ファン
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
ちくまるさんの画像
ちくまる
2008年に久しぶりに訪れた沖縄で首里城に行き、琉球舞踊を観たことから興味を持ち、そこで演奏されていた古典音楽にも興味を持ち、たまたまテレビで見かけた琉球歌劇に釘付けになり、国際通りのレコード屋さんでジャケットの写真に目を奪われて手にしたCD「琉球宮廷楽劇 組踊」のCDを聴き興味を持ち、東京の国立劇場で上演された組踊「真珠道(まだまみち)を生で観て組踊にはまり、今では沖縄の伝統芸能が大好きで飛行機に乗って現地まで足を運んで鑑賞しております。
ブログ
プロフィール

2017年01月20日

沖縄芝居公演情報‐瀬名波孝子八十五歳祝賀記念公演‐名作歌劇「泊阿嘉」他

沖縄芝居でご活躍されている瀬名波孝子先生の八十五歳祝賀記念公演がありますのでお伝えさせて頂きます。:
日時:2017年3月17日(金)
場所:国立劇場おきなわ大劇場
時間:18時開場 18時半開演
名作歌劇 泊阿嘉
配役
乳母    瀬名波孝子
樽金    金城真次
思鶴    伊良波さゆき
阿嘉の父  嘉数道彦
伊佐の父  平良進
下男    玉城匠
船頭    平敷勇也
時代舞踊劇 灯り火
ウトゥーハーメー  瀬名波孝子
モーサーハーメー  嘉数好子
亀謝        嘉数道彦
妹 カマドゥ    知念亜希
下ン田の主     平良進
嫡子 太良     嘉陽田朝裕
次男 次良     平敷勇也
村人        金城真次・天願雄一・玉城匠・上原真次・上原崇宏・赤嶺啓子
宮城能香・伊良波さゆき
地揺   歌三線 徳原清文 仲宗根創
琴   仲大千咲
笛   澤井毎里子
さすが瀬名波孝子先生の祝賀記念公演!幕開けの琉球舞踊「かぎやで風」から豪華です。
泊阿嘉は4大歌劇の一つで名作です。灯り火は瀬名波孝子さんのご主人の作だそうです。
この公演は是非お見逃しのないようどなた様も国立劇場おきなわまで足をお運び頂ければ幸いです。
前売5000円 当日5500円
前売り券お問い合わせ:080-3994-5137(事務局)
プレイガイド コープあぷれ(アップルタウン内)リウボウ 国立劇場おきなわ



2017年01月17日

第25回あけもどろ総合文化祭-沖縄芝居公演情報‐琉球歌劇「中城情話」他

沖縄芝居公演情報です。

第25回あけもどろ総合文化祭の一環で那覇市文化協会演劇部会による沖縄芝居公演で琉球歌劇「中城情話」が上演されます。私が初めて生で観た琉球歌劇が劇団伊良波による「中城情話」!
なんと他にも「美人の妻情けの妻」「ヒーファー小」と豪華3本立てです!
是非皆様に足を運んで頂ければ幸いです。
日時:平成29年2月10日(金)
場所:沖縄県那覇市パレット市民劇場
時間:18時00分開場 18時30分開演
配役
「中城情話」
里之子    嘉陽田朝裕
ウサ小    伊良波さゆき
阿兄小    金城真次
主       新垣勝夫
妹       知念亜希
美童     赤嶺啓子・宮城能香・名幸諄子・玉城敦子・仲吉茜
ナバー    大城常政
 
「美人の妻 情けの妻」
カマデー          嘉陽田朝裕
次郎            金城真次
カマデーの妻・グジー  伊良波さゆき
次郎の妻・メーヌー    知念亜希
カマデーの先妻・モーサー 赤嶺啓子
三郎             宮城実人
遊女・チルー         宮城能香
ハンシー          瀬名波孝子
 
「ひーふぁー小」
男      糸数きよし・宮城実人
妻      大城常政・名幸諄子
遊女・カマドゥー 玉城敦子
遊女・マカテー  宮城能香
遊女たち     知念亜希・仲吉茜
 
チケット取扱:リウボウ・コープ沖縄・那覇市文化協会
 
入場料:2500円(当日500円増)
 
是非是非2月10日はパレット市民劇場に足をお運び下さいませ。
 
那覇市文化協会
098‐861‐1909
 
※配役は変更になる場合もございます。



2017年01月14日

第27回沖縄芸能協会新春公演古典音楽の魅力〜節情思入(ふしなさきうむいいり)」

第27回新春公演「古典音楽の魅力〜節情思入(ふしなさきうむいいり)」を開催されるそうです。
今日(笑)と明日です。

期間:2017年1月14日(土)、1月15日(日)
時間:17時〜
場所:沖縄県那覇市タイムスホール
問合せ先:沖縄タイムス文化事業局 098‐860‐3588
チケット:2000円(当日500円増)
タイムスホール
沖縄県那覇市久茂地2-2-2
098-860-3000(代表)

【チケット取扱所】
沖縄タイムス本社(電話予約、会場受け取り可)

【演目】
古典音楽斉唱・箏曲合奏、器楽合奏、古典舞踊ほか

【出演団体(順不同)】
《音楽》
琉球古典音楽野村流保存会、琉球古典音楽野村流松村統絃会、琉球箏曲保存会、
琉球伝統箏曲琉絃会、光史流太鼓保存会、琉球音楽太鼓つくし会、琉球音楽太鼓護鼓の會
《舞踊》
島袋本流紫の会、真踊流、島袋流

沖縄芝居の世界

沖縄芝居の世界と題しましてホームページを開設致しました。
沖縄芝居の琉球歌劇を中心に公演情報や写真などを掲載していく予定です。
どうぞよろしくお願い致します。

沖縄芝居の世界
http://okinawashibai.com/






沖縄伝統芸能公演情報‐「沖縄・八重山 魂の謡〜上野の杜に谺する古典民謡とユンタ〜」

沖縄伝統芸能公演情報です。
「沖縄・八重山 魂の謡〜上野の杜に谺する古典民謡とユンタ〜」と題して東京上野の東京文化会館にて
沖縄八重山の古典民謡の公演が開催されます。
新緑眩い季節、東京で沖縄の八重山の歌に耳を傾けてみては如何でしょうか?


「沖縄・八重山 魂の謡〜上野の杜に谺する古典民謡とユンタ〜」
(OKINAWA・YAEYAMA Traditional Songs)
■出演
沖縄県指定無形文化財 八重山古典民謡技能保持者
伊良皆吉ほか
■日時
2017年5月15日(月)
開場18:30 開演19:00
■場所
東京文化会館 小ホール
Tokyo Bunka Kaikan (Ueno)
台東区上野公園5-45 (03-3828-2111)
(JR上野駅 公園口より徒歩1分)
■入場料
前売券¥2,500 当日券¥3,000(全席自由)
■チケットのご購入は
東京文化会館チケットサービス
03-5685-0650(1月31日販売開始)
■主催
八重山古典音楽協会 関東支部
■お問合せ
八重山古典音楽協会内 沖縄音楽三線教室
03-3252-8544
■メールでのお問い合わせ
okinawaongaku34kyousitsu@gmail.com

2017年01月10日

沖縄伝統芸能公演情報 3月琉球芸能組踊「執心鐘入」と琉球舞踊

沖縄伝統芸能公演情報です。

平成29年3月4日、5日の日程で東京の国立劇場小劇場で、
3月琉球芸能組踊「執心鐘入」と琉球舞踊と題しまして
公演が行われますのでお知らせ致します。

日時:平成29年3月4日(土)、5日(日)

場所:国立劇場(東京)小劇場

時間:

【4日(土)午後2時開演】

第一部 琉球舞踊

老人踊 かぎやで風(かじゃでぃふう)
老人 親泊輿照
老女 又吉靜江

二才踊 前の浜(めえぬはま)
大湾三瑠・新垣悟・宮城茂雄・金城真次

女 踊 諸屯(しゅどぅん)    
玉城秀子

「琉球古典音楽 独唱」 
歌・三味線 城間コ太郎
     箏 城間安子

雑 踊 貫花(ぬちばな)
東文子・大田礼子・喜納かおり・山川昭子・松原和美

雑 踊 加那よー天川(かなよーあまかわ)
谷田嘉子・金城美枝子

創作舞踊 ぢゃんな節(ぢゃんなぶし)
佐藤太圭子
 
創作舞踊 与那国旅情(よなぐにりょじょう)<5日と共通演目>
美女 宮城りつ子・志田真木
醜女 志田房子・金城美枝子
首里の役人 大湾三瑠・佐辺良和
二才 喜納かおり・城間千恵美・花岡尚子・我那覇明子
村娘 東文子・大田礼子・松原和美・山川昭子・大田文代・
    島袋彩乃・天久利奈・宮里英利・真久田彩 ほか

第二部 組踊

組 踊 執心鐘入(しゅうしんかねいり)<5日と共通演目>
中城若松  東江裕吉
宿の女    宮城能鳳
座主     島袋光晴
小僧(一)    宮城茂雄
小僧(二)    新垣悟
小僧(三)    阿嘉修
鬼女(鐘入) 佐辺良和 

【5日(日)午後2時開演】

第一部 琉球舞踊

若衆踊 若衆特牛節(わかしゅくてぃぶし)
東文子・城間千恵美・宮城りつこ・花岡尚子・松原和美

女 踊 作田(つぃくてん)
宮城幸子

打組踊 醜童(しゅんどう)    
美女 皆川律子・喜納かおり
醜女 大田礼子・大湾三瑠

「琉球古典音楽 独唱」 
歌・三味線 照喜名朝一
      箏 名嘉ヨシ子

雑 踊 谷茶前(たにちゃめえ)
東江裕吉・佐辺良和・志田真木・山川昭子

雑 踊 花風(はなふう)
玉城節子

創作舞踊 歌声の響(うたごえのひびき)
志田房子

創作舞踊 与那国旅情(よなぐにりょじょう)<4日と共通演目>
美女 宮城りつ子・志田真木
醜女 志田房子・金城美枝子
首里の役人 大湾三瑠・佐辺良和
二才 喜納かおり・城間千恵美・花岡尚子・我那覇明子
村娘 東文子・大田礼子・松原和美・山川昭子・大田文代・
    島袋彩乃・天久利奈・宮里英利・真久田彩 ほか

第二部 組踊

組 踊 執心鐘入(しゅうしんかねいり)<4日と共通演目>
中城若松  東江裕吉
宿の女    宮城能鳳
座主      島袋光晴
小僧(一)    宮城茂雄
小僧(二)    新垣悟
小僧(三)    阿嘉修
鬼女(鐘入) 佐辺良和 

(字幕表示あり)

 詳細については以下のサイトにてご確認下さい。

国立劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2016/31055.html?lan=j



2017年01月09日

よなは徹 「たったひとり歌会」

沖縄伝統芸能公演情報です。

よなは徹さんの「たったひとり歌会」のスケジュールが決まったようですのでお知らせ致します。

2017年【たったひとり歌会】スケジュール
○ 2月9日(木) 沖縄料理居酒や こだま - 東京・小岩
○ 3月16日(木) Live&Pub Shibuya gee-ge - 東京・渋谷
○ 4月13日(木) Live&shot.bar Tarumassyu - 東京・西大井
○ 6月11日(木) 沖縄料理居酒や こだま - 東京・小岩
○ 7月13日(木) 島唄カーニバル - 東京・大久保
○ 7月16日(日) 十九の春 - 北海道・函館
○ 7月17日(月) 十九の春 - 北海道・函館

よなは徹Official Web


https://www.yonaha-toru.com/

2017年01月07日

春節のかりゆし2017‐うふうたげ‐supported by 田嘉里酒造‐in 東京代官山

『春節のかりゆし2017』
「うふ。うたげ。」supported by 田嘉里酒造

沖縄・田嘉里酒造さん による新商品 / 大山原(うふやんばる)。
泡盛を飲んだことのない方にも、女性にも、とっても飲みやすい泡盛だそうです。
その、うふやんばるを多くの方に知っていただくべく、よなは徹さんを迎え、素晴らしい唄とともに楽しい宴が開催されるようです。
チケットにはうふやんばる付き。

日時 2017年2月5日(日)
場所 晴れたら空に豆まいて
        渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
時間 開場 11:45 / 開演 12:15
料金 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (泡盛1杯付き)

<ご予約・お問い合わせ>
晴れたら空に豆まいて  TEL:03-5456-8880
Mail予約 
TEL予約 

美味しい泡盛とよなは徹さんの歌声を堪能しに出かけてみては如何でしょうか?




第24回 沖縄県立芸術大学音楽学部琉球芸能専攻学内演奏会

公演情報です。

2017年1月13日(金)沖縄県立芸術大学音楽学部琉球芸能専攻の学生さんによる学内演奏会が
那覇市首里の沖縄県立芸術大学キャンパスにある奏楽堂で開かれます。
学生さんと言っても皆さん沖縄の伝統芸能の舞台等でご活躍されている方も多いですので
しっかりと沖縄の伝統芸能を楽しめる公演だと思います。
しかも入場無料ですので、お時間ある方は足を運んでみては如何でしょうか?

日時:2017年1月13日(金)
場所:沖縄県立芸術大学奏楽堂ホール
時間:開場18:00 開演:18:30




2017年01月06日

沖縄芝居母の日公演‐劇団伊良波と劇団うないとの出会い

沖縄伝統芸能‐琉球歌劇公演の記事です。

2012年の母の日に劇団伊良波の公演を観に行きました。
そしてこの年、新たに沖縄の宝塚とも呼ばれている劇団うないの公演を観る機会がありました。
以前紹介した澤井毎里子さんが劇団うないで地揺をされていて、たまたま夜はやることがなかったので
澤井さんも出演されていることだし、観に行っちゃおうかな位の軽い気持ちで出かけたのでした。
以下MIXIの日記から転載

昨日から沖縄に来ています。
梅雨入りしたのに昨日は雨も降っておらず、夕方以降はなんか過ごしやすい気候でした。
そして今日は朝からいい天気!
母の日といえば沖縄芝居の各劇団が公演する日ですので当然ながらやってきました!(笑)
宿泊ホテルは前回3月に来たときと同じホテルです。
朝食はバイキング形式で、ゴーヤチャンプルやにんじんしりしり、昆布入りちーなど
沖縄料理が結構あり、自分の好きなものばかりなので朝からたくさん食べちゃいました!
部屋でちょっとゆっくりしていざ出陣!

11時からの伊良波冴子 さゆき母の日公演にでかけました!
だいぶ早めについたのですが会場はもうたくさんの人でいっぱいでした!
今回の演目は加那ヨーや金細工といった舞踊「今帰仁祝女殿内」と「双児物語」です。
まずは座長の伊良波冴子さんが会場後ろから歌いながら登場です。
ああ、沖縄芝居を見に来たなぁと、いい感じです。
幕開けは舞踊数題。
加那ヨーの神谷武史さん(かな?)の最後の足の動きがすごかった!(笑)
金細工は好きな舞踊のひとつなので見れてうれしかったです。

「今帰仁祝女殿内」
金城真次さんと伊良波さゆきさんのやり取りも面白かった!!
大湾みつるさんと知念亜季さんのやりとりも面白かったです!
「双児物語」も良かった!最後涙出そうになっちゃいました!
やっぱり劇団伊良波の公演はいいなぁと思いながら会場を後にしました!

さて今回劇団伊良波の公演だけ観るつもりだったのですが、急遽午後6時半からの劇団うないの
公演を見ることにしちゃいました!
会場は那覇から30キロほど離れたうるま市石川会館です。
レンタカーを借りて、まずは金武町へ!
金武にあるタコライス発祥の店パーラー千里でタコライス野菜チーズピリ辛ソースを購入。
いつもながらものすごい量です!
いつもの海辺の駐車場で海を見ながら食べました!
その後伊芸パーキングエリアに移動して田芋パイを購入!
ああ、すげえカロリーとってるなと思いつつぺろっと食べちゃいました!
うるま市の石川会館に到着したのもだいぶ早い時間でしたので駐車場周辺をちょっと散策
隣に港があっていい感じです。

18時半に開演
まずは芭蕉布の踊りでスタートです。
マイミクでもあるおおまりさんが歌ってましたがとてもいい声でした!
こちらの演目は「割符」と「筑佐次出世双六」
「割符(わいふ)」は沖縄版のシンデレラといった内容です。
どちらもとても楽しい作品で、終始笑いっぱなしでした!
劇団うないいいね!
今回劇団うないの公演は初めて観たのですが、沖縄版の宝塚といった感じで
団員の皆さんが全員女性です。若手の踊り手さんも多くとても華やかです。
そんな中にも笑いもあり、今回の公演でファンになってしまいました。
終演後外に出てみると雨が降っており、那覇までの帰り道、途中ところどころ
強く降っていました。
今回の沖縄は芝居三昧でとても楽しむことができました!
ああ、楽しかった!!

以上MIXIの当時の日記より。

この年以降すっかり劇団うないのファンになってしまったのでした。

劇団うない公式ブログ


UA-86794085-1、UA-87313183-1