましょう。

  • 照度
  • 明るければいいというものでもありませんが、一定の照度は必要です。

    60〜80ルーメン:日帰り登山の万一の備え、夜間行動を伴う山行の予備
    100〜200ルーメン:夜間行動を伴う山行
    200ルーメン以上:整備されていない登山道の夜行、トレラン、救助捜索、知らないルート

  • 防水
  • メジャーなメーカーにものでも意外な事に防水性の無いものもあります。
    酷い雨に中、突然ライトが消えてしまったら命に関わります。

  • 給電方式
  • 乾電池も併用できるものが安心です。

  • ベルト
  • 言うまでもなくしっかり装着できる事が必要です。
    細いベルトは劣化も早いと思われます。
    また3本ベルトは思いの外使いにくいです。

  • スイッチのロック
  • スイッチのON・OFFのし易いものが便利ですが、これはザックの中でなにかの弾みにONになると使おうと思ったら電池切れということになります。

    ロックが掛けられるものは便利ですが、日帰り予備用などではそのような機能が無いことが多いのでザック内にいれるためのケース等工夫しましょう。

  • ノーブランド・廉価品
  • 高ければいいというものでもありませんが、やはりブランドの製品が安心です。

ブラックダイヤモンド mont-bell GENTOS
レッドレンサー ペツル MAMMUT
posted by ヘロヘロハイカー at 09:33 | 装備
BLOG内検索
プロフィール
ヘロヘロハイカーさんの画像
ヘロヘロハイカー
ブログ
プロフィール