ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
ちくまるさんの画像
ちくまる
2008年に久しぶりに訪れた沖縄で首里城に行き、琉球舞踊を観たことから興味を持ち、そこで演奏されていた古典音楽にも興味を持ち、たまたまテレビで見かけた琉球歌劇に釘付けになり、国際通りのレコード屋さんでジャケットの写真に目を奪われて手にしたCD「琉球宮廷楽劇 組踊」のCDを聴き興味を持ち、東京の国立劇場で上演された組踊「真珠道(まだまみち)を生で観て組踊にはまり、今では沖縄の伝統芸能が大好きで飛行機に乗って現地まで足を運んで鑑賞しております。
プロフィール

2017年02月19日

沖縄芝居公演j情報‐劇団うない‐時代明朗劇「貞女小」・時代明朗劇「思い」

劇団うないの公演が那覇市のてんぶすホールでありますのでご紹介致します。
劇団うないは沖縄の宝塚とも称される女性だけで構成されている沖縄芝居の劇団です。
その歴史は戦前の「乙姫劇団」から志を引き継ぎ現在に至ります。
舞踊、芝居ととても華やかです。
是非足を運んで頂ければ幸いです。
日時:平成29年3月2日(木)
時間:午後7時開演(午後6時半開場)
場所:那覇市てんぶす那覇4階てんぶすホール
料金:大人1500円(18歳以上)高校生1130円中学生750円
チケット問合せ:那覇市ぶんかてんぶす館4F事務所 098‐868‐7810
(電話予約OK)
演目:
前舞踊
仲里節 谷茶前
時代明朗劇
「貞女小」 作/島袋光裕 演出/中曽根律子
出演:花岡尚子 棚原由里子 祖慶しのぶ 兼城米子
時代明朗劇
「思い」 作/伊良波尹吉 演出/中曽根律子
出演:中曽根律子 仲里松子 佐和田君枝 宮里香澄 平良芽美 大城節子 平良鈴華
詳細は下記サイトにてご確認下さい。

那覇市てんぶすホール
http://www.tenbusu.jp/

劇団うない公式ブログ
http://gekidanunai.ti-da.net/



2017年02月15日

沖縄伝統芸能公演情報‐組踊公演 女流組踊研究会めばな 春の宴

沖縄県立芸術大学大学院舞台芸術専攻で組踊を専修し、修了した女性メンバーで構成している女流組踊研究会めばなの公演が今週金曜日、国立劇場おきなわ小劇場で行われるのでご紹介します。

組踊が2倍楽しくなる鑑賞教室 春の宴 〜組踊あれこれ〜 ※字幕表示あり

日時:平成29年2月17日(金)

場所:国立劇場おきなわ小劇場

時間:19時開演(18時半開場)

入場料:前売2000円(当日500円増)

プレイガイド:国立劇場おきなわチケットカウンター コープあぷれ(あっぷるタウン1F)

問合せ・チケット予約先:090-5470-6235(西村)

プログラム

幕開け舞踊 かぎやで風      伊佐幸子 山城亜矢乃 與那嶺奈津子 金城佳子 西村綾乃

古典女踊             与那嶺綾子

組踊抜粋舞踊坂本節(万才敵討より)廣山えりか 新城唯子

組踊 「女物狂」玉城朝薫作

立方

人盗人      大城淳紀

母        伊佐幸子

座主       金城佳子

小僧1      與那嶺奈津子   小僧2 廣山えりか

後見 舞踊    山城亜矢乃

舞踊       与那嶺綾子 西村綾乃 新城唯子

亀松       宮城あこ

童1       大城朱那     童子2 山城未愛来  童子3 川田結稀

地揺 歌三線 新垣俊道 仲村逸夫 喜納史一 琴 池間北斗 笛 入嵩西諭 胡弓 森田夏子 太鼓 宮里和希

初めて組踊を鑑賞する方にもわかりやすくナビゲートがあるようです。

それにしても地揺も豪華!組踊を聴きに行くという言葉もございますように

この公演是非劇場まで足をお運び頂きご観覧頂きたい公演です!

0fcab580a8b6393046d1cbdaf27b44fa1.jpg


2017年02月14日

沖縄伝統芸能公演情報‐琉球古典音楽 女性地揺の会しほら

琉球古典音楽の公演情報です。
女性だけの地揺の会しほらの公演が平成29年3月3日(金)に行われますのでお知らせ致します。

日時:平成29年3月3日(金)
場所:国立劇場おきなわ小劇場
時間:19時開演(18時半開場)
前売:2000円(当日500円UP)
お問い合わせ先:(島袋)090‐1949‐7621(森田)090‐8292‐5291

第一部 琉球古典音楽独唱

こてい節  (歌三線) 金城恵
赤田風節  (歌三線) 玉城あゆみ
仲村渠節  (歌三線) 新垣恵
源氏節   (歌琴)  新垣加代子
世渡節   (歌三線) 糸数くるみ
仲風節   (歌三線) 森田夏子
下出し仲風節(歌三線) 島袋奈美

第二部 舞踊地揺
真境名本流創作集
巌の松     真境名由康創作
乙女笠     真境名由苗創作
いちゅび小   真境名由苗創作
藍千鳥     真境名由苗創作
海のちんぽーら 真境名由苗創作
ーーーーーーー
うむい綾糸   複曲 玉城あゆみ 新垣めぐみ
        作舞 真境名あき

しほらとは:
女性地謡の会しほらは、舞台活動の場の開拓と、琉球古典芸能の継承に積極的に関わっていきたいとの趣旨から、会派をこえ実演家を志す女性が集まり結成しました。  
琉球古典音楽に使用される琉歌の中には「しほらしさ」という女性を形容する言葉があります。
上品で落ち着いた美しさ、奥深さがあって心がひきつけられるというこの言葉の意味のように、魅力的な地謡を目指したいという思いを込め、会の名を女性地謡の会しほらとしました。
(公演パンフレットより)

女性だけの地揺の会しほら、男性の地揺とまた違って華やかです。歌声も皆さんとても素晴らしいです。
暖かくなりつつある春3月、ひな祭りの日に琉球古典音楽と琉球舞踊を楽しまれてみては如何でしょうか?
お勧めです!

shiho1.JPG

沖縄芝居公演(2012年)劇団うない「昔子守節」

沖縄芝居公演記録です。
2012年母の日に劇団うないの「割符」と「筑佐次出世すごろく」を観てからすっかりファンになってしまいました。
9月に「昔子守節」を上演すると言うので再び劇団うないの芝居を観ようと思い計画していたのですが台風で延期になって
しまいました。
そして10月、再度沖縄へ行くことにしました。
以下当時のMIXIの日記から
久しぶりに沖縄に来ています。
今日は15時45分発のJAL便搭乗でしたが、2本前の飛行機に乗れるくらい早く
羽田に到着しちゃいました。
PC持参していたので初めてWiFiに接続してみました。
無料で接続できてしかも早い!(すげぇ)
連休なかびの午後便とあってそんなに混んでいませんでした。
沖縄は暑くもなく過ごしやすいです。
久々に三笠食堂のソーメンチャンプルを食べました。
お弁当にしたのですが、店内は結構混んでいました!
さて明日は名護まで劇団うないの公演を観にいきます!
今回沖縄に来た目的は劇団うない公演「昔子守節」を観る為でした!
当初9月16日に公演する予定でしたが台風の為延期になっておりました。
朝はホテルの朝食バイキングからスタート!
ここのホテルは沖縄料理が充実しているのでうれしい限りです。
にんじんしりしりや豆腐ちゃんぷる、沖縄そばの焼きそばなど盛りだくさん!
朝からちょっと食べすぎですね。
10時にレンタカーを借り、名護へ向け出発!
途中伊芸SAと許田の道の駅に立ち寄りました。
許田の道の駅は目の前が海で、お天気もよくとても綺麗でした!
お昼に沖縄そばの焼きそばとポークたまごのおにぎりを購入、サータあんだぎとソフトクリーム(ミニ)
も購入し、お昼も食べすぎでした(笑)
しばらく道の駅で休んで名護市民会館へ!14時からの開演ですが早めに到着しました。
楽しみ楽しみ!
14時いよいよ開演です!
場内が暗くなり太鼓の音が響きます。後ろのほうの赤ちゃんが泣き出しました!
怖かったんだろうね(笑)地謡のかぎやで風でスタートし舞踊が3題続きます。
芭蕉布はマイミクのおおまりさんが歌っており、歌も踊りもとてもよかったです!
古見ぬ浦という創作舞踊は初めてみましたが途中から曲調も変わり楽しかったです。
鳩間節もやっぱり良かったです!
団長の口上があり、いよいよ昔子守節はじまりはじまり!
出生までの前編と18年後の後編と2部に分かれての悲しい恋の物語と
父と子の心温まる物語といった作品です。
カナシー(主人公)は健気でとてもかわいらしかったです!
太良(主人公の血の繋がってない父親)の昔子守節がとても良かった!
最後の場面はもうね、うるうるしっぱなしでした!
とてもいい作品でした!沖縄芝居はやっぱりいいな!
終演後ロビーで「月城物語」のDVDを購入し帰路につきました。
許田の道の駅にまた立ち寄り、サータあんだぎと魚フライを購入、那覇に戻り、レンタカーを
返却し、ほっともっとでゴーヤ弁当を購入、夕食もちょっと食べすぎてしまいました(笑)
10月14日に沖縄芝居の合同公演があり「薬師堂」が上演されるらしいのですが、さすがに
来週は来れないのでちょっと残念です。
以上MIXIの日記より。
劇団うないの「昔子守節」とても良かったです。
ますます劇団うないのファンになってしまったのでした。
皆さんも機会があれば是非劇団うないの公演に足をお運び下さいませ。
劇団うない公式ブログ
http://gekidanunai.ti-da.net/

多少写真も掲載していますのでこちらもよろしくお願い致します。
沖縄芝居の世界
http://okinawashibai.com



2017年02月10日

沖縄芝居公演情報‐琉球歌劇「中城情話」他 第25回あけもどろ総合文化祭

本日の沖縄芝居公演情報です。

第25回あけもどろ総合文化祭の一環で那覇市文化協会演劇部会による沖縄芝居公演で琉球歌劇「中城情話」が上演されます。私が初めて生で観た琉球歌劇が劇団伊良波による「中城情話」!
なんと他にも「美人の妻情けの妻」「ヒーファー小」と豪華3本立てです!
是非皆様に足を運んで頂ければ幸いです。
日時:平成29年2月10日(金)
場所:沖縄県那覇市パレット市民劇場
時間:18時00分開場 18時30分開演
配役
「中城情話」
里之子    嘉陽田朝裕
ウサ小    伊良波さゆき
阿兄小    金城真次
主       新垣勝夫
妹       知念亜希
美童     赤嶺啓子・宮城能香・名幸諄子・玉城敦子・仲吉茜
ナバー    大城常政
 
「美人の妻 情けの妻」
カマデー          嘉陽田朝裕
次郎            金城真次
カマデーの妻・グジー  伊良波さゆき
次郎の妻・メーヌー    知念亜希
カマデーの先妻・モーサー 赤嶺啓子
三郎             宮城実人
遊女・チルー         宮城能香
ハンシー          瀬名波孝子
 
「ひーふぁー小」
男      糸数きよし・宮城実人
妻      大城常政・名幸諄子
遊女・カマドゥー 玉城敦子
遊女・マカテー  宮城能香
遊女たち     知念亜希・仲吉茜
 
チケット取扱:リウボウ・コープ沖縄・那覇市文化協会
 
入場料:2500円(当日500円増)
 
是非是非2月10日はパレット市民劇場に足をお運び下さいませ。
 
那覇市文化協会
098‐861‐1909
 
※配役は変更になる場合もございます。



2017年02月07日

沖縄伝統芸能公演情報‐琉球舞踊 真踊流 佳瑞の会 瑞慶山和子独演会

東京で琉球舞踊の公演がありますのでご紹介致します。
日時:2017年4月9日(日)
琉球舞踊 真踊流 佳瑞の会 瑞慶山和子独演会
『舞心報恩』
場所 紀尾井小ホール
東京都千代田区紀尾井町6番5号
時間 開場 13:30 / 開演 14:00
料金 前売 5,000円 / 当日 5,500円
<演目>
稲まづん、かせかけ、諸屯、若衆こてい節、本花風、
ニーセーター、うむい
<地謡>
歌・三線 新垣 俊道
與那覇 徹
岡村 祐介
高畑 哲平
箏    北村 澄子
笛    木村 ちか
胡弓   下村 裕世
太鼓   大嶋 章
監修   宮城 幸子
司会   崎山 律子
<ご予約・お問い合わせ>
チケット前売り開始 3月2日(木)
瑞慶山 TEL:090-5329-0480
大和田 TEL:080-6606-2091



2017年02月04日

沖縄芝居公演情報‐喜劇「米を作る家」・こわれた南蛮甕(なんばんがめ)国立劇場おきなわ

沖縄芝居公演情報再掲です。

平成29年2月5日(日)国立劇場おきなわで沖縄芝居の公演があるので再度ご紹介致します。

日時:平成29年2月5日(日)
場所:国立劇場おきなわ大劇場
時間:14時開演
観劇料:一般3600円友の会2800円、大学生等2000円 高校生以下1000円

第一部 喜劇「米を作る家」
作   大宜見小太郎
演出  高宮城実人
出演  比嘉小の主 宇座仁一
妻モーサー 座喜味米子
長男太郎  当銘由亮
嫁ツル子  平芽美
次男三郎  玉城匠
春子    知念亜希
東門の主  仲嶺眞永


第二部 喜劇「こわれた南蛮甕」
作   真喜志康忠
演出  金城真次
出演  地頭主   平良進
地頭主の妻 玉城千枝
役人    高宮城実人
村頭    新垣正弘
亀謝    東江裕吉
チラー小  儀間佳和子
ハーメー  玉城静江
ヤマ―   玉城匠
蒲太    上原崇弘
ウサ小   伊禮門綾
二才    上原信次

共に国立劇場おきなわ初上演作品です。
演出の高宮城実人さん、金城真次さんは沖縄芝居の舞台でも活躍されている役者さんでもあります。
このお二人が演出される作品ですし、出演者をみても絶対に面白いはずです!!
うちなー口(沖縄の方言)がわからなくても嬉しい字幕表示付き(笑)
是非是非国立劇場おきなわへ足をお運び頂ければ幸いです。
詳細は下記リンクよりご確認下さい。
国立劇場おきなわ


沖縄芝居公演情報‐喜劇「二十四孝」ひやみかちマチグヮー館

沖縄芝居公演情報です。
2017年2月4日(土)今日です(笑)
那覇市の平和通り商店街の中にあるひやみかちマチグヮー館において那覇市演劇部会による沖縄芝居喜劇「二十四孝」が上演されます。出演は金城真次他。金城真次さんは沖縄芝居の大変人気のある役者さんで、私も大好きな役者さんの一人です。
このマチグヮー館、月に一度程沖縄芝居を上演していて、結構面白い作品を上演しています。しかもなんと無料!
国際通りから平和通りを入り、ちょっと歩いて右手に牧志公設市場衣料部の2階です。
開演は1回目13時〜2回目15時〜です。
是非那覇市に滞在中の方、ぶらっと立ち寄ってみては如何でしょうか?

ひやみかちマチグヮー館







2017年01月31日

琉球歌劇公演情報‐名作歌劇「伊江島ハンド‐小」琉球歌劇保存会主催

琉球歌劇の公演情報です。
琉球歌劇保存会主催の公演が下記の日程でわれます。
整理券が必要ですが、入場は無料です。
これまで沖縄芝居に興味を持っていたけど観たことのなかった方。
この機会に足を運んでみては如何でしょうか?
伊江島ハンド‐小名作ですよ!!

日時:平成29年2月23日(木)
開演:午後6時(開場午後5時半)
場所:うるま市民劇術劇場 燈ホール
入場料:無料(限定350席)
主催:琉球歌劇保存会
問合せ先:琉球歌劇保存会事務所(070‐5489‐2094(劇団花園内))

現代明朗歌劇「義理の兄弟」作/平安山英太郎
時代名作歌劇「伊江島ハンド―小」作/真境名由康

出演:赤嶺啓子 安次嶺正美 糸数きよし 上原信次 叶十美子 嘉陽田朝裕 具志清健
   祖慶しのぶ 高宮城実人 立花愛希 知名剛史 知念亜希 知念勝三 天願雄一 当銘由亮
地揺:恩納裕 大城貢




2017年01月30日

「第一回玉城和樹独演会 時分の聲」-沖縄伝統芸能公演記録-

琉球古典音楽安冨祖流絃声会 師範の玉城和樹さんが1月29日(日)に第一回独演会を開催しました。

私も埼玉から飛行機の乗って沖縄の国立劇場おきなわまで足を運んでまいりました。

その名も「第一回玉城和樹独演会 時分の聲」


玉城和樹さんは人間国宝西江喜春先生の愛弟子で、沖縄県立芸術大学大学院、国立劇場おきなわ第一期組踊研修を修了、現在琉球舞踊や組踊の地揺や琉球歌劇を始め沖縄芝居の地揺として大変活躍されている若手奏者です。
ここ数年、私が大好きな琉球歌劇の劇団伊良波の地揺も務めていらっしゃいます。
玉城和樹さんは私が大好きな歌三線の奏者の一人でして、この方の歌声はとても素晴らしいです。

玉城和樹さんはもともと野村流保存会に属していましたが、高校生の時に西江喜春先生の歌声を聴き、弟子入り志願をされたそうですが、何度も断られ続け、やっと入門を許されたそうです。


この公演、玉城和樹さんの歌声を堪能したばかりではなく、踊りで出演される立ち方さんや賛助出演される方もすごい方ばかりで、歌三線、踊りととても堪能できた1日を過ごす事ができました。

プログロムを紹介致しますと、

第一部
古典音楽独唱 「作田節」
女踊り 「柳」    「踊り」佐辺良和
二才踊り「高平良万才」「踊り」川満香多
雑踊り 「花風」   「踊り」金城真次
内組踊 「加那ヨー天川「踊り」嘉数道彦・宮城茂雄
第二部
組踊  「二童敵討」
阿麻和利   宇座仁一
鶴松     金城真次
亀千代    玉城匠
母      新垣悟
供1     川満香多
供2     佐辺良和
供3     嘉数道彦
きゃうこ持ち 大浜暢明
古典音楽独唱 「仲風節」
賛助出演 琴 池間北斗 笛 入嵩西諭 胡弓 新垣俊道 太鼓 宮里和樹


皆さん沖縄伝統芸能の第一線で活躍されている大変人気のある方々ばかりで超豪華でした!

個人的には組踊「二童敵討」の家来が豪華だなと思いながら聴いておりました。


日時:平成29年1月29日
場所:国立劇場おきなわ小劇場
開場:午後13時半 開演:14時


独演会の日CDも発売になりました!




詳細については下記の国際貿易さんのホームページをご覧くださいませ。

通販でもお買い求め頂け、送料も無料です!






UA-86794085-1、UA-87313183-1