UA-86794085-1、UA-87313183-1
ファン
検索
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ちくまるさんの画像
ちくまる
2008年に久しぶりに訪れた沖縄で首里城に行き、琉球舞踊を観たことから興味を持ち、そこで演奏されていた古典音楽にも興味を持ち、たまたまテレビで見かけた琉球歌劇に釘付けになり、国際通りのレコード屋さんでジャケットの写真に目を奪われて手にしたCD「琉球宮廷楽劇 組踊」のCDを聴き興味を持ち、東京の国立劇場で上演された組踊「真珠道(まだまみち)を生で観て組踊にはまり、今では沖縄の伝統芸能が大好きで飛行機に乗って現地まで足を運んで鑑賞しております。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年02月22日

沖縄伝統芸能公演情報‐琉球古典音楽の世界

法政大学沖縄文化研究所・奄美シマウタ研究会特別企画で琉球古典音楽の世界」と題しまして
琉球古典音楽にまつわる講演がございますのでご紹介致します。
琉球古典音楽は大きく分けて、安冨祖流、野村流、湛水流に分類されますが、このうち安冨祖流と野村流古典音楽の聴き比べを行うそうです。
新垣亘「琉球古典音楽の世界安冨祖流の研究」出版記念講演会
日時:2019年3月29日(金)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー3階マルチメディアスタジオ
時間:18時〜20時(開場17時半)
※会場の都合により定員は70名
参加費が2千円程かかるようですが、詳しくはちらしの申込・お問い合わせ先にてご確認下さい。
ご案内:
久万田晋(沖縄県立芸術大学教授)
出演:
実演による二大流派聴き比べ
花城英樹
安冨祖流絃聲会
新垣俊道
野村流保存会
舞踊家の視点から古典音楽を語る
比嘉いずみ
沖縄県立芸術大学准教授

52100101_1771928852935988_7325560923739914240_n.jpg
51510824_1771929116269295_6337650520752128000_n.jpg
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。